2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ゴッホの絵で感動する俺は精神病?

1 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/18(月) 06:44:57
ゴッホって、精神病で自殺したんだよね。
その人の描いた絵が評価されるって、どういうこと?
でも生前はなぜ評価されなかったの?。絵の評価って変わるもの?
精神病の人の描いた絵で感動する俺って、頭おかしいのかな?

2 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/18(月) 10:06:14



詐欺師夫婦 → 宮元健次・智美


新横浜在住の宮元健次・智美の夫婦はヤフーオークションにて
「古美術品の贋作を自ら捏造」し本人の勤務先であった龍谷大学と
そこでの地位である助教授の肩書きを背景に上記「」内の物を
虚偽の説明により販売し、善良な入札者から金銭を詐取した。









3 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/18(月) 13:18:08
詐欺師夫婦 → 宮元健次・智美


新横浜在住の宮元健次・智美の夫婦はヤフーオークションにて
「古美術品の贋作を自ら捏造」し本人の勤務先であった龍谷大学と
そこでの地位である助教授の肩書きを背景に上記「」内の物を
虚偽の説明により販売し、馬鹿な入札者から金銭を詐取した。




4 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/19(火) 00:50:15
ゴッホ=精神病、から離れようよ。

5 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/19(火) 02:34:21
いつの時代も世の中の方がおかしいことが多く、純でまともな人ほど、
そのギャップで精神的におかしくなるものです。
鈍感だったり、自分にうそをついてもなんとも思わない人が
世の中をうまく渡って、政治家や、実業家になったりして。。。
純な精神やナイーブな感動が人の心を討つもの。
芸術家はいつも孤高で、悩みの中で、作品にぶつけるもの

6 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/19(火) 08:28:25
鈴木宗男とかの事ですか。嘘つき政治家。でも、北海道で結構票取ってたね。
逮捕された後でも。あれは、投票する人もおかしいのかな。
おかしい人間はぶっ殺したほうが良いかな。

7 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/19(火) 10:40:09
宮元健次とかの事ですか。詐欺師助教授。でも、本なんか結構出版してんだね。
ここで騒がれながらも。あれは、買う人もおかしいのかな。
おかしい人間はぶっ殺したほうが良いかな。


8 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/19(火) 11:57:11
ゴッホ=精神病、から離れようよ。
宮元健次=詐欺師、から離れようよ。

9 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/19(火) 22:58:28
鈴木宗男=嘘つき政治家 は正解だよ。

10 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/20(水) 00:45:29
美術評論家=コバンザメ、も正しいよ。

11 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/21(木) 10:35:42
評論する人がいないと、評価もさだまらないのでは?

12 :ぬくもり:2005/04/21(木) 19:24:38
当時は今ほど病気に対する薬も治療体制も整っていなかっただろうしなあ。
確かに彼の作品後期を見ると、病的な表現・タッチ・色彩が見受けられる。
身心のコントロールがあまりうまく出来てなかった事がうかがえる。しかし
描く事によって当時彼も自己を表現し、それが治療や癒しになったと言う意味合い
では咎めるものではなかったのでは。調子の悪い時でも人は日記を
書いたりするものです。絵画・芸術も同じかな。音楽なんかもそうだろう。
ただ周囲の人間ががそれを感じ、お互い評価した上で公開に一定の規制も必要なのは
今も昔も同じかな〜。俺なら暖かく見守ったかな。ま、人の事とやかく言う程
完璧健康じゃないかもしれないが。

13 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/21(木) 19:27:29
美術板で美人アーティスト立島夕子がキレて2つのスレを埋めまくり
↓↓↓
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1114006035/

http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1113268353/

14 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/29(金) 22:23:21
>>1は自分がゴッホと同列の精神病と言ってもらいたいだけの厨房


15 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/02(月) 17:20:34
ゴッホは精神病という決めつけ的な考えは俺したくないね。
研究者の言うこと鵜呑みにしてるわけじゃない。

16 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/02(月) 23:33:56
極論いうと芸術家はだいたいなんらかの精神病持ち。言い方悪いがとりわけゴッホが飛び抜けて重傷ということだろう。

17 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/03(火) 00:12:42
精神病者は感動しないだろね。
そもそも精神病とはすべての人間が持ち合わせるある心性が特に浮き上がった状態だろうから、当然感動することもあるはずですね。

18 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/03(火) 01:04:53
このスレで精神病云々いってるやつは浜田秀伯『精神症候学』でも読んで勉強してくれ。
精神病について変な偏見や先入見しか持ってないやつはここで自分の考えを発表するな。
ほんと目障りだし、不愉快だ。
嗚呼 また症状が悪化してしまう。

19 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/03(火) 10:46:50
ゴッホのコーヒー茶碗には1滴の水も注ぎ込むことが出来ないんですよ。

もうすでに溢れかえり、底の見えている状態なので。
崩壊していて、いつでも鬩ぎとられるような脆弱な心を持っていた。
攻撃しやすそうな人だな。

>>1は低レベル。


20 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/03(火) 13:13:41
フロイトやユングのような非科学的心理学が、
脳科学に全部吸収されたら、ゴッホに関する
説明もまた変わるだろうな。

ただ、酷く無機質な説明にならざるを得ないだろうけど。

21 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/03(火) 19:37:38
幼稚な人ほど精神病にあこがれる

22 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/04(水) 01:30:59
壊れた家を襲っているんだから君らは超卑怯者で弱いんだと思います。

ゴッホも可愛そう。彼は精神病者という点ばかり取り上げて1番おかしい研究者たち。

23 :wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww:2005/05/04(水) 01:33:22

ゴッホ以下。



24 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/04(水) 01:38:32
ゴッホの生き方は教訓にならんのだよ。
まねたり巻き込まれたりしたら大変そうだな。

25 :wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww:2005/05/04(水) 01:39:50
君らがどんなにanan喘いでもゴッホ以下wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

26 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/04(水) 01:43:44


一殺多生なのかなとおもたんですがそこら辺はどうなんでしょ?
ゴーギャンよりも素晴らしいとおもいます。

27 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/04(水) 01:51:38

1はサウンド明日リープ状態。
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

28 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/04(水) 01:53:46
>> 19

何を言ってるんだ君、ゴッホは絵を描く心と信心深さは死ぬまで保ち続けていた。
人よりもすこーし不器用だっただけさ。
でもそれが彼を救ったんだからいいんですよ。

29 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/04(水) 20:29:21
28<そうなんじゃないかと思う。

30 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/04(水) 22:23:20
>>1
全然おかしくないぞ
この前やってたNHK番組によると、かなりゴッホは絵の勉強家だったそうだ
昔の様々な絵画技法を必死で研究したり、たくさん色彩理論の本を読んだり
浮世絵を自分に活かそうと研究してたのは有名だ
色の使い方も、色の異なる毛糸を丸めて色見本の毛糸玉を作ってたみたい
反対色の効果を確認するために使ってたらしい
その現物も残ってて映像で写してた
感情の赴くまま描いてたイメージだけど、実際は勉強して理論的に描いてたそうな
だからゴッホの絵に感動するのはおかしくないと思う

31 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/05(木) 18:32:18
JRってのはさ、乗ったら最期生き残れるかどうかっていう緊張感が大事なのさ。
安全安全って、うるさい小心者は一生歩いてろ。
普通のジェットコースターには無い恐怖。シートベルトも安全装置も無いスリル。
これがたった数百円で味わえる。この贅沢。これが分からない素人は乗るんじゃない。
俺ぐらいの通になると、窓を開けて脱線時に飛び出す準備をしている。
この快感、なんどやっても飽きないね。
ぐちゃぐちゃ文句のある奴は、事故が起きてもJRに賠償を求めないと誓約書を出さないと乗せないぞ。

32 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/05(木) 22:32:37
スレ違い

33 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/07(土) 11:53:17
ゴッホ展っていつ、どこでやってるか知ってる人教えてくださぃ!

34 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/07(土) 19:40:30
>>33
アムステルダムでだいたいいつも。

35 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/17(火) 09:16:39
>>33
僕ちゃん自分で調べてね

36 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/18(水) 23:04:04
>>30
そうそう
夜のカフェテラスの黄と青の組み合わせは、色彩をしっかり勉強したから
できたんじゃないかな

37 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/29(日) 19:59:03
ゴッホ見て感動した・・ とても美しくて力強いと思った
ただの美しくて精巧な絵とは違う。  それでいて品がいいし。

38 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/29(日) 20:33:38
>>1
正確にはゲイで頭がおかしい。


39 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/29(日) 20:47:18
不正確にはバイセクな人間だと。


40 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/30(月) 00:26:07
>>1
全然おかしくないよ。感動するのはむしろ良い事だと思うよ。

41 :皆さんへ、屁理屈大卒に勝負はいかが?:2005/05/30(月) 01:21:15
♪ご招待〜リアルキチガイはコチラ〜記念真紀子ヨロ
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1117013754/l50 (2日で1000!)
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1117175370/l50
今、社会世評板でもっともアツいクソスレ。「高卒は知的障害者。」
凄まじきキチガイ大卒たちが、昼夜を問わず暴れまくる!
なんでもかんでも学歴と結びつけて書きまくるDQNぶり。
彼らの正体は、今流行のヒキオタニート。厨房も敵わぬ屁理屈に
あなたは果たして勝てるのか?(゜_゜;)反論者は全て低学歴と
みなす彼ら独特の訂正不可能な妄想は今日も健在!
★キチガイ例★425 :名無しさんの主張 :2005/05/26(木) 23:28:04
オマエのアタマではこのスレの内容など理解できまい。
なぜならば…知性と教養のある者のみに書き込みが許された
栄光のシリーズスレ『高卒は知的障害者』。
今迄このスレにローカルルールを破って書き込まんとする
知障のキチガイ高卒が蛆虫の如く沸き出て後を絶たなかったが、
相当数の知障高卒の排除と殲滅はどうやら実現できたようだ。
残るは残党の粘着真性キチガイ知障高卒だけだがもうムシの息、
もはや時間の問題だろう。そして記念すべきPART 100を迎えるまでには
このスレは、本題を顧みて大卒等のまともな一般人だけで
犯罪者及び犯罪者予備軍でもある知障高卒の
今後の処遇について真摯に討論したいと考えるものである。
我が国の栄光の未来のために、一日も早く、社会の害悪高卒を一般社会から排除・隔離し、
平和で健全で知性的な社会を取り戻すことこそが、
我々大卒など善良な一般人の務でもあり使命でもあろう。


42 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/30(月) 05:11:47
そのキチガイ不利ぶり河良い。

43 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/30(月) 09:45:35
>>41
そのスレッドの住人丸ごと病院にお送りしたほうがいいんじゃないの?

