2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

実際の話、絵をどうやって売っていこう?

1 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/01 03:50
実際の話、絵を売って行かなきゃならん。
でも、団体等には加入していないとなると、実際どうやって絵を
売っていきますか?個展?通販?みんなで考えてみましょう。


2 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/01 04:02
2get

3 : :04/03/01 04:43
やっぱヤフオクじゃないかな。
ユーザーには二種類いて、一つはどう見ても偽物を買いあさるあほ。
もう一つは、あるいは将来値上がりにかけて、買ってみるあほ。
http://rating.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=yuuji_higa&
ここ見てみなよ。

 これより上なら、相当売れるぜ。俺も買うよ。

4 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/01 04:59
路上売り!!!
俺の知人は絵葉書(どうしょうもないぐらいへた)だけで、
月に20万円稼ぎ出すと言っていた。
ついでに絵も売っちまえ。
もうかると思うよ。恥ずかしくなければだけど。

5 :(;´∀`):04/03/01 11:48
似顔絵描きから地道にやるしかないのかなぁ。。。

6 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/01 12:54
>>3
あぁ、この人しってます。
これをみてオークションもけっこう効果ありかなぁと思いました。
日本全国レベルで考えればファンはついてくるのかなぁ?

ターゲットが30代以上の女性の場合って家に絵を飾る習慣って
あるでしょうかねぇ?

7 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/01 12:57
風景画ならヤフオクでも売れやすいかも
どんな絵描くの?>>6


8 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/01 18:25
ネットで販売してる人おられますか?どんな感じですか?

9 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/01 19:14
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f16351798
この人の絵、そこそこ売れてるようだけど、あんまりたいしたことないような気が・・・

売るのなら、明るい感じの風景画が良いと思う。あんましおっきくないやつね。


10 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/01 21:17
>>9
父の作品4000円で売られたらいやんなるよね。


11 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/01 21:18
>>7
風景ですかぁ〜
キャラクターの絵を描いてます。
アートなんてとんでもないって感じです。
スンマセン


12 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/01 22:13
>>10
ぃや、実はお父さんも自分の絵が売れて内心嬉しいにちがいない

13 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/02 00:00
ネット通販なら世界が相手だぜ!

14 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/05 02:20
どうやって売ってる?

15 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/05 18:47
3さんのように買うという方に質問。
ネットオークションで自作の絵を売る無名画家の絵が気に入ったとして、
お値段いくら位までなら買いますか?

16 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/05 21:37
俺なら一億出すぞ
すぐ売ってくれ

17 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/05 22:40
うんうん、それ知りたいですね。
ちなみにクレパス画 15分 水彩5分 アクリル1時間くらいで描きますが
それを大体 5000円〜2万くらいで売ろうかと思っています。
どうですか?



18 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/06 00:32
>17
そう簡単に売れないのじゃないかな。
試しにオークションで1000円ぐらいから初めてみてごらん。
買い手がついたら、それだけですごいと思う。
あなたの絵は有望だ。徐々に値を上げていけばいい。
有名作家のポスターかなんかを2万円ぐらい出す人はいても、
無名の作家の絵にお金を出す人はそうはいないもんだと思う。

19 :15:04/03/06 15:31
じゃあ無名作家の油絵に10号5万だとかなり高いでしょうかね。。

「一枚の絵」(新人の登竜門だそうですね)の HP で、安いのは
F8号で12万6千がありました。もし技術レベルが「一枚の絵」の作家と同等以上であり、
絵そのものも気に入ったなら、10号5万じゃ安いほうになりませんか?


20 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/08 04:40
>>19
その技術レベルって言うのがよくわからんよね。
それは見た人の感じ方しかないもんな。
それを判断するのに、一枚の絵に載っているとステータスが
加味されるんやないかな?


