2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★☆★【茶道具】4席目【茶道具】★☆★

1 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 22:23:57

  

    さぁー4席目、行きましょか!?





2 :漂泊の2ゲッター:2006/07/11(火) 10:04:22
       ローリング!!    ∧∧  
               (゚Д゚,,)  
               ⊂⊂,,ヽ  
                (_ (  )ノ
     クルン       
              /⌒⌒ヽノ  )))
              (   )て )  
          (((   ∨∨⊂ノ
ズサギコ!! 
                    (´´
   ∧∧  )  ≡≡≡≡≡(´⌒(´≡≡ 
 ⊂(゚Д゚⊂⌒つ ≡≡≡≡(´⌒;;≡ 
           (´⌒(´⌒;;
2げっとーーーーーーーーー!!!



3 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/11(火) 19:47:33
とりあえず、あげときますわ

4 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/12(水) 23:17:55
あげ

5 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/13(木) 11:05:33
あげ

6 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/13(木) 19:56:32
age

7 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/15(土) 03:19:22
あげ

8 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/15(土) 18:40:35
あげ

9 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/18(火) 23:00:49
あげ



10 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/19(水) 22:18:56
ところで・・・
以前のスレで、?さんという人が、
極書がある樂茶碗を裏千家の家元に箱書を頼む話題が
あったけど、それ以降どうなったのかな?

11 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/19(水) 22:32:06
http://page15.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t7705125
作品、書付共に本物でしょうか。

12 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/19(水) 22:35:34
小林秀雄なら日本刀で粉々

かな

13 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/20(木) 00:29:54
>>10
その話しは、解決しましたよ。
このスレには親切な人がいっぱいいますから。
長い話しにはなってましたけど。

どなたか>>10の回答もお願いします。
私は、脇窯の方の住人なんで、本歌は詳しくなくって、ごめんなさい。

14 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/20(木) 00:31:27
どなたか>>11の回答もお願いします。
私は、脇窯の方の住人なんで、本歌は詳しくなくって、ごめんなさい。


すいません、間違いでした。


15 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/22(土) 16:28:23
>11
いい弘入だねえ。淡々斎の書付も戦中で間違いなし。
でもなんで桐箱に黒柿の縁取りなんかしたんだろう?
縮緬の御物も不要ないなあ。
でも当代の極めを惺入箱にしたら、書付箱と分けられそうでいやだなあ。
箱ばっかり増えちゃうよ。

16 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/24(月) 20:43:38
age

17 :?:2006/07/24(月) 21:06:55
箱の件ではお世話になりました。今回のこの弘入の箱は元々あった十三代
の極箱と別に新たに当代極箱をとり、書付をいただいたものなのでしょうか?
と最初は思ったのですが、時代がちがうようですし、あくまで十三代と淡々斎はセットだと思われますが、十三代極めの側面に当代
の極め、さらにまっさらな箱に書付でよろしいでしょうか?

18 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/24(月) 23:14:33
>>17
個人的な意見ですが・・・・
たぶん、当代極箱に入っていた茶碗は、
この茶碗ではないと思うのだよ。
理由なんだけど、当代の極書には、
「黒茶碗 
       無印
       惺入極箱添
  弘入造          」

って書いてあるのにも、かかわらず在印の黒茶碗が
入っている事がおかしいと思うわけですわ。
樂のご当代は極書をする時は絶対に、こんな凡ミスをする
わけがない。
と言うことで、この茶碗は箱と中身がすり替わってる可能性ありだね!
あとね、極箱の状態が極めておかしいと思うわ。
15さんが指摘しているけど、極箱で黒柿の縁取りした箱には
極めを書いてくれないと思うで・・・・
ここからは推論だけど、もともとあった極箱に、この茶碗を
入れる為に黒柿の縁取りをしたのだと思う。
千家道具の樂茶碗の箱で他の素材(黒柿や紫檀など)と縁取りで
付け加えた箱は、あまり見かけないなし(無いとは言わんけど・・)
筋が悪いと思うわ・・・

まあ、それにしてもこの茶碗は「こさえもん」だな〜




19 :?:2006/07/25(火) 09:12:04
なるほど、むずかしい茶碗ですね。私は在印と読んでしまっていました。
十三代極めに淡々斎書付、それだけでよかったのかもしれませんね。
当代の極めを新たにとったのなら、当代の書付もあったほうが良いと
思いますし、箱のバランスも良いように感じました。

20 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/25(火) 09:22:50
「在」だろ

21 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/25(火) 09:34:55
「在」だな

22 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/25(火) 09:49:01
茶碗はなかなかいい出来だと思うよ。

23 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/25(火) 22:08:01
>>18
20・21さんが指摘してるように
やはり「在印」では??

でも、
>千家道具の樂茶碗の箱で他の素材〜
って言う事に関しては、私も同意見です。
みなさんは、どう思いますか???

24 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/25(火) 22:08:48
あげ

25 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/25(火) 23:49:55
確かに在印ですね。
見方によっては、いくらでも悪く言える。

26 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/26(水) 09:46:47
意図的?でも、見抜けん!
勉強しなおしじゃぁ・・・。


27 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/26(水) 18:47:59
あんなに薄い黒柿かましたくらいじゃ、箱の内寸は変んないよ。
中身は変ってないと思うし、茶碗の出来からして変える必要はないと思うけど。
悪い業者なら別の茶碗をはめて2碗にして売るだろうなぁ。
淡々斎の書付箱か外箱に当代楽の極めを取れば完璧!一碗で二度おいしい茶碗です。

28 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/26(水) 21:49:47
>>27
いや、むしろ丈を詰めて、その切り口を隠すために貼ったものかと。

29 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/27(木) 10:13:11
美術鑑賞板にもホスト表示希望
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1152765908/

運営にID表示化を申請中です。
ID表示に賛成か反対か書き込んでください

30 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/28(金) 14:22:18
とりあえずあげときます。

31 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/30(日) 01:00:22
あげ

32 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/01(火) 19:57:45
あげ

33 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/02(水) 19:01:23
最近、ネタ切れみたいね・・・
前のスレでは、結構おもしろかったし、勉強になったw
と、言うことで期待あげw

34 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/02(水) 23:14:02
本当、ネタ切れの様ですので、少し勉強をしてみませんか。
参加戴ける方ご意見下さい。(ネガティブの方お休みしていて下さい)
本物と思われますが、贋作の意見もあります、如何でしょうか
川喜田敦   http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d64320586
川喜田半泥子 http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f45186866
一瓢斎    http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g47106443
贋作ばかりの出品者ですが
伊勢崎淳   http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d65092319
出口王仁三郎 http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m31784582
とりあえず

35 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/03(木) 01:41:35
半泥子は駄目、このような駄作もあるが字がおかしい。
王仁三郎と淳は?あとはいいんじゃないかな、、

36 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/03(木) 18:21:26
前に蜀山人のぐい飲みが出た時、
落札して飲み屋で「ちょっと見てよこれ、ニセモノ、ニセモノ」
って盛り上がろうかと思ったんだけど、
予想以上に高値がついて、びっくり!