44 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/30(月) 10:53:33
>>1
人類ほぼ全体病に冒されています。
少しおかしい人が身をもってその事実を広く知らしめなければならないと思います。
なんだ昔も今も大して変わってないじゃんかとね。

45 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/05(日) 23:43:56
お初です。同じくゴッホの絵に魅せられた者です。自分の好きな作品は種捲く人ですかね。ゴッホってゲイだったんですか?

46 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/06(月) 00:15:25
まともな恋愛できてないし、男ばっかり自分の周り固めようとするところを見ると
ゲイだったのかなあと思うし、ゴーギャンとのいざこざでおかしくなってるじゃないですか。
その気が無いとは言い切れないなあ。
ゴッホが自殺した原因もそれなんだろうし、まあ、本を何冊か読めば分かると思うけど。
無難に星月夜が1番好きかな。



47 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/06(月) 00:27:32
え!?ゴッホってあのゴーギャンとも関係あったんですか、でもそうゆう病的な所も好きですけどね

48 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/06(月) 01:20:18
ミレーのじゃなくてゴッホの種まく人が好きなの?

49 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/06(月) 01:34:45
>>47
2ヶ月も南仏で一緒に暮らして何も無かったと思う?w

50 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/06(月) 01:51:00
いわゆる肉体関係もあった訳ですか、まぁ個人の自由ですからね、

51 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/06(月) 01:52:16
チンチンの舐めあいくらいはしてるかもしrないね

52 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/06(月) 02:34:22
自分には理解不能だ…話反れるけどゴッホの絵画買おうとしたらいくらくらいになるんですかね?

53 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/06(月) 02:44:09
ゴッホの精神病ってさ、インフェリオリテイコンプレックスによるもんだと思うんだよね。
本読んでても自分の家の系統的な呪縛からは逃れられないとか、女にはモテナイとか勝手な思いこみ持ってる。
そういう気持ち持つと娼婦でいいかなっておもっちゃうんだよ。
自分の潜在的な、しかも自分勝手な順位で自分の価値を下げすぎた結果精神病がまして行ったと思うんだよな。
彼は傷つきすぎると思う。頭がいいんだろうなあー。
自分のそういう気持ちをキャンバスに添加させてたんだろうね。
ゴッホ展見に行かなかったけど、見たらウッとくるかもしれない。
然し彼につこうとする女がいなかったのは不思議だな。

>>52
価値つけられないんじゃないですか?欲しいと思っても買えないでしょ一般人には、、、






54 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/06(月) 02:55:50
つ 【ポスター】

55 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/06(月) 03:02:09
>>5
ゴッホを純だとか、ナイーブとか言うのはちと違うキガス。
欲望に充ち満ちてるよ。w

56 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/06(月) 03:04:02
でも凄いですよね、生前は1枚くらいしか売れなかったのに今では教科書にも載るような人になって

57 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/06(月) 09:49:50
凄く無エよ。日本人は印象派と大衆演劇が好きなのさ。

58 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/06(月) 11:28:21
>>1そーだオマイも精神病だ、いっしょにガンガローね。

59 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/18(土) 14:01:42
油絵のドロッとしたまま渇いた状態が気持ち悪いです
美術鑑賞に来て何処を見てるんだ俺はorz

60 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/26(火) 03:08:45
単にブランドに弱いだけかもね。

61 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/26(火) 21:18:15
ブランドってのは
これ?
ttp://www.christies.com/home_page/home_page.asp
それともここ?
ttp://search.sothebys.com/
じゃなけりゃ此所か?
ttp://www.vangoghmuseum.nl/bisrd/top-1-1.html
どこにある?

62 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/04(木) 02:41:04
ハヤミギョシュウの絵に、ゴッホの色使いに似てるのなかった?
タッチは全然違うけど。
田園風景で、縦に細長いやつ。

63 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/04(木) 22:43:00
抽象画家、鳳雛。オススメです。↓
http://plaza.rakuten.co.jp/hosutakekoshi/

64 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/05(金) 02:27:51
ゴッホ怖い
ゴッホ怖い
ゴッホ怖い
誰かこの気持ちわかる人いませんか

65 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/09(火) 11:56:44
あの精神病患者の心を震えをキャンパスに
表現しているのがいいんだよ。

66 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/12(金) 17:51:09
>>64
感動してるんだね

67 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/12(金) 19:12:43
>>64
わからん

68 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/12(金) 20:35:59
>>64
おまんが、こえーよ
まあ、わからんでもない
何でも怖いと思ってみたら、怖いところばかり増幅されるからね
きれいな女(ひと)の顔だって、時としてコワイときあるよ
それを、コワーイと思いだすと、もうコワクテ怖くて
精神やんでるかんじ
だからわからんでもない、お前さんのコワさ



69 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/12(金) 21:45:33
>>64
俺、こないだっからヨメガコワイヨ 2chヤッテルト ニラムンダ。
嫁に勘当されってかもと思われw

70 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/14(日) 07:06:52
>1
別に精神病でもいいんじゃない?そんな言葉、フロイトのケツの穴にぶち込んどけ。
その感動は絶対アナタの人生の豊穣の一部となる。アナタの感動はアナタだけのものである。
「感動」と認識されている時点でそこには高度な言語行為が働いている。アナタは大変知的だ。
我彼を失うような衝撃を言語的に認識している時点でアナタの精神、および理性は拡張され増大
されている。その経験はアナタの世界認識の最深部において作用し、意識的ないし無意識的に
アナタの人生を方向づけるでしょう。アナタはそんな事を意識せずに、アナタのまま生きればいい・・・。


71 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/14(日) 07:32:44
アナ多いw

72 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/20(土) 03:56:28
いいな
開き直りたい・・人生賭けて

73 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/20(土) 08:35:30
ゴッホの絵は基地画位の絵ではない。

74 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/20(土) 09:05:52
基地画位が平均の空間においてはマトモが基地画位なんだよw

75 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/20(土) 12:37:41
ゴッホが常時やばかったわけじゃないだろ…
絶望に満ちたような時に描いた絵もあれば明るく幸せそうな時の絵もある

76 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/20(土) 15:57:37
画面が明るく見える程、苦悩のアイロニーではないかと深読みしてみる。

77 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/22(月) 04:42:27
>76
あんまり外れてないと思う。本人が世界をそう見たかったのか、本当に世界がそうみえたのか
判然としない部分が本人にあると思う。自分自身でありつづけたい欲求と、その反面自分に対する固執故の
孤独な境遇といい、様々な現実的矛盾が彼を苛み続けたのは間違いない。だって自分がホモなのか
ヘテロなのかも本人も世間も良く分かってない人間ですよ、彼は。行動はある程度まともでも(本人の
コントロールで)精神はそうとう錯乱してたんじゃないのかな。でもこんな事は誰にでもあることだし、
彼が精神分裂病であったとしても、単に人より内部と外部のコントロールが少し下手だっただけではない
のでしょうか。

78 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/22(月) 12:13:53
>76だけど
わかる稀ガス。強迫観念と躁鬱のバランスが崩れたらと思うと、他人事じゃないね。
葛藤は意欲に繋がるけれど昇華するとコントロール効かなくなる瞬間がある。その
間隙つくよな出来事が負にはたらけば、アウトかもな。w

79 :77:2005/08/24(水) 09:00:27
>77
むしろ完全な「昇華」というものがありうるのかどうかが定かでない。フロイトが勝手に
ぬかしてるコトであって、誰でもどうしていいか分からない精神的間隙、内的にマージナルな
部分はあると思うし、失恋直後なんて誰でもそんなモンでしょ。ゴッホは単に外部に対する
アウトプットが苦手な、自分に正直な人間だったんだと思うよ。「天才」とか、「魂の画家」
とかいう下らない形容詞は意味が分からない。ゴッホは世間でよくいるちょっと変な人と何も変わらない
と思います。ただ我彼も判然とせず、あらゆる矛盾のせめぎ合いの中で自身と世界に苛まれ続ける中、
理性的であることを渇望した一人間だったという気がします。



80 :77:2005/08/24(水) 09:02:10
>77>じゃないね。>78だね。スマソ。


81 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/24(水) 23:15:03
下らない形容詞は売り出すためのキャッチコピーでしょ。兄貴の作品を売るのはテオの
悲願みたいなことであるとするなら、藁でも使ったのではと思われ。
現代においてもそいう椰子いるじゃないの。

82 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/25(木) 01:11:05
ゴッホの絵が嫌いだ…
なんか息苦しそうで、自分なら絶対こんな世界に行きたくないって思う。

83 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/25(木) 02:09:45
おお、優しい香具師ハケーン。

84 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/01/06(金) 20:23:54
>>5がいい事言っている。

85 :少年A+:2006/01/06(金) 21:23:22
たとえ精神病の人が描いた絵でも、それを見て感動したキミの気持ちは 本当だから。
心配しなくてイイよ。

86 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/01/06(金) 21:28:44
生前に売れたのは赤い武道畑のみ。


87 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/01/07(土) 15:50:11
美術史の中でも際だったレベルのwarakubaと言ったところですね。

88 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/25(土) 23:37:27
 ゴッホが病んでいるのか
俺たちが病んでいるのか。
「正常」の基準なんて、この宇宙にはない。

89 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/26(日) 02:01:44
ゴッホは病んでいたが、
病んでいるゴッホが絵を描いたわけではない。
ゴッホの絵は健康そのもので、むしろそこにある過剰なまでの健康さが
一般人には病的に映るかもしれないとしても。
病んでいるゴッホは、病んでいることに悩みぬいて自殺した。彼に絵が
なければ、もっと早く自殺しただろう。


90 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/26(日) 10:03:03
アムステルダム行ってきた
良すぎた
こんな人ほかにいない
もう今すぐにでもアムステルダムに戻りたいくらい

91 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/27(月) 18:33:39
 ゴッホに深い「瞑想」体験を繰り返して
欲しかった。

92 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/27(月) 18:35:33
ゴッホの初期作品って、美術史的には価値があるんだろうけど、
観てもどうというものを感じない。

93 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/32(土) 14:31:56
死んで伝説になった人だし。
音楽でいう尾崎豊みたいなw

94 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/32(土) 14:46:51
投稿日:2006/03/32(土)

95 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/32(土) 22:36:51
まぁ、死んだ人のことをあーだこーだ言ってもしゃーないでしょう。

その人がどうだから絵がどうだなんてことは無く、自分が、「これは良い絵だ」と
思ったらそれは良い絵なんじゃない?

