2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆◆◆前途有望 これから伸びる一押し陶芸家◆◆◆

1 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/12 10:31
今は、あまり有名ではないけど・・・
近い将来、絶対に有名になる!
近い将来、絶対人気が出る!
近い将来、絶対値段が高くなる!
近い将来、人間国宝になる!

とにかく一押しの陶芸家を紹介して!



2 :トコノイタンハ ◆WfuO0J/v7s :04/08/12 11:35
2

3 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/12 11:48
>>1
馬鹿じゃないの?死ねよ。

4 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/12 11:58
>3
お前、嫌われ者だろう。

5 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/12 12:14
http://ww8.tiki.ne.jp/~labo/1/g-i.go210.htm
http://www.bizenpottery.com/tokusetsuikenishi7.htm
http://www.bizenpottery.com/tokusetsuikenishi6.htm
池西 剛
大物になること間違いない。
何年も前に出あってから、ずっと注目している作家の一人。

6 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/12 15:42
萩の兼田昌尚。

7 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/12 23:34
金重巌

8 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/13 04:10
>>5
写真ですらその良さが伝わってきます。

ヤフオクの偽者とえらい違いだ 藁↓
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/68708873
http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h17365265


9 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/13 22:30
備前焼なら断然に多久守でしょうね。
数年前までは正宗悟が良さそうと思っていたけど、
このままでは平凡な作家の領域を脱しないでしょう。
現時点で最も期待できるのは多久守です。

10 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/13 23:02
細川元総理
なかなか面白い品を造。

11 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/13 23:18
>>10
ちゃんと見たことないのですが、うまいのですか?

12 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/14 13:15
当代(14代)の中里太郎右衛門さんは無庵にかなり近づくと思う。

13 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/14 17:23
先代よりいいね

14 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/14 21:59
三輪龍作(当代休雪)は前途有望でしょうか?

15 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/14 23:19
作品作ったことあります?

16 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/15 08:28
>>14
先代、先々代には、到底及ばないと思う。

17 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/15 23:49
萩は前衛の兼田昌尚・・・賛成、古典は該当者なし。
備前は前衛の隠崎隆一、古典の多久守・・・賛成
唐津は当代中里・・・?・・・でも、確かに彼くらいしかいないですね。
高麗・李朝・・・武末日臣・・・しかいないでしょう。

18 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/16 15:05
東の方にはいないの?
益子とか笠間とか。
加茂田みたいに値上がりしそうなの。


19 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/17 01:00
>>18
陶磁郎の最新号読んどけ。

20 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/26 23:02
かくれざき

21 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/26 23:52
           , -−- 、r−、
          /:::::::::/:::,l、::::::ヽ
         ,'.:.::/::::::/:::::/:ll::::::::::::ヽ
        i:::::/.:.:.:/:::::/:::l ll:::l:::::::::l
         !::::!::::::::l_l」;ル'ノ キLl::::::::|   
         !:::i:!:::l::jlェュ   ェュ l!::::::l  
        ',::トl|!|l! ,ィ7k‐、  |:l:::::!
         ヾニl  ///{'i l { ノィ::;ノ  
          _,ソ'川 l^l、ヾ!'´ノ'´  
         /ヽ|   ト、` l、
     _, -''"   l    ! { .| `y‐、_
   r'´ヽ \\   !   ト、  l l| l ´Tヽ
.   八 、 \ ヽ ヽ j  / l  l l! ! /ノj
 

0場 死之子

「芸大の院で、修復ずっと勉強してるけど、
要は就職しないだけで、ダラダラと
退職した親のすね、かじってるかんじかな。
(たまに、あそこもかじって、ごめんね☆)
らくちんだよ。いつも人に頼ってればいいから。」


22 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/31 00:52
隠崎のは使えない、すぐ飽きちゃう、もちろんマスコミと提携して有名になったとの
うわさ。知名度を作って、そして商売する売り手が、日本の現実。だまされない
眼を持つことだね。龍作もおなじ狢

23 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/31 23:08
隠崎は造形力があるよ。
似たようなものを作る作家もいるが全体のバランスなど全く話にならない。
あのような造形をあれほどのレベルで作れる作家はいないでしょう。
有名になるべくしてなった作家ですよ。
面白い良いものを作るからマスコミも取り上げる。
いくらマスコミが取り上げても詰まらんものを作ってたら人気なんて絶対に出ない。
陶芸はそんな甘いものじゃないですよ。
使えるか使えないかは、使い手の技量の問題ですよ。

24 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/31 23:34
私は、大嫌い

25 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/06 20:57
そうか?

26 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/10 00:02
俺も奇をてらった若い造形で、大嫌いだね
まして、地味な備前の質感とけんかする
本当に造形力のある人は、造形を前面に出さないものだと思う

27 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/10 08:45
そのうち、枯れてくるんだよ。
そうなったときの彼の作品に期待してます。

28 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/10 16:44:02
もう枯れるどころか朽ち果てる感じだねーの。

29 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/10 23:12:43
これまでの伝統に反しているから、馴染めなくて嫌ってるだけでしょ?
もっと幅広い感性を磨こうよ!
隠崎の茶碗、特に黒茶碗(伊部手)は、茶室に入っても違和感は全然ないよ。
現代版瀬戸黒のように凛として力強いし、古作の水指なんかとも良く合う。
しかし、隠崎の白、緑、窯変の茶碗は茶室には向かないね。

30 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/11 00:03:26
>>26
了見が狭いね。

31 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/11 00:56:38
大きなお世話。

32 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/11 21:58:52
http://www4.ocn.ne.jp/~ranran/newpage38.html
ホント、この静かで闇に溶け込むような姿は茶室にすんなり馴染めそうだね。

33 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/11 22:03:01
http://www.raku-yaki.or.jp/rekidai/r15-j.html
隠崎って、当代の楽より使いやすそうだけど・・・

34 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/12 10:01:29
そうですね

35 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/12 10:24:02
形や造形のおもしろさだけで評価される備前そのものの質の低下は感じるね
又、造形にだけにとらわれる人たちの多いことよ

36 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/12 13:08:02
隠崎の何を見ているのか?
隠崎は造形だけでなく、土味、焼成も一級でしょう。
殆どの作家は、何の工夫もない造形と、何の吟味もされていない
粘土屋から買う水漉された土味の良さを全く感じない駄土。
そして、下品な炭桟切に汚い付け胡麻。
伝統にすがって、備前という名前だけで食っている多くの作家と比べたら、
遥かに立派だと思う。

37 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/12 16:40:43
>>35
伊勢崎淳や藤原雄でも買っとけば?w

38 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/13 00:35:56
37>もっと良いのを作っている人を基準に言ってるので、伊勢崎や雄のどこが良いのか?
冗談でも言わないでほしい

39 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/13 00:56:20
>>38
そういうならあなたが良いと思う作家を挙げなければおかしいと思うが?
話の流れでは37のような書込されても不自然には感じません。
淳や雄の例がよいかは別にして

40 :?1/2?1/4?A°?・?B:04/09/13 11:43:00
名前が思い出せないけれど「鱒紋」の陶芸家さん。
あと、藤平寧さん。素地に心が映ってるような感じがします。
知人で、父親が有名人という作家?がいまして、
昨年秋頃に「ブレイクするから」と豪語する連絡がありましたが、
その後、何も音沙汰がありませんし、活動の声もありません。
マスコミに宣伝はしているようですが、ダメだったのかもしれないですね。
少しずつちゃんと見える世の中になったのかもしれませんね。
それがホントだと思いますし、それで良いと思います。

41 :jam ojisan ◆PdvkW.xCnU :04/09/13 12:36:15
まだ無名だが、備前の大森礼二。
土にこだわりがあってなかなか良い。これからの造形力に期待。

42 :sage:04/09/13 20:14:35
眼ないんちゃうか?
隠崎は三流やろ

43 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/13 22:22:39
>>42 一流とは、伊勢崎淳や藤原雄のことか?

44 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/16 21:19:31
どんぐりの背くらべ

45 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/17 22:47:19
昨日、六本木のサボアにたまたま行ったのですが、やっていたが個展なかなか良かったです。
20代半ばの若者なのにじじいが作ったような渋い南蛮風の焼締陶でした。
しかし名前を忘れました。すみません。

46 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/17 22:56:31
>>42
別に異論を挟みたいわけではなく、自分は前衛的な備前では隠崎は一流だと思ってます。
あなたの言うとおりなら眼が無いのかもしれないが、後学のためにそういうあなたが一流と思う作家を是非教えて欲しい。



47 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/18 14:58:13
http://homepage2.nifty.com/kban/index.htm

48 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/19 10:26:28
造形の斬新さでいえば、他の作家より隠崎氏は力をお持ちだと思います
ただ、テーブルでも何でも造形が、凝っていて質感を殺すこともあります
特に備前のように木で言えば一枚板の自然の持つ木肌のテーブルのような
焼き物だと思いますので、しかも、基本的に毎日使うという観点からいっても
土味、焼き味を特徴とする備前などでは、最低限造形は、脇役的な範囲でないと
飽きが来ると思うのです。自我の意識が強くても良いのですが、それを
前面に出さない土味を生かした中に造形美をとらえる秘する造形が、好ましい
と感じます。

49 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/19 13:09:43
どの分野にも多様性が必要。
そうじゃないとつまらないじゃないか?

50 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/19 18:05:20
>>48
貴方の意見は、ちょうど室町末期から桃山の頭にかけての保守的な茶人の考えですな。
桃山に入って古田織部が織部好みとして、破格の様式を生み出した・・・ヘラ目を大胆に入れたり、
茶碗をひずませたりと・・・当時の保守的な茶人は、この様式にショックを受け、
これらの前衛的なこれまでにない破格の様式を批難し、侘び茶の精神に反すると徹底的に反発した。
しかし、当初は受け入れをこばまれた織部様式も、江戸初期からは一般化し
各地の窯で織部様式が写され、現在ではポピュラーで茶室においても全く違和感はない。
桃山後期から江戸初期の備前でも、これまでになかった織部様式の矢筈口水指や
三角花入が造られ、これを期に、備前の水指と花入は一級品として扱われるようになった。
それまでの備前で主流であった桶水指や種壷水指に矢筈口水指はとって代わってしまった。
当時の前衛的な織部様式が、備前に取り入れられて、備前は更に発展した。
伝統に新しい様式が入るときには、かならず保守層からの反発があるものだ。
それを乗り越えてこそ、新しい発展があり新たな価値観が生まれる。

古い固定観念や偏見、思い込みで、備前の可能性を殺してはいないか?
もっと備前に可能性を見い出してもよいであろう。
誰も古い様式を捨て去れとは言っていない。何百年も変わらず同じ物を
造り続けるだけではだめで、表現に幅を持てと言っているのだ。
その為には作家による挑戦が必要不可欠なのだよ。

51 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/19 18:16:14
備前を工芸品としてとらえるか、
芸術品としてとらえるかの感覚の違いでしょう。
古典的な備前じゃないと駄目っていう人は
工芸品としての枠からはみだしたくない人。

52 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/19 19:19:04
いや でも隠崎全然斬新でも前衛的でもないやん
芸術としてみたら三流やん あれ 造形的にうんぬん言う奴
いるけど、あんな程度で ぶさいくな

53 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/19 22:23:21
>52
それじゃぁ、備前の前衛作家って誰よ?

54 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/19 22:58:50
http://www4.ocn.ne.jp/~ranran/newpage38.html
これを見て、全然前衛的じゃないって言う感覚が凄いね。

55 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/19 23:31:21
>>53
52は別に意見などないってw

56 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/21 12:45:16
みんな、分かってるとは思うが貧乏人>>52はスルーしろよ。

57 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/21 13:10:59
隠崎は、前衛でも芸術でもない、小手先が上手なだけだと思う
あまり評価が、先行過ぎるのもいかがなものか?

58 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/21 19:56:46
>>57
評価が先行過ぎるって何を指して言ってるの?

59 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/22 10:19:32
よーく物を見る力のない人が多く
たいしたことないのに!マスコミの力に惑わされて
あなたのように評価する人が結構いるということ


60 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/22 13:51:14
手にとってから物を言え。
作家に失礼だろうが。

61 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/22 15:06:22
手に取ってるよ

62 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/22 15:08:34
>>59
なんの影響力もないあんたに言われてもなあ(笑)

63 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/22 19:11:14
>>59
何かといえば、すぐにマスコミとか言うけど、物が良くないとマスコミも取り上げないし、
悪い物ならいくらマスコミが取り上げても、人気なんて出ないよ。
陶芸の世界はそんなに甘くないよ。
伊勢崎淳なんて、いくらマスコミ使って、政治力使って人間国宝になっても
セカンドハンドだと、個展価格より間違い無く安くなるし、人気も出ない。
これが実力の現れですよ。
個展価格と比べて、あまり値崩れしないのは、現存作家では、隠崎、安人くらいでしょう。

64 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/22 19:22:16
そうそう。
売れるもんにはワケがある。

65 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/23 01:11:55
好きでほれている人は、それでも勝手でよいけど
焼き締めが好きなのに有田焼きのような隠崎氏のきんきら造形は嫌いだよ
安人だって最近のは造形も焼きも良くない
すべて良いという発言は、間違いの元


66 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/23 01:27:39
君には理解できないのです。
自分が理解できない感覚を他人に押し付けては駄目。
隠崎の作品を自分が理解できないから良くないとするのは
自分の感性のなさを堂々と威張っているようなもの。
恥ずかしく思わないとね。

67 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/23 01:31:44
ちなみに僕は、前衛の隠崎も、土味と焼成の安倍も、古典の陶陽も、
単純明解な啓も高く評価しています。それぞれに独自の良さがありますからね。

68 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/23 02:00:28
66>君にも理解できないのです正しい美意識が、
自分にりかいできないものを、他人に押し付けないで!