21 :15:04/03/08 12:50
技術レベルっていう言うかなんというか、うまくいえませんが
9 のお父さんの絵と、一枚の絵の絵とでは差があるっていうのが
分かりやすいですよね。そういう分かりやすいところでレベルが高ければ、
価格もそれなりに高くしても買う人は買ってくれるのかなあと。
ところでお父さんの絵、写真写りが悪くてちょっともったい気がする。

22 :15:04/03/08 12:51
×もったい気がする
○もったいない気がする

23 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/09 01:34
絵を買う人には大まかに言って二種類あるように思います。
インテリアとして買う人と収集のために買う人です。
前者が一生の間に買う作品の数などたかが知れています。
せいぜい10点でしょう。収集のために買う人の購入点数は千差万別ですが、
10点以上であろうと言っておきましょう。プロとしてコンスタントに
収入を得るためには、後者のコレクターに複数の作品を買ってもらえる
作品内容を描き続けなければならないと言うことです。

24 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/09 01:45
「一枚の絵」はインテリアとして絵画を売っている画商で、
画廊界の異端児です。この業者が扱った画家は、その他大多数の画廊は
まともに扱わないと考えていいでしょう。絵画には芸術という面と投資と
いう側面があります。これは否定できません。今のコレクターのほとんどは
投資で作品を購入しています。これは作品の質云々の芸術論の問題ではありません。
画廊の商売の現実です。一枚の絵が画廊界から孤立している以上、画家が投資の
対象になることはありえず、ゆえに、作家が有名になったり金銭的に恵まれることは
ないでしょう。無論、死後50年後の評価はわかりません。しかし、
生きている間、他の画廊から作品の制作依頼があることはほぼないでしょう。
有力な画廊が10件集まり、一人の画家を要りだせば人気は作られていくのでは
ないでしょうか。これは画廊が買い支えるという意味でです。


25 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/09 03:47
http://www.myprofile.ne.jp/yuki_sarasara

綺麗なサイトなので行ってみて!

26 :15:04/03/09 13:15
大変興味深いご意見感謝します。一枚の絵が画廊界で孤立しているというの
は知りませんでした。
芸術面でなく投資として買う、ということになると、これから値上がりしそ
うな(売れていきそうな)作家かどうか、で買うということですか?
うーんと、「投資」というのは、ここでおっしゃっているのは、無名作家で
もこれからひょっとしたらブレイクするかもしれないと見込んで買っておく
という意味でしょうか。
芸術面は関係なく買うケースとして、資産運用のためにお金持ちが有名作家
の高価な絵を買う(よく知りませんが)という話をよく聞きますが、こちら
のことはないのですよね。

27 :15:04/03/09 13:18
コレクターは購入の際、値上がりしそうかどうかという点をどこで
判断するのでしょうか。やはり画廊の推薦ということになるんですかね。
この作家はこれから売れていきますよー、みたいな。
そうすると、画廊はどこで売れていきそうな作家かを判断するのか、
ぜひ知りたいのですが、23さんは画廊の方でしょうか、教えていただけませんか?


28 :15:04/03/09 14:53
素人な質問ですみません。
ああ、、美術業界に通じたい。。
そういうこと書いた本あるかなと思って、一度本屋の棚で調べてみたけど
あまりいい情報は得られず、ずっともやもやしてます。
探したりないのかな。

29 :15:04/03/09 14:58
>26最終行
×こちらのことはないのですよね。
○こちらのことではないのですよね。

30 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/09 16:50
>>15
これ参考になると思う
「あるサラリーマンコレクションの軌跡」
http://info.pref.fukui.jp/bunka/bijutukan/arusara.html

31 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/09 19:01

いいかげんな嘘を付くな、24

32 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/10 00:23
人を嘘つき呼ばわりする以上、反論する根拠がおありになるのでしょうな。

33 : :04/03/10 00:37

■ この事件の裏側の衝撃的な真相
■ ヤフー460万人データ流出事件の犯人は、
■ 池○大作S価学会の闇の謀略部隊だった
--------------------------------------------------------------------------
大新聞は流さないがこれは疑惑の宗教法人S価学会の腐敗した恥部を再び示した