価値観は人それぞれだし。

たとえ、精神病で犯罪者が描いた絵でも、良い絵だと思ったなら、それは良い絵なんだよ。
専門家が良い絵だと言ったからといっても、自分にとってそれが良い絵かどうかはわからない。

本来であれば、ピカソやゴッホが描いた絵でも、まったく価値の無い絵があってもおかしくないのに、
なぜか今は、その人自身に価値が認められてて、その人のサインだけで、ものすごい値段になったりする。

おかしいよね。そんな、専門家が良い絵だと言ったとか、有名だとかは重要じゃないよね。

絵だけを純粋に見て、自分がどう思うか、感じるかが大切。誰が何と言おうと、自分が良い絵だと思ったならそれは
良い絵だ。

96 :少年B:2006/04/12(水) 00:11:40
ゴッホは あれねぇー、逝け行け逝けって声聞こえてたんとちがうかなぁー。あの激しいタッチでたたきつける様に描いて、原画みたけど 物凄い迫力あるよなぁー。いい絵とか悪いとかいう前に その迫力に人はひきつけられてるのとちがうのかなぁー。

97 :少年B:2006/04/12(水) 00:17:33
そして弟の子供が生まれたとき、死のうと決意したのだろう。生きててはテオに悪いと思った。絵を描く以外に何もできない人だから。

98 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/12(水) 00:21:35
たたきつける様な、後半10年の製作エネルギーは並々ならぬものを感じる。食べていけない。そのギリギリの所に 人がひきつけられる要素があるのだろう。

99 :少年B:2006/04/12(水) 00:26:46
上も少年B だから その生き様、死に様が、絵の技術を越え、後世に残るまでのインパクトを人々に与え続けているのだろう。

100 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/12(水) 00:32:58
テオの人生を考えるとちょっとくらい気持ちになる

101 :少年B:2006/04/12(水) 01:08:58
でも、製作側にすると、悪いけど 独り立ちできるまで パトロンはいるヨ。まぁー気の毒といえば 気の毒だけどネ。絵描きの家族って 大なり小なり 皆、テオ的要素あるよネ。明日、早いから もう今日は寝る。ゴミン。(^^)/~~~

102 :絵描きの家族:2006/04/12(水) 05:11:24
絵は好いていても人格の破綻してる部分には悩まされていたのじゃないか?
漏れも親父をヌッコロシたくなることあるし。

103 :少年B:2006/04/12(水) 22:20:58
君の親父さん絵描きか。自分の曾爺さんも絵描きよ。家族は苦労したという。ゴーギャン男だったそうだ。

104 :**********:2006/04/12(水) 22:23:39
親族で芸術家排除運動をおこしとったが、カエルの子は所詮カエル。親父さん理解したれよ。

105 :**********:2006/04/12(水) 22:26:39
止むに止まれぬ 衝動で絵を描いてると思うよ。まだ、ゴッホの様にヨーロッパだと現在でも、ある程度 描けたら絵描きで食べていける土壌はあるが、日本は本当難しいよ。

106 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/13(木) 10:21:15
■ビンズワンガーなどの現象学的精神医学が明らかにした通り、これらの体験は
「主観による世界の歪み」ではない。盲いた者が開眼手術の後に世界の視覚像を
なかなか手にできないのにも似るが、むしろ安定した世界像の方こそが主観性に
よる世界の体験加工なのだ。
■高校時代に精神医学本を読む前からそれを直感していた。当時の私は(今もそう
だが)印象派の絵画を嫌った。印象派に見られる安定した体験加工や、それがもた
らす抒情が、自分から縁遠いと感じられたからだ。代わりに、体験加工以前的な
ゴッホだけを偏愛した

107 :絵描きの家族:2006/04/14(金) 00:44:21
ドロドロした作家の暑っ苦しいのはイヤと一般の人は思う。それが万人受けするって事。売れる絵やな。

108 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/07(日) 21:02:50
画家の家族はつらいらしい・・・

109 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/07(日) 23:37:16
そうかなあー 結構、画家の奥さんって ルンルンしてる人多いよ。奥さんに甲斐性あって 旦那さんアート一筋 わりと、いい男、絵描きって多いでしょう。もぅーそういう夫に貢ぐの生きがいみたいな女の人っているのよねぇー。

110 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/08(月) 11:09:20
>>1
単にミーハーなだけだろ。
自分も同じで特別な存在って勘違いしてるし。
はっきし言ってナル入っててキモイ。

111 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/08(月) 11:25:53
ゴッホを「狂気」という言葉で飾ろうとする輩の多さに辟易する。
ゴッホの手紙を読めば、そんなものどこにもないことは明瞭だ。


112 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/08(月) 11:51:24
テオよテオ、今月も白い絵の具が足りないのだ。

113 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/08(月) 19:17:26
アブサン酒でラリってるのは良い。

114 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/08(月) 20:05:50
これを読んでからゴッホの絵を見ると心が洗われるようだ。http://society3.2ch.net/test/read.cgi/giin/1142799748/59


http://society3.2ch.net/test/read.cgi/giin/1142799748/
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/giin/1142799748/l50

115 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/09(火) 08:02:16
昔、小学校か中学校の時
美術の時間に教科書に載ってたゴッホの『星月夜』を見た感想を求められて、
「本物の夜空みたいです」って言ったら笑われた。

「理科の教科書(の長時間露光の夜空)じゃないんだぞ」とか
「これは日本の夜空じゃない」(←これは教師)とか。

あの人たちがいったい何を考えていたのか、いまだに判らない。

116 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/09(火) 14:36:07
その教師アホやな

117 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/10(水) 00:28:46
科学的視点を持つ、素晴らしい美術教師ですな。


118 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/10(水) 00:51:49
美術の教師として素晴らしいかどうかは・・・・


119 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/13(土) 12:50:45
吉永小百合さん起用のアクオスTVCM
「世界の名画」シリーズ第2弾。

今回は、日本の美や色彩に憧れていたゴッホの名画
「夜のカフェテラス」(フランス・アルル)が舞台です。
100年余り経った今でも実在するカフェを撮影、
フルスペックハイビジョンの高画質を伝えます。

http://www.sharp.co.jp/products/cm/tv/tv107.html

120 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/13(土) 18:44:04
狂気であったから極端に有名に成ったんじゃないの?
まともだった頃の絵のほうがいいけどな。





121 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/13(土) 23:08:31
精神病者や偏見が邪魔するタイプはゴッホに感動はしない。
これだけは確か。

122 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/14(日) 01:42:24
120 確かに初期はマトモな絵よね。カーッとしやすい性格で被害妄想と関係妄想が発端よ。たたきつける様なタッチは精神病独特のタッチよ。正気の所が少し残ってたので、絵が描けたのでしょう。

123 : ◆K48SKv4wnA :2006/05/14(日) 04:21:22
どーしようかなw

124 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/14(日) 09:21:45
ラリッてるのにマトモな絵を書こうとするゴッホはおかしい
魅惑の世界描けよ

125 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/14(日) 13:48:18
124 ラリッてないって 精神病も安定期と不安定期があって、弟の子供が生まれてから、自責の念が加わり、幻聴、幻覚が酷くなり自殺したのよ。彼は不器用で正直な人、誤解されやすい。だけど恨みじゃあ無く、愛に満ちた人、魂の救いを求めていた。


126 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/14(日) 18:38:22
アブサン依存してる時点でラリってるな。
精神不安定な奴が視覚や精神に作用するもんを服用すると、中毒になりやすい。

127 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/14(日) 19:16:44
>>125
安定期と不安定期では、作風や制作量は変わるものですか?


128 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/14(日) 20:27:30
ゴッホは真面目すぎ
遊び心がない
才能はあっても活かしきれてない
そういった遊び感覚では、ゴーギャンの方が上かな。


129 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/14(日) 21:38:33
127 ゴッホじゃあ無いからワカラナイけど。精神病あんまり不安定な時、絵も描け無いし。日常の実務もコナセナイんと違うかな?カーッとした時は原色とか強い色、好むでしょうから作風も製作量も変わると思います。

130 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/14(日) 21:59:13
128 そりゃあそうよ。心の切り替えができないから病気なのよ。本人は辛いのよ。

131 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/14(日) 22:54:12
アブサンって何?

132 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/15(月) 02:16:58
130タン萌え

133 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/15(月) 06:54:08
>>131
日本の獨酒のやうな扱いをされてきた度数70のお酒(ニガ蓬リキュール)。
幻覚症状を呈するためか、19世紀パリの芸術家たちの多くに愛飲されますた。
ゴッホのお友だちのロートレックとかは中毒だーたねw
現在うられているアブサンは3本くらい空けないと、幻すら視る事ができない。

134 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/15(月) 08:52:09
132 夜中2時過ぎまで、ご苦労な事、明日、仕事、大丈夫?それとも  かな?


135 :芸術=俺:2006/05/15(月) 18:38:20
ゴッホよりもムンクの狂気を信じなさい

136 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/15(月) 21:10:02
まぁーラリらないと、いい作品が出来ないのは、小さな才能だね。枯れてくると よくそういう風にする。天才は溢れ出て溢れ出て、人生の時間が足りないもの。

137 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/15(月) 21:13:27
芸術に破綻はいるけど、それだけでも無い。凡人ほど狂気=芸術=天才と若い時は酔う。ゴッホなんかそんな事にも気づかずに10年であれだけの作品を残した。

138 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/16(火) 09:40:36
描くためにラリってたんじゃないんじゃない?
「日常」に耐えられなくてラリってたんだと思ったけど。

139 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/16(火) 21:34:55
そうやな そうやな絵、あんまり売れへんし、努力の割りに貧乏ヤシ。な、な、な、昔から大半の絵描きが無名、タダの人で終わる。死後発見されてラリれラリれ。セザンヌなんか近所のガキん子に石投げられとったし、悲しいサガやな。ラリれ。

140 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/16(火) 22:53:53
(´・ω・`)セツナイネ

141 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/16(火) 23:40:21
>>138
だから余計に性質の悪い精神分裂者になるんだよな。


142 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/17(水) 00:18:38
ゴッホって、何で絵が売れなかったんだっけ?