落札した方は、どういう盛り上がり方をされたんでしょうかねえ?

>>34
ネタとしては王仁三郎でしたが、入札ミスっちゃいました。

37 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/03(木) 18:39:54
一瓢斎は棗は知らんが書付は全然ダメ!


38 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/03(木) 22:31:49
>>34
ネタとしては王仁三郎でしたが、入札ミスっちゃいました。

て、どーゆー意味でしょ?

39 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/03(木) 23:45:35
http://page15.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t9331094
>>34と同系統ですが本物?

40 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/04(金) 00:01:27
昔の箱書きってこんな字なのかな
http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h41349867

41 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/04(金) 21:30:13
>>39
これって、以前にも出た作品ですよね!
真贋は解らんけど・・・。

42 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/04(金) 21:36:02
この業者は吊上げはするは、贋作は平気で保証はするはで最低です。


43 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/04(金) 23:42:54
>>39
これが噂の西安ですか?

44 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/05(土) 01:27:43
そうです、そこが阿漕な商売と仲間吊上げで有名なクズです、ペッ

45 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/05(土) 01:31:12
>>40
思わず吹き出してしまう見事な別物ですね。
たとえ本物でもせいぜい八万円てとこ。

46 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/05(土) 05:13:37
これは、どうでしょうか?
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g43854806

47 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/05(土) 05:17:48
当代である15代楽吉左衛門氏による極書があり間違いのない逸品かと思われます。
裏千家 鵬雲斎宗匠の箱書があります。
画像にて十分ご判断頂いてのご入札を御願いします。
楽の茶碗は贋物が非常に多く鑑定は困難を極めます。
箱書も間違いのない真筆ですのでいかがでしょうか。

*径10.5cm 高8.5cm 無傷完品 
15代楽吉左衛門極 鵬雲斎箱書

ここまで言い切る確信犯も珍しい、茶碗も箱書きもモロ贋作 !!


48 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/05(土) 15:29:28
ほんまにひどいですね・・・この楽は。

この出品者、過去の出品物を見ても贋物の嵐ですね。

49 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/06(日) 11:57:07
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r28872696
若尾利貞だけど本物?

50 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/06(日) 13:16:06
本物と思いますが、出品者が釣り専門。

51 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/06(日) 16:07:27
>>50
ありがとうございます。釣り専門か・・・
5万程度までなら入札してもいいかなと思っています。

52 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/06(日) 21:15:30
>>45
てことは、これも贋作ですか
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g47226939


53 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/09(水) 19:06:25
 茶道スレにも書いたんですが、御中元あげるあげないの
話で盛り上がってしまい返答がなく困っています。
 道具に関しては皆さんの方が詳しいと思い、ご助言をお願いします。

 無くなった師匠のお宅に伺う機会がありまして、
昔の道具を拝見することができました。
懐かしく思っていろいろ見ている中に、
カビが生えてしまった竹の花入がありました。もっさりと。
ご家族がしまったため、適切な仕舞い方ができなかったようです。
この哀れな花入を救出したいと思いますが、
何か良い手はありますでしょうか。
皆様のお知恵をお借りしたいと思います。

下手に洗ってよいものか、効果的な方法はあるのかお力添えをお願いします。

54 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/10(木) 00:17:22
普通に濡れ雑巾で除去すればいいじゃないの?

55 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/10(木) 08:10:37
風通しの良い場所で陰干し、亀の子たわしでカビをブラッシングして
カビを大方除去、綺麗なタオルか洗濯したての雑巾で乾拭き、
仕上げにエタノールを吹き掛けて綺麗なタオルでさらっと拭き取る。
別に食物ではないし高価なものでもなく丈夫な竹籠なら風呂用のカビの洗剤が一番効果的

56 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/11(金) 00:27:48
>>40
>>45
本物らしいよ

57 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 15:41:09
期待あげ

58 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 15:47:09
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/taro_jiro2004?
ここも酷いね!
商品全てが贋作みたいだけど、これってあり?

59 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 18:00:19
お世話様です。
カビ云々申したものです。
実際に濡れ雑巾で何度も拭いてみました。
カビは落ちたものの、黒いシミは落ちませんでした。
カビの「根っこ」ってやつなんでしょうね。
白竹の一重切がしみ竹みたいになっちゃいました。

アドバイスありがとうございました。

60 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 20:45:05
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b68692118
最近(といっても引退されましたが)の作品では見られない
なかなか良い見込だと思うのですが。。。
サイズから三嶋の平茶碗になるのでしょうか?

61 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 22:38:23
あんたも小林東五好きだね。井戸ならわかるがそれ以外は…。

62 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/16(水) 10:42:31
>>60
いいねー。
古作の雰囲気プンプンですね。
しかし、小さいなぁ。
抹茶茶碗として使うのはちっと苦しい。
口径14〜15、高さ7センチあれば言うことないのにね。
高さは平茶碗のサイズだけど、平茶碗なら口径が15は欲しい。
口径が13センチちょっととなると小服茶碗だね。


63 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/16(水) 11:15:26
そうかなあ。あんまりいい出来には見えないけど。
胴の妙に固いラインとか刷毛目のきっちりしぎている所なんかは私はダメだな。
高台もなんかメシ茶碗みたいだし。

64 :聡一郎:2006/08/16(水) 11:42:59



    私の努力を馬鹿にするな

65 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/18(金) 19:33:37
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n44021400
魯山人の香合だけど本物でしょうか?

66 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/18(金) 22:24:12
悪意のある贋物

67 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/19(土) 11:07:44
>>66
ありがとうございます。
「最近黒田さんとこで鑑定してもらいました。」
「再鑑定して贋作なら代金と鑑定料を返金します。」
とまで書いてあったので思わず入札しようかと思ってました。

68 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/19(土) 17:50:58
魯山人は本物でも偽物みたいな作品もあるからね。
代金も鑑定料も返金してくれるのなら落札して鑑定してもらえばいいんじゃない?
けどたとえ本物でも魯山人ならこの程度の作品で箱書きなら多くの人が偽物と思うかもしれないしあまり買う意味ないな。

69 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/22(火) 16:22:34
>ご落札者様が再鑑定に出されまして、贋作の証明書が出ましたならば、
 当方で設定させていただいております最低落札価格と再鑑定の費用は
 全面的に当方でご負担させていただきます

だってw
贋作の証明書…か。黒田さんは贋作の場合、返品するだけだからねぇ。
いずれにしても金は返さないってことだなw

70 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/23(水) 15:17:39
あげ

71 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/27(日) 12:06:12
あげ

72 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/31(木) 16:55:57
機体上げ。

73 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/04(月) 23:15:27
もう一度機体上昇!!!