偉そうに清潔なフリをしてこの国の政治のキャスチングボートを握って
いるように振る舞っている公○党の支持母体の暗部が突然明るみに出た一部始終
--------------------------------------------------------------------------
日刊ゲンダイが1面で特集 (ヤ○ーBBとS価の関係)
1面(カラー) http://ahiru.zive.net/joyful/img/901.jpg
2面 http://ahiru.zive.net/joyful/img/902.jpg

創○学会元幹部: 竹○誠○(55)
現在、聖○新聞広告部長。

また、共犯のY浅輝昭(61)も○価学会信者
との報道(1面記事参照)

布教活動や選挙活動に使用できるのでYBBの名簿に目をつけた(記事より)

34 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/10 02:22
 
   ニュースに載りたい馬鹿がいる

「この業者が扱った画家は、その他大多数の画廊は
まともに扱わないと考えていいでしょう」
この一文は重いですね。 「その他大多数の画廊」を正しく挙げて御覧なさい。
不忍様ですか。日動様ですか。老舗の画廊沢山書こうか?
「一枚の絵」様が扱った画家名は書き出すことが容易です。
油彩なら芸大他各大学教授を含む日展、二科の作家を書き出しましょうか。
当然有名一流画廊様は取り扱わない画家だそうですから、もし取り扱いがあれば、
まともに扱わない様な画家の絵を扱う画廊ということになります。
画廊の名前が挙がり始めたらあなたはその責任を取りきれませんね。お祭りに
なりますよ。一流の企業なら当然毅然とした態度で臨むでしょう。
誇りを持った画家も同じでしょう。

「運がよければあなたも5分ばかりの有名人。」新聞に載るかもよ。




35 : :04/03/10 02:31
>>24
マジかよ 相応の対価って言っても払いきれんな。

36 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/10 02:41
あなたの言うことが正しいのかもしれん。
前言は撤回しましょう。関係者各位にお詫び申しあげます。
しかし、一枚の絵で、私は痛い目にあったことがある。
それにしても、そこまで熱くなれる貴方は何者なんでしょうな。

37 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/10 02:42
やっちゃったね、1日あたり1000人はここを見ているから
さっさと削除願い出さないと、一枚の絵もウェブ展開してるから
この手の書き込みは時間勝負だね。
          ♪
♪   ∧ ∧ ♪   よ〜く考えよぉ〜 ♪
    (,,゚Д゚).  ♪   削除は大事だよ〜 ♪
     |つ[|lllll]).      う〜う、う〜う、ううう〜 ♪
   〜|  |
    U U

38 : :04/03/10 02:49
美術板に来てとりあえず仲間?が新聞に載るなんて
みんな嫌なんだろ。

39 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/10 04:03
1000人もみてるかいな。こんな過疎板(笑)


40 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/10 04:36
一枚の絵ってそれなりに有名な人も出てるし、
全然名前の聞いたことのない職人画家みたいな人も載ってるよね。
まぁ同じような扱いで載ってるから、ちょっと変な感じするけど、
人を呼ぶための絵と売る絵は違うってことで、当たり前なんじゃないのかな?

41 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/10 05:28
>>36
どんな目にあったんですか?

42 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/10 15:07
芸術新潮に毎月載ってる人のが気になる。
個人広告なのかな。

43 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/10 15:58
そういう美術系の雑誌から作品を載せませんか?って電話こない?
もちろん有料で。

44 :1623 ◆fohbuciIng :04/03/11 00:52
>>34
どなた様・・・・・?