69 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/23 02:03:11
http://www.zenzeikyo.com/cata.html

70 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/23 09:21:27
>>68
正しい美意識とはなに?
美意識は時代の気質や美への考え方によって変化するもの。
正しい美意識なんてない。
楽茶碗の長次郎の作品と当代楽の作品と比べたら、方向性は全く逆で
長次郎や利休が生きていたら、おそらく気を失うほどの衝撃を受けるでしょう。
しかし、ノンコウの革新的変化、了入のヘラ技法、覚入の多様な色彩という
経過を経ての、当代楽の作品への変化だから、現在に生きる私たちには、
それほどの違和感は感じない。むしろ、それを美しいと感じてしまう。
時代によって美意識は変るものです。それが芸術ですよ。
君は、現代にあって、当代楽や、もっと言えはノンコウの外へ向かう表現を
楽の本質とは全くそぐわないと切り捨て、内向的表現の長次郎しか楽は認めないと
言い張っているのと同じですよ。

71 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/23 15:10:54
あんまりいじめるな

72 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/23 20:57:57
70>ご意見と反対に長次郎は認めるが当代楽はいらない
若者のエレキ感覚の津軽三味線を聞くようだ
年期と人生経験の深みを君は知らないようだね
それ以上は、意見が違うようなのでご説明要りません
あしからず

73 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/23 22:42:22
と言う事は、光悦の茶碗も駄目と言う事か…。
絵もコテコテの油絵しか認めないのでしょうな。
了見の狭いお方だ…

74 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/24 21:00:25
そういうことだな。

75 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/25 13:29:46
>73
光悦、隠崎、当代楽は共通の造形美があるね

76 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/26 02:50:44
73>光悦の茶碗も良いものばかりではない
まず造形の技術が満たないので変なのもあるよ
変なものでも当代楽よりはもちろん比べにならないほど良いけどね
不二山だってそれほどのものじゃないよ
名前に踊らされたりいろんな理由で国宝などに指定されたってそれほどのものじゃ
ないものだってあるわけだからね
こてこての隠崎は、グロだよ(全部じゃないけど大半)
隠崎、当代楽は、光悦の造形美とはまるっきり異質な、自身のなさから来る
衒いにすぎない

77 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/26 02:53:36
69>グロそのもののページ


78 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/26 11:32:50
>>76
>悦の茶碗も良いものばかりではない
>まず造形の技術が満たないので変なのもあるよ

この考えからして間違っていると思う。光悦は技術面で評価してはならない。
光悦の技術が劣るから良くない物があるとする見方は適当ではない。
光悦は、感性・発想の作家だよ。光悦の茶碗は彼が意図した発想を評価するもので、
できあがりの作品を見て論じるものではない。勿論、技術の稚拙さからくる微妙な
バランス感覚や歪み、破綻しそうな造形を評価することはあるが、それはあくまで、
素人作品ゆえの技術に捉われない自由な発想からくる力強さと思われる。
一方、隠崎は計算の作家だ。隠崎の作品は計算の上に成り立っているもので、作品を
計算し尽くされた三次元デザインとしてとらえている。
均整美すなわち、あらゆる角度から見たときのバランスを重視している。まさに桃山期の
織部様式の造形理論である三点展開に通じるものがある。
当代楽は、丁度、両者の中庸をいく作家。光悦ほど感性はないが、隠崎より感性はある。
隠崎ほど計算されていないが、光悦より計算された作品を作る。あとは好き嫌いの問題だよ。

いずれにしても、三者は既存の概念を破った作家であることには間違い(本人が意図しているか
どかは別)。その点は、充分に評価できるし、単に先人がやってきた通り、伝統的なものを
マンネリ的に焼き続ける職人と、自己表現の意志を持ち創意工夫をする彼ら(芸術家)との
相違点であろう。職人が悪いとは言わない。その職人の作った作品を求める人がいる以上、
必要なものだし、伝統は守っていかねばならない。
しかし、新たな発想を持った前衛なしには発展はない。桃山陶芸が、日本の陶芸史の頂点を
極めた理由は、織部様式という新たな発想の誕生と、それを作品に生かそうとする創生期独自の
創意工夫を伴った、力強さ、生命力にある。全てに通じることだが創生期には膨大なエネルギーが
注がれ、それが作品の力強さに現れてくるものだ。
マンネリは衰退しか生まない、新たな発想は力強さと生命力を生むものだよ。

79 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/26 14:14:22
>>76
>自身のなさから来る衒いにすぎない

こんな断定で話を結ぶのでしたら、不親切な文章ですね(笑)
不二山がそれほどのものじゃないなどの表現では何の説得力もないかと。


80 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/29 19:36:00
光悦欲しいなぁ・・・・

81 :わたしはダリ?名無しさん?:04/10/03 19:08:55
萩焼きで刳貫の兼田昌尚はどう評価しますか?

82 :わたしはダリ?名無しさん?:04/10/05 21:11:49
良いんじゃないの?

83 :わたしはダリ?名無しさん?:04/10/05 21:51:59
良いんじゃない !


84 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/01 06:28:47
波多野善蔵の鵬雲斎は始めて見た。岡田裕なら見たことあるけど。

85 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/01 06:38:53
スマン、84は萩焼きの方だっだ。

86 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/01 06:43:05
スマン、84は萩焼きに書き込むつもりだった。

87 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/02 21:59:03
兼田昌尚はいいね、萩の造形では当然一番! しかし、隠崎にはまだ差がある。

88 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/02 22:59:06
その通りだと思ふ。
兼田昌尚の茶碗は結構飲みやすい

89 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/02 23:20:31
隠崎のさらに上を行くのが「安人」、かなりの差がある。

90 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/02 23:30:48
その通り。
隠崎は造形を平面で構成しているが、安人の作品は曲線で構成されている。
確かにその差はかなりある。


91 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/03 00:09:06
安人は将来の自分の置かれているであろう立場を意識している。
二重箱にしたり、箱に上質の杉を使ったりして付加価値をつけている。
もちろん作品もすばらしい、伊部よりも土味の備前が好き。

92 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/03 09:39:18
業者の市でも備前で高値が付くのは陶陽と安人くらいですね。

93 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/03 12:14:43
安人の作品はどこに行けば買えますか、まさか骨董屋にはないでしょうな。

94 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/03 12:25:58
安倍安人の作品は有名ギャラリーや一部の骨董商でも扱っていますが、
数は非常に少ないですね。
安人の作品は、持ち主がなかなか手放さないので市場に出てこないですから。
高いですが、個展で買うのが最も良いでしょう。
個展だと質の良い物が手に入りますからね。

95 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/03 12:46:05
>93
安人氏のなにをお探しか?

96 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/03 13:51:33
安人氏のい幻の作品と言われる「通りすがりの待ち人」(たぶん邦題)を探しています
何かいいところないかな

97 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/03 14:01:46
幻の作品と言われる「通りすがりの待ち人」ってなに????ネタ?

98 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/03 14:20:09
>>97
おまえ釣りか?

99 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/03 14:48:10
>95 出来れば お茶碗 でお願いします。
    その見所も解説しください。

100 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/07 15:38:16
安人の話も尽きたので、次の 前途有望 な作家を挙げてください。

101 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/07 22:55:29
美濃の作家で抜きん出ている作家はいないの?

102 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/08 15:26:08
志野は高くて買えん。

103 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/09 22:18:07
>102 志野は高くて買えないとは、「前途有望・・・」からして、
 現代作家物のことでしょうね。
 そんなに高いとは思いませんが。10万円、20万円が高いと言う場合も
 ありますが・・・・。

104 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/09 22:28:51
武久美雪

105 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/10 06:00:31
28歳?のお笑いタレント希望者はここに出てくるな。

106 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/10 07:01:24
武久美雪 !

みゆきたんだ!
みゆたん!

ぜってーに ぜってーに!! みゆたん!だ

107 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/10 16:55:21
志野は失敗が多いから採算を考えて割高ということだろう。

108 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/11 08:12:35
鈴木五郎さんなんかどうでしょうか。
奇をてらうことも無く、安心できる作家だと思いますが。

109 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/12 23:10:29
五郎はキセトがイイネ!

110 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/13 07:32:38
「前衛」的な造形で織部や光悦やノンコウが認められてきたから
今の前衛作家も時代に即して認めろ、という人が多いようだけど、
それで三輪龍作や当代楽を使う気にはならないな。

前衛だからとか古典的作風だからとか、そういう表面的な形式で評価してないか?>>70とか



111 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/13 09:15:06
前衛的」だから認めろの風潮は無いと思います。自分の一生の仕事として
作陶を選んだその意義・存在を後世に残すためのそれなりの工夫や他の作家
との差別化を考えた時「前衛的(今までに無い)」になるのではないでしょうか。
もちろん、芸術を追求した結果が「前衛」であれはそれが一番でしょうけれど。

112 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/13 14:52:43
いや、そうじゃなくて、ここで「前衛的」=時代に即している=良い
というような書き込みが多いなーと思って。

萩焼など、他の焼物スレ見たら、茶に使いにくいというものが多いよ、「前衛」は。
使う人間の力量がない、と書いている人もいたけど、
あんなギラギラした作為溢れたものがはたしてお茶に合うのか、というと
大抵の茶事に関しては否だろうな。

自分を追及するのは自由だけど、使う人間のことも考えてほしい。
日本文化が見出した、世界でほとんど唯一の美的感覚は、「無作為の美しさ」にあるのだから。

逆にそういう意味で茶事に合致する「今までに無い」ものを作る人がいれば
喜んで使わせてもらいたいので、知っている人がいたら紹介してほしい。

113 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/13 15:45:34
>日本文化が見出した、世界でほとんど唯一の美的感覚は、「無作為の美しさ」にあるのだから。

無作為という言葉はやたらと使うものでは無いと思う。
無作為しか認めないという、貴方の意味する「無作為」とはどういう意味?
実質的な無作為なんて日本の茶陶には存在しない。
萩や唐津は李朝の高麗茶碗を手本にしている、従って写すという作為が存在する。
美濃は作為のかたまりであるが作為があってからこそ美濃の存在意義がある。
楽の長次郎も無作為を装った作為の茶碗。
長次郎と織部の違いは表現の方向が内に向けられているか外に向けられて
いるかかの違いにすぎない。利休の精神を表現しようとした段階で作為が
入り込んでいる。
純粋に作為がないと言えるのは、古い手の粉引、堅手、刷毛目などの一部の高麗茶碗だけ。
御本をはじめ、御所丸、伊羅保、斗々屋、などの注文品は作為あっての茶碗。

114 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/14 01:27:43
やっぱりそういうこと言う奴がいるかと思った。

魯山人は、良い作為と悪い作為があると言っている。
前者のことを無作為とも言っている。
過去にも>>113のようなことを言うような奴でもいたのだろう。

焼物を成型する以上作為が入るのは当然。
作為がないものはない、というようなつまらない言葉遊びするより、
無心・禅に近い心境で当意即妙に成型したものであるかどうかを語ったほうが
よほど有意義だと思う。

それより茶事に適う前衛作家を誰か教えてほしいもんだ。

115 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/14 10:28:42
了見の狭いお方だ・・・総合的な芸術センスに欠けると言うか・・・
偏り過ぎはたんなる好みとしかとられないですよ。
俺は茶事に適う無作為のものも大好きだが作為の強いものでも
造形的、色彩的に成功していれば使い用はいくらでもあるので評価する
近代建築のモダンなの茶室などには長次郎や宗入よりも当代楽のほうが
しっくりとくる その場合は当然に他の道具もそれなりのものを選定する
要は使い用なんですよ 既成概念やこれまでの茶のイメージという決まり切った
枠でしか茶事を考えんから当代楽が使えんなどという発言がでる
従前のものだけでなく、もっと多くの色々なタイプの茶会に参加されることを勧める
林屋さんも茶会での当代楽の使用は非常に多く、その度に道具組みを考えるそうだが
ぴったりはまった時は、非常に素晴らしいものとなっている。
中途半端な組合せや従前の茶室に中途半端に持ち込んだものしか見たことないんではないのか?

116 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/14 11:12:23
当代楽さんの作為より、林屋さんの作為の方がすごいよな。

117 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/14 14:19:53
>>115
当代楽は草庵の茶には合わないってことか

たしかにこのスレだけ突出して"今風"万歳な人が多いな。

そういうのはバブル以後廃れている気もするが。
115の了見が広いのかどうかよくわからん

118 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/14 16:08:25
なんか読んでいると話がずれている気がするのですが、、
昔ながらの作風で有望な作家はいますか?

119 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/15 00:28:24
清水保孝が一番! 品のいい作品を作る。
造形も理に叶った造りだと思う。

120 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/15 01:12:03
ヤフオクで織部なんかのカテで出してる
あきる野市の作家はどうなの?

121 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/15 14:17:57
どうもこうも無いと思うが

122 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/15 23:22:03
>119
卯一と比べてどうですか?


123 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/16 04:08:09
>122 卯一の青磁と保孝の亀遊紋のお茶碗を持っていますが、保孝のほうが好きです。
もう少し勢いが欲しいと思いますが、品も大切にして欲しいと思います。
卯一の晩年の作もそれなりのものですが、保孝は血筋を考慮しなくてもそれ以上(人間国宝)になると思います。


124 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/17 17:17:51
保守

125 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/17 19:05:10
確かに「保守」 でも、人間国宝になった者の勝ち。

126 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/17 19:23:25
こんばんわ 立ち寄りました なんとなく場違いなかんじですが
いかにも2chらしい書き込みをします

京都も良いし東洋陶磁もいいんですがやっぱり10年前の鎖国時代の
収蔵品が多いと感じています
南宋の染付け、赤絵 元の赤絵、ユウ裏紅 清代旺品はわずかです

1999年から中国本土より多くの真贋あわせた磁器が世界に出ます
珍しいものもかなり御覧になれます 一度お立ち寄りください
唐三彩の永泰公主も御覧になれます 30年前盗掘されたものでしょう
金糸鉄線も御覧になれます
サイトはhttp://www5f.biglobe.ne.jp/~meiyonosubete/ です

気楽な気持ちで楽しんでください 中国のものは奥が深いです



127 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/18 02:52:45
こまった

128 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/18 04:29:34
>>126 確かに「場違い」 去れ!

129 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/18 06:59:28
126は中国古陶磁で狂ってしまった自称目利き大王の仕業らしいです。

130 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/24 03:21:39
低調なので一つ質問です。
 清水保孝は「亀」がテーマとなっていますが、なぜ「亀」?

131 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/24 06:55:04
鶴がイユだったから

132 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/24 14:27:13
悪くはないね

人間国宝?そりゃ本人はいいだろうけど、
使う側はどうなんだろう。
名前が好きな人はいいだろうけど、ずっと残るような代物?

人間国宝になるには有名政治家の出身地であると強いけど。


133 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/24 15:27:02
特に、お茶碗は名前でいただくという面があります。そうすると人間国宝の
作品が重要になってきますし、手放す場合にも普通のお茶碗より高いのが
普通です。名前が好きなのではなくて、名前に付いてくる価値が重要なのです。
安いよりは高いほうが良いに決まっています、それでも安いほうが良い?。

134 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/24 17:46:33
最近の焼酎ブームでデパートなどで販売してる薩摩焼(黒薩摩)の黒ぢょかの相場も
便乗値上げしてる窯元が殆どだけど、地元価格で販売している窯元見つけましたw

次郎太窯さんHP
http://ryumonji.web.infoseek.co.jp/main.html

先日、窯元に行ってみて良かったので宣伝スマソ

135 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/24 17:46:43
利殖目当てなら市場価値を考えながら求めれば良い。
でも、物を見る眼は育たない。
自分の眼で求めた物は安くても手放せない。

136 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/25 02:21:53
安くても自分の眼で求めた物に愛着が湧くのは当然です。
133の利殖とまではいかないにしても、目減りの少ない
買い方にも共感を覚えます。
高額の買い物をする訳ですから、それぞれの価値観の違だろうと思います。
自分の価値観だけで、それ以外の意見を非難するのはどうかと思いますが。


137 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/25 09:38:34
最近の人間国宝の茶碗って、ほとんど目減りしてるんじゃないの?
残念!