74 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/06(水) 23:34:21
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/ikedas89
色々出てるけど、贋作?

75 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/08(金) 01:13:18
>>74
全部駄目。ヤフオクの「利用者からのアドバイス」も参照して。

76 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/08(金) 02:54:34
これはどうよ?
http://cgi.ebay.com/Choson-of-korea-dynasty-tea-bowl_W0QQitemZ290026023850QQihZ019QQcategoryZ2194QQssPageNameZWDVWQQrdZ1QQcmdZViewItem

77 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/08(金) 09:12:26
>>76 難しいなー

78 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/08(金) 19:41:03
>>75
書いたときは、アドバイスは無かったの!

79 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/15(金) 00:00:21
age

80 :?:2006/09/22(金) 08:46:31
ごぶさたしております。先日、京都に行ってきました。教えていただいた 
組紐の店や寺町、樂さんのところでノンコウの稲妻も観てきました。

81 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/22(金) 11:44:14
鑑定・ご意見願いたい
http://atne.jp/b/t.cgi?i=nwcEWQpW6kDi

82 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/22(金) 17:35:25
>>81
画像がないけど?

83 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/22(金) 23:26:46
>>80
ごぶさたしていますね。
樂茶碗の書付はうまいこといきましたか?

オイラも土日に、樂美術館の展示を見に行く予定です。
「光悦と樂道入 二つの樂茶碗 ふたりの交友」展は
相当、良いモノが出ていると聞いているので、楽しみにしてますわ。
あと、同じ樂茶碗の展覧会で、三井記念美術館の
「赤と黒の芸術 楽茶碗」も良いモノが出ているらしいですよ。


84 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/23(土) 01:53:06
三井記念美術館行きました。
長次郎の茶碗どれも味わいがありました。
ニ彩獅子像というめずらしいものも展示してました。

85 :?:2006/09/23(土) 08:31:58
書付のほうはまだなのですが、方法などご教授いただいたので助かりました。
京都では樂美術館と三井のポスターが二枚燐合わせで張ってありました。三井
では俊寛と無一物が出るみたいですね。帰る日に五条の寛次郎記念館に寄った
のですが、振り替え休日で残念でした。

86 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/24(日) 10:41:24
書付の方法はどのような手順なのでしょうか?
実際に聞かれたところをご教授願えますか。

87 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/24(日) 23:12:08
>>86
書付の方法ですで、知っている範囲で教えますわ。
裏千家の書付事情しかしらないですが・・・・・
裏千家では、書付申請できるのは、公的には三パターンのみです。
まず、許状の「教授」以上のお茶の先生・裏千家出入りの茶道具商・
各地の淡交会支部からの申請のみで、裏千家の玄関に直接申請に行きます。
これは、裏千家会報誌「淡交タイムズ」に記述がありましたよ。
実際には、どの人に頼むかによって、費用やかかる日数が変化しますね。
例えば、お茶の先生に依頼したら、書付代+お礼などで、金額が増えますね。
あと、ある道具商の方の話によると、箱書があるからといって、
必ずしも、金銭的価値が上がるわけでは無いとも、おっしゃっていました。


88 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/26(火) 13:38:44
小十さんが亡くなって、やはり唐津茶陶は中里家ですか。

89 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/26(火) 13:41:45
ですな。

90 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/26(火) 15:54:40
>>88
中里一族もこのままではマズイよ。重利のろくろは許せるが先代の太郎右衛門の絵付けは許せん。
当代は???。隆は論外。みな茶碗の話だが。

91 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/29(金) 23:51:34
http://www.imgup.org/iup267809.jpg
http://www.imgup.org/iup267810.jpg
どなたか鑑定していただけますか?
オヤジのコレクションの1つですが
いつの時代か不明です。
Qらしき文字が入っているので、今物だと思うんですが、、、
骨董屋がみてもわからないそうです。

92 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/30(土) 00:58:55
>>91
画像でないよ〜

93 :91:2006/09/30(土) 09:38:25
失礼しました
http://www.imgup.org/iup268398.jpg
http://www.imgup.org/iup268400.jpg

94 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/30(土) 10:21:04
91
懲りない奴だなぁ、おまえは

あんた、それすらもわからんのか !? はぁ ? ですよ !
日曜陶芸教室とかの素人の手ヒネリじゃん
あんたのおやじっつーのもたいした目利きだね

って教えてもらってんじゃん

95 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/30(土) 17:07:13
唐津の小十さん亡くなったのですか!?

いつ!?


96 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/30(土) 20:43:51
>95
8月30日だそうです。
唐津スレへどうぞ。

97 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/01(日) 22:22:06
>>91
ちょっとその写真じゃ分かりにくいけど
古くは無さそうだね。
でも、素人の手ひねりではないと思いますよ。
なかなかの秀作だと思います。
きちんと鑑定してもらった方がいいでしょう。

98 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/02(月) 20:05:44
ご存知の方教えて下さい。
画像の様に表書きに斜線で消した様な線があるものを
時々見ますが、どんな意味があるのでしょうか。
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d65867358
家元の書付が贋作とか?


99 :わたしは不識者:2006/10/03(火) 10:52:10
>>98
斜線消しは淡々斎や即中斎の箱書きによくあります。
ふつうは作家さんの表書きがある箱には家元は裏に箱書きをしないのですが
千家十職などの共箱の場合、斜線で消して箱の無い物として、
改めて裏に家元が箱書きをされます。と聞いておりますがいかがでしょうか?
識者の方のご意見をお待ちいたします。

100 :?:2006/10/03(火) 18:01:59
83さん、樂美術館には行かれましたか?本日は三井記念美術館に 
行ってきました。こちらのほうも圧巻で初代から当代まで100碗
近く観てまわるのに疲れるほどでした。館蔵のほか樂家や個人から
かなり集められたようです。

101 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/03(火) 20:36:17
>>99さん
有難う御座います。
そういえば私の永楽も淡々斎でした。
長年の疑問が解けました。
勉強になりました有難う御座いました。

