2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

大英博物館って大虐殺博物館なの?

1 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/10(日) 23:58:01
イギリスにある大英博物館ってイギリスの物はほとんど置いてないらしいね。
ギリシャやエジプトなどの人達を殺しまくって奪いまくった盗品がほとんど
だとか。

どうして大英博物館はそれらの国に美術品を返さないの?
もしかして日本の美術品も置いてあるの?

馬鹿な三流大生の自分にもわかるように説明してください。

2 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/11(月) 00:16:00
         ,,-‐----‐、 , -'"` ̄ ̄"`''-,__, --‐‐-..,
        /  、゙ヽ、 ‐-'´          ヽ‐- / /   ヽ
      ,/´ .., ヽ,,l_)'    zェェェァ'  ;rfァt ヽ ,ト/ /    ヽ
     /    ヽ,r' ,l′    _,,,   . __,,  ,l゙.-〈__r,'、   ヽ_
    _.l    ヽ」   ,l    .イてソ` l イにj`,/    ゙‐ヽ、_,,  /l   >>1
    ,l l|  −'´ll   ,l      rソi"  ヽ じ'' f゙l    .,//゙l   //\ おめぇココおかしいんじゃねえか?
    l`l|     l|ヽ  v'⌒ヽ        .,ノ  j/    |l    //   }  糞スレ終了
   l  \    l| ,l  l_U>     r‐--‐ァ  ,l    |,l   //    l
   /   '\   l|`l   ゝ_,´    ゙ヽ__r′ .,.'   ___l ヽ //     |
  ,l     '\ l| .lヽ__lL..,,,  __ ,, _イ___./ |  ∨/      ,}
  |       ヽl |    ,| .ヽ \   //ヽ     ,|          ,l
  |          l    ,l   ヽ \//  l \           /
  ヽ          |   \.    ヽ/    l  ヽ         /j
    \        /     ヽ    ヽ  |   l          /
     ゙l\..     /      ヽ     ヽj   |    ,    /
     ヾ              ヽ     ヽ   ヽ  /    ,l

3 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/12(火) 04:51:03
フランスのルーヴル最大の目玉が、
なぜかイタリア人の描いた絵だったりな


4 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/12(火) 05:04:47
逆で、その国の作品しかない方が普遍性が低い
ご当地名産博物館じゃないからいいのに

5 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/12(火) 18:35:59
きっと持ち帰れたらバーミヤンの大仏だって運んだろうな
価値の分からん原住民にはもったいないってね

6 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/13(水) 19:37:17
ギリシャやエジプトは何度も何度も返せって言っている。
それを完全無視する卑怯なイギリス。

7 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/13(水) 23:32:52
ナショナリズムは無視しないと芸術にならんよ


8 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/14(木) 01:51:45
いや、別に無視しなくていいよ。自分の表現にとって
何が有効で何が有効でないかの意識さえあれば、
必要なものや知識を必要なところから引き出してくればいい。
無用とか、無価値とかそういうものではないし、
そこにあなたの思想の不自由さがある。そして幼い。

9 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/14(木) 02:03:21
いや、民族主義は偏狭な郷土工芸にとどまる。
無価値とは言わないが、
土地や作り手の民族的経験に根ざさないと真に楽しめないというのは、
芸術が目指すべき普遍性とは若干ずれるよ

10 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/14(木) 02:03:56
一行目は「民族主義がベースになると」に訂正

11 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/14(木) 02:05:53
もちろん、工芸がめざす職人芸の厳しさというのはわかるけれども。
大英博物館などのミュージアムは、
単なる略奪物の誇示だけでないからこそ、
安易に否定できないんだよ。

12 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/14(木) 20:41:20
題詠博物館ではないが、そういりゃロンドン塔に行った時も「アフリカの星」という
人のこぶしほどもあるダイヤ展示してたな。
アフリカも返してほしいだろうな。

13 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/15(金) 20:13:07
イギリス人は大虐殺博物館がイギリスにあることを恥ずかしいと思わないのかな
それともエジプト人やギリシャ人はイギリス人に比べて下等だから
殺しても物を奪ってもどうでもいいと思ってるのだろうか

14 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/15(金) 21:28:55
1ℓはでたお!

15 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/17(日) 20:12:41
とりあえず、韓国政府は国立中央博物館(ソウル)蔵の大谷探検隊
将来品を日本に返還すべきだな

16 :タスマニア人 殺し:2006/09/28(木) 09:55:02
 ★ タスマニア人 皆殺し

19世紀の初頭までタスマニア民族が、暮らしていたタスマニア。
しかし、今はいない。
タスマニア人は一人残らず、イギリス人によって殺された。

アフリカを植民地にしたイギリス人は「猛獣狩り」の楽しみを覚えた。
イギリスの貴族は、今でもキツネ狩りをやってるように、ハンティングが大好きだ。

そんなイギリス人が、オーストラリア、タスマニアにやってきた。
しかし、ここには、コアラとか、カンガルーしか住んでない。
退屈した彼らは、タスマニア人を狩るようになった。
まるでスポーツみたいにタスマニア人狩りを楽しんだ。
女も、子供も狩の対象になった。
そのあげく、一人もいなくなった。

ひとつの民族が皆殺しにされたという例はほかにない。
ヒトラーは、ユダヤ人殲滅をやろうとしたけど、未遂だった。
しかし、イギリス人はタスマニア民族を滅ぼした。


17 :虐殺民族アングロサクソン:2006/09/28(木) 19:32:56
イギリスの惨酷。 タイムズが主張した、弾圧の歴史。

イギリスは当時、クリミア戦争、アロー戦争などで忙殺されていたが、中国へ
派遣中の部隊を急遽インドに回したりして大弾圧を行なった。
イギリスの新聞『タイムズ』は
「キリスト教会の破壊1に対し100のヒンドゥー寺院をたたき壊せ。
白人殺害1に対し老若男女を問わず1000人の暴徒を死刑にせよ」と
主張し、インド人に対する残虐な報復をあおった。

捕虜は見せしめのために大勢の村人の見ている前で大砲の砲弾に縛りつけられ
て吹き飛ばされた。
また、縛られたまま舟に乗せられて激流に流されたり、象に引かれて身体を
八つ裂きにされたりした。

イギリス兵の中には、とろ火で捕虜を焼き、「炎の中で肉がはじけて焦げるとき、
肉の焼ける異様な臭いがたちのぼり、あたりの大気に充満する」のを楽しむ
者さえいた。

こうして、インド大反乱は大量の犠牲者とともに鎮圧され、インドは
イギリスの直轄領とされた。インドの新たな苦難の道が始まる。


18 :マーガレット:2006/10/25(水) 16:43:38
イギリス人はインドの織物産業を破壊するために、50万人とも言われる
インド人織物職人の片手を切断した鬼畜野蛮人ですよ。


7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)