138 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/25 09:45:52
そのとおり。
景気が良くなれば戻るのでしょうか。


139 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/25 13:03:21
十数年前に買った志野茶碗・・・、購入時の3分の1ってどういうこと。

140 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/25 13:56:41
諦めて手放すか、上がるまでじっと待つか。
悩むところです。
私は手放す気はありませんから、気が楽です。

141 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/25 23:16:00
作家物の新物は、買った瞬間に値段は1/3以下です。
素人同士が売買するなら良くて7割、普通で5割の値段でしょう。
しかし、桃山から江戸初期の古い物で出来の良い物なら
言い値の場合もよくあります。
いくら出しても欲しいという人が結構いますからね。
買うなら古作です。
値もそれほど落ちないし、場合によっては買値の何倍もの
値段が付くこともある。
充分に楽しんで、他のものが良くなったら、それを売れば良い。
ただし、古作でも中途半端な物は、作家物と同じ運命です。

142 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/26 05:59:08
やはり 古い物は見る目が必要なんでしょうね。
ですから私は作家物、5割でも贋作をつかまされるよりは
いいと思っていますから。

143 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/02 23:48:55
青磁の 川瀬 忍 についてお願いします。
 

144 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/03 00:10:31
石山哲也

145 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/03 19:09:07
>>143
>>144
だれそれ?画像希望!

146 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/08 11:58:04
川瀬 忍 を知らないとは! もぐり?

石山哲也 誰?

147 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/08 12:32:29
石山哲也 を知らないとは! もぐり?


148 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/08 16:50:55
>>147 私は もぐり です。

149 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/17 17:09:16
内田鋼一
有名なのに低価格
実用食器が多いけどそれ以外の品まで安い
これからいろいろと受賞すると思うので
そうなれば低価格というわけにはいかなくなるでしょ


150 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/17 22:11:02
>>149 受賞する前から買いに行くような冒険はしません。
あなた 内田さん?

151 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/18 17:57:55
149です
残念ながら内田さんではありません
内田さんの引出黒茶碗など手にしてごらんなさい
そのあと値段を聞けば思わずニッコリしますよ
是非とも内田鋼一をご覧ください。

152 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/18 23:08:45
美濃焼の有望株を教えて下さい

153 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/19 09:47:24
樋口雅之


154 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/23 03:57:47
こんなのはどうか
ttp://www.kurodatoen.co.jp/heiseitogei-meihin-5.html

155 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/26 20:20:21
川端健太郎
センス良すぎ

156 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/26 20:26:29
>>154
滝口和男はある程度伸びてしまった作家だし
近所のよしみである八木一夫のコネで生かされてきたわけだし…
一押しには値しない変なおっさんだよ


157 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

158 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/10 15:01:04
今年の人間国宝は?

159 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/10 15:13:50
工芸会の所属でないと人間国宝になれない事情をご存知の方、
教えてください。

160 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/14 01:21:25
萩焼きの大和努(やまとつとむ)
とてもいい作品を作っていると思います。

161 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/14 08:05:40
萩焼きの前レスでも話題になっていましたが、
作品自体だけで言えば、イケマセンの部類でしょう。
その理由は「品格」が無いように思います。
さらに、お茶碗が25万円、同じお金を出すのであれば
安食ひろ・山田和・鈴木五郎あたりに行くのは当然です。
若い時からそんな価格を付けると、作品にそれだけの価値が
あると勘違いをするのではないでしょうか。
父親も反省してほしいものです。 
 

162 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/14 23:18:04
大和努とやらの茶碗は25万もするの?
あれが25万とは高いよ。
物の質からすると3万前後だろう。

163 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/14 23:28:47
何を考えてるんだろうね大和保○先生、自分の息子の力量を知りながら
その茶碗に25万円。努君がかくぁいそー。


164 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/15 07:47:26
3万円ならもっと良いお茶碗がありますよ。山口県文化財の息子の作品と
しての値段であれば2万円。
文化財の息子の作品の責任は文化財にあるんだよね。

165 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/15 08:42:46
>>>164無形文化財に責任? それは無いでしょう。その傘の下の
若先生のほうに問題があり。傘がなくなった時に真価が問われますから
今はほっておいたら。


166 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/15 17:16:15
ところで、次の人間国宝は誰?

167 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/15 18:24:55
山田和先生の作品が好きですが、可能性は?

168 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/15 18:31:17
小十先生の可能性についてもお願いします。

169 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/16 16:03:44
>>167
展示向けに作った造形がどーもね。。。使い手への意識が足りん

170 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/16 23:13:18
>>168
小十さん最近色褪せてる感じがするが・・・
影が薄いというか・・・

171 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/17 11:14:22
ご高齢もあって最近の作品は感心しませんね。
絶頂期は古唐津を凌駕するような作品を世に送り出したこともありましたが、
一部のコレクターの手に渡りなかなか市場に出てこないですね。
もはや小十は過去の人ですね。

172 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/17 11:53:59
過去の人でも素晴らしい作品は後世に残ります。

173 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/17 14:04:10
将来を見込まれた人でくだらない作品で潰れていった人は多いものです。

174 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/17 22:22:47
>>171
絶頂期とはいつごろのこと?
今の作品とそんなに違うのですか?

175 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 17:51:40
作品集を出した昭和から平成への時期じゃないのか。
それより、小十ネタなら唐津スレへ行ってください。

176 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 18:50:16
>>175 ここでは誰をネタにするスレなの? 小十ではどうしてダメなの?

177 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 19:28:51
これから伸びる一押し陶芸家

178 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 22:36:54
そうだね、小十爺さんは、これから伸びるじゃなくて、伸びきってしまったね。

179 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 23:51:51

いつも私の作品を愛玩下さり誠にありがとうございます。
また忌憚のない御意見にも重ねて御礼申し上げます。
皆様の御意見は真摯に受け止めこれからも益々精進していく所存であります。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。    合掌 小十



180 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/19 01:14:40
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/73007906
どうかな

181 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/19 08:14:49
>>179 ご本人?

182 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/19 21:26:06
いったい誰が有望なのでしょう

183 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/20 18:50:14
志野の有望株を教えて下さいな。

184 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/21 01:44:52
>>183
何十年も前に藤○○道先生がクラさんのを本展の審査の時見て
「クラは自分の志○をやっているな」とたいそうほめたそうな
やっぱりそうでないと人国にはなれないんだな、、、。
今そんな志○やってる若手っているのかな?

185 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/21 19:16:16
蔵か・・・・・
薪窯を使って欲しいな。

186 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/22 00:40:48
備前の小川 陽子さんはすばらしいね
将来かなり有望だね
初の女流人間国宝かな?
だいぶ先だけど・・・

187 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/22 17:13:22
>186
作品が見たいな。

188 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/30 01:30:07
http://homepage2.nifty.com/kban/index.htm

189 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/09 00:57:39
小川陽子の作それほどでもないと思う

190 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/11 16:07:24
どこ行っても備前厨がうるせ

191 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/11 16:27:15
それヨクナーイ

192 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/11 16:30:02
なんとかならんのか?欠陥を指摘したいんだけどね。

193 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/12 09:56:48
小山陽子の作品に将来性は感じませんね。

194 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/12 16:25:34
193です 写真で見る限り。

195 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/13 02:39:14
あげ

196 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/02 16:02:43
あえて、山根清玩。
結構、気持ちのいい道具作ってますよ。

197 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/03 07:47:37
山根清玩の作品を直接に見たことはありません。ヤフオクで見る限り、色々な作家の
作品を真似ているように見えます。
ヤフオクに多量の出品があるのも評価が上がらない原因かもしれませんね。
腕とは別問題ですが、渋谷泥詩も同じことが言えますね。

198 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/03 10:22:54
一番安くて可能性がありそう
石田光


199 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/04 02:25:54
石田って黒田とうえんでやってるひとですか

200 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/05 23:32:59
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n13340329
細川の殿様のぐい呑、結構高くなっているけど、個展では幾らで売られているのですか?

201 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/06 13:10:45
殿様はいろんな作家の土や薬を取り寄せて焼いているみたいだけど
作品のどこに魅力があるのでしょうか?

井戸の釉薬に合成土灰を使って電気窯で焼くTさんの作品には
質感が乏しく何を写したいのでしょうか?

陶芸家と言われている人達が、懸命に李朝の写しを焼いているけど
素焼きしてみたり電気窯だのと論外な人ばかりですね。
そんな作品が、何十万〜何百万で売れるなんて凄いですね?

はっきり言わせてもらいますが、駄目な物にお金を払う人達がいる限り
間違いが正されることは無く作品に感動することは無いでしょう。

202 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/06 13:43:40
林屋晴三氏も、最初の頃の殿様の作品は素直な感じでよかったが、最近のは
器用になっちゃってだめだ、みたいなことをどこかでおっしゃっていましたね。

203 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/12 13:59:35
ブランドに弱い人が多いから日本はだめだね

204 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/13 09:50:14
この井戸盃よりも
http://www.gallery-kurimoto.co.jp/page_thumb71.htm
殿様のこの井戸盃のほうが段違いで良いよ
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f31668670
杉本先生も井戸に見切りつけてやめたほうがいいとおもうし

205 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/14 00:02:54
殿様の井戸の薬と土はSさんから分けてもらっていると思うよ。
今はどうか知らないけど>204の盃はそれそのものだと思うけど、。

206 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/20 18:45:40
川喜田半泥子の井戸写しの茶碗を見せてもらったけど大変良かった。
しかし、値段が380万円とな。ちと、高すぎないか?
100万くらいなら買っても良いと思ったが、380万はないだろう。
そんなにするものなのか?相場としてはどうなんだ。
そんなものだと言うのなら仕方が無いが・・・・・・

207 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/21 01:47:09
参百八拾萬円!?

208 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/21(月) 09:44:54
高すぎだなぁ

209 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/21(月) 15:42:54
半泥子は、しょせん素人陶芸だよ。

210 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/21(月) 16:02:28
素人だからこそ良いものを作る。
光悦も素人、魯山人も素人、古山子も素人、愚朗も素人・・・
プロはこじんまりとまとまってしまって面白くない。

211 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/21(月) 18:47:09
古山子を素人だって!なめた口きくんじゃない!!

212 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/22(火) 02:33:14
展覧会4/3〜伊那市
http://homepage2.nifty.com/kban/ten.htm

213 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/22(火) 17:25:08
茶の湯を知り、名品を知り尽くした上で作陶している素人と
茶室に足を入れるどころか茶筅も振ったこともない陶芸家が作った茶碗を並べ比べれば
素人茶碗のほうに軍配があがるというものです


214 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/23(水) 02:55:04
それは分かるがあまりに茶がかったのは時にどうかと思うがな。光悦然り、口山人然り、半泥子然り。茶臭くってどうもいかんね。

215 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/23(水) 12:17:37
                      ___ /|::::::::::::|
                 ___ /|::::::::::::|/;;;|:::::::::::::|
                  /| :::::::::::|/;;;|:::::::::::::|;;;;;| ::::::::::::|
              /:::|:::::::::::::| ;;;;|:::::::::::::|;;;;;|::::::::::::::|
              / ::::| ::::::::::::|;;;;;|:::::::::::::|;;;;;|::::::::::::::|
             / ::::::|::::::::::::::|;;;;;|:::::::::::::|;;;;;|:::::::;:::::|
            / ::::::::|::::::::::::::|;;;;;|::::::::::::::|;;;;;|:::::::::::::::|
            / ::::;::::|::::::::;::::|;;;;| :::::::::::::| ;;;|::::;:::::;:|
            /::;::::::::::|:::::::::::::::|;;;;| ::;::::;::|;;;;|::::::::::::::::|
           /:::::::::::;:::|::::;::::;::|;;;;|:::::::::::::::| ;;| :::::::::::::::|
        _ /:::::::::::::::::::|::::::::::::::::| ;;|:::::::::::::: |;;;|:::::::::::::::::|___
       /  ./\::::::::::::::::|:::::::::::::::::|;;;|::::::::::::::::|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     |
      ./    \ \ :::::::::| ::::::::::::::::|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;|_|___________|.     |
     /       \ \;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|_|___________| ̄ ̄ ̄ ̄    |
     /          `-、,__|___________| ̄ ̄ ̄ ̄          |
   . /             ̄ ̄ ̄ ̄                  |
   └=============================================┘


216 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/26(土) 22:48:38


    山田和の人間国宝の可能性はあるのでしょうか。





217 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/27(日) 06:00:24
可能性は大。

218 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/27(日) 09:02:35
諸々の理由で可能性は全く無い

219 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/29(火) 16:40:17
山田和が国宝になるとしたらジャンルは何だと思います?
志野しかないでしょ?
山田和の志野茶碗と鈴木蔵(国宝)の志野茶碗を比べてください
山田和が国宝に認定されると思いますかぁ?


220 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/29(火) 16:44:08
一歩譲って青織部にしましょうか
岡部嶺男(故人)や魯山人(故人)の織部と見比べたら
あなた、人間国宝どころか県指定無形文化財も無理だというものです

221 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/29(火) 23:44:41
http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c93184623
この織部なんていいと思うけどな。
現代の織部を意識した前衛的要素もありながら、古作の良さも持ち合わせている。
なかなか作れんよ。

222 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/31(木) 13:50:59
やっぱり人間国宝でしょうね。

223 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/31(木) 20:30:56
おいおい、この高台の縮緬皺はないだろう。
この手の美濃は唐九郎で終わってるよ。
人間国宝狙うならもっと土を吟味して欲しいね。




224 :わたしはダリ?名無しさん?:皇紀2665/04/01(金) 22:48:43
わからないヤツやのう・・・

225 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/14(木) 22:41:32
茶道教授のHPに遊びに来てね♪o(^-^)o
http://pksp.jp/bunta-tougei-/

226 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/17(日) 00:04:44
>>219
鈴木蔵のどこが良いのか?
硬くて躍動感がまるでない。
茶碗に生命力を感じないんだなぁ。

227 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/17(日) 00:24:47
確かに

228 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/17(日) 02:56:06
同感

229 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/21(木) 20:59:33
志野はやっぱり安藤日出武ですね

230 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/21(木) 23:43:48
同感

231 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/23(土) 11:09:13
いやいや唐九郎の初期作品でしょう。

232 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/23(土) 11:16:08
どんぐりの背くらべ
五十歩百歩
一山幾ら


233 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/23(土) 11:52:04
唐九郎の初期の志野はいいねぇ。
誇張してなくて使いやすくてよい。

234 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/11(水) 21:41:56
おまえら、忘れてないか!!! あの人を!!!!!!!!

235 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/12(木) 19:14:30
誰よ?