45 :わたしはダリ?名無しさん?:04/04/04 02:16
age

46 :わたしはダリ?名無しさん?:04/06/13 08:01
上のスレのやり取りを見ていると、業界の暗部を覗かされているようで、
何かうんざりしてくる…

47 :わたしはダリ?名無しさん?:04/06/14 01:41
>>34
最近、美術館に行くようになったので、素人考えだが、芸術品って作者が生きてるときは低い評価だったりする人も多いのだろ。
もし、他で扱わない画家の絵を扱っているとして、その画家が他で扱っていることが分かっても問題ないのではないかな。

その画家の評価をインテリアでなく芸術品として高く評価されるようになったということでさ。


48 :わたしはダリ?名無しさん?:04/06/14 06:40
>>1
>実際の話、絵を売って行かなきゃならん。

その後1氏の成果はどうだったのだろう。
1枚の○はたまに買うことがあるけど、ある号では、10号クラスで
15〜20万円の価格表示がされてた。

今の時代、絵を買う人口より、自分で描いて愉しみましょうっていう風潮
が高くなっている気もする。

49 :わたしはダリ?名無しさん?:04/06/14 16:39
絵の制作費に関して世間の人の理解が少ないのも悲しいな。

キャンバス10号にそれなりに絵の具使って書けば1万ぐらい
で売れないとお話にならない。
水墨画だって、半切の半分をまともに茶掛に仕立てたら
知り合いの安いところに頼んでも表具だけで2万はするしね。


50 :わたしはダリ?名無しさん?:04/06/14 16:40
売りたければ売れる絵を書くしかない。
少なくとも普通の家に飾れないような巨大な作品や
立体は×。

51 :わたしはダリ?名無しさん?:04/06/14 16:52
買う立場からすると、絵を処分するとき、ちゃんと引き取ってくれる
ところがあるとうれしい。あるのか?知らないだけかもしれないけど。

あと、巨大(30号でも巨大に感じる)な現代系の仕事は、興味の
対象だけど、購買意欲はわかない。というか、家に飾れない。

価格設定の根拠がはっきりしているのが好ましいかな。

古道具のたぐいの引き取り手しかいないのでは、買う気にもなれ
ない。

52 :わたしはダリ?名無しさん?:04/06/15 17:28
BTが以前特集していたコレクターたちってみたことある?
あまりにイタイ面々なのに驚くばかりだったずら。

53 :わたしはダリ?名無しさん?:04/06/15 18:27
>>24にケチつけてる>>34
何が問題なのかさっぱり分からんぞ

一枚の絵?クソじゃん

54 :わたしはダリ?名無しさん?:04/06/15 21:02

クソ→53←イタイ面々

55 :わたしはダリ?名無しさん?:04/06/15 21:49
>>51
引き取ってくれるって、供養してほしいってこと?
確かに、そのまま捨てたらいけなさそうですよね。

56 :わたしはダリ?名無しさん?:04/06/16 06:41
絵を「売る」っていっても、友人・知人・親戚をぐるっと
一回りしたら手詰まりになるんじゃない?
新入りの保険の外交員の営業みたいに。
家の母親も知人の個展行って、4号程の「アザミ」の油絵
買ったことあるけど「お付き合いだからね」みたいなこと
言ってたなあ。

57 :わたしはダリ?名無しさん?:04/06/26 18:05
このスレ見て欝になったよage

58 :わたしはダリ?名無しさん?:04/06/26 21:31
ヤフオクに出品して、このスレで宣伝しなよ。良い絵だったら
買うよ。

59 :わたしはダリ?名無しさん?:04/06/27 23:52
ありがとう。だけどヤフオク眺めてたら、また欝に| ̄|0

60 :わたしはダリ?名無しさん?:04/06/28 09:18
売れない...

61 :わたしはダリ?名無しさん?:04/06/29 23:20
ヤフオク眺めててなんで鬱になったの?ライティング次第で、
大したことがない作品でも高く売れるよ。絵を描くのとは別
の才能が必要になるんでしょうが・・・。

62 :わたしはダリ?名無しさん?:04/06/30 06:27
やっぱり需要にあった絵を描かないと売れないんじゃない?
例えば、イギリスやアジアの街並みを描いたあまり主張しすぎない絵とか
ちっちゃい絵なら路頭で売ればそこそこ買ってくれると思うけど

63 :わたしはダリ?名無しさん?:04/06/30 23:14
質問があります。二科展のような作品展(?)にはどうやって出展すれば
いいのでしょうか。HPを見ればいいのですか?
それと、他にも作品展はけっこうあると思うのですが、どうやって調べれば
いいのでしょうか?