102 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/04(水) 18:53:45
>>99さん
さらに質問です。
>千家十職などの共箱の場合、斜線で消して箱の無い物として、
>改めて裏に家元が箱書きをされます。
この場合、紐は千家のものに交換しないのでしょうか。
それとも写真のように、作家のものままなのですか。
教えてチャンでスイマセン。

103 :91:2006/10/04(水) 20:54:39
>>97
レスサンクスです。
知り合いの古美術商の方もそんなような事をいっていましたが、
詳細はわかりませんでした。もしかして古い物かもしれないとも。
機会があれば何処かしっかりしたところで鑑定してもらいます。

104 :わたしは不識者:2006/10/06(金) 11:14:20
>>102
家元が紐を替える事はありません。
永楽さんの場合、たいがいピンクの永楽さんの紐のままで書付されてますね。
ただ永楽でも戦前などの木綿の一重の紐などは、あまりに貧弱なので
書付に持っていかれる方が千家の好みの紐に替えることはあります。
裏千家では十職以外の作家さんの作を書付にもっていくと
受付で「この紐では…」といわれますので千家の好みの紐に替えます。
いずれにせよ書付に持っていく方が紐を替えるということです。

105 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 18:42:30
>>104
ありがとうございました。

106 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 21:38:07
茶器 by Brother Thomas
ttp://www.puckergallery.com/tbowls.html
アメリカ人がこんなん作っちゃうんですかorz

107 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 00:20:21
カナダ人じゃ?

108 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 00:59:14
けどあまりうまくないね。と言うより日本人向けじゃないね。硬いと言うか安っぽい
茶碗みたいで

109 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 20:05:46
うまいかどうか言えば明らかにウマイのは確か。
日本人にとっても十分魅力的。
てかてかして安っぽく見えるのは使ってないからでしょ。

110 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 23:10:34
こんな安っぽい「工作」見せないで〜
目が腐る

111 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 23:38:14
崩し方といい小学生レベルだな。だれが見ても下手だろこれは。
この外国人の個展するギャラリーの宣伝乙

112 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 23:56:47
まさかあ
こんなヤツの個展するギャラリー存在しないでしょ
もしもそんなギャラリーあったら晒し上げて嗤ってやるよ

113 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 10:49:39
>>111
ほう、小学生レベルか。

小学生の作品ウプきぼん。w

114 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 18:32:56
>>113
どう考えても下手だろこれは。まだ壷や皿はましだったけど。
こんな素人臭い作品絶対誰も買わない。お前の目おかしいんじゃないの?
感性の違いは認めるけど。あなたの気に入りの陶芸家って誰?

安物の評価受けた山根せいがんや渋谷泥詩は微妙に欲しいけどこんな素人外国人
が作った茶碗百円でも絶対買わない。
皿は千円程度なら欲しいけど。
そもそもこの陶芸家はどこを目指しているわけ?

115 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 19:04:06
>>114=>>110=>>111=>>112
いいから小学生の作品を見せてみろ。w

116 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 22:25:07
109=113=115はこれからこのド素人の個展をしようとしてる
見る目がまったくない業者だよ。自作自演して宣伝しようと思ったんでしょ。

つぶれろクソ業者

117 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 23:11:37
マジレスすると小学生の作品の写真なんて撮ってる訳ないし
UPなんてできやしない。
ちなみにあんただけだよ、この作家評価してるの。批判してるの人間は私以外にいるがW
ヤフオクとかで過剰に値段吊り上げて評価されている作家みたいにして儲けたいのか?
それとあんたのお気に入りの作家ってだれ?


118 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 23:23:24
あんたの妄想もすごいな。w

119 :115:2006/10/12(木) 00:18:55
俺はただの素人だ。素人目からみてこの作家は十分ウマイ。
小学生のお遊びと同じにしか見えないオマエの眼はどうかしてる。w

この作家も素人ではない。経歴を見てみろ。メトロポリタン美術館にも
バチカン美術館にも作品がコレクションされている。日本でも北海道大学
が所持してる。大学でも教鞭をとっている。

何でそんなに貶したいのかわからん。やっかみか?
眼が悪い上に、根性も悪いぞ。w
おまえこそド下手な素人作家だろ。
自分の作品ウプしてみろよ。w

120 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 01:07:16
119の粘着ぶりはキモイ。
素人だって自称してんだから自分が見る目がないことくらい自覚しろよ糞が。

ご高説ワロスだがttp://www.puckergallery.com/btbio.htmlをよく見ろ知障。
COLLECTIONSつうのは自分の駄作を美術館に寄付したらそれでCOLLECTIONSになる。
保持はされても展示されるとは限らない。
教鞭なんてとってないし。Lectureをしただけ。
教授でも助教授でも講師ですらない。教鞭って意味分かってる?
英語読めないなら知ったかぶりすんなよ。

119はどっか行ってよ。キモイ。


121 :ど素人:2006/10/12(木) 17:08:41
目利きの皆様
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/kyouto_mukasiya?
鑑定お願いします。


122 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 23:21:45
>>121
業者の市場で一応本物扱いになっているけど
誰もが胡散臭がってるし、まぁ買っても通常価格で売りさばけないの
わかっているし、「贋物」扱っているみたいな噂たつの嫌ですし店の品位
下げるので誰も競らずに安く買った品々じゃないですか?
たとえ本物でも微妙な作品にはそれほど価値ないですし買ってから後悔しますよ。
それに普通に贋物かもしれないですし。


123 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 00:46:29
>>121
魯山人はヤフオクで買うのは止めたほうがいい。
他の品は啓や楽以外は偽物がある作家ではないので
本物だろう。
ちなみに啓と楽も本物だが駄作。

124 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 02:08:32
茶道板にも書いたんですが、もしよければ教えてください。
(場にそぐわない書き込みだったらごめんなさい)

会社に裏千家の先生が教えに来てくれています。
このたび結婚することになり、お祝いに琴浦窯の
桐山工房と箱に書いてあるお茶碗をいただきました。

いやらしい話ですが、値段とかの見当がまったくつかず
どうお返しをすればいいものか悩んでいます。

先生が「書付を頼もうかと思ったけど5万円くらいかかる
から、そうしたら茶碗の値段が倍になっちゃうしやめたわ」
とおっしゃったので5万円の茶碗!?そんな高価なお祝いを!
とガクブルしていたら、先輩が「家に通っているわけでもない
(=会社で習っているだけ)の生徒への結婚祝いなんだからそう
高価なわけはない」って言うので、10,000円の半返し(上司とか
からだいたいそれくらいのお祝いをいただくので)で5,000円
くらいの内祝い(お好みもわからないので消えものをと和三盆)を
考えていたのですが、「桐山 茶碗」で ググってみたら20万とか
30万のがでてきてビックリしています。

1.この茶碗、いくらくらいなんでしょうか…
2.見当違いでものすごくお返ししてしまっても失礼でしょうし、
  逆にもし高価なものだったとしたらどのようにお返しをさせて
  いただくのがよいのか、とても困っています。
3.消えものではなくなにか品物を内祝いにするほうがいいですか?