143 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/17(水) 00:22:51
あの時代 ああいう画風は受け入れられなかった。きちっと、永い間修行を積んだ、写実的で上品なものが好まれた。

144 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/17(水) 14:00:46
んな事はない

145 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/17(水) 18:40:42
んな事はないに同意。だいたい>143の「あの時代」ってのは印象派の後だろw

146 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/17(水) 21:59:01
ゴッホは絵が認められた訳じゃない。
氏んでその破滅的な人生が注目されただけ。
氏んで伝説になるロックスターと何ら変わりない。
ある意味ミーハーで大衆的な画家。

147 :芸術=俺:2006/05/18(木) 01:13:13
やっぱり同時代のゴーギャンやセザンヌのような革新的な画法ではなかったと思う
でもデッサンは上手いと思う

148 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/18(木) 05:37:43
>でもデッサンは上手いと思う
ゴッホのデッサンが?

149 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/18(木) 07:01:32
「アカデミックではない」は下手とは言わない

150 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/18(木) 09:58:38
>ゴッホは絵が認められた訳じゃない。
ゴッホは絵が大衆に認められた訳じゃない。
 
>氏んでその破滅的な人生が注目されただけ。
その破滅的な人生が見事に反映されている絵の真の価値に事なかれでミーハーな画商や世界の好事家セレブどものうちでもどうにかマシな連中が彼の氏にざまでようやく気づいただけ。
 
> 氏んで伝説になるロックスターと何ら変わりない。
氏んで伝説になるロックスターと何ら変わりないとしか認識出来ない類いの人間どもが彼の絵の資産価値を無駄に高めてるに過ぎない。

>ある意味ミーハーで大衆的な画家。
ある意味ミーハーで大衆的な人間には氏んでも理解の及ばない画家。

151 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/18(木) 12:16:04
でも展覧会に行ったり、美術鑑賞のブログとか見てると
『我こそはゴッホの理解者ナリ』みたいな人結構多いよね。


152 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/18(木) 13:01:10
>>151
>>150みたいな奴の事ね。
ここのスレ主もゴッホの絵と言うよりも、その生き方に酔ってる感じがするねぇ。
絵が好きだから精神病ってw

153 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/18(木) 13:46:24
ゴッホ好きな人は選民意識が非常に高くウザイ

154 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/18(木) 14:07:36
ゴッホに理解者いたんなら自殺しなかったんじゃないの?


155 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/18(木) 14:49:12
だろうね

でも難しいんじゃない、理解すんの
実生活でも悪い人じゃないが、何考えてるか理解出来なくて、誰一人近寄ろうとしない人っているじゃん
そんな感じだと思う

156 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/18(木) 15:43:11
どんな理由があるにしても自分の耳を切っちゃうようなヒトだからねぇ。
激しい性格なのは確かだろうな。一緒にいると疲れるタイプ。

157 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/18(木) 16:29:16
理解されて大衆に広がるとミーハーって言われちゃうよね。なんでも。

長く見続けていたい日常のヒトコマを見させられる感じがするなぁ。
でも結構小さいころ一度東京で見たときすごいショックを受けた。ひまわりの絵なんだけど。
素朴な色合いのなかにある強烈な個性みたいなのに。一度見たら忘れられなかったわ。

158 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/18(木) 17:33:38
ひまわりの絵は夏休みの宿題で模写して持って行ってた。
やっぱり教育はゴッホのひまわりあたりからだからね。

159 :芸術=俺:2006/05/18(木) 19:30:06
やっぱりセザンヌ

160 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/18(木) 19:31:47
この人が影響受けた画家って誰?

161 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/18(木) 19:51:30
鳥山明


162 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/18(木) 20:03:42
ttp://www.uni-leipzig.de/ru/bilder/umwelt.jes/millett1.htm


163 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/22(月) 21:12:30
ゴッホを誉める奴って、私は無知で流されやすい人間です、
どうすればいいでしょうか・・と言ってるようなもんだよ。

164 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/22(月) 23:53:14
どんな知識があるとゴッホの絵を見て感動できなくなるんだろう。

165 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 01:37:16
『炎の画家』っていう通り名はどうよ。
これってゴッホ生きてる間についてたのか?

166 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 04:16:19
>>164
まず何の知識も先入観も持たずにゴッホの絵を見て感動出来た奴なんて
ほとんどいないだろ。

>>157みたいなのは最悪なパターンだよ。

167 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 15:59:58
163 なぜ無知で流されやすいとわかる?ご自分の憶測だけでしょう。自分の感性だけで、人の事を判断するべきでは無い。それが、そもそものすべての問題の発端なのでしょう。

168 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 16:04:22
同上 ご自分にも、そういう部分があるのじゃあないですか?これも憶測ですが、自分の身を本能的に守れない人間なんかいませんよ。何か人の常識を外れた行動を取るには、あなたの行為も含めてですが、ちゃんと、その中には理由というものが存在するでしょう。

169 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 16:16:17
同上 理由を正々堂々と皆さんに説明でき相手も納得して頂ける様な事柄ならば、それは正論です。(その方達の間では)だけど誰かが間違ってると非難するのなら相手を納得

170 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 16:19:26
同上 させる事が正しい方法であり又、歩みよらなければならない事もあるでしょう。あなたの非難されてる行為が、その方々の中では合意の上にあり、尚且つ人から後ろ指刺さされない行動をとっておれば

171 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 16:27:35
非難攻撃する事自体失礼な態度であり、あの最初の批判、中傷の、あなた方のパターンだと、ご自分で認識して頂きたい。そして反省をするべきです。そして憶測だけでウワサを流す行為は、カルマをつくる事になります。ご自分が又、それを受け延々と繰り返されます。

172 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 16:55:42
>>167-171(アンカーの付け方くらい覚えなさいよ)
Common Senseを説いても、個々人のモラルの土台となる感性を窺い知るのは難しい(行間よめますか?)
のだから空しい連投ですよ。
真に受けずスルーなさって放置で良いジャマイカ。

173 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 17:56:09
172 私のモラルの土台からなる感性からゆくと、不正アクセスをして人の家の中を覗きこむ行為こそ、卑劣、冷淡、極まりないもの、傲慢な人だ。

174 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 17:59:37
みんな若いねぇ。ガンバレ。

175 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 18:01:33
172 この不正アクセスに対する、謝罪の気持ちはないのですか?徹底的に追求してゆきますよ。あなたの態度だ!と申しあげています。あなたの憶測と邪推、他者への非難攻撃、悪口とこの2点です。それ以外の事は何も言ってないでしょう。

176 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 19:04:44
>>175
ん?PCに不正アクセスされたの? 何の話してるの?

177 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 19:46:18
>>175
172だけど、おまえ電波ですかー?
あなたの憶測と邪推で、人違いすんじゃねーよw

178 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 20:07:35
スレタイ通り、ゴッホで感動する人間は精神病患者ばかりという
事を身をもって示しているのかな?

179 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 20:23:38
逃げるな、ここでは誰かは、調べられないけど、いろいろな、後での参考になる事もあるの、例えば、今、176の方が出た時点で我が家の2チャンネル、ブロックされて ここへ入りこみにくくなってり、そういう事されたり、その都合悪くなる人私は、その人知ってますが、

180 :ネ申:2006/05/23(火) 20:29:49
>>175
あなたは隣人を虐げてはならない。
奪い取ってはならない。・・・復讐してはならない。
民の人々に恨みを抱いてはならない。
自分自身を愛するように隣人を愛しなさい。
わたしは主である。

181 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 20:37:20
ゴッホというのは、総体として展覧会のような規模で
コレクションすると、やはりすごい画家のような気がしてくる
上手いかどうかは知らないけど、印象派の画家なんて、
みんなあんなもんじゃないですか
ただ、ゴッホ作とわかって、あとからオークションかなにかで
6000万円か値段がついた絵って、そんな価値あるのかな?
って思うけど・・・
岡本太郎の絵も個人的には嫌いだ、どうしても縄文時代人にしかみえない

182 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 20:38:36
グッド・ウィル・ハンティングっていう映画でも、
「この絵、耳を切り落とす寸前だな」
とかって、ゴッホのエピソードをもじった
セリフが出てきた
生前認められなかったのはなぜだろう? 牧師の逸話とかって、
わたしは引いてしまうけどね

183 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 20:40:01
180 守りすぎ、その神の道徳で、この無茶苦茶な行為を、私が何度もTさんなどに要請し本人にも 時間をかけて説明してきたのに、セクハラ的、売春を斡旋する様な、人を侮辱したメールを我が家に入れたり、メールの中を覗かれてたり

184 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 20:53:25
家のパソコンを、この人の思い通りにならなかったら、いろんな細工をかけられ、見れなくされたり、ブログ上で本人しかわからない、悪口をどんどん書かれたり、挙句の果てには、何か人の友人まで、アヤシイ存在であるかの様に日本画の説明と共に女流絵描きの物語と合体させ

185 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 20:58:19
又、遠まわしの皮肉的ホームページをつくり、私が、いつも検索しているところを知って、ワザと何気なしに引くと、本人には直ぐわかる的なものを冷やかしで、作られたり、内容も性的いやがらせ、みたいな、私を侮辱したものを作ったり、181、182ですネ。

186 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 20:59:56
こうやって、自分に都合が悪くなると、聖人みたいなフリして悪行を誤魔化す、手口、それは以前1回だけTさんにもみられた手口です。

187 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 21:10:28
180はもし反対の立場だとしたら、同じ事言ってられないでしょう?なぜ、その人をおさめられないのですか?私だったら、もう、とっくの昔にやめてもらえています。そういう風な人間関係位、できているはずですけどね。