236 :わたしはダリ?無名しさん?:2005/05/14(土) 17:34:05
話変わるけど、色々窯元まわったけどね、いいとこのはねマキからがちがうよ・・

ひどいとこなんかさ〜大工さんからもらった木切れ燃やしてたもの

さすがにね〜、人間国宝のとこはね、それはそれは立派なマキでした。

237 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/19(日) 21:02:59
age

238 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/01(木) 23:07:21
たけすえ日臣・・・将来性ありますか?

239 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/03(土) 20:18:38
大有り。

240 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/11/20(日) 18:50:28
アゲ

241 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/12/11(日) 15:00:16
信楽の蕎麦屋の伜。
刷毛目が良い。
父親が栽培し、打った蕎麦を伜の器でお客に出す。
またその蕎麦も美味い。
大成して欲しい。

242 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/12/12(月) 02:11:50
やっぱ常滑の山田想でしょ

243 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/01/14(土) 12:43:14
加藤豊久ってどうなんですか?


244 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/02/14(火) 23:53:05
美濃焼に良い作家はいないのか?

245 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/02/16(木) 23:39:37
値段的には出来で言うと加藤豊久か塚本治彦あたりが安いね


246 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/02/16(木) 23:51:33
☆☆☆☆☆☆告られレス★★超LUCKY☆☆☆☆☆☆
今月の間に超LOVEAになれるよо(^-^)о 自分が『好きだ』って思っている人から告られたり、 大切な人とずっと一緒にいられるよ♪
∞ でも、まず最初にこの『告られレス』を7つのスレに貼ってね。 そうすればLUCKYをゲットできるよ♪♪♪ (ただし7つのスレに貼ったらだよ) 信じるか信じないかはあなた次第!! でも、このレスは本当にとっても効き目があるよ
♪このレスは絶対効きます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

247 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/03/27(月) 17:07:32
唐津の陶申窯の坂田勝利さん
まだ若く轆轤の技術もまだまだだが
あの粉引きは絶品 将来が楽しみ。
あと備前の末広学さん センスよすぎ

248 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/08(土) 10:34:52
捕手

249 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/04/19(水) 22:30:44
247さん、備前では、金重巌。

250 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/01(月) 23:10:07
皆さん、k陶苑の進める作家ばかり話題にしてるけど、
本当に買える作家は一握り。
もっといい作家は星の数ほどいるのにね。
窯業地の百貨店・ギャラリーの意見をきいてみたらどう。


251 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/02(火) 00:30:14
K陶苑がいいでしょう。
渋谷のほうね。

252 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/05(金) 11:44:55
瀬戸黒を焼ける作家はいないのですか?

253 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/07(日) 12:14:05
>252
加藤高宏はどう?
最近、黒にも力を入れてるようだが。

254 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/12(月) 20:47:04
>◆◆◆前途有望 これから伸びる一押し陶芸家◆◆◆
あっはは!
どう考えてもオレ^^v

255 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/12(月) 21:55:32
>>253
唐九郎が残した土と釉と窯でやってるんだから、そりゃいいもんできるだろうよ。
まあ才能が全く無いとはいわんし、少なくとも親父よりはいいわな。
でも皆が騒ぐほどじゃないよ。
年が若いのと、値が安いだけで、その内飽きられるんじゃないかな。

256 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/13(火) 01:10:42
いや、値段も安くはないんですよ。ぐい呑が5、茶碗35くらいなんで。
それでも個展はいつも初日で殆どを売り切る人気っぷり。何が良いのやら?
「これから伸びる」かは分からないが「前途有望」であるのは間違いないでしょうね。

257 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/13(火) 23:56:58
あ、今そんなしてんだ。
いや、別に嫌いなわけじゃないのよ。ただ”前途有望”と”これから伸びる”はやっぱり同義語でしょ。
特に若い作家なんだしさ。いまあんなして騒がれちゃうと、結局自分自身が作品と向き合う機会が失われるでしょ。
なんかこの先どう変わっていくんだろう、っていうのをすでに感じさせないんだよね。
第一、技術的な下積みが全然無いでしょ。
すごくもったいないなー、って思うわけですよ。

258 :256:2006/06/14(水) 02:30:51
ああ、私は「前途有望」って言葉は作家として将来残っていけるかどうか、
「これから伸びる」は作品が良くなっていく、と言う程の意味で使いました。
使い分けたのには深いわけはないです。
257さんの仰られる「この先どう変わっていくか」は確かにあまり感じられませんでしたね、
先日の丸栄での個展は。ありきたりですが、祖父が偉大すぎるのかもしれません。
唐九郎の写しで終わってしまいそうな気はしています。

259 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/14(水) 02:56:53
青磁、浦口雅之さん

260 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/16(金) 12:55:57
楽 吉座衣紋だとおもう。

261 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 18:34:20
志野の藤田登太郎だな。
凄い志野を作るが、高すぎて買えない。
志野作家で最も桃山志野に近づいた作家と言えるだろうね。
異端故に、誤解を受けやすく、反発を買うこともあるが。

262 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 21:02:04
楽さんや、藤田氏は既にそれなりの評価を受けていますよね。
これから伸びる前途有望な、と言うには…

263 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 21:32:38
>>261
そう、高いねー。
本歌が買えるくらいの値段がするよ。

264 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 21:51:41
人間国宝なら日本工芸会理事とか特待あたりの作家じゃないの?
昔から日本工芸会とのつながり強い江口勝美ってもう死んでるの?
中島宏は人間国宝なりそうだね。武腰潤も色絵でいけそう。
評価が高くなるなら陶磁器協会賞もらっている人が気になる。今も評価高いけど前田正博ってどうなの?
そもそも今の前衛系の作家さんは亡くなっても評価維持できるの?鈴木治まで?
林康夫ネットで千円だったんだけど安い?

みなさん志野の作家さんの評価高いですね。まぁ陶磁器は茶道でなんぼですからね。
林正太郎だって若い時から美術年鑑評価額高い・ページ後ろだし、志野作家は誰でも評価「額」高くなるんじゃない?
3千円以下で作品買える有望作家っている?普段使いしたいので


265 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/18(日) 11:05:26
美濃の加藤康景さんはどうでしょう?
値段もお手ごろですが

266 :264:2006/06/18(日) 14:29:44
今日猪飼祐一さんのお店に行ってきた。作品いいし値段がだいぶ安い。
卯一、保孝さんの御弟子さんだし身元はっきりしてるし将来有望。
まだまだ買い揃えたいのでまだ値段は上がって欲しくはないが…
ぐい呑み1500円〜買える。現在電気かガス窯で昔は時々先生の卯一さんの
窯で焼いてい貰っていたらしい。来年位には登り窯ができるみたい。

267 :菊練り3年:2006/06/18(日) 17:47:52
加藤康景さんはいいっすねー。昔は冴えんかった(高島屋美術部長談)そうですが、
近年は気合の入ったの造ってますね。デパートの個展でもほぼ完売。茶碗35万
ですが、ほとんど売れてしまいます。35万て決して安くはありませんが、金額
を上回る魅力は感じてます。

268 :菊練り3年:2006/06/18(日) 18:02:44
私も猪飼さんのお店行って来ました。南丹市に窯を持っているそうです。
ちょっと変わったところですね。伝統工芸展で近畿賞(最高賞)も取ってますし
師匠の清水保孝さんも工芸会理事でバックアップはしてもらえそう。
僕はぐい呑みを買いました。2.5万円。1500円のぐい呑みは見逃した
のかな?
話し変わりますが、奥さん美人ですよね。有名なこんぺいとう屋さんの
娘さんです。確かそうですよね?と訊いたら喜んじゃって、こんぺいとう
とお茶を出してくれました。

269 :う〜む:2006/06/18(日) 19:20:59
加藤康景さん、次の世代の志野作家の中では抜きん出ているように思います。
作品のコストパフォーマンスは良いと思いますが、それでもやはり35万は
ねえ。

270 :264:2006/06/18(日) 22:35:10
奥さんは美人って感じの方でしたね。私の好みとは正反対ですがW
1500円のぐい呑みは箱無しの信楽みたいな作品でコレクションするにはどうかなって感じのものです。
灰ゆうのやつも2000円くらいからも有りますし、小物も1000円くらいからありますね。
ただ良い作品はそれなりの値段してますね。描き銘の作品が高く個展用みたいです。
しかしよく探せば良い作品が安くであります。
今日買ったのは全て箱無しでぐい呑み1500円・3000円 麦酒盃9000円ですね。
3000円と麦酒盃は青磁です。共箱茶碗はやはり20万以上してますね。
将来性ですが…
技巧的には保孝さんより上、卯一さんと同じくらい。
ただ、人の作品真似るだけでは評価は全く上がらないしこのまま天目すれば盛伸さんみたいな感じになりそう。
これから自分らしさをどう出していくかが問題。

271 :菊練り3年:2006/06/19(月) 22:46:10
遺伝的観点で・・・。清水卯一の孫の志郎さんは?(保孝さんスマン!)
26、7歳でまだ泥遊びの段階だけど10年後くらい来るかも。
清水家の店に行ったときに金泥の茶碗を買いました。応援の意味を込めて。

272 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/20(火) 00:29:23
うろ覚えですが卯一さんの孫の志郎さんは磁器の方でしたかねぇ?
磁器系はあまり好きではないのでしっかり見ていませんでした。
次行ったら見てみようと思いますが磁器はなかなか表現が難しそうで
絵がうまい→色絵or創造性豊か→鈴木治とか深見さんとか
で基本的に才能なければ評価されない感じがしてそこまでの評価がつくかは微妙に思います。
まぁ志郎さんが磁器専門であればの話ですが。
あと二人卯一さんには孫娘いたと思います。私は陶磁器に興味持ち出したのは去年頃で初めて窯元で作品を
買ったのは清水孝子さんの氷裂の湯呑みですね。なかなか無難な作品ですW

卯一さんのお弟子さんは基本何か物足りない。もう少し存在感を示すなにかが欲しい所。
あと最近欲しいと思っているのは八木一夫さんの息子の明さんの作品、教授みたいで作品じたいすくない。

273 :菊練り3年:2006/06/20(火) 15:13:03
清水家にいったときには志郎さんの作品は陶器ばかりでした。
磁器もやってるかもしれませんが。
孫娘のうち一人は、評論家。もう一人は陶芸家です。
八木明さんシャープな青磁造りますね。ほとんど見かけないです。
ただ僕の懇意にしている料理屋が八木さんの友達です。
彼の店では八木さんの作品が結構あります。作ってもらってるみたいです。

卯一さんにしろ人間国宝級の方のお弟子で師匠を凌駕する人はほとんどいないのでは?
知ってる限りでは鈴木蔵さんが加藤卓男さんより早く国宝になったくらいかな。
でも師匠より早くなると後が怖い・・・。

274 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/20(火) 21:23:20
真葛の跡継ぎ『パンデ・ミヤッティ』こと、宮川真一氏。
パンと陶器をジョイントした作品を展開中。
卯一さんの孫娘、清水愛子氏も絶賛。

宮川真一氏の妹さんも陶板画?で活動中ですが、この兄妹の作品はどうなんでしょうか。

275 :菊練り3年:2006/06/20(火) 22:05:29
ググってみたよ。誰もやったことのないスタイル。
パン塊に陶辺が刺さって縄で縛られて吊るされてる。
うーんSMチック。生ハムチック。宮川氏パン屋の
かっこうしてお茶たててるし。
個人的には面白いと思ったけど。変わりモン扱いされる
だろうなー。それにしても作品買っても保管が・・・。
パン腐るかカビちゃうよね・・・。

276 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/20(火) 22:08:01
そもそも人間国宝になれる時点で日本のトップクラスなわけでそれを越えるのは難しいですね。
鈴木蔵さんは父の鈴木通雄さんや荒川豊蔵さん・加藤土師萌に師事してますし
師匠を越えたと言う感じではないように思います。
師匠を越えたと言えば松井康成さんではないですか?田村さん自身認定後すぐに亡くなられたので何とも言えませんが
松井康成さんはしかしうまいですね。人間国宝らしくないと言うか…創造性豊というか。
あの練り上げは寛次郎→木村一郎→康成と繋がっているみたいですね。
練り上げは安宅コレクション(唐時代)にもありますし、昔からあるものから新しく美しさを創造するのは大変すごいことですね。

277 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/20(火) 23:04:29
>>275
今回の陶片が練り込まれる以前のVer.の個展で作者にパンの事を聞いてみたんですが、防腐剤を使ってるらしいですよ。
その個展に楽の当代さんも観に来てましたよ。

278 :菊練り3年:2006/06/20(火) 23:09:22
じゃあ作品買っても大丈夫ですねー。
77年生まれかー。よくこのネタ思いついたナー
僕もウオッチしていきます。

279 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/21(水) 20:36:11
age

280 :う〜む:2006/06/21(水) 20:53:56
4月に名古屋の○栄で加藤高宏氏の個展がありました。作品は個展の当日に
搬入され、皆さん開店前から並んで、開店と同時に美術画廊へダッシュ。あ
たかもバーゲンセールのように作品の奪い合い。作品をじっくり見る余裕な
んてなし。美術部によると、高宏氏本人の意向で事前に販売することはして
いないのだとか。個展前に作品が売れてしまうことが邪道なのか、バーゲン
セールがごとく売るのが邪道なのか、皆さんどう思われます。当日開店前に
並ぶことができなければ入手できないというのもどうかと思いますが。

281 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/21(水) 22:06:57
でもあれは外商部が動いて事前に売れていたのもあったみたいだけど?

282 :菊練り3年:2006/06/21(水) 23:32:06
>>280 うげっ!そんな凄いことになってたんですか?
唐九郎の孫ともなると期待が凄いですねー。
事前に図録もらって行こうか迷ったんですけど行きませんでした。
図録見る限りは「ふーん」としか思えなかったんですが。


283 :菊練り3年:2006/06/21(水) 23:51:59
レス書いたあとに気になって図録見ました。
価格表見ると茶碗8点しか載ってません。
茶碗だけで個展やったんでしょうか。
ちなみに価格は30万でした。

284 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/22(木) 10:36:39
>>280
私は事前に買いましたが…
>>281さんの言うとおりでしょう。


285 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/22(木) 16:24:32
あの個展では茶碗が二十、花入五、大皿二、
徳利四、ぐい呑三ほどが並んだはず。
そのうち売れ残りは花入二点くらいじゃないか?