どなたかご教示ください。

125 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 02:50:54
桐山「工房」でしょ?安いんじゃない?

126 :124:2006/10/14(土) 02:58:39
>>125さんありがとうございます。
「工房」だと安いんですね。

安いと言っても5千円くらいなのか1万円なのか、
2〜3万円はするのか、悩ましいところで・・・

茶道具やさんとかにきいてみればいいでしょうか?

127 :わたしは桐山?工房さん?:2006/10/14(土) 09:06:55
どんな茶碗ですか?
色絵か、均窯みたいな青い茶碗か、信楽みたいな焼締めタイプですか?
あんまり桐山さんとこは工房物は出してないので
配りものの量産品かと。よく白い釉の湯呑みみたいな筒茶碗(火入?)
や青い平茶碗(小鉢?)がありますが、あれは某淡交会なんかの記念品ですし、
値段も市販価格でいいとこ1万円まででしょう。
色絵の茶碗ならもっとしますよ。ただ工房もので色絵はないかなぁ。

128 :124:2006/10/14(土) 10:54:26
地色?がグレイで、瓢箪の絵が描いてあります。
茶碗の裏にある刻印?は「琴浦」です。

129 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 17:02:53
五万もしないね

一万ぐらいじゃない?

130 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 22:27:06
5000〜7000円

131 :124:2006/10/15(日) 00:03:29
124です

あんまりお返しが少ないとものすごく低く値踏みしたみたいな
感じになるし、最初考えてたのの倍くらいにしてみます
もし返しすぎだったら先生が何か言ってくださりそうだし

その前にデパートの茶道具売場にでも持っていって訊いてみます

ありがとうございました



132 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/15(日) 00:41:00
3千円くらいの価値。そんな工房の微妙な作品たいして価値はない。
向こうも買わずに誰かに貰ったものじゃないの?

133 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/15(日) 09:39:16
>「書付を頼もうかと思ったけど5万円くらいかかる
>から、そうしたら茶碗の値段が倍になっちゃうしやめたわ」

この先生の言い方がとてもいやらしい
だいたい「桐山工房」で書付なんか取れないんじゃない?
うさんくさい先生だな

134 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/15(日) 14:48:35
その5万の茶碗に仮に5万出して
書付取れば、今度はいくらで売れるの?
それほど書付マンセーとも思えんのだが?


135 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/19(木) 11:14:54
さぁ

136 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/20(金) 23:22:00
書付なんて30万ぐらいは超えないとダメなんじゃない?
お坊さんなら、安いのかも知れないけど。

137 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/22(日) 18:45:43
すみません、質問なのですが「束柴」ってなんて読むのでしょうか???

138 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/22(日) 20:06:56
たばしば
http://www.youtube.com/watch?v=LIhbap3FlGc

139 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 20:21:44
家にある作品のことなのですが…
漆塗りの共箱に「灰被天目盃」「道彦」って螺鈿で書かれて
いるんですけど誰の作品かわかりますか?あと中に入っていた作品がどれなのか
いまいちわからなくて困っています。どんな作品で何色なのでしょうか?
中に入っていたと思われる盃は何点かあります。

真玉園の加藤孝俊さんの作品も同じ様に複数点ありましてお父さんの作品かなぁ
と思いますがネットで検索しても美術年鑑見てもわかりません。

140 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 22:04:39
陶歴は入っとらんのか?
天目&道彦でぐぐったら大橋道彦という名が出てきたんでそれかも。
あとは灰被天目でイメ検するなり、広辞苑で天目を引くなりすればある程度わかるとおもう

141 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/25(水) 20:15:44
鑑定団で常慶の黒楽が出てた
おばさんの由来話、聞き逃したけど
2千万するんじゃろか?

142 :???:2006/10/25(水) 21:55:15
テレビ画面であの茶碗の色に不満は残ったが、
覚々斎、了々斎の箱は本物と見た。
紀州家関連の由来もあの持ち主の自信を覗かせていたね。
でも二千は言い過ぎかなとは思いましたよ。


143 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/25(水) 22:57:12
ふん、貧乏人が ペッ

144 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/26(木) 00:58:07
>>142
私も同感です。
箱は本物だと思いましたが、
中の茶碗には不満がありますね。

箱は本物で、中身はどこぞの茶碗では?
常慶の雰囲気ではない気がします。

まぁ、主観ですが。

145 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/26(木) 01:13:14
>144

半可通は恥ずかしいね
主観、ではなくド素人の知ったかだろwwww
バカが

146 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/26(木) 02:56:57
>>145 に同感 !!

147 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/26(木) 15:42:25
>>144 に同感 !!

148 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/26(木) 22:01:21
松平不昧、古田織部などの
昔の茶人が作った茶杓は、名品といわれるだけの良さが
有るのでしょうか?

茶杓の鑑定とか、作者の判別も難しいと思うので・・
名物として残っている茶杓でも、古い時代に中身だけ入れ替わってる
可能性は無いんでしょうか?

あんな耳掻きみたいな物が何百万とか千何百万とかする価値観は
理解できません。


149 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/26(木) 23:33:25

そうそう、大体やね〜茶ごときを大層に有難がる人種ってのは
非常に思い込みが激しく、また見栄を張るのが大好きだから
たかが竹の棒一本や汚い茶碗に大金を出す・・・・

つか、出させられているのにも「強い思い込み」のために気が付かない



150 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/26(木) 23:35:38
>>148
あんたの考え方は正しい
それが普通。
茶っころ共はマインドコントロールされた精神異常者と見て問題ない。

151 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/27(金) 08:00:44
>>150
それでも、素晴らしい茶杓には何ともいえぬ精神性が宿っている。取り澄まされた刃のような迫力がある。

152 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/28(土) 10:17:12
>>151
研ぎ澄まされた刃 の間違いでわ?