188 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 21:13:49
スレ違いです
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/mental/1142065274/l50
へ逝ってください

189 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 21:19:42
えらい壮大な誤爆ですね

190 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 21:20:31
178、と181、182は同一人物でしょう。こういう形の皮肉を、自分に気にいらない事があったら(例えば、男の人の友人と出かけたりした痕跡があったり、我が家のメールの中にその人への注意を促す、少しキツメの文を入れたら)豹変して

191 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 21:22:53
見えないから、関係の無い人だったら謝るけど、私はずっとこの不正アクセスさんから、この手のイヤガラセを、もう5か月にも渡って、受けている。疲れている。

192 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 21:25:45
ノイローゼになりそうなのです。189、何が誤爆ですか。キチンと主旨を説明され、誤って、誠意を見せて頂く、これは気持ちの問題で私は切れそうなのです。

193 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 21:29:46
いいかげんに失せろ。
ここは美術鑑賞板のスレッドだ。メンヘル板と間違えるな。


194 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 21:46:32
誤爆の説明ちゃんとしてください。

195 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 21:52:32
確か、誤爆の方はどこかで、その言葉聞きました。禿げ談、誤爆とか?そうでしょうあんたでしょう?大体こんなスレッド、普通、こんな短時間に一杯、人集まりませんよ。

196 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 22:01:06
あなたが心配してる様な、特定される様な名詞はあげません。その辺の常識は私にでもあります。社会的のものを守ります。ただ、2CHへのイヤガラセやホームページ上での嫌がらせやセクハラ的な内容もやめて頂たい。

197 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 23:37:55
>>196
事情がよく読み取れませんが、あなたは人違いをなさっているんだと思いますよ。

198 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/24(水) 00:53:13
しーっ。目を合わせちゃいけません。

199 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/24(水) 02:57:41
>>196
その犯人の良心に訴えて、いい方向に解決するとは思えません。
訴えるべき場は犯人の心以外にあるのでは。
気休めになるかわかりませんが、2chでのあなたへ対する中傷やホームページでの嫌がらせなど、
真に受ける人はあなたが心配するほどはいませんよ。

200 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/24(水) 18:34:49
雪舟

201 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/24(水) 19:13:40
やってみな
http://www.nenshosha.co.jp/FNI.html

202 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/26(金) 00:59:30
真性の自意識過剰、被害妄想、パラノイアが「狂人」と言われているゴッホを
精神的拠り所にする。そして無駄に共感する。この事態こそが愚劣であり、
畜群的発想である。いまだにゴッホが殺され続けている一要因なのだろう。ゴッホは
いつになったらその真価を社会によって正当に評価されるのだろうか。ゴッホは
いまだに踏みにじられ、無駄で軽薄な形容詞で語られる。社会が自殺させた彼を、
まだ社会は執拗に追いかけ、その死体を侮辱し続ける。ゴッホは単なる一人の画家
でしかない。それにも関わらず、社会や、金持ちや、好事家や、精神病患者や、文化愛好熱に
浮かれた気違いは、いまだに自分達の垂れ流しの感情を彼の絵に塗りたくる。
愚劣の極みです。


203 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/26(金) 01:06:49
ゴッホの絵に共感したからといって、どうして自分が精神病だと発想するのか。
まず、このスレの発想自体がおかしい。感動したのなら、それは素晴らしい事だ。
世の中、そうそう感動する事はない。素晴らしい出会いでしょうに。素晴らしい物は
素晴らしい。ただそれだけ。過剰に意味、意義をそこに求める事自体が感動を、快感を
損なう。素直が一番だと思うのですが。

204 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/26(金) 01:16:11
>>202
いや あんたみたいなのが何万人といるわけです。
揃いも揃って「自分だけは違う」と思い込んでるだけなんです。

205 :202:2006/05/26(金) 01:59:18
>204
それでは私もゴッホを殺し続けていると貴方は言いたいのですね。私は
ゴッホのあのマチエールの操作といい、色彩感覚といい、構成が本当に
素晴らしいと思っているだけなのですが。いかなる批評、判断が彼を救う
事になるのでしょうか。貴方に具体的に示して頂きたい。

206 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/26(金) 02:32:09
いや あんたみたいなのが何万人といるわけです。
揃いも揃って「自分だけは精神病じゃない」と思い込んでるだけなんです。

207 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/26(金) 02:40:57
>>202
私もゴッホの絵には感動した。いわゆる魂を揺さぶられる思い。
でもとある魂を揺さぶられる作品を前にしたとき、
この作者の資質がゴッホ100%だとは考えたくなかった。
医者もアルルの空気も新しい命の誕生も献身的な理解者テオも巨匠ゴーガンも天職も、
ゴッホを救うことはできなかった。
真価て。
愚劣な社会に真価なるものを知らしめたいって。
あらゆる愚劣の中に現実はあるかもしれない。
私の中の愚劣を含むあらゆる愚劣はそれぞれにふさわしい価値の理解の仕方を持っている。
ゴッホの絵はいくつかの愚劣に対して理解される価値を持っていなかっただけのこと。
ゾウリムシにとっちゃただの酸化した樹脂と鉱物のくっさい塊じゃんね。
価値を見出す愚劣がそれぞれが価値あると思うものを社会に生かし続けているだけのこと。
結構なお話だと思うけど。ゴッホは救われはしないだろうけど。

208 :207:2006/05/26(金) 02:51:54
>>とある魂を揺さぶられる作品
今更婉曲もないだろうからいうけど、匿名の美しい文章!

209 :芸術=俺:2006/05/26(金) 02:59:53
ゴッホよりムンク!

210 :105:2006/05/26(金) 03:00:10
>206
それでは貴方が精神病でないという確証はあるのですか?一回フロイト模倣者ども
の餌食になられてはいかがですか?別に私が精神病だったとして、犯罪を犯してなければ
別段社会的に問題はないでしょう。貴方はどういう視点から語ってらっしゃるのですか?
加えて、「あんた」という言い方はどういうつもりなんでしょうか?一回直にお会い
してお話ししましょうか?どう考えても失礼ですよね、貴方の物言いは。

211 :105:2006/05/26(金) 03:14:01
>207
芸術は人間のものであり、人間の認識だけに問題があります。貴方の相対主義と
ロマンティスムは良く分かりました。しかし、その言説は残念ながら恐らくゴッホの
何物も救わないでしょう。加えて、愚劣は愚劣です。決して美化さえれません。
そして、ゴッホの絵画はもちろん彼だけに起因するものではないでしょうが、
少なくとも彼がいなければ描かれ得なかった事だけは確かです。仮定はありえません。


212 :105:2006/05/26(金) 03:16:05
211の「美化さえれません」は「美化されえません」の間違いですね。訂正します。

213 :202:2006/05/26(金) 03:18:16
おっと、105ではなく、202でした。重ねて訂正させて頂きます。

214 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/26(金) 03:42:18
きれちゃったのねw
マティスぢゃ?>209

215 :207:2006/05/26(金) 04:46:43
私は誰かにとってゴッホを救おうとした人たち以上の何者にもなろうとは思っていないよ。
>>彼がいなければ書かれ得なかった事だけは確かです。仮定はありえません。
彼がゴッホなのか何者なのかは誰にもわからない。
作品を公にするしないに関わらず作品の真価は変わらないかもしれない。
でもくまなく作品の真価を知り、真価の不変を万人に約束するってそれは超越者であり、
超越者に近い作用をもたらすのは思いつく限りだと年月とかかな。

216 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/26(金) 14:24:01
ゴッホのイメージは後の人々が分かりやすい芸術家像として作り上げた物ではないでしょうか。
そういった偏見をもたずに絵を直視する事ができない人にとっては呪縛のようなものです。
繊細でちょっと変わり者で情熱がある画家だったとは思いますが、時代に選ばれていなければ
英雄にはなれなかったでしょう。
そしてこれが英雄としての定めなのでしょう。
人はロマンチックなものが好きなんです。
しかし、だからこそ彼の作品に出会い驚くことができるんです。
真価?あるのは事実だけでしょう。
それと彼はとっくに救われていますよ。
もうこの世にはいないんですから。
ハッピーエンドじゃなかったけどね。

217 :204:2006/05/26(金) 15:56:54
>>205
彼を救う批評、それは何も語らない事です。
構成が素晴らしいと思うのなら、ただ思っていればいいのです。
口に出して公表したり文章によって明示したりすることは、
作品を縛り付けて他人の見ている前で陵辱しているようなものです。

絵画という視覚のみから入り込んでくる芸術に、
文章で解説や批評を加える事は、その存在を否定することと同義なんです。
画家からすれば、「わけがわからない」「何がいいのかわからない」
と言われたほうがまだマシです。

ちなみに>>206は私じゃないですよ。


218 :202:2006/05/26(金) 17:20:11
>217
果たしてそう言いきれるのでしょうか?それではアルトーのゴッホの批評も
無意味だとおっしゃられるのでしょうか?またロベルト・ロンギの絵画批評も
無意味という事になりますね。批評とは果たして絵画を束縛するだけに終始する
のでしょうか。私はアルトーの批評によってゴッホのみならず、芸術に対する
認識を大きく変えられました。芸術と、個人が被る現実との密接な関係を知る事で
かえって芸術が神聖、ロマンティックなものでなく、ものすごく内的、外的に身近な
ものと感じるようになりました。ゴッホは私の中で殺されず、かえって息を吹き返し、
大きな衝撃をいまだにとどめています。言葉で語る事は、かえって作品との埋めがたい
距離を明確にし、作品が個人に生々しく立ち現れると感じるのは私だけではないと思います。


219 :202:2006/05/26(金) 17:31:21
>216
ハッピーエンドでないとおっしゃられますが、世間から孤立し、家族との埋め
がたい距離ができ、孤独の淵で絵を描き続けた人間が、最後に拳銃で頭をぶち抜く
個人の現実を考慮しての発言ですか?「絶望」とは一切の望みが絶たれた事を言う
のですよ。死後の評価など、死んだ個人にとっては決して知覚されえません。何の
ロマンも無いですよ。皆無です。現実だけが重々しくあるだけです。しかし、そんな
人一人が自殺するような現実は、世界のいたるところにゴロゴロ転がっていますが。

220 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/26(金) 18:50:25
>>218
他人の言葉によって生々しく立ち現れるのだとすれば、
それは決してあなたの前に現れる訳ではないのです。
その時あなたが見ているものは、絵では無くまやかしです。
絵を見てもらえない画家なんて、殺されているようなものではありませんか?