286 :う〜む:2006/06/24(土) 19:24:01
林 恭助氏について教えてください。以前は、もっぱら黄瀬戸を焼いていた
作家だと思っていたんですが…

287 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/26(月) 01:50:32
>>280
まあ今いる若手の中では期待できるとは思うのだが・・
いかんせん技術が伴わすぎ。あの高台の下手さは無いだろう。
あと花生と徳利の形のまずさ、ありゃ造形の観念がひどいな。
なんとなく感覚だけで行ってしまってるから、その内枯渇しかねんよ。
今までは樂当代風で、最近は唐九郎風、その内嶺男にでもなるんじゃない?
今は直に売れてしまう状態だから、本人にとっても良くないね。
このままだと作品が大して変わらんうちに値段だけ上がっていって、
その内高くなりすぎて売れなくなって消えていってしまうのでは・・・


288 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/26(月) 02:52:53
確かにそうですね。基本の技術がなっていないと思います。
まず茶碗から、というのはどうかと。また本人も言っていたそうですが、
酒器に関しては完全に唐九郎のものを写しているみたいですね。

289 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/26(月) 11:58:31
なんとか先生に師事、なんとか賞受賞、なんとかの孫だの何代目だの言ってるうちは所詮その域を出る事はないでしょうね。
3代ピカソや13代ベートーベンって聞いた事ないですからね。世界的に・・・。そんなんで評価される事自体、世界から日本の文化の度合いを疑われます。

290 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/26(月) 13:13:20
でも、血統は大事だわなw
どこの馬の骨ともわからん無能なものよりマシさ。


291 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/26(月) 14:53:08
血統よりも、環境の方がデカいでしょう。

292 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/26(月) 18:32:10
陶芸はやっぱり良い作品や良い先生に出会うことが重要。
その点では〜の孫の方が知識がある。
特に茶碗類は伝統やブランド志向が強いので
ただ近代陶芸でオブジェなら感性の問題であるが。

けど教養あったり茶人や文化人の作品はうまいな。

293 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/03(月) 12:03:10
あぶらage

294 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/03(月) 15:45:28
瑞浪の小川哲央さんて、どうなんでしょうか?


295 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/03(月) 21:58:43
有名陶芸家がバックアップして期待の一人だったけど
結婚してから変な方向に走り出した。た×吉なんかに
作品出すようになっちゃった。た×吉に作品出すのは
安物作家という評価がどうしてもされてしまう。
結婚して日銭欲しさに戦略を誤った。
俺はもう見切りをつけた。

296 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/04(火) 17:50:45
作品を出し分けてる訳ではないのでしょうか?
た○吉には安価な品を。K陶苑には高価な品、とゆう風に。

297 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/11(火) 01:51:48
age

298 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/12(水) 01:08:41
これ作ったのここの住人?
http://a.hatena.ne.jp/syuhari241/

299 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/12(水) 23:19:38
>>296 小川程度の駆け出しの作家に安いも高いもない。た○吉に出した時点で
終わった。それから志野、織部、黄瀬戸まで手を染め出して迷いが見える(しかも
ド下手)。彼の良さは伊賀なのだからそれを徹底的に追及すべき。
日銭が欲しいのはわかるが、初心貫徹してもらいたい。

300 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/12(水) 23:24:57
加藤高宏?あんなド下手くそに30マンもよくだせるな。カタログだけで
下手っぴさがバレバレ。轆轤が全く座ってない。よってシンメトリーが
できていない。有名作家にカタログ見せたら笑ってたぞ。
唐九郎の遺伝子は受け継いでいないようだ。

301 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/12(水) 23:44:27
>>270
> ただ、人の作品真似るだけでは評価は全く上がらないしこのまま天目すれば盛伸さんみたいな感じになりそう。

盛伸さんは天目してないでしょ、兄弟とまちがってない?

302 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/13(木) 01:54:11
黒田さん一押しのオケタニ氏の作品はどうですか。
写真でしか見たことがないんで。

303 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/13(木) 14:19:47
それなら、た○吉でこないだ個展をしてた辻村塊さんも戦略的に駄目ってことかぁ〜

304 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/13(木) 20:54:08
>>300
そんな言い方するもんじゃないよ。
嫉妬もほどほどにねw


305 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/13(木) 21:41:27
>>304 嫉妬じゃないよ。名前で買うなって言いたいだけ。
人間国宝、芸術院会員の2世、3世ってだけでよいしょされ
買うほうも作品をろくに見ずに買う。これじゃ政治屋の世界
となんら変わらんでしょ。そこまで陶芸の世界を貶めたくないでしょ?

306 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/13(木) 21:57:23
>>303 塊くんは今年30だからた○吉スタートでも問題なし。年を重ねる
ごとにデパートやギャラリーの個展も入るだろう。
唯くんはすでにデパートデビュー済み。気に入らんのは作品を大量に展示
するところ。辻村流は数をとにかく造って厳選していくやり方。
親父のやり方に反発してるのか?

307 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/13(木) 22:17:50
>>302 桶谷寧ググって見たが、井戸盃と天目茶碗しか見つからなかった。
若くしてあれだけ作れれば上等。陶歴求む。

308 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/14(金) 13:13:58
細川の殿様はどういう位置づけになるのかな。陶芸始めたのかなり遅いし。
超一流の師のもとを転々とご教示に授かってきたし、前途まだまだ有望で、これからも伸びそうなんだけど。
それにあの人は陶芸に限らず、美術全般、いいものをさんざんっぱら見て育ってきてるし。
また作陶上のちょっとやそっとの事の影響をまったく受けない、ある意味得な「名前」持ってるし。
どうですか?

309 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/14(金) 22:30:25
殿様は、師も色々いるようだし、確かにいいものを見て育ってはきてるかも
知れんが、それ故自分の技量とのギャップにジレンマを感じているのでは?
一般人には「元首相」「殿様」など話題に事か欠かないので人気がある
ようだが、モノとしての評価はどうかな?


310 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/14(金) 23:08:52
細川は楽に限るね。

311 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/15(土) 16:36:35
細川はもうダメだな。
作品が微妙だしネットでも値段が下がってきているし、業者の市場でも微妙な価格になってるし。

細川家伝来のよい品がいまいちわからん。長次郎?

永青文庫の残雪とかには影響受けてそう。
茶の湯の家系だがあえて三彩に挑戦してほしい(笑)

あと共箱が安っぽい。

と素人の私は思う。

312 :りしゃっこう:2006/07/17(月) 19:11:53
萩焼の岡田裕、金子信彦、兼田昌尚はどうですか?

313 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/17(月) 23:40:55
>>312
萩でいいなぁと思うのは壽雪さんと龍作さんぐらいかな
いい若手いないなぁ

314 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/20(木) 00:07:09
 壽雪?どこがいいの?

315 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/20(木) 18:46:23
>>314
どこがいいの?って人に説明しようがないです。


316 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/20(木) 20:23:57
龍作?どこがいいの?

317 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/20(木) 20:26:02
どこがいいの?って人に説明しようがないです。

318 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/20(木) 21:10:32
宇宙焼の人

319 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/20(木) 22:35:38
文化レベルが違ってたらわかってもらえないね

320 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/21(金) 01:37:40
壽雪と龍作がこれから伸びる一押し陶芸家?
伸びきっちゃってると思うがなぁw


321 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/21(金) 12:58:02
>>320
よく読め

322 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/21(金) 16:53:34
前衛では加藤委が有望じゃない?
造形力あるし気持ちの入ったもの作ってると思う

古典では備前の大森礼司がいけるかと思ってたけどやっぱ今一
彼の作品は巧いけど品がないんだよね
若手とは言えないかもしれないが多久守の方がいいかな

323 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/21(金) 18:53:34
http://www.g-utsuwakan.com/topics/topics.cgiのNO323メチャいい

324 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/22(土) 12:22:04
多久守は無いな〜。安くて取っ付き易いから売れてるんじゃないの?
わざとらしさがあり過ぎて気持ち悪く思えます。

325 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/22(土) 16:46:22
有田は、どうですかね?

326 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/22(土) 18:42:43
誰?

327 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/22(土) 22:43:48
>>322
加藤委はセンスいいね、
普段同じ作家の同じタイプだと買わないけど彼のはくすぐられます。
ただ内田さんもそうだけどあの価格帯じゃなかったらどうなんだろ・・・

328 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/26(水) 18:14:17
>>321
わざわざ、くだらんこと書くな。
ってことだw

329 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/30(日) 21:57:24
窯元・ギャラリーで買った作品がネットでそれ以上の値段で売れる。
これ有望作家?
一応買値より高値で三名売れた。今まで窯元・ギャラリーで買ってネットで出品したのは四名しかいないけど。
かなり高確率。自分は目利き?


330 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/31(月) 11:17:25
>>329現時点での価格や、希少性、人気が将来的にはどうなるかは分からんよ。
ただ貴方には見る眼があると思うよ。

331 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/10(木) 22:19:37
加藤孝俊の小椀買った一時間後にどこかに忘れた…

332 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/10(木) 23:30:11
その程度の目利きなら私如き青二才にでもあるよ。2〜3名はそれの確実な名前が浮かぶし、
実際ひどい品でさえそれの現場も何度も目撃もしてる(吊上げとかではなく)。

ただ私が>>329さんと決定的に違うのは、一度手に入れたら最後、どんな品であれ、二度と手放せないって事orz
だから>>329さんは、目利きというより、むしろ「やきもの商に向いてる」と思う。

そして「有望作家」は、そんなやきもの商と共に伸びるという現実がこれまた少なからずあったりもする。
(アーティストとプロデューサーの関係みたく?)




333 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/11(金) 23:28:56
値が上がるという意味で有望なのは、小林東五だな。
作陶をやめたので、出来の良い作品なら、これからもどんどん値が上がる。、

334 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/12(土) 00:11:13
>>333
(。_゜)〃

335 :329・331:2006/08/12(土) 00:23:32
>>333
前も書き込んでなかった?というよりもうすでに希少価値や期待感出て今は
買えない値段になってるね。もしかしたら今が一番高くて五年後には「は?誰それ?しらね」
みたいな感じになってそう。
何十点か買い溜めているの?

332さんより多分青二才な23歳やきもの見初めて1年半、
ガラクタ市の方が好きなのですが窯元にも好きで行ったり
もします。
私の場合気に入った作品は自分で普通に使って手放しませんが
「これ作品いいわりに安いな…ネットで売ったら
普通に高くで売れるんじゃ?試してみよう」
何となく買ってしまいます。

あとやきもの商より骨董商よりかな…給料「恐ろしく」少ないからガラクタ市
で掘り出し物探してはネットで売ったりしますので。けど良い作品はガラクタの
中でも輝いていますし高台、陶印見るとやっぱりなって感じがします。

相場や定価知っていてもつい手にとってしまうし、買おうか迷ってしまう
作家さんがいます。ネットでも買い手付かないのはわかっていてもね…
西堀寛厚の良い頃の作品…窯物の…

336 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 13:14:03
http://www.g-utsuwakan.com/topics/topics.cgi
ここの364ほしい。。。

337 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/16(水) 11:58:19
>>336
すぐ下の方に加藤委の作品あるから
336=322の自演 広告?
けどあのくらいならヤフオクに出しても28,000円くらいでうれそうだね。
あと柳原睦夫の平成花器?シリーズ二ヶ月くらい前川原町夷川の個展で出品していた
作品?

338 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/16(水) 16:49:30
たしかに年齢的には私より遥かに青二才だけど(>>329さん)、むしろその年齢にしてその活動は羨ましい限り。
子育てパパ(←よくそんな恥ずかしい言葉使うな、的な単語だが)の妻子持ち家計からの交通費支出の殆どが旅行やレジャーに充てられている現状だと、
そのレジャーに陶芸関連を持ち込むのは正直もったいないし(多趣味なせいもあるけれど)、
陶芸オンリーの交通費(地方の個展や窯元めぐりなど)支出など尚更もったいなくて出ない。陶芸だけが趣味だったなら話も違ってたんだろうけど。
また20代独身だったらそれこそ話全然違ってきたのだろうけれど。
ともかくいくら所得が平均的にみて歳相応(類友現象でそう思ってるだけっぽいが)でも、それは裏返せば自分だけの自由になる額が20代独身の人間のそれを遥かに下回る事でもある。

で、何がいい対価と言うと、こんなタイプに分類される客層の潜在的需要がオクの入札を見るまでもなく決して少なくはないから、
あとそれから日本の美術全般の文化的進捗度なんて「まだまだ」な途上だから、
作陶に励んでおられる方は有名ギャラリーや百貨店や公募展といったある意味「登竜門」にのみ縛られるでなく、
小十(←超ベタですまん)ではないけれど、己の信ずるところの途に専心するのもあながちこれからの時代、無謀でもないとも思うわけで。
メジャーデビューやチャート入りに対する、インディーズで名を馳せる的な?
そのインディーズ自体がいよいよこれから広がってゆく的な?
またそのインディーズからメジャーへというのも当然アリという事で。


339 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/16(水) 16:50:05
「誰だコレ?」と思った作家名で検索をかけるとヤフオクばっかヒットしてきたりするかたなんかは、
メディアがヤフオクなわけで、こんなかたは頑張れば今のところヤフオクは大きなメディアだから、
写真オンリーのシェアではオクを足がかりにぐんぐん伸びてゆく可能性だって充分ある。

ネット利用形態のさらなる発展に伴い、>>329さんは骨董系との事だけど、たとえば現代陶芸系で>>329さんみたいなかたが、
ネットオンリーのかたは無論の事、無名ギャラリーでも互いに進取の気鋭に満ちた者同士の作家さんとのコラボである日突然大ブレイク、
なんてパターンも今後は少しずつ発生してくるだろうとも思わたりもするわけで。

 
以上、所得「恐ろしく」少ないせいでの株超プチ勝ち組からのレスですので、
一応お約束としましては、自己投資はあくまで自己責任でおねがいします。
長レス&言いたい放題にて失敬。


&統語さんは、私も今が天井付近だと思います。


340 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/16(水) 17:13:02
それから誰の何などとは今更言うまでもなく、この板の多くのスレが実にさまざまな形態でもってさまざまな業者のさまざまな業態とリンクしています。
そして大小さまざまなベクトルがいたるところで現実に稼動しております。
というよりもそれが、このサーバーに限らず現今におけるすべての巨大掲示板の持つ属性というやつでしょうね。

まあビッグウェイヴが来たら上手く乗って下さい、という事で。


341 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/16(水) 18:22:14
そうなんですよね。あまり趣味もないんでこれくらいしかお金使わないんですよね。
ただ良い作品に巡り合うと楽しいしガラクタ市ならある程度掘出しもの見つかるし利益がでるのであまり支出とは思わないです。
ちなみに今月は
今井政之箱無し空豆象眼徳利を千五百円。
伊藤慶共箱ぐい呑み3千円
たぶん原清、均窯ぐい呑み箱無し五百円
川瀬満之共箱陶筥千五百円
小野祥瓷色絵ぐい呑み千円杉江翁軒共箱茶注千五百円加藤孝俊の天目小椀八百円(買った日どこかに忘れた…)
神楽窯ぐい呑み2客千円
作家物はこの価格で買ってますし損はしてないでしょう。
時々いらないものを高値で買ってしまいますが…

ギャラリーでは滅多に買いませんし窯元もまだ日帰りで行けるとこしか行っていません。
原清かなぁと思っている陶印UPしたら誰か鑑定してもらえますか?