153 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/28(土) 12:52:30
>>152
そうでした(^◇^;

154 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/04(土) 00:11:51
age

155 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/04(土) 13:18:31
>>148
小堀家の茶杓箪笥の中にも、「こさえもん」と思われるものが1点あると、
杓庵先生が言ってるね。織部、利休と三本セットのヤツだったかな。

しかし古作のいい茶杓がすばらしいのは確か。
今の茶人の作と違って、かい先まで恐ろしく薄く、景色もいい。
まさに刀と呼ぶにふさわしい。
一度名杓と呼ばれるものを見てみるといい。
利休、宗旦、織部、三斎、遠州、庸件、宗和、不眛なんかはやっぱいいよ。
あの軽さ、薄さは持ってみないと判らないね。
あと、棗茶入れに乗せたときの絶妙なバランスも見所。
近頃の大徳寺ものや千家ものなんか及びもつかない。
喝堂和尚の古い有馬山風茶杓あたりはまだ見れるものもあるけど。

ただし、茶杓がありがたいのは、それが先の名茶人が直接手にしたもので、
その人となりが形や景色に出ているからであって、
たとえ造形がよくても、誰のものか判らないものは全くありがたくない。
だから共筒があるのとないのとでは雲泥の差。
(利休以前は共筒少ないけど)
その辺気をつけて、くだらん品に金払わんようにね。

自分が敬愛する茶人のものを一本持てばいいんじゃないかな。
俺的には自作の茶杓なんて、おこがましくてよう出さんね。
今暴落してるから買いやすいけど、千家ものはみんな同じだからつまんないよ。
お茶の先生やってて格好つけるならいいけどさ。
鈍翁なんかまだ比較的入手しやすいと思うから、がんばってみたら?

156 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/04(土) 21:06:57
話題を変えてすみませんが、上口愚朗の井戸茶碗で一番の傑作とされているのは
どういう茶碗でしょうか。彼の井戸については半年前にかなり話題になったようですが
持っている方がおられたら感想も聞かせてください。
また、彼の作品集ってあるんでしょうかねえ?

157 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/05(日) 20:06:29
155、151
丁寧にお答えいただき、ありがとう。
別に場を荒らすつもりは無かったんですけど・・
やはり見る人が見れば、違いは有るんですね。

(ここに居るネット茶人から見たら
社員が出してる12万の茶杓は、結構良い物にゃの?)

手元の数年前の本に、宗旦とか六閑斎の茶杓が400万以上の
落札価格で出てるよ。 たけぇ・・

158 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/12(日) 01:51:36
age

159 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/12(日) 20:42:45
>>157
社員は最近おかしくねー?
以前よりあきらかに「月曜美術館」の質が落ちてるし、
その他の掲載商品もクズばっかになってる。
ヤフオクは言わずもがな。

今の息子の代になってからどうしようもなくなってるね。
良品の出所に見捨てられたか、目が利かなくて資金繰りが苦しくなったか。
ヤフーストアにしたものの、店自体が潰れちゃどうしようもないわな。

茶杓の名作は高いよ。モノがないからねー。
いいもんなら300以上はざら。天井はない。
社員のはダメだ。やめときな。
前にも書いたように、誰のものか判らん茶杓なんて
恥ずかしくて拝見には出せないんだから。

160 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/12(日) 21:28:22
え、社員潰れたの?

161 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/13(月) 07:32:13
ところでおまいらのお気に入り茶道具Up汁
茶碗とかな

162 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/13(月) 11:18:45
ttp://inuiroho.rakugan.com/

163 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/13(月) 17:43:53
常慶作の茶碗が鑑定団にでていましたが、あれははたして常慶だったのでしょうか?
箱には二代目作とあり、後の代の宗匠書付でした。宗慶、宗味もふくめてあいまい
ですし、樂二代に関しては謎ですね。

164 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/13(月) 21:57:46
天目、井戸、くつ茶碗で抹茶以外のお茶を飲むのはありですか?

165 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/13(月) 22:18:43
>>164
小林秀雄は確か高麗茶碗で毎朝ミルクを飲んでたらしいよ。
この批評家は敬愛するが、茶碗でミルクを飲んでいるようでは
彼には茶碗の意味は永久に分からなかったろうと思う。

166 :わたしは秀雄?:2006/11/13(月) 22:40:10
私は毎朝井戸茶碗で味噌汁飲んでるよ。
まあ井戸っていっても井戸脇だけど。
ちょいと平ためなんで、すぐ冷めてあんまりおいしくないです。

167 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/13(月) 22:46:52
ドウモ〜〜〜ッ!!フッジッ/^o^\サーン♪フッジッサーン〜〜〜ッ☆☆/^o^\
私は37歳のフッジッサーンしてるのぉ〜〜〜っ♪/#^o^#\
うーんとー、私メル友がすっごくすっごく欲しくってー、/^o^\フッジッサーン
探してたら/^o^\フッジッサーン/^o^\フッジッサーン!☆彡/^o^\☆彡/^o^\☆彡/^o^\☆彡
素敵Σ/^o^\フッジッサーン!な掲示板♪を発見!!!!/^o^\""" フッジッサーン
え?くれないのぉ〜?/^o^\そんなのフッジッサーン♪/^o^\フッジッサーン や〜〜、フッジッサ━━━/^o^\━━━ン
なってくれなかったら、/^o^\ 勝フッジッサ-ン! /^o^\フッジッサーン
☆○/^o^\oフッジッサーン ぱ〜んち、☆/^o^(○=/^o^\o バコ〜ン!!♪/#^o^#\フッジッサーン /^o^\=◯)^o^\
/^o^\フッジッサーン ゛o/^o^ \oo/ ^o^\)o″フッジッ!! サーン!!
素敵/^o^\フッジッサーンな掲示板♪フッジッサ━━━/^o^\━━━ン を発見!!!!/ ^o^\//""" パチパチパチ
/^o^\きゃ〜〜/^o^\フッジッサーンやられた〜〜/o^o^\o ドテッフッジッサーン フッジッサ━━/^o^\━━ン!
/^o^\←フッジッサーン。。。。・゜゜・o/^o^\o・゜゜・。フッジッサーン </^o^\>フッジッサアアアン! Σ/^o^\フッジッサーン!
なあんて/^o^\フッジッサーン♪/^o^\フッジッサーン!だけど、/^o^\フッジッサーン
おフッジッサーン/^o^\になって/^o^\くださいませませフッジッサーン♪/^o^\フッジッサーン フッジッサーン━━/^o^\━━━━━ン
ということで。/^o^\じゃあね〜〜〜フッジッサーン♪/^o^\/ ̄ ̄ ほんじゃ/^o^\/^o^\ レッツフッジッサーン♪
それでは、今から他の掲示/^o^\フッジッサーン!板も色々見てきまーすベジータC= C= C= C=┌/^o^\┘フッジッサーン

168 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/14(火) 09:12:56
>>166
恐らくふざけて言ってるとは思うけどさ
味噌汁を美味しくいただけないのなら止めた方がいい。
それに、井戸で味噌汁を飲もうと発想するような人に茶碗の良し悪しは
小林秀雄と同じように永遠に分からないでしょうね。
花器には花、酒器には酒、茶器には茶。

169 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/14(火) 09:27:18
井戸だったら飯茶碗にするのはアリかもね

170 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/14(火) 10:02:50
>>168
見立てを捨てるのか?最後の行は極論過ぎやしないか?