221 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/26(金) 19:34:08
違う・・・絵描きにとって描く事が生命を実感する唯一の真理だ。鑑賞の有無はおまけ

222 :202:2006/05/26(金) 19:48:19
>218
「まやかし」と断定できる貴方は自身の何の文脈、内容も無しに、絵自体を見ることが
可能なのですか?経験、体験無しに、絵画それ自体を見るとは一体どういう事
なのでしょうか?子供がゴッホを見て素直に誰でも感動できると思いますか?
もし、絵画の体験性に純粋性を求めるのであれば、それは幼稚としか言いようが
ありません。他人の言説を読むというのは、一つの全き経験であり、主観の変容
です。貴方は自分自身だけで生きているのではないでしょう?世界や他者と接触
することで、貴方自身も変容しているはずです。仮に他人の言説に影響される
のが不純だというのであれば、貴方は神か何かですか?純粋な認識などこの世に
ありえません。私の知覚、主観、直観が「まやかし」というのであれば、まず自身の
認識を疑ってみるのが先ではありませんか?


223 :216:2006/05/26(金) 20:15:53
>>219
はぁ?
ハッピーどうとかいう問題じゃなく絶望だけだったと言いたいのですか。
そんな事は本人にしか分からないと思います。
絶望、ロマンの皆無、重々しい現実、それがあなたのロマンになっているんじゃないの?
だれかの批評で意識を大きく変えられたなら、もっといい物があればまた変わるよ。
変わる事は悪くない。自分は常に変化しているものだから。
にもかかわらず、そこまで言い切れるのはなぜ?
いつも疑問をもっていないと見失わない?
それと自殺するような現実がゴロゴロ転がっているだって?
テレビでやってた誰かか、新聞にのってた誰かでしょ。
そんなのが現実っていえるのか!
現実ってのは直面して初めて理解できるものじゃないか。
絵だってその瞬間なにを感じるかなんて分かりゃしないんだよ。

>>222
それはあなたが子供の時にゴッホの絵を目撃できなかった悲劇です。
経験していない事をなぜ否定できるのか?

224 :202:2006/05/27(土) 00:36:21
>223
自殺だけにこだわるのは下らない事ですが、人が自殺する時というのは
勢いであったり、生きる価値をそれ以上見出せなかったりと、人が希望が持てない
時です。この平和な日本だけでも現在、年間に何万人も自殺してるのですよ。
社会にとっては人一人を死に追いやる事は何の造作もないことです。貴方は
想像力にあまりに欠如しているのではないですか?その日和見的な態度と位相を
ロマンティシズムと私は言ってるのですよ。貴方がそれを自覚できないほどに
耽溺している事を批判している事が分からないのですか?加えて、子供が
ゴッホの絵に感動する事に関して、私は「誰でも」と書いてあるでしょう?可能性は
全く否定していません。さらに私は幼い時にゴッホの絵は見ています。しかし、
その時は感動はしませんでした。これは事実です。あと、私は絶望を絶望として
とらえています。絶望をロマンとしてとらえているのは、実存主義的態度ですが、
私は一切そのような態度は持ち合わせていません。絶望とはロマンが全く無い現実を
言うのです。直面してこそ現実という貴方の態度はおよそ「人類」という観念が欠如
しているのではないですか?アウシュヴィッツやヒロシマすらも貴方の言説に則れば
現実足りえないのでしょうね。貴方の現実は結構ですが、少しは「人類」や「他者」
の現実に目を向けられてはいかがですか。そういう視点がなければ、およそ「現代性」
に目を向ける事は不可能だと思うのですが。

225 :202:2006/05/27(土) 00:39:30
絶望を「人が希望を持てない」と書きましたが、「人が現実に希望を見出せない」
に訂正します。失礼しました。

226 :202:2006/05/27(土) 00:41:48
先の記述は「絶望」ではないですね。人が自殺する時の話でした。重ねて
訂正します。申し訳ありません。

227 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/27(土) 01:42:31
いや、それは違う。
それは絵じゃなくて史跡を見る時の見かただ


228 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/27(土) 05:20:27
きわめて2ch的な語らいだな〜文脈が???202と218の202は別?(゚Д゚;≡;゚д゚)?
レス番マチガエるなよw


229 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/27(土) 08:46:31
>>226
いや ちゃんと人が自殺する時=人が希望を持てない時
って書いてあるよ。
絶望=人が希望を持てない時 とは書いてない。
大丈夫ですか?

それに>>222の「誰でも」には疑問符がかかっていますね。
可能性を肯定しているようには全く見えないのですが・・

あなたはパラノイアかと思っていたんですが、分裂症なのですか?

230 :216:2006/05/27(土) 09:27:05
もうちょっといきますね〜
>>224
想像力や知識だけで、さも理解したような知ったか顔をしたくないだけですが。
いくら想像したところで実際に直面した人たちの「それ」には遠く及ばないでしょ?
それに、ゴッホの人生は絵に付加価値を付けるためのものではありません。
何か?

231 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/27(土) 10:55:54
基地外が粘着してるな。
いちいち訂正を連投すんなよ。
氏ね

232 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/27(土) 20:03:49
貶そうが褒め称えようが観た人の自由

233 :207:2006/05/28(日) 00:57:23
言葉尻をあげつらい最後には人格否定。
こんな場にも拾うべきものがないとは言わないけれど。
何もかもを拾うことはできない。

234 :202:2006/05/28(日) 01:12:39
>231
その言葉を俺の目の前で言ってみろ。俺は関西方面に住んでるから、来る気がある
なら、今度会ってやるよ。俺がどんな個人か分からずに言ってるのだろうが、俺が
本気の気違いで見境なく人殺しをする奴だったらどうする?言葉に気をつけろ。
それぐらいも想像つかない時点で、お前には何の「現実」や「リアリティ」も無い
という事に気付かないのか?

>232
確かにそうですね。とどのつまりはそうなのです。しかし、見る側にも描いた人間に対する
敬意は必要だと思うのです。作者に対する無駄な共感や同情は不要ですが、追体験を限りなく
行う事で自覚させられる作者、作品と鑑賞者との絶対の断絶は存在すると思うのです。そうする事で、
作品はより生々しく個人の主観に立ち現れてくると私は確信しています。絵画はただ存在するだけですが、
その存在を突き詰めれば、さらにその先に謎が立ち現れ、常に鑑賞者に何かを与えてくれます。
その存在の揺らぎ、いわば雑多性、猥雑さ、野性、秩序を限りなく持った作品、そしてそれを生み出した、
もしくは世界の一つの媒介となった人間こそが真に偉大な芸術、芸術家だと思います。


235 :202:2006/05/28(日) 01:40:22
>233
私程度の人間に何か否定されたと感じるようでは、何も出来ませんよ。確かに人は
自身の主観や感じ方を否定された時、「傷ついた」「侮辱された」と感じます。
それは、その個人にとって何か大変重要なのものなのでしょう。しかし、主観や直観も
鍛えられなければならないと私は思います。脆弱であってはならないと思うのです。
美術、絵画が今後もその社会的な存在意義を失わないためには、何か困難がなくては
ならないと思います。昨今、美術、絵画の批評は半ば死に絶えています。基本的には
美術、絵画は何でもありだと思うのですが、何か超克する存在、反発する存在がなくては
「熱さ」「躍動感」「野性」「猥雑」が芸術に無くなると個人的に危惧します。アルトーや
アドルノ、ロンギといった人間の優れた批評は、自分の直観や芸術に対する姿勢、現実に
対する考え方が陳腐、幼稚であると私は痛切に思い知らされます。我が身に傷を重ねて彫り込む
ぐらいの覚悟が無くて、個人に何が出来るのでしょうか?


236 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/28(日) 08:13:03
>>235
まあ、そういう人もいるだろうな。
と、自分の事を思えるようにならなきゃダメ。
描く側はあえてその中に入っている場合が多い。
ダリは頭がよかったしピカソは楽しんでた。
ゴッホは最後に絶望にのみこまれてしまった。
それを再現して何になるのか?
もう究極までいってるのに。
信者か?そうなら自覚しろ。
時代が求めるものを新しく作れば?
彼らのように。
感性がぬけてんだよ!

と、ボクの中の自称芸術家の人が偉そうに言ってたw

237 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/28(日) 15:06:55
202ってキモイ

238 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/28(日) 22:52:43
みんなはゴッホのどの絵が好き?
俺は「ラ・クローの収穫」

239 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/28(日) 23:59:58
202ってギャグでレスしてんだよね?
マジレスだったら…

240 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/29(月) 02:16:14
>>238
遺作には興味をおぼえますw

『烏のいる麦畑』

集大成なのか断章なのかw悩むところでつw

241 :kuu:2006/05/29(月) 18:06:22
「星夜」
「ひまわり」
あwqせdrftgyふじこl



242 :kuu:2006/05/29(月) 18:10:24
いいえ
「マネ」で「モネ」。
ほんで
ルノアール、
ゴーギャン、
セザンヌ、
ダリ、
ほいでふじこふじこ

243 :kuu:2006/05/29(月) 18:25:22
ヌシ、絵見たらナントナク引き付けられるから

244 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/29(月) 18:42:45
あ、そう

245 :わらび売り長者:2006/05/29(月) 18:44:03
寝室には、ゴッホは飾りたくないな!買えないので飾れないが。

246 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/30(火) 01:23:21
いや〜、Metで本物を目の前で見たときまでは
否定派の人たちと同じ様に考えてたなw

でも、本物の彼の作品を目の前にしたときの驚き
言葉では言い表せない凄みと繊細さ
悔しいが、感動してしまったよ
彼の作品が世間で評価されようが、そうでなかろうが
僕の中での彼の作品は震えるほどの力を感じたよ
理論でなく心が揺さぶられるようだった

その作品は麻のカンヴァスに画かれた小さな自画像だった

247 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/30(火) 01:54:09
別に目の前で見ようが、何とも思わなかったがな。
後ティッセン・ボルミネッサでも生で見てるがな。

248 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/30(火) 02:03:53
かわいそうだな...