342 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/23(水) 01:06:30
>>>333 東五は上っているみたい。3年前のSB閣(値付けが高い)の個展で三島茶碗が60万
先週、数十メーター離れた店で同じく三島が100万オーバー。

343 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/23(水) 04:07:14
私は萩焼の窯元の田原陶兵衛さんをプッシュします!!

344 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/23(水) 21:27:48
小林東五は古作の再現がうまくて使い易いのと
何となく噂になってるから高いだけじゃないの?
はっきり言って作品だけ見て小林東五とわかるか?
有名な作家はだいたいその人らしさがあるもんだよ。
まぁ目指すは豊蔵か唐九郎か魯山人だな
現在作陶やめてるからな…なんか文化勲章やら人間国宝にはなれないし
みなさん肩書きがお好きですからね。
書画と言う点では魯山人だろうけど結局魯山人も人間国宝自体しているわけで


作品は銘無しか書き銘くらいだよね?箱もなんか微妙だし偽物でそう。
作陶やめている割に作品の数多そうだしお金あれば買えた訳だし半泥子になれないな。
何より今買えば値上がり待ちの買い溜め組の思う壷だし
あんな三島の茶碗がそんなにいいか?客観的に見てもあまりよくないだろ。
井戸ならわかるが。
と否定してみるtest

345 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/23(水) 22:08:38
東五の三島だけど「對州」と箱書きがちらっと見えたので東五とわかった。
値段聞いて105万(確か)と聞いて「えっ!?」と思わず声が出てしまった。
古作の再現は確かにうまいけど、なぜか欲しいと思わせてくれないんだよね。
344の意見に賛成。タイトルなし、絶対的な知名度もなし。

346 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/24(木) 17:36:42
最近の作は硬くて遊びがない
巧い人が手先で作ったって感じがする
古典をやってる人が陥りやすい現象ですね

347 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/24(木) 23:37:26
殿様は絵が描きたいと言い出してるぞ。もう陶芸飽きたのか?
何にでも飽きやすい御仁だな。

348 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/25(金) 15:55:09
>>346 それを自分でも感じて作陶辞めたのかも。正直造るの飽きてたんでは?
人間国宝狙う作家は、執念を感じるし、買うほうも半分投資で買ってるだろう。
加藤コーゾーの個展行くとそんな感じ。瀬戸黒で狙ってるのは皆知ってるから、
250万の瀬戸黒が売れる売れる。ここ2・3年でなれなければ、暴落だな。


349 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/25(金) 19:38:20
>>347
付き合ってみると、つまらない人間だってわかりますね。
言ってることのほとんどが信用できないのは困ったものです。

350 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/25(金) 20:00:55
>>348
それを自分でわかって辞められたのなら立派ですね
世の中には自分が終わった事を直視できずに未練たらしくやってる方も割にいるというのに


351 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/26(土) 09:37:02
コーゾーは人間がなってない。俺の師匠がコーゾーの知り合いで、コレクターから
茶碗を世話してくれと頼まれたらしい。作ってもらったはいいが、箱書きが汚い
からとコーゾーに書き直してくれといったら、露骨に嫌な顔されて投げるように
箱を渡されたらしい。コレクターは当然憤慨。俺の師匠も激怒。
最近は「風塾」なるものを開いて若手の育成をしてまっせとアピールしてる。
メンバーに入ったのは薪割り、焼成手伝わされてるんだろうなぁ。
加藤康景もその中に入っているのは残念だな。

352 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/26(土) 11:52:02
>>347
殿様だからっていうだけで一流になれるほど甘い世界じゃないからな…。
趣味でやってればよかったのにね。

353 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/26(土) 11:57:34
人間国宝って昭和29年だかに役人と業界がつるんで仕立てた階段待ちの利権だもんね。
そこに盗作事件やら何やら、日本の民度が試される時期だと思うんだけどね。
踊らされる大衆も悪いんだろうけど・・・。

354 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/26(土) 13:29:22
「人間国宝」という言葉がいかんわな。誰がいいだしたのか・・・。
「国宝」なんて言葉聞いちゃうと、みんなコロッとイッちゃうんだろう。


355 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/26(土) 14:01:16
>>354
同感、重要無形文化財じゃ金になりそうもない名称だからな。
いい加減うんざいりだよ。おきまりの制度上の名人なんて。どうせヒモ付き。
恥ずかしい。技って階段式なのか?妙だよな。

356 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/26(土) 14:06:07
日本の陶芸家なんて所詮まだまだ龍泉や建窯からみりゃ赤子みたいなもんだもんな。
その中で国宝も伝統もないもんだ。井の中の蛙の群れだよ。

357 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/26(土) 14:07:59
>>356
それを言っては可哀想でしょう…。事実だけど、余りにレベルの差がありすぎます。

358 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/26(土) 14:53:57
>>355確かに。市→県→国の重要文化財とステップアップしていく
に従って腕が上るのかといわれれば違うだろう。ステップアップするのは
積むカネだけ。人間国宝になりたければ数億は用意しないとダメだろう。


359 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/26(土) 15:03:49
官窯の存在は大きかったと思う。皇帝に「最高のものを造れ」と言われ、
それに応えようと必死で造ったものとでは比較にならない。民窯も官窯
に負けじと頑張って名品を作ったし。
日本も御用窯あったところは、そんな感じじゃないかな。藩の贈答品
にも使われるんだから緊張感が違うわな。


360 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/26(土) 15:22:04
官窯の職人はは変なもの作ったら殺されたりしたらしいからな
命懸けの気迫にはかなわないわな

361 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/26(土) 19:07:44
>>357
すごい!1分27秒でレスが書けるんですね。

362 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/26(土) 19:27:50
>>360
全く同感です。
命懸けの芸術家っていませんね、かかってるのは金と暮らしと女くらいのものでしょうか。


363 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/26(土) 23:48:56
けれど人間国宝作家はやはりいいもの作りますよ。
高くで作品売れるし知識や感性に投資できるからかな?

私は芸術院・日展系の作家より日本工芸会系の作家が好きだな。
芸術院系作家はあまりやる気が見られない。
あと金積めば人間国宝になるのは簡単みたいな書き方しているけど
良い作品作らなきゃ作品売れないし金貯めれない
良い作品作らなきゃ良い評価や賞もらえないし作品高くで売れない。
良い師に恵まれて理事なれても良い賞とらなきゃ人間国宝なれない気がするし。
ただ三輪、柿・今衛門あたりは人間国宝より芸術院会員向きな気はする。
あと備前に人間国宝はもういらない。
まぁ人間国宝になっても値段が安いままの作家もいるし。
良い作家・良い作品≒値段だと思うよ。
渋谷泥詞なんてくそとおもっていたけど意外にいい茶碗つくるね。安いだろうし買おうかな?

あっついでに金城次郎さんってなんで人間国宝になったの?

364 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/27(日) 00:00:45
あと日本で言われる美は利休や宗悦の美であって中国や欧州の美とは微妙に違うのだろう。

けど小平二初期、八十吉、美統あたりは官窯の上手の雰囲気があるな。
まぁどれも茶碗では使いにくいが。

365 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/27(日) 01:36:53
>>363 364
(。_゜)〃

366 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/27(日) 07:38:23
評価してる人間賞を決める人間の側に問題があり過ぎるんだと言うことなんだと思います。
美と技は別の話しにしないと文化的には低いところを低迷していくのは歴史が語っています。
利休だって村田珠光や一休、勿論「茶経」なしに語れないし…利休・宗悦の美、美を用いることは今の日本の文化的民度では危険じゃないでしょうかね。
美じゃなくて「好」なだけでしょ、あくまでも主観的に好だというだけのこと。
だから各宗家は良じゃなくて好を記すのでしょう、これは技術的に謙虚な心だと思います。
見習うのはこういうところじゃないかとおもいます。
賞や評価は結局主観的に一部の人間で決めてるだけのもの、そんなことに余り頼りすぎると、ス−ギ・和田事件みたいなことが絶えない国になってしまいますよね。
決めてる側の人間が問題ありすぎなんでしょう。


367 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/27(日) 21:55:03
>>366
〃∩ ∧_∧
⊂⌒( -ω-) ハイハイ.ワロスワロス
 `ヽ_っ⌒/⌒c
    ⌒ ⌒



368 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/28(月) 18:39:28
いま備前で一番買ったらヤバイ作家は誰ですか?

369 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/28(月) 20:26:43
まぁ人間国宝は必要だと思うよ。何となくですけどW
まぁ加守田章二や楠部弥弌や楽吉左衛門や川喜田半泥子とか目指すとこは沢山あるしいいんじゃない?
人間国宝のタイトル辞退する人やあえてエリートコースに乗らない人もいるわけだし。
たぶん昔ながらの技術や材料(高コスト・低生産)を守りながら現代的な作品を追求しているのだから
そういう人を援助するためにもやはり人間国宝みたいなタイトルは必要じゃないの?

あと備前の作家はどれも買い時ではないんじゃない?安人も買い時に見せて将来的に微妙な作品沢山売って供給過剰で値段下がりそう。
ただ安人みたいな人が人間国宝もらうべきだとは思うよ。
まぁあえていうならこれ以上値段が下がらない多久守とか物故作家とか買えばW
案外藤原健は良い作品だなぁと思う。備前は作品によりけり名前で買うものじゃない。

370 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/28(月) 21:10:46
>>369
同感、技術的に本物は保護・援助すべきだな。
問題はその技術が本物かどうかってこと。
名前や、何代続いたとか系譜だとかそんなくだらんことで決めてるようじゃ後世の恥。
それを正確に判断できる国なのかは限りなく疑わしいと言わざるを得んがね。

371 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/28(月) 22:35:18
ところで本題だけど、川端健太郎ってどうだすか??

372 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/29(火) 22:32:28
無形文化財なんて
所詮は政治力が物言う世界ですしね。
うちの先生が県の無形文化財取った時そう思った。

373 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/29(火) 22:58:09
まぁ人脈は陶芸だけに限らず重要だがな。
県の指定クラスだと政治力以前にやきものの盛んな地域、九谷とか備前、萩etcとかだと
それが県の文化的な財産であり代々伝統的な陶芸家の家系だと簡単にくれそうな気がする。
それに以外の人がもらうのはやはり困難だしたとえ政治的な後押しがあったとしても評価できる気がする。
まぁ県の指定なら地方展で特待か監査だし、お弟子さんなら入選確実だしゴマすって賞目指してください。

374 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/29(火) 23:26:22
この国は終わってるね。

375 :梅田 聡一郎:2006/08/30(水) 12:16:20



危ないね。いつも。

376 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/30(水) 17:11:26
今年の伝統工芸展発表があった。
毎回毎回不信感が強いなぁ

377 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/30(水) 17:19:53
どうせおきまりメンバー+お墨付き君たちだろ

378 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/30(水) 21:00:25
愛知は県美出身者メインだしね


379 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/30(水) 22:18:59
さっき無名に近い作家の作品ヤフオクで落札してきた。
二万五千円。どうしても欲しかった。平成十年の美術年鑑じゃ名前登載されていないや。
S37年生まれか…若いな。どうしても欲しかった。ネットで検索したら40cmの大皿がヤフオクで1万で終了していたけど欲しかった。
まぁ良い作品なら買い手は沢山いると思うよ。

380 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/30(水) 23:02:48
年鑑だの名前だのはどうでもいいことではないですかね?
技術は年齢でもないし、100才だろうと未熟は未熟。
職人は年齢じゃなくて技でしょう。

381 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/01(金) 17:31:54
でもまったく知らない人だと、ついつい見てしまうというのも私の事実。
年鑑だの年齢だの。そして経歴。というより賞歴?
特に栞にずらずら〜っと華々しい賞が並んでいる様なかたの器を手にしている時、
その賞歴が器に華を、添えてくれるんだよねorz

ええええすべて分かっています。こんなブランド志向な自分は、
陶芸界を駄目にする群集のうちのひとりだって事をねorz

382 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/01(金) 22:27:12
前田正博はどうですか?もうすでに高いですがあれはどう評価すべきですか?
あまり前例をみない感じでどう評価すべきかわからないんですよね。
見た目のキャラクターもおもしろいし、作品も何とも愛らしいですね。
けど作品高いし素人っぽくてそこまでお金出せる作品でもないんですよね。

383 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/02(土) 01:13:52
>>382
NHK−BS2日曜朝の番組、器夢工房で見たけどすごい手間掛けてる。
偉そうですが私は評価します

384 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/02(土) 11:52:30
>>383
器夢工房最近再放送ばかりですね・・・・・
登場希望の作家います?
小十さん、金重まことさん、野村一郎さん、黒田泰蔵さん、etc

385 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/02(土) 13:21:12
>>347
陶芸やめて絵ってか? 絵は絶対厳しいと思うぞ。窯の神様が仕上げしてくれないから。
やきものならまだしも、絵は絶対、イイ絵描けないって気がする。ますます利殖対象に成り下がってゆくよorz
俺けっこう殿の唐津で良いの持ってるんだよね。オクなんかには死んでも出ないくらいの。
現に落札目的でなくオクでアラートに入れてて大抵のは見てるけど、信じられないほどつまらないのばっかり。
つまり誰も手放さないんだよ。でも絵を描き出したら逆に投機目的オンリーに成り果てるだろうから、
そしてそうなれば見事に価値が下がって良さのわからない人達が今のうちにって大量に投下してくるかもしれないから、
今まで買えなかった人には逆に朗報かもしれないのかな。

>>349
あの人とは自分も総理かそれと比肩するひとかどの人格者にならないとサシでは付き合えないって。
その人となりの本質を理解することも叶わないって。人間関係って普通そうだと思う。
軽々しいレスがまるで「社長のことが理解できない平社員」風情そのものですよ。
なにがしかの閨閥の係累にいて細川藩とは同等の由緒あるお育ちもしくはそれと同等の品格や風雅をお持ちの御仁にはどこをどう見ても見えないし、
むしろ「付き合ってみると」の8文字による自慢以外何も無いレスをしかも本人は無意識に書いてる、そんな趣き、絶対出したらつまらないって。
けれども不東庵付近にお住まいの下世話な土地無しお百姓さんなら、それもキャラでオケです。

386 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/03(日) 18:19:32
鈴木徹って織部中心なの?なんで美濃の二世組は織部目指すのかな?唐九郎の子供二人とか
あっ私が貧乏過ぎて織部の作品しか見れないだけかorz…タチキチ…orz
けど徹さんも陶歴に父親のこと書かないし偉いね、岡部さんも重高さんも父親の真似をしたくない姿勢もかっこいいね。

私はお茶しないしよくしらないけど緑色の織部の茶碗って茶写り悪そうで使いづらそうだね。
楽焼も緑色は小物しかないし、表現が難しそう。
あと徹さんの作品手にとって触ってみたけどあまりよくないね。高いのは投機対象だからかな?