171 :わたしは秀雄?:2006/11/14(火) 12:55:29
この井戸脇茶碗はすっごく気に入ってるんです。
固い目の焼きですが高台にちらりとかいらぎが出てて
内に目跡が9つ。胴にきついめにろくろが廻った茶碗です。
この茶碗で朝は味噌汁を飲みますし、
食後には薄茶を、時にはコーヒーを飲みます。
鍋の取り皿にも使いますし、酒も飲みます。
一日中手放しません。もはや私の生活の中に組み込まれています。

172 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/14(火) 14:01:53
>>171
もういいから、あっちに行け。

173 :わたしは秀雄?:2006/11/14(火) 16:19:31
はいはい。バイバイ。

174 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/14(火) 22:39:30
高麗茶碗でも筒型のものなら、牛乳もOKだろ。
型にはまった見方をしてたら、逆に茶から離れるぞ。




175 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/15(水) 08:54:00
>>174
好きにやってくれ。

176 :わたしはダリ?名無しさん? :2006/11/16(木) 15:57:49
飲みたいものを飲みたい器で好きに飲むがよろし。
紙コップやプラスチックの器よりはずっとましでしょ。

177 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/16(木) 19:18:48
「見立て」とか言って、茶碗でミルクや味噌汁飲むのも程度問題。
高額な古陶磁は、次世代に渡すべき文化財でもある。
茶席などで丁寧に使うべきだよ。
見立てで遊びたいなら、現代陶でやるべきだ。

平成18の日本でー。
古陶の楽茶碗、萩茶碗なんかでミルクを飲む人など
古美術通ぶった、「嫌味な人」くらいにしか見られないと思うけど・・

178 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/17(金) 00:32:09
酒の糖分や牛乳の脂肪分は土ものには大敵だぞ。
堅手や井戸脇、御本、瀬戸程度の硬い土質ならいいが、
古い楽、萩、志野、井戸あたりはしみ込んだらクサくてかなわん。
最悪カビるし、粉引きなんか、醜悪なシミになる。
新物の色づけにはいいけどな。
いいものだと思ってるなら、きちんと水につけて抜いとけよ。
茶の香りを邪魔して茶が飲めなくなるぞ。

179 :わたしはダリ?名無しさん? :2006/11/17(金) 10:25:29
玉水焼の茶碗って珍しいんですか。
前に茶会で一元の赤茶碗を見て侘びた風合いのとりこになっています。
長次郎写しらしくかせた肌の小振りのお茶碗でした。
でもそれ以来なかなか出会えません。
どこにあるんでしょう?


180 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/17(金) 22:58:17
茶入れや高麗茶碗なんかは元々雑器だろ
何に使うかは持ち主が決めること

181 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/18(土) 09:15:54
>>180
> 茶入れや高麗茶碗なんかは元々雑器だろ

まだこんな事を信じてた奴がいたんだ!
高麗茶碗が雑器?
少なくとも井戸茶碗は御本茶碗の用に日本人が特注した物であるらしい事は
いまや常識だろ?朝鮮の雑器だったと言うのは「見立て」の美という事を
強調したかった人間たちの一つの方便の嘘だよ。

182 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/18(土) 11:44:35
>>181
高麗物が入って来た当初は雑器だよ。
そして価値が上がりはじめてから日本人が作らせたり、
陶工呼んだりしたのは基本だろ。
誰も大井戸が雑器とは言ってない。


183 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/19(日) 15:20:20
おまいらの茶っころ友は婆か?若いねーちゃんいないんか?

184 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/19(日) 16:29:37
>>183
で?

185 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/20(月) 20:29:15
高麗時代だそうですけど。
後の時代の注文品でいいんですかね。
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g46919924

186 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/23(木) 20:23:21
そも抹茶が飲まれだしたのは禅宗で薬代わりだったと聞いたのですが、
ごく初期に使われた茶道具は趣味性の高い美術品ではなかったんでしょうかね。
或いは鎌倉〜室町期の日本の焼き物がまだ未熟で、大陸では日用品の陶器でも十分ありがたられたのでは。


187 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/28(火) 13:46:21
すみません、初心者です。
家にあった色絵の茶碗。
ちゃんと抹茶を点てて飲むつもりが、暑い日だったので魔が差して
冷たい麦茶を入れました。
飲もうとした時、運悪く電話がかかって、長電話をして放置。
それから茶碗の存在をすっかり忘れ、気が付いた時にはかなり
時間が経過していて、茶碗に茶色のシミが・・・。

傷が付かないように気を付けて擦って、少しは落ちましたが、
まだ薄っすら残っています。
どうにかして取りたいのですが、良い方法があったら教えて下さい。

188 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/29(水) 00:24:46
>>187
この状況では、難しいね・・・・
麦茶のシミは、湯のみにつく茶渋と同じだよ〜
あまりお勧めできんし、保障はしないけど、
漂白剤が一番手っ取り早いと思うな。
脱脂綿などに漂白剤をつけて、気になる部分を拭いたら、
すぐに水洗いを繰り返せば、いいかも・・・・


189 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/29(水) 07:49:38
>>187
漂白剤が嫌なら、重曹を酢で溶いてやってごらん。

190 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/06(水) 00:19:35
age

191 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/09(土) 18:04:40
大名物って鑑定団にも一度も出てないけど
大名物茶入れが出たらいくらするんだろう?

192 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/10(日) 22:06:22
ほとんどが美術館だし、個人蔵って言っても
並大抵の個人ではないんでしょうし、鑑定団程度には出てこないでしょうね。

193 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/13(水) 00:26:29
殿様をも越えたかつての大地主で
今も文化財にお住みで戦後も土地を失わなかった
今でも地元の大地主がお持ちです
そこのお家が美術品を寄付されて、お金も一億寄付され
市がそのお家の名を冠した美術館を作ったのですが
そこに大名物があったのですが
いくら大地主といえど華族でない
そのお家は豪商なのですが一豪商のお家に伝わるものなのでしょうか?