249 :246:2006/05/30(火) 03:18:27
>>247

自己体験ですw
作品によって感動するかどうかは貴方の価値基準
理論云々で表現できない作品を見てしまったと言うだけです
貴方自身の目で美術を楽しみ理解してください
深夜にレス乙です

250 :247:2006/05/30(火) 09:53:02
まあ写実的な絵に興味が無いから何とも思わなかったんだがな。
みんなも世界へ飛び出して、生で絵画を楽しんで来いよ。
一見は百聞にしかずだよ。

251 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/30(火) 13:39:29
行けてウラヤマスイ

252 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/03(土) 07:24:20
大阪で見たけど、ゴッホの絵は光を放っていたね
あれは、見る者に勇気を与えるために描かれた
万人のための宗教画だと思う。

253 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/03(土) 10:55:26
ゴッホじゃないが、ルイス・ウェインのウェイン・キャットには、
彼の生い立ちとかそういうの抜きで感嘆した。
あの幾何学的描写が何とも言えない味を醸し出してて引き込まれる。
そう感じる俺が異常かもしれないが。

254 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/04(日) 13:12:15
学生時代はゴッホの絵って暗くて恐くて大嫌いだったけど、今は大好き
子供の頃は白和えってゲ○みたいで大嫌いだったけど、今は大好き

私が大人になったって事なのかな?

255 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/04(日) 13:49:37
ネクラになったんだよ。

256 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/04(日) 14:23:07
ゴッホの絵って明るいじゃん

257 :わらび売り長者:2006/06/05(月) 02:09:05
そう!「ひまわり」は明るい。

258 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/05(月) 04:42:04
明るくみえるのは暗い絵が多いから

259 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/07(水) 21:58:50
上のほうで「ゴッホ好きな人間は選民意識が非常に高くてウザイ」ってのは、自分の場合だとそのとおりかも。

だから徹底隠蔽で陽気にしてても(年季が入っててそれがもう不動の日常だったりする)、
普通の「陽気さ加減」と違うらしく、
「非凡な才覚の持ち主」「自分をしっかりと確立している」的に仕事でもプライベートでも思われていたり、
おまけに歳をとればとった分、ウケもモテも総じて良くて
(自分で言うところがイカレてるとは一応思う)、
それらはそれらで手間もかかるけっこうしんどい事象だと思いながらも、
思わず知らず「選民意識」増長させてる?
 
単純に好きというより、特に原画に触れるとバイアスかかり過ぎるから、
むしろ距離を置いていたいニュアンスが半分。好きだけど家にはちょっと飾れない。 
特にあの「黄色」や「光」は毎日観るもんじゃないと…。
築き上げた社会性(と呼べるほど確固としたものではないけど)をまともに破壊されそうな色。
「種撒く人」系がそのど真ん中。
たぶんそれだけ観る側のこっちが脆弱なんだろうなと。
本人ともし卑近な関係にあったら、一番困っている時に、一番近くで手を放す、
最もタチの悪い、中途半端な「理解者」だったろうなと、我ながら思う。
 
こんな香具師、あんましいないか…。

260 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/07(水) 23:16:35
印象派以前の洋画の方が暗い

261 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/08(木) 02:02:49
>>259
完全な理解者の存在とは神の存在と同じ。
神になろうとするより人間らしい理解こそありがたく思います。

262 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/08(木) 04:39:33
ゴッホのモティーフは陰鬱だ。

263 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 21:20:44
あの頃、交通が発達してたらゴッホも日本に必ず来てただろうけど、
どういう風な感想を持つんだろうな。案外、失望するのかも。
あるいは日本に溶け込んで幸せになれたのかな・・・。

264 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/18(日) 16:23:15
人間を操作する事がいかに容易な事かを
痛感するスレですね。

265 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/18(日) 23:25:48
これも感動した
http://my.vector.co.jp/info/info.html?/download/file/win95/game/ff264942.html

266 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/23(金) 18:55:30
>>259
あんた本当にウザイなwww

267 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/30(金) 23:28:17
ゴッホの自画像ってなんかいいな
坊主頭のやつとかすごくかわいい感じがするんだよな。なぜか。

268 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/02(日) 14:44:13
この程度の特定にしくじるような人間と話すことは何もないな。

269 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/23(土) 20:24:15
あんたこそうざい

270 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/24(日) 18:16:26
タッシェンから全油彩画集でてたんだね。
早速読んでます。こーゆーハンディタイプのが欲しかった。

271 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/26(火) 19:42:57
>>267
そうだね
自画像は画家の本質が描かれるからね

272 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/27(水) 15:27:51
ゴッホの絵でいいのは
ひまわり、糸杉、自画像
月並みかな

273 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/28(木) 11:23:39
どこがいいの?

274 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/28(木) 22:48:31
ああいうタッチの後は、ある精神疾患の表れ。医者が言ってた
それに同調できるという事が、同じ系統の精神疾患を持っているとも
いえそうですね。

275 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/28(木) 23:28:50
>それに同調できるという事が、同じ系統の精神疾患を持っているとも
>いえそうですね。

これに関してその医者とやらの感想が聞いて見たいものだ。

276 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/28(木) 23:44:14
>>275
ある精神疾患の方のタッチというか、ものの見え方がああいう風にみえる。
という事が何か美術雑誌に医者が直接出られて書いてましたよ。ゴッホの作品に
ある芸術性とかのお話ではなく。

277 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/28(木) 23:48:59
同じ見え方をすることとゴッホの絵に同調できることはイコールではない。
従って、
>それに同調できるという事が、同じ系統の精神疾患を持っているとも
>いえそうですね。
は論理の飛躍ということになるけれど、いいかな。

278 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/02(月) 01:07:03
ロールシャッハテストみたいな物か

279 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/15(日) 11:52:28
gallery:美術鑑賞[重要削除]
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku2ch/1045930830/239-
239たい06/10/06 21:11 HOST:eAc1Ajw207.tky.mesh.ad.jp

http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku2ch/1045930830/158-166
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku2ch/1045930830/175-186
の人とメアドが同一人物だね
前の依頼では消されたものもあったようなのに・・・
意味なく別人のフリをしたばっかりに裏目に出た例

280 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/15(日) 12:22:52
ゴッホは病気というけど、実際はどんな病だったんだろうか。
有名な書簡集を読むとしごく全うな人という印象なんだが。稼ぎがなく弟に
頼っているということにも後ろめたさを感じたようだし。
たぶん、なんらかの使命感に駆られていたんだと思う。この世の不幸を自分
がすべてなくさなくてはいけないというような。
亡くなった時は、弟の家庭がおかしくなってきていて、自分が完全なお荷物
になってしまったと思ったようだ。重い鬱のような状態で、自殺したのでは
と思う。彼は狂人ではないと思います。だから絵を見て泣いてもぜんぜん
オッケー。

281 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/16(月) 20:39:12
鬱病じゃない?


282 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/16(月) 20:46:33
それほどでも…。

283 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/16(月) 20:49:33
>>266

あんた本当にウザイなwww


284 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/16(月) 20:50:16
>>266

きえろ

285 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/16(月) 22:33:20
>>280 ああいう濃いタッチで空間をみっちり塗りこめる手法は
精神病院では典型的とも言える絵なんだけどね。
もともとの絵の才能やテクニックが素地になってないと
あそこまで行かないけど。
統合失調症の妄想型に多いけど他の精神疾患でも出る。

286 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/17(火) 00:26:26
>>285
勉強になりました。お詳しいですね。
絵の具を飲んだり、やはり特別な病気だったんでしょうか。
やや話が逸れますが、表現主義の絵描きには何故自殺者の多いのかと興味を
持っていました。専門の方なら心理学や精神分析(?)的な説明ができるの
でしょうね。
議論するほど知識がなくてお恥ずかしい。レスくれた方、ありがとう。


287 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/21(土) 17:16:49
ゴッホ(1853〜1890)は自分の耳を切り落とし、
売春婦に送り届けている。
それで売春婦との関係で梅毒をうつされ、
精神の病もそれに依るのではないかと?

288 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/23(月) 08:28:19
耳鳴りが激しくなり、
しかもゴーギャンとの共同芸術活動にもギスギスした関係になり、
どうしようもない気持ちになり・・・

289 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 10:21:36
ゴッホは精神病じゃなく、なにかの病気の症状で異常行動を引き起こしていた
ということを聞いたことある。

290 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 12:21:32
東郷青児美術館で「ひまわり」見たけど、実際に見ると、その迫力に
すごい!と感じた。

291 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 14:51:35
学生の頃から、画集を眺めてはため息ついてました。
なんだか引き込まれるような
吸い込まれるような
目が離せなくなります。

292 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/27(金) 13:59:59
いいえ、只の飲みすぎです。

293 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/28(土) 14:47:39
はじめまして。
実は私ゴッホの絵持ってます。

294 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/29(日) 07:04:25
嘘つき

295 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/30(月) 08:39:10
ありえね〜

296 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/01(水) 14:49:18
人間を操作する事がいかに容易な事かを
痛感するスレですね。

297 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/01(水) 22:09:20
もやもやっとしたタッチが好き

298 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/02(木) 06:46:02
タッチ?俺はユンナって歌手の歌聴くと彼女(ユンナ)に「お前は死ね」って言われてるよぅに聞こえるよ!ユンナファンによると、どうやらユンナは俺を殺したくてしょうがないらしいよ、まったく‥(笑)‥芸術家ってやつは(笑)‥

299 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/02(木) 06:56:11
実際にユンナファンとしては‥俺はウザい存在だったらしい(笑)‥ユンナやソニースタッフを含め‥別にいいが‥これもアート‥そして、運命‥生命のフリーズ‥ムンク呼吸を感じるの絵のようだ‥

300 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/02(木) 09:54:37
300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 
  300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 
300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 
  300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 
300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 
  300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 
300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 300 



301 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/03(金) 12:35:22
298 299

おまえが精神病なんじゃないか?

302 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/03(金) 16:43:05
そうです

303 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/03(金) 19:52:06
どこの病院?