64 :わたしはダリ?名無しさん?:04/06/30 23:25
そんな時こそ公募ガイドですよ!

65 :63:04/06/30 23:27
>>64 ごめんなさい。詳細を教えてください。

66 :わたしはダリ?名無しさん?:04/07/01 05:07
馬鹿かてめーは

67 :わたしはダリ?名無しさん?:04/07/02 23:18
>>63
「二科展」で検索しる。
まずはそれから。
やってみるといいかな? と思うなら
まずやってみるべし。

68 :西欧にて:04/07/13 23:28
絵は売れます。それもアトリエで画廊通さなくても百万以上でもで売れた。
言葉なんてカタコトでも大丈夫。経歴も聞かない。
彼らは投資の為なんてケチ臭いコレクションの仕方しない。
君の作品が好きだって言います。
出品したコンクールでは全て上位入賞か大賞を頂いた。
目標は一千万以上で売れること。



69 :わたしはダリ?名無しさん?:04/07/14 00:30
芸祭は?ちと違うか。

70 :わたしはダリ?名無しさん?:04/07/14 20:42
>>68
まじっすか!?

西欧行きたい・・・

71 :わたしはダリ?名無しさん?:04/07/15 00:25
>>70
マジです。
でも売れるまでは貧乏覚悟で。
コレクターは見てるから、とにかく制作して出品する事です。
でも売れない人の方が多いけど。

72 :わたしはダリ?名無しさん?:04/07/15 08:12
みんなは書きたいの?売りたいの?

73 :わたしはダリ?名無しさん?:04/07/15 22:39
>>71
すごい!正直うらやましいです。
貧乏でいいので夢を追いたいです。
とりあえず軍資金貯めたいと思います。
100万位を目標にすればいいのでしょうか。

>>72
生きてけるだけでもいいので売りたい!

74 :わたしはダリ?名無しさん?:04/07/16 07:02
>>68
「100万」で売れただの、「目標は1000万」だの本当か?
ラッセンの絵でもあるまいに。無責任な話だな。もう少し
具体的に語ってくれよ。
これ見て、勘違いしてバイトで金貯めて海外へ行って、
路上で絵を売ろうなんて香具師が出てきたら、どうすんだよ。


75 :わたしはダリ?名無しさん?:04/07/16 07:21
 公務員試験を受け続けながら、失敗。
 西日の射す安アパートでカップラーメンをすする
 なんてフリータの末路がTVでやってたけど、
 「画家志望」もかなり危ないものだ。

76 :71:04/07/16 16:30
>>74反省
>>73
百万じゃ、倹約しても1年しか滞在できないよ。都会はアパート高いし滞在許可ないと捕まる。
路上で売って生活なんて無理。
コンクールに出品するにも準備がいるし入選するとは限らない。
知らない土地でのチャレンジだから運が良くても5年、普通10年かかる。
日本でキャリア積んだ方が現実的だ。

77 :わたしはダリ?名無しさん?:04/07/17 21:06
ヨーロッパでは全くの無名作家でも作品にオリジナリティがあれば画商と契約できるんですねぇ

ttp://www.koalanet.ne.jp/~miura-a/lecture22.htm

78 :わたしはダリ?名無しさん?:04/07/20 23:19
ヤマガタも無名時代、欧で絵を売って生計立ててた(?)
http://ch-k.kyodo.co.jp/17kyodo/backnumber/backnumber2001/job/job18.html

79 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/11 20:01:37

http://www.netwave.or.jp/~aaa-com/ArtSalon/
http://smartart.seesaa.net/

ってどう思う??


80 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/04 12:13:29
人に頼んでオークションに出してもらえば

81 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/26(土) 00:44:46
あのですねー、絵って描きたいから描くんで、売りたいからって
なんか動機がおかしくない?結局お金がほしいのなら清掃員でも
やるとか、パワーショベルでATMねらうとかした方が確実だし
あんたの絵(たぶん糞)なんかだれも期待しませんからー、仕事
してね!