387 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/04(月) 01:15:11
栞に父の名前を書かなくても周知の事実だからでしょ。

388 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/04(月) 11:57:42
>>384
近藤高弘、村田真人が見たいなぁ

389 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/04(月) 14:03:54
正宗悟の作品なら買って損はない
最近釉薬もやり始めたようで将来楽しみな作家だよ

390 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/04(月) 15:19:00
キ○ガイだから将来性はゼロだがな。つーかまた名前変わってるよ、彼。
好きならそれくらいチェックしてやんな。

391 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/04(月) 16:11:07
>>386
もともと織部ってのは掛け外しだか何だか(詳細失念)がお約束?で、全体が緑のは総織部って言ってたらしいよ。
それが今ではお約束(もしくは慣習)?が無くなって全体を緑色にするようになったらしい。
だって緑に緑じゃ相当センス要ると思う。造るほうも使うほうも。


392 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/04(月) 20:05:22
>>390
また変わったんですね
何回変えれば気が済むのやら
彼の昔の作品を買わせてもらってる方からするとあまりコロコロ変えられると困るんですがね・・・
まぁ、今の作と焼けではこれ以上買う気も起こらないので別にいいですが

393 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/04(月) 22:11:50
近藤高弘いいね。昔の作品は評価できないけど。
宇宙空間シリーズに山葡萄描いたら私は買いそうだな。康成みたいな作品?

とは言っても近藤高弘の作品実際に見たことは一度だけ…orz

394 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/07(木) 23:40:07
現存作家で青瓷のいいのは小平二さんですね。
ただし前作の陶土系のもの。
あれは故宮に匹敵では。
だれかが世界最高峰って言ってるのは・・・

395 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/08(金) 00:18:40
>>393 近藤高弘って悠三の孫?ビジネスのルール平気で無視するぞ。
新門前の骨董屋が仲介でイギリスのミュージアムで個展をやったそうだけど
次やる頃になって近藤が骨董屋に乗り込んできて、今度から海外は俺が
直でやるし、お宅もうええわって。それ聞いちゃったから、ちょっと
彼の作品は買えないなー

396 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/08(金) 00:22:34
買わなくて結構、金が無いのを他人のせいにしなさんな、ってえの。 ボケッ !!

397 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/08(金) 00:53:05
>>395
あなたは平気でNETのルールというか品位をはずしてますが?

398 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/08(金) 20:28:33
まぁ新門前の骨董屋がたいした仕事してないのに手数料ぼったくったからじゃないの?
高弘本人が次から直でできるくらいの仕事してないからじゃない?
美術館のつてぐらいのことじゃないの?
そもそも骨董屋が介入できることって何?
紹介程度のことなら美術館に頼めばいいのにね。
ちなみに高弘扱っているような新門前の骨董屋ってどこ?

399 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/12(火) 13:24:42
火○←消防車出動 これで勘弁して。

400 :梅田 聡一郎:2006/09/12(火) 14:06:29
君たちはそういう人だったのか。

        他人の起始走行を一旦利用した者は、二度と

        元の生活に戻れない。

        二度と元の生活に戻れない。
 
        二度と元の生活に戻れない。


401 :梅田 聡一郎:2006/09/12(火) 14:18:24
   人の愛情を踏みにじった者は、

    二度と元の生活に戻れない

    二度と普通の生活には戻れない。

    

402 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/12(火) 18:20:49
↑救急車出動願います。

403 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/13(水) 12:39:15
藤平伸置いてあるところね。
まぁたいした仕事してなさそうだな。
高弘の話題出た時に客に言ったのだろうな、
そもそも昔扱ってた作家をたった仲介通さずにやっただけで非難的な発言する店がおかしい。
ある意味次は直でやると断りいれているんだから。
私は高弘の作品買いたいけど梶では買わないな。

404 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/13(水) 20:34:28
>>403 そういう事情だから当然梶には高弘さんのは置いてないよ。
漏れも梶の客だったが、喧嘩別れした。軸の売却を人に頼まれて、梶に
話しを持っていったが、手数料の話しばっか。概算でいくらで買ってくれるのか
訊いても答えてくれない。挙句の果てにあちらから「もう結構です」と。
あまりに無礼だったので、こちらも縁を切ってやった。
高弘さんの判断は正しかったと思う。

405 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/13(水) 21:17:24
陶商ってそうゆう奴ら多いよな
何様だよって思うわ

406 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/13(水) 23:22:01
確かに陶商はそんなやつが多いな。俺が見つけてやった作家みたいな言い方。
女性がやっているギャラリーは控えめなんだがな。
陶芸家は少しぐらい傲慢な方が存在感のある作品作れていいだがな。
骨董屋・陶商は客商売だから、まぁ私は財布の中身見られて軽くあしらわれているだけだがW

あと滝口和男の作品が素人臭くて美大の学生のしょーもない作品と同じに見えるのですが、
みなさんはどうですか?私は興味がないのであまりじっくり見たことなかったので、
あとしょーもない質問なんですが今の芸大の教授って誰?
あと秋山陽?ってどんな作品?
あと辻村唯の井戸風湯呑みが値段のわりによさげだったよ、カビ生えたようなやつはいらないけど
と書き込みいっぱいあるように頑張ってみた。

407 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/14(木) 00:49:04
>>406
たち吉行ったでしょ(笑)

408 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/14(木) 02:41:33
滝口さんの作品は、渋谷黒田陶苑のHPにいっぱい載ってるけど、ちょっとこれは
・・・。以前から「かわいらしさ」を作品に取り入れていたけど。
陶磁器協会賞もらっているような御仁なのに考えてることがよーわからん。
といいつつ小生もぐい呑みもってたりする。理由は見込みに描いてあるうさぎ
がかわいかったから(爆)。

409 :ある陶商です。:2006/09/14(木) 10:52:42
私はあるギャラリーをしています。
陶商は本当に腹黒い奴ばかりです。
大きな取引があると横槍を入れて邪魔する、なんて当たり前です。
あとある作家を「どこが良いんだあんなもん」と言いながら
数日後にはネットで「この人は最高です」と売る。
他店をバカにしまくり。
値段を決めかねてる作家には安く買い叩く。その他色々。
もううんざりです。愚痴すみませんでした。

410 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/14(木) 18:11:35
>>407
そうですよ。この前たちきちで見たんですよ。
作品の割に利口な値段じゃなかったですか?
買おうか迷っているんですよね。
あのぐらいの作品なら飽きたらネットで「大きめのぐい呑み、小さな小碗です」と嘘つけば買値の70%で売れそうなのでW。
あの色、あの雰囲気、素朴感、土感、飾り気のない感じ出してる作家があまり思いつかないので
抹茶、酒を飲まない私にとってはあの湯呑みは魅力的。
どうですか?買うべきですか?買え!と言われれば買いますが?

411 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/14(木) 21:38:37
>>410
僕も前に買ってます(笑)
5000円でしょ、30代前半とは思えない巧さですね。
萩の作家よりよっぽどいいです。

412 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/14(木) 22:37:22
>>411
箱無し3800円くらいじゃなかったですか?いや4800円かな?
いいですよね。よしっやっぱり買おう。
かいらぎもしつこくなくて変に狙ってないとこがよいですね。
あれが五万もしたら「ばっかじゃね、へたくそが」とは思うけど。

413 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/15(金) 21:13:34
やっぱなあ、うんよく解る。つか正体は隠せないって、どんなに繕ってもね。
美術愛好家を舐めてもらっても、こっちが恥ずかしいんだけどね。
まあお金持ちじゃないからそれほど相手にされてるわけじゃないけど、
そこは感性で補ってる。つもり。
でも一度We留守送っちゃろうかイラク経由で あ゛? って昔思ったことあったな〜

414 :ある陶商です。:2006/09/17(日) 14:53:59
ありがとうございます。
もう少し頑張ってみようと思います。
スレ汚しすいませんでした。

415 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/17(日) 20:59:13
小林東五の刷毛目茶碗16万って安い?投機目的に買いたいのだがヤフオクでもその程度?
銘ないしたいしてうまくないし長期間手元に置きたくないのだが?

416 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/17(日) 22:59:33
萩のとある刳りぬきの作家さん、
あの方のをいいと思うかどうかが審美眼の分かれ目な気がしますね。

417 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/17(日) 23:52:25
そんなに大したものかよ。浦上記念館の茶室は酷かったぞ。
せめて小林東五くらいは言ってくれ。


418 :416:2006/09/18(月) 00:16:23
>>417
でしょ(笑)

419 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/18(月) 00:16:45
>416
私は、生理的に受け付けませんね・・・
どうも安っぽい

420 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/18(月) 00:59:36
>>415 3年前の個展で茶碗が60万、先月別の骨董屋で三島が105万だった。
毎日億ションやってるけど、トーゴーの茶碗出てこないね。
シンワやら毎日に出したらいくらつくかわからないけど、先述の骨董屋
に売り飛ばしてみたら?

421 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/18(月) 01:02:11
>>416 ヤフ億でぐい呑みが5万で出てるよ。なんでみんなそんなに
欲しがるものかね??

422 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/18(月) 01:13:26
412
ぐい飲みは手ごろだからな。轆轤の名手のいいのを買っておいたほう
がいいな。中国地方だから備前系のものばかりだな。
殆んど良い作品は美術館に入ってしまうのが実情だな

423 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/18(月) 01:45:24
萩の土って茶碗以外には向いてないよね。カビ生えやすいし。
吉賀大眉の壷もいいとは思えませんでした。日展だからやむを得ず作ってたのか
と思ってしまう。

424 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/18(月) 02:40:25
私は全然良いと思いません。まったくの100%、良いとは思いません。
どうぞご随意にお分け下さい。
でもあとで恥かかないようにね。お互い^^

425 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/24(日) 20:42:06
思文閣でさえ粉引きの徳利が25万なのに…
一時的なブームさったら糞だな小林東五

426 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/26(火) 16:32:57
>425にスーパーひとしくん1000個

427 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/30(土) 16:21:37
期待してます
村田森、大前悟、出口ふゆひ、辻村唯、若尾経、木村展之、佐伯健剛、
近藤真彦、山田晶、西川聡

428 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/02(月) 23:38:56
ギャラリー縄って結構好きな店なんだけどなんでホームページを
きちっと更新しないんだろ。
夏なんて店やめたのかとマジ思ってた・・・

もうひとつ、渋谷黒田のぐい呑NETの掲載商品写真、
白飛びだらけで買う気にならん。
去年まではましな写真だったけど最近のは下手すぎ。
だれか常連さんこれ見たら言ってやってチョ。

と愛あるぼやきでした(笑)

429 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 19:51:01
今日、京都文化博物館付近で京都アートフリーマーケット2006っていう若手の作家の催しが
やってて見てきた。なかなか楽しかったよ。けどやはり素人っぽい作品が多いかな。

けど良い作品あって安いから雑器用に何点か買った。

私のお勧めは文化博物館別館の中の東側の女性作家の作品。青白磁の作品が良かった。
川瀬忍の静碗とか八木明の青白磁とか滝田項一とかの雰囲気で筒描があっさりと描かれてよかった。
筒描の絵は草紋と抽象しかないけどまぁシンプルでよい。

白磁に黒と金彩で描かれた模様のやつも良かった。金彩使う作家、坪井明日香とか
柳原睦夫とけばけばしくて使えないけどこの人のやつはシンプルでデミタスカップとか
もヤフオクで売ってもかなり買い手見つかりそうなくらい。けどよく考えたら洋食器風だな。

まぁ酒器とか抹茶碗サイズのやつはあんまりないから微妙だし、素人は所詮素人だし値段は
上がらないと思うし、箱の無い素人の作品に3000円以上払うのも嫌だけど。なんかいろいろ買ったら
5000円近く買ってた。なんか悔しい。



430 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 21:42:38
自演乙

431 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 00:02:16
三浦小平二さんがお亡くなりになりましたね。
合掌。

青瓷カテゴリー、20年くらい空席でいいですよ、選考委員様方。


432 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 00:42:57
まぁ工芸会だから中島宏が後任につくんじゃない?総裁賞?・陶磁器協会金賞も取ってたし。私は詳しいこと知らないけど
まぁただ作品は小平二さんの初期の作品すら越えてない感じ

>>430
あと自演じゃないから。どうでもいいけど。


433 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 17:17:08
小平二さん亡くなったのか・・・
一度お会いしてお話を聞かせて頂きたかった人だったのになぁ
最近いい作家が減ってって悲しいよ

434 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 19:12:37
>>433
小十さんもですね・・・
名工が少なくなったなぁ

435 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 09:26:04
これでまた転売房が大喜びだな
考えただけで気分がわるくなるような話だけど

436 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 11:32:21
転バイヤーは人の死に群がるハゲタカですね。
本当に欲しい人がかわいそうです。

437 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 23:54:30
小平二さんは市場でも無駄に結構高くて転バイヤー?は落とせないんだよね。
小十さんは微妙だし。この前の市場ではぐい呑み3万・向付5客四万だったよ。
けどヤフオクではぐい呑み一万で落札者なしだったし。なんか両方微妙。

438 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 01:01:48
>>437
小平二さんは怪我で寡作だからです

439 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 17:04:30
周海さんも桃山黄瀬戸に限りなく近づいてしまったため転バイヤーの餌食になりつつあるね
商人に手を回して良いのを先回りで取らせたり・・・
転バイヤーの手に渡ると値段が上がるまで物が日に当たらなくなるんだよね
ホントあいつら焼き物好きじゃなくて焼き物殺しだと思うよ

440 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 10:57:23
>>439の言うとおりだと思う。
転バイヤーに狙われると、作家も大変だと思う。
あいつらはそれが欲しいんじゃなく、小金儲けのために何人もの
本当に欲しい人の邪魔をするからなー。
私利私欲の為、作家ファン共に迷惑を被っているよ。

441 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 02:43:25
ここ、月一くらい見ますけど、当初の目的とは全く違っているみたい。
もう値が上がってしまった終わりかけの古い人の話が中心で・・。
今、収集すべき決定的作家さんが居られるのに・・。わたしは素人ですが、
むかし、隠崎さんなどはぐい呑みなら数千円の頃に沢山買いました。今年は
某作家の作品(勿論高くない)を20点位集めましたが、収集途上のため
お名前を出すのは後日とさせてください。生意気言ってすみません。
ここがもっと目的に沿ったものになることを願って。




442 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/14(土) 06:58:15
若手はどんぐりの背比べでおっ!と思える人はいない気がする
っていうかもう前スレで大概出尽くしてるでしょ?
まぁ転バイヤーの話とかは確かにスレ違いだとは思うけど

443 :429:2006/10/14(土) 23:37:18
この前書いてた作家なんですけどダメですかね?値段は絶対に上がらない系統の作家なので
これも趣旨外れていそうですねW 
http://zetubou.mine.nu/timer/file/bomber27919_h5.jpg

あと最近いいなぁと思って買ったのは能道門下(とは言っても美大卒なだけ?)の橋詰正英。
色絵で鳥描いている作品多くて陶器好き以外の人も買いそうな気がしないでもない。
ただ色絵に大切な繊細さがあまり感じられないし(自分の作品だけ?初期作?)、色絵の色も微妙ですね。
とは言ってもただヤフオクで欲しくて落札しただけで個展にも行ったことないですがW
若い。S34生まれ。 ただ色絵はもともと高そうですね。目指せ高橋誠!って感じです。
色絵つながりで…武腰潤さんは人間国宝になりそうな雰囲気ですね。

444 :429:2006/10/14(土) 23:44:16
あぁ間違っていた。目指せ高橋紘ね。

445 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/16(月) 10:55:52
>>441大体誰か分かる気がする?
酒呑が9000円くらいの人じゃないですか?