304 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/04(土) 16:44:11
/

305 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/07(火) 13:35:04
宇和島徳洲会病院

306 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/08(水) 05:46:02
ゴッホの絵を見て感動するのは精神病じゃないっしょ!ゴッホの耳切り事件…その自分の耳たぶを切り落とし、それを洗って、なじみの娼婦のもとに届けたり自らをピストルで撃ち抜き自殺をはかったりしたってのがゴッホの精神病の部分なんじゃない?

307 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/08(水) 05:55:11
ひまわりは芸術と愛の象徴って意味のほかに、キリスト教徒のシンボルだからね☆うん☆…あの色彩はゴッホにしかだせないっしょ(笑)!すごいよねぇ!

308 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/08(水) 06:11:48
おばちゃん朝から一人ではしゃぐのやめなよ・・・

309 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/08(水) 13:04:54
おじちゃん朝からお漏らししないでよ!・・・

310 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/09(木) 19:22:50
おばあちゃん朝から

311 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/09(木) 19:51:49
…ばぁさんや、ワシの入れ歯どこじゃ?!
…入れ歯…入れ歯…入れ歯…入れ歯!

ゴッホさんは?

終了?

312 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/15(水) 19:10:28
じいさんは、捜し物かい?

313 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/15(水) 19:18:24
私もゴッホの絵には感動した。
いわゆる魂を揺さぶられる思い。

314 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/17(金) 00:16:15
>>312-313 おばちゃん一人でむなしく自演やめなよw

315 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/17(金) 14:23:13
不動 死ね

316 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/17(金) 14:53:00

   彡川川川三三三ミ〜 プウゥ〜ン
   川|川\  /|〜 ポワ〜ン┌──────────────────
  ‖|‖ ◎---◎|〜      .│ 私もゴッホ絵には感動した。
  川川‖   ( 。。) ヽ〜     <いわゆる魂を揺さぶられる思い。
  川川    (∴)3(∴)〜     └──────────────────
  川川      〜 /〜 カタカタカタ
  川川‖    〜 /‖ _____
 川川川川___/‖  |  | ̄ ̄\ \
   /.       \__|  |    | ̄ ̄|
  /  \___     |  |    |__|
  | \      |つ   |__|__/ /
  /     ̄ ̄  | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕
 |       | ̄

317 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/18(土) 02:53:17
うちもうちも!ゴッホの絵好きや〜

318 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/18(土) 03:35:03
↓これ見たら70歳過ぎのお爺ちゃんが描いてるなんて普通考えないでしょ?
http://a3.wtakumi.com/bbs.cgi?id=4649&rp=&m=m_file&file=1163710561842026.jpeg
http://a3.wtakumi.com/bbs.cgi?id=4649&rp=&m=m_file&file=1163710623940811.jpeg
ルパンの眼が生きてるんだよ、今のテレスペのルパンとは明らかに違うよ…
ゴッホも良いけど、ルパンも格好良くない?

319 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/18(土) 15:49:19

    (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::\
  /::::::::::/ノ::::::::ノ::::::::ヽ:人::::::::::ヽ:::::::::::::::)
  (::::::::::/  ):::ノ::::ノ ) ソ ヾ::::::::::::丶::::ヽ
 (:::::::::/ 彡  ノ   ノ  :: 彡:/)) ::::::::::)
(::::::::::/彡彡彡彡彡   ミミミミミミミ :::::::::::)
( :::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ヽ  / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |:::::::::)
 | =ロ   -=・=-  ‖ ‖ -=・=-   ロ===|
 |:/ ‖    / /ノ  ヽ \     ‖ ヽ|ヽ
 |/  ヽ`======/ .⌒ ` ========ノ.   ..| |     
.( 。 ・:・'。c .(●  ●) ;"・u。*@・:、')ノ   /
( 。;・0"*・o; / :::::l l::: ::: \ :。・;%:・。o ) < うちもうちも。ゴッホの絵好きや。

(; 8@ ・。:/ / ̄ ̄ ̄ ̄\:\."・:。;・'0.)   \
.\。・:%,: ):::|.  ̄ ̄ ̄ ̄  | ::::(: :o`*:c/ 
 \ ::: o :::::::::\____/  ::::::::::   /
  (ヽ  ヽ:::: _- ::::: ⌒:: :::::::: -_     ノ
   \丶\_::_:::::_:::: :::::_/::::::: /
     | \_::::::::::: :::::::::: ::: :::::___/|


320 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/25(土) 14:34:26
みんな若いねぇ。ガンバレ

321 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/02(土) 12:10:05
以前、フランスの美術館でゴッホの自画像があって結構凝視してしまったんだが、
あのぐるぐるががーっと出てきてまとわりついてきてた気がして、気持ち悪く
なった。同調しちゃったんだろうな。すげえ怖くて以来ゴッホの原画はみれない。

322 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/03(日) 01:47:21
ムンクの叫びは、叫び声を上げているのではなく、
叫び声を聞いているのだから、統合失調症かなんか、
ではなかろうか。よく知らんが。
ところで、ゴッホは右利きですよね?
絵は鏡見ながら描いてるはずですから、左右逆ですよね?
で、実は、右手でかみそりを持って、左耳を切り落とした、
だから、絵の中のゴッホは、どちらかの耳が包帯とかで、
くるまれてるんですね。
ゴッホの自画像を見てると、ナルシシズムの成分がない。
パルミジャニーノみたいな画家とは、大きな違いである。
ゴッホは、肉体の外面ではなく、その内側を見つめて、
自画像を描いていたのではないか。もっとも身近なモチーフであり、
自分を見つめたかったんだろうね。

323 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/03(日) 02:26:39
うん、ムンクはたしか統合失調症だったよ。

324 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/03(日) 10:43:18
ゴッホは
自画像を描いて死んだ
ゴッホが描く人物は
こぞって死んでいった
だから、精神異常で自殺したんでなくて
自分の死を察して
最後に自画像を描いて自殺したんじゃないかな
ってすんごい昔聞いた気がする多分ゴッホだった…はず…汗

325 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/03(日) 17:48:48
ゴッホは拳銃自殺でしたっけ?
ランボーかなんかも自殺じゃないけど、撃たれてるはず。
ヨハネ・パウロのローマ法王も撃たれてる事件があったと思うけど、
ヴェルサーチもそうだっけ。ああいうのは、欧米ならではというか、
日本では、なかなか拳銃自殺とかありえない。銃が手に入らない

326 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/03(日) 17:50:36
>>323
分裂病の幻聴かね

327 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/03(日) 17:52:30
http://www.asahi-net.or.jp/~tp8t-hskw/psychiatry/pathography.htm

ゴッホの精神病って、なに? 分裂病? じゃなかったらなに?

328 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/03(日) 17:53:30
非定型精神病ということは、例外というか、あてはまる項目のない、
精神病なんだろうか?

329 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/03(日) 21:24:47
その頃に流行してたお酒には、狂っちゃう作用があったんだって。
ゴッホはそれが好きで飲んでて、最後には自殺したって前にテレビで見た。

コレって本当?

330 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/04(月) 01:32:19
この頃流行してる巨大掲示板には、狂っちゃう作用があったんだって。
あいつはそれが好きで読んでて、最後には


331 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/04(月) 09:31:51
>>329
アブサン

332 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/04(月) 14:38:02
>>329
そうなんだ。じゃゴッホの自殺は鬱な時にそれを飲んでたのかな。

333 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/04(月) 17:03:12
なるほど、うつ病の自殺率はきわめて高く、
鬱のとき酒を飲むのはありがちなことだ。
それで、アブサンに幻覚作用のあるニガヨモギのツヨンかなにか
がはいっていて、それが向精神性があり、それがゴッホの
精神異常を悪化させていたなら、納得がいく。
自画像を描くのに邪魔だとして耳を切り落とすなど。
また、うつ病というのは、弟に頼るなど、そういう生活を送っている
ものがなりがちな、しごくありきたりの病気でもあるからな。7

334 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/04(月) 17:07:20
ランボーはアヘンの影響があるが、
アブサンも愛飲していたそうで、
あの詩は中毒者が書いていたなら
常人が読んでも理解できないはずだわ。

麻薬やってるかどうかはともかく、
宮沢賢治の詩とか、大江文学にも
麻薬の影響みたいなものを感じる。

大江は麻薬の影響で、障害を持った
息子をつくったんじゃなかったっけ?

この子さえいなければ、と何度も思ったらしいけど。

335 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/04(月) 20:31:54
そういえば、ムンクの絵の「叫び」の渦巻くような絵の具の塗り方と、
ゴッホの星月夜とか自画像の、あの渦巻くような絵の具の塗り方、
少し似てますね。
分裂病の幻覚かなにかかね?
クサマヤヨイにしても、ほかのアーティストの大半は、
病弱だったりするせいで、芸術に適した感性が生まれるんじゃないのか。
心理学、精神分析学、精神病理学と芸術の関係。
アートセラピーとか、カラーセラピーとかもあるが。
よく、子供の絵とか、精神異常者に、絵を描かせると、
ある共通項がみられる、とかよくあるもんね。

336 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/04(月) 20:32:52
そうだよね。
ちなみに、

337 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/04(月) 20:33:14
っていうかさあ、スレ主さんて、頭がおかしいから2ちゃんねるに
来てるんだよね?

338 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/05(火) 22:00:14
>>333
あの人はうつ病ではないと思う。偏執狂的な要素がある。私も、あそこまで
酷くないけど何かわかる様な所があるのよ。一つの事やったら そればっかりに
拘るというかイノシシ型。とうてい仕事なんかつとまらないよ。それで確かに
鬱っぽい所も入ってるけどね。軽い人は社会人できると思うけど彼は重症。


339 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/06(水) 20:39:32
>>337

そうだよ。
あんたと同じ。

340 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/12(火) 23:47:23
ただ、思うのは、ゴッホが現代によみがえったと仮定してみてさ、
生き返って、自分の絵がこれほどの値段と人気と、価値を得ている
のを見たら、驚嘆するだろうね。
ゴッホの名前を知らないものは、現代人にはないというのに。
一枚だけ売れた、その絵はなに? 買った人もある意味ではすごい。

341 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/13(水) 21:32:28
ゴッホの精神病が梅毒のせいという可能性は?

82 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)