194 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/14(木) 00:05:59
>>193
その殿様の藩が金子を借りた時に返せなくて、代わりに
茶道具を差し出すことはよくあるよ。
例として庄内藩と本間家みたいなとこ。
他に大阪の平瀬家みたいな大名貸しをやってたとこ。

195 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/14(木) 00:42:07
ただその藩は二万石程度の外様でかなり財政は苦しかったので
とても大名物を持っていたようにおもえないんですが・・
大名はそれなりのものを持っていたんですかね
七藩ぐらいに貸してたようだから他藩の殿様にもらったのかなぁ

196 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/15(金) 01:37:41
>>195
二万石でもどこかの大々名家の分家なら有り得ますよ。
分家する時に本家からの財産分けで所持することがあります。
ちょっと大きな分家だけど例として宇和島伊達家(本家仙台伊達家)、
とか、御三家の分家伊予西条藩松平家(本家紀州徳川家)が有名。

197 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/15(金) 18:24:02
なるほど、そういったとこからいただいたのか・・
その大地主は大庄屋格となっていたのですが
大庄屋と大庄屋格はどこが違うのでしょうか?
殿様を超えたのに永代苗字帯刀は許されてなくて
二代か三代かだけだし、殿様は頻繁に来ていたみたいなんですが・・・

水差しで瀬戸とか信楽の一重口水差しで
表千家五代の随流斎とか藪の内八代の古希翁の箱書きがあるものは
かなりのものですか?
あと木下長しょう子というかた(北の政所の親戚?)
の箱書きのされてる高麗茶碗、反使呉器茶碗は
どの程度のものなのでしょうか?












198 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/15(金) 21:54:54
>>197
庄屋、大庄屋や名字帯刀の基準は各藩で違っているので
貴方のお住まいの郷土資料館や教育委員会に
問い合わせたほうがいいと思います。
私の地域では大庄屋は年貢の徴収を藩から委託され
代官所を兼ねており、また代々代官職が世襲だったので苗字帯刀
を許されていました。
茶道具の値踏みは私より詳しい方がこのスレにはいますので
誰か書き込んで下さい。

199 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/15(金) 23:31:23
半使呉器は、ほぼ御本呉器と同じと見るべきでしょう。
実際に、半使と御本の区分は難しい。
御本呉器は、景色、状態、形でピンキリだけど、
標準的なもので100万円、少し良ければ150万、青や赤の窯変のある
景色の素晴らしいもので、500万前後はします。
御本って、平均価格は結構高いです。
名のある茶人の書付が入ると更に値は上がりますが、実物を見ないと
値踏みは難しいですね。

200 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/15(金) 23:40:41
<199
御本三島は状態や景色のいいものでどのくらいしますか?
ご教示ください。

201 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/16(土) 14:31:16
木下長しょう子というかたの箱書きは
価値的にどうなのでしょうか?

202 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/16(土) 14:35:53
玉子手茶碗で小堀遠州の箱書きのされてるものは
やはり相当なものですか?

203 :わたしはダリ?名無しさん? :2006/12/16(土) 15:34:16
>200
御本三島で景色のいいもの(窯変で片身替わりのものなど)
はむちゃくちゃ高いよ。私も探していますがなかなか…。
某店で800万てのを見ましたが、ちょいニューありでした。
田部美術館蔵クラスのが欲しいんですが。

204 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/16(土) 19:34:14
>>200
御本三島で多いのは、彫三島ですが、御本の中でも彫三島は相当高いです。
まあ、最低200はするでしょうね。
ちょっとしたものだと、すぐに300、400、500、600となのます。
203氏の言われる御本三島は、側面が暦手のような半使三島のことだと思いますが、
そちらのほうは、本当に高いですね。物がなかなかないし。
>>202
玉子手は、高麗茶碗の中では、比較的手に入りやすいですが、値段は物によりけりです。
状態にもよるけど、安いものなら、裸で20万くらいからあります。
良いものになると、すぐに100万を超します。
当然上は、景色、伝来、箱書によって、とんでもない値段となります。
遠州の書付でも、歌詠みがあって、古筆家の極札でも付いてたら、
かなりの付加価値がつきます。
遠州の書付は、それだけでも鑑賞の対象となり喜ばれますからね。
茶碗にもよるけど、遠州が「高麗茶碗」「高麗 やわらか手」なんて書いてるだけで
最低150万からでしょう。
裸の茶碗の値段が150万のものなら、遠州の書付があれば倍の値段にはなるでしょう。
歌詠みがあれば、もっともっと値が上がります。
しかし、業者は市で仕入れるので、競り価格が安かったら、当然安くなりますし、
高く落としたものなら、売値も高くなりますから、一概には言えません。
>>203
田部美術館の青井戸「秋埜」が好きだなぁ。
あのクラスの井戸が欲しい。

205 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/16(土) 20:19:12
オランダのデルフト窯で作られ東インド会社経由で江戸時代に
日本に入ってきた
香合で古筆了祐の箱書きのあるものは
珍しいというかほとんどないものですが
かなりのものですか?白鶴美術館のものより色鮮やかで一回り大きかった
です、保存も完璧でしたが、どのくらいかな?

玉子手茶碗など豪商などで大名が来たときに使用したなどの
記録があるとその茶器の値段は上がりますか?

206 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/16(土) 20:21:31
香合は鳥の形をしてました
すごいきれいでした
オランダでは調味料入れに使用していたそうです

207 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/21(木) 00:23:18
先月だったか、鑑定団で2000万の値がつけられた常慶の茶碗。
番組のHPから削除されてるっぽいんだけど、なんか問題あったのかな?

208 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/21(木) 19:01:38
楽さんがあれは贋作だと判断したのでは
じょうけいの茶碗なんて、長次郎より数が少ないからね。

209 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/28(木) 00:03:13
age

210 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/04(木) 00:08:57
ageU

211 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/05(金) 18:34:47
hage

212 :わたしはダリ?名無しさん? :2007/01/09(火) 10:56:14
仁阿弥道八の色絵茶碗てあんまり見ないけど
名品を見られたりお持ちの方はおられますか?
黄イラホや刷毛目、御本などの高麗写しに楽茶碗は
時々見ますが色絵の茶碗はどうなんだろ?

213 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/16(火) 00:08:00
age

214 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/23(火) 00:41:24
ageU

215 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/28(日) 14:50:08
焼き物の竹蓋置って形が風炉用しかないんですかね。
節が中ほどにあるような物って見たことあります?

216 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/02/05(月) 20:19:57
age

217 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/02/06(火) 01:19:50
家宝ののんこうを売りたいんですが、いくら位になります?



218 :217:2007/02/11(日) 02:35:01
誰か御存じないです?

219 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/02/11(日) 05:37:06
なんだ・・・正体は童貞だったのか

55 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)