446 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/16(月) 22:45:58
このスレが盛り上がるように昨日古本屋で買った図録を見て気になる作家を挙げて話題の提供
伊藤東彦 まぁ中堅ですし作品あまり見かけないしヤフオクでもそれなりの価格してますね。
布目ももう定着していますし、描かれる絵も可愛くていいですよね。まぁいい役してますし、どうですか?
熊谷紅陽
図録の位置的にも高そうなんだけど私は知らない。
有名?
高鶴元 有名なのはわかるんだけどクレイアーティスト的な色鮮やかな作品はどこに売っているのですか?高鶴元=元窯
森正洋 陶芸とは少し離れていそうですがいずれ見直されるのでは?もう亡くなっておられますが
普段使いでするし。
長岡空権
もうすでに高いですよね?茶椀ですからセカンドハンドは難しそう。
高内秀剛
デパートの個展で一流の作家に紛れていました。まぁデパート推薦で益子の作家。
益子の割に茶人好みそうな作品多くで評価上がると青天井?
この作家の茶道具欲しいんだけど定価いくら?
今気付いたんだけど熊谷紅陽=熊谷保奥?上野だし。

あぁ結局有名どころか…もっと若い作家見つけたいけど図録微妙に古いので


447 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/16(月) 22:50:50
文章変ですね。すいません。

448 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/17(火) 00:06:56
若手をさがすなら伝統工芸展に行くとか、窯業地に行脚するとか。自力ではなかなかむつかしいが

449 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/17(火) 00:20:40
若手発掘なら窯業地行って情報収集&行脚でしょうねー
たまに何でこの人が?っいうような腕を持った若手がいたりするよ

焼き物界も本当ならこういった人達を大事にしないといけないのに、パフォーマンスと商売が巧いだけの奴や権力に擦り寄るのが巧いだけの奴ばかり名がでてしまうのは何かおかしいものです

450 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/17(火) 01:23:06
それでも腕のある人が消えることはないかと。名前が売れるのとはまた違うよね。
441みたいに一押しの若手はいてもここでは紹介しづらいものはあるし。

451 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/30(月) 23:15:59
昨日やってたつま恋、加藤委がベースで出演しててびっくり!

452 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/01(水) 14:50:42
委ったら陶次郎最終号で変な茶碗つくってたな
あれって企画だからわざとあんな事やったのかな?
それともやっぱ磁器じゃないとダメな人なのかな?


453 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/03(金) 13:31:13
>>451
???

454 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/07(火) 11:51:39
陶磁郎廃刊の直接の理由って書かれてないよね。
記事には「廃刊の理由」って書かれてるのに、
内容は今までを振り返ってみたいな記事。
記事と内容が違うから廃刊ってシャレなのかな?
何故廃刊したんだろう。
スレチすまん。

455 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/07(火) 22:31:08
>>454
販売部数でしょ。
誌上販売で広告主がそっぽを向いたのかも?

456 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/08(水) 09:41:43
雑誌名かえて再起を図るみたいよ。つくるの方も続投だし、部数が落ち込んだんで
広告減る→規模縮小して再出発、みたいな感じかと。

457 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/08(水) 14:34:57
>>455-456そうなんですね、ありがとう。
確かに色んな試みはしてたけど、ギャラリーからは不評だったのかな。
ここで言う作家等は陶磁郎の方が期待出来ると思います。

458 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/09(木) 19:25:00
とーじろーって偉そうなこと書くわりには「えっ!?」って思うような作家を
しょっちゅう掲載してた。
編集者が目が肥えてなかったというか素人眼だったね。
あれでは買ってまで見る気がしない、立ち読みで十分。
審美眼磨いて出直しなさい。


459 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/12(日) 00:37:21
世界中で焼き物文化をやめたら
どれくらいCO2を削減できるだろう
この環境破壊文化をはやくやめよう

460 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/12(日) 12:07:12
↑じゃあインターネットすんなよ。

461 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/20(月) 19:11:05
環境破壊age

462 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/30(木) 05:27:32
才能ある作家のとこに行くと必ずといっていい程批評家ぶった勘違いさんが出入りしてるがアレって何なんだろうな
作家の知識を自分の知識と勘違いしてるんだろうか
見かけると凄いのはあんたじゃなくて先生なんだよと言ってやりたくなるよ

ちなみに今までで一番痛かった奴は先生の前で悦に浸った顔で、弟子に向って仕事教えて上げようかなどとほざいていたどっかの「自称」一流コレクターの営業マン
思わず吹き出しそうになりました

463 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/02(土) 00:01:12
最近随分と若い作家の名前が出てくるようになったけど、殆んどがクラフトの傾向が強い。
彼らの感覚としては、黒田泰蔵のようなイメージなのかな?
彼の作品はマスコミやら大阪の某老舗の方が宣伝してるからいいように思われているけど、いわば
インダストリアル・デザインに過ぎない。
写しなら写しでも構わないから、きちんとした技術に基づく仕事をしていって欲しい。

464 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/02(土) 04:23:37
それは難しいかも
クラフトやってる若手の大抵は古典を低く見ているか興味無しが多いから
彼らの場合、発想→デッサンで作っているでしょ?
それでは432の言われるように工業デザインにすぎない、それも黒田さんくらいやるならいいがほとんどは中途半端さが漂っている

私は焼き物と言うものは温古知新でまず伝統的な事をしっかり学ばなければ新しいものを作っても薄っぺらい作品にしかならないと思うのですが・・・

465 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/02(土) 07:50:12
>>363 金城さんについては、俺は理解できないから、
琉球文化に対する支援が主な理由だと考えている。
魚紋だが、本人のは確かに笑いながら踊ってるように見える。
息子の方が躍動感があるし、娘の方が表情が豊かな気がする。
後、作品に駄作が多いようにも思う。
個人的には島武巳さんの造形力と窯変の出し方がすごいと思ってる。

466 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/02(土) 21:42:14
晩年の刷毛目の魚紋
昭和40年代の銘の無い作品は良い

けど高血圧で倒れたり人間国宝指定直後の値段的にもブーム的にも多くの人が買っただろう頃の作品は駄作。

娘も息子も陶芸家としては全くダメだろう。多くの人に購入してもらう為に品質も値段も下げているから。
本質的には間違って選択ですし本来あるべき姿。

浜田庄司もその機械的な製陶業的な仕事を誉めていた訳ですし。陶芸家ではなく陶工。
けど機械に頼る決まりきった陶工の作品に見所はない。
その意味では地域性や人間性から生み出される自由奔放な作品は次郎さんにしか出来ない技。

壷屋で働き始めたのは12歳。まぁ子供の時にイギリス帰りの陶芸家に誉められたら調子乗ってニコニコしながら得意になって頑張るだろうな。

467 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/02(土) 21:44:00
間違っていない選択肢。ですね。

468 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/03(日) 21:17:46
陶芸家のイメージが悪くなるw。なんかやばそうな人
    ↓

http://www.geocities.jp/tenkouyou/index1.htm

469 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/06(水) 05:21:42
人間国宝になるには・・・
日本陶磁協会賞
県指定重要無形文化財
日本工芸会理事
日本陶磁協会賞金賞
以上の条件を満たし、かつその作家の使う技法が空席ということでおk?

470 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/07(木) 19:44:53
渋谷の黒田陶苑さん、同じビル内で移転されたそうですね。
どのスペースかご存じですか?
右奥の居酒屋?奥の料理教室?

471 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/07(木) 23:08:19
日本陶磁器協会賞金賞は一度日本陶磁器協会賞を取った人が貰える賞。
日本陶磁器協会賞は前衛から伝統陶芸まで広範囲の作家が対象だから金賞→人間国宝ではないね。

あと日本工芸会理事の中でも特待・鑑査、工芸会展での最優秀賞の有無なんかも人間国宝になれるかどうかの差だね。

まぁ言えることは日展作家は指定されないってこと

県指定なくていきなりならかなり期待。金賞ならさらにって感じ

まぁ中島宏はすでに高いけど


472 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/08(金) 01:51:04
>>471
もう日本のニンゲンコクホウ制度はどうでもいい。
だれがこんなことにしてしまったんだ・・・

ラクキチザエモン、ワダモリヒロ、ツジムラシロウ、コイエリョウジ・・・

473 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/08(金) 01:57:34
そのへんは十五年前が全盛期だったな。
今はウチダコウイチ、カトウツブサ、イセザキコウイチロウあたりか?

474 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/08(金) 12:54:06
当代の楽は作風も新鮮だし出回ってない感じだし、今後評価は相当上がりそう。
まぁただネームヴァリューあり過ぎてべつにどうでもいいけど
コイエはもうダメだろ駄作多過ぎて手放す人多すぎ。
備前もお腹いっぱい。
信楽、伊賀が低評価だね。もう少し評価されてもよくない?
この前シホウさんの茶碗ヤフオクで良い値段してたね。

475 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/08(金) 14:02:03
一個ン百万円もするようなもんがそうそう出回るかよー
本でしか見たことないわ


476 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/08(金) 16:53:26
楽は茶道具だからコレクター側の評価はあまり反映されないね。
道具商以外に扱うところも少ないだろうし、作る前から行き先決まってそう

477 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/08(金) 21:20:16
3000円程度で買える30代程度の美術年鑑に載るか載らないか微妙な作家誰か教えて
勘違いしてる気持ち悪い作品作る人じゃなくて「あっ?」と思ってとりあえず陶印確認
する程度の作家。

けど前途有望な作家の作品買うより無所属で無名のまま亡くなられたような物故の作品を
よく買うな。
無名とまではいかないけど微妙な作家。一番のお気に入りは加守田貞三の壷。
名前でわかるでしょうけど兄は加守田章二。腕前的には無所属ながら日本陶芸展
入選しているし下手ではない。陶芸展に出品した時と殆んど同じ程度の作品

まぁとは言えやっぱりすべての作品が良い訳ではない。ヤフオクで共箱の茶碗を
3000円でも買わなかったからな。

ちなみに加守田太郎の作品はどう?値段的にも買いやすいし(持ってないけど)
この人も無所属?かな?

あと委ってツブサって読むんだね。ずっと「イ」ってイっていた。

478 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/08(金) 21:38:41
あと加藤委は結構どうでもいいし、伊勢崎晃一朗 内田鋼一 隠崎隆一 加藤 委
鯉江良二 藤平 伸 山田 和 はどうでもいい。
そんな作家より私は断然わかりやすい人間国宝、もしくは日本工芸会。

私は上記の作家がなんか明らかにギャラリー作家で嫌いなんですよ。
加藤委とか好きな人は都会に住んでいて某有名ギャラリーしか行ったことないのかと?
もしくはそこの回し者では?「宣伝乙」?と思ってしまう。
別に黒田推奨作家は確かに値段上がるかもしれないけどさ

もう少しあまりギャラリーでは扱って作家教えて。


479 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/09(土) 00:47:23
>>474
シホウ?シホウ?
もしかして炎芸術で自己宣伝してた人のこと?(。^。)

480 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/09(土) 02:05:07
>>478
関東ではそうなの?地元だとどこにでもある→加藤委・内田鋼一
東海地方ではこの二人は美術館向けって思っている人が多いよ。
内装のプロデュースなんかも手がけてるしギャラリー作家とはちと違う感じ。

481 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/09(土) 08:47:54
委と鋼一は付き合いが上手いよね
なんか陶芸家というより総合芸術家?って感じかな
さすが鯉江の影響受けまくってるだけある

482 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/09(土) 12:43:26
そう、炎の芸術で宣伝していたシホウ
そうとう高かったよ、私は窯元の値段知らないからわからないけど
窯元と同じくらいじゃない?って感じ

483 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/09(土) 12:48:59
古典的な作品の方がわかりやすくて好き。
保守派な人間ですから。


484 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/09(土) 19:39:06
いまたち吉で個展やってる若い子、うまいねぇ。

485 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/10(日) 02:31:44
>>480
美術館向け、なの?
鋼一は安い器しか売れないし、委は同じもんばっかりだし、精々地元の所くらいでしょ?
個展には顔もろくに出さないし、付き合いうまい、っていうのもよく分からない。
安いうちはいいけど、値上げしてぱったりと売れなくなるケースじゃないかな・・・
そーいう意味では隠崎もそろそろ潮時かもね・・・・

486 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/10(日) 03:51:55
>>485
彼らはコレクターサイズ以外のものが多いからね。二行目は同意。
力のあるギャラリーには優先して売れそうなものを卸している感じだし
付き合いうまいってのはそのへんかもね。安いままでも作品がだぶついて
売れなくなる鯉江良二ってケースもあるけど、相変わらず人気はあるんだよなあ。

487 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/14(木) 19:02:53
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n49489992
鯉江風だけどいいよ

488 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/06(土) 00:07:31
加藤高宏さんの良さがわからない。
若いのにたっかいし。
どなたか納得させて。

489 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/12(金) 08:00:36
高宏は唐九郎の孫じゃなかった?重高あたりの子
荒川豊蔵と違って優秀な家系で期待感大?
ん?若いみたいだから違うかな?

唐九郎の窯変とか那比古の鬼志野に近い作品作っている人っている?

490 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/12(金) 08:04:57
あっ、そんなことぐらいわかっている前提で「なんでこんな高いの?」ってことですよね、すいません。
投資兼ねて買う人がいるからその値段で売る?

491 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/18(木) 02:16:28
有名どころの子息は高くなる仕様でしょ。
確かに親父高いのに、息子バカ安じゃ話にならんわな。
でも親父につられて値上がりって不思議なシステムだな。
親父の実力であって、息子のものではないのに。

492 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/29(月) 17:57:15
けど息子は良い土、良い釉薬、良い窯使えるからね。
ろくろとかあまり重要でない焼き物だと
やはり良い作品に見える。


493 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/02/02(金) 12:13:55
ttp://www.takashimaya.co.jp/kyoto/gallery/index.html
作陶15周年記念展かぁ

494 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/02/07(水) 23:52:08
蓬莱町なんてないよ、ヨシオくん。

121 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)