82 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/26(土) 01:34:37
そういえば、この間、パワーシャベルがのりすててあったな。
あれ拾っておいたらよかったかな。

83 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/28(月) 16:55:17
楽天に共同出資で店を出す。
それが一番確実で儲かる。

と思う。

84 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/19(日) 21:32:19
.


85 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/20(月) 02:43:15
>>83
御もっとも。

86 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/21(火) 22:24:21
>>81
あのですねー、単純でめざといね。描きたいから描くのはごもっとも。しかし描き続けたいなら売らなきゃいけないっしょ。
売れた時の嬉しさを知らんあんたにゃー何も言えんよ。ちんけな金稼ぎするかATMぶち壊して刑務所にでも入ってろよ!

87 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/21(火) 23:08:49
で、ちょっと絵見せてよ。

88 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/22(水) 00:47:40
っつか過去レスいじくる惚香具師<杉

89 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/25(土) 22:35:36
うぬ、売れればよろし。売れる絵をかくべし。

90 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/25(土) 22:45:38
貸し画廊の個展で売れることあるのか?
因みに俺は売れたことない。
やっぱり、身内にでも売りつけるあつかましさも必要かもしれないと思う今日この頃。

91 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/25(土) 22:48:02
貸し画廊でやって売れなかったのは1回だけでしたね。
少し見が甘かったと、そんな時期は誰にでもあるんじゃないですか?


92 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/05(火) 12:06:15
>>91

コンスタントに売れているということでしょうか?
それならば、うらやましい、
買っていかれるのはどのような層でしょう?


93 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/05(火) 20:21:47
こういうスレは関心のある人が多い筈だと思うのだが。

94 :91:2005/07/05(火) 23:12:59
>>92
興味を持ってくださるのは嬉しいですが
ここでお答えする程のものは作っていませんので控えさせていただきますw

>>93
ここで騒いだからと言って売れるわけじゃないですよね。

95 :名無しはダり?名無しさん?:2005/09/14(水) 14:26:54
絵画は売るものでわありません。。。。。寄贈するもです,?


96 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/14(水) 19:44:21
マゾですか。そーですか。叩かれて下さい。後よろしく。

97 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/16(金) 23:33:20
おれ、終わったんだ
出尽くしたよ、すべて、、、
もてる限りのものを、すべてを出し切ったよ、、、
もうこの先、何もしなくていいんだ。
何も先のことを心配しなくていいんだ。
戦いは終わったのさ
最高の気分だよ
やっとすきなこと出来るんだ。
自由になれたよ
最高だよ。

98 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/17(土) 01:18:51
想像するのです。絵が置かれている部屋がどんな部屋かを。
そこには高価でハイセンスな調度品が数多く並んでいます。。
今目の前にある作品がそこに並んだ時、光り輝けるでしょうか?
私はまだ未熟ですが、いつもそれを意識して描いています。
作品が良ければ必ず売れます。

99 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/17(土) 19:44:23
それは媚びすぎだろ

100 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/17(土) 20:27:34
100先生茸

101 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/18(日) 00:58:37
イチローも松井もアメリカとの相互性がある
野球というネットワークの中にいるから売り込みやすい。
ジャンルもばらばらな美術の場合はどうなるんだろう
なんとかビエンナーレとかって、どうやって国の代表が選ばれるんだろう・・・
海外公募と一口に言ってもどこを目指せばいいのか?
英語ばっかりでわからない?
わかりませーん???


102 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/18(日) 01:48:24
それが最初の足切りとは言うまい。


103 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/18(日) 09:49:43
総合大学の学生とベンチャーを作り、その大学の学園祭に出展する。
実際に複製やポストカードを売ってた奴がいるが
口コミでファンが増え、数年するとファンが就職して原画を買い出した。
マスコミに就職したファンも何人かいるので先が楽しみだ。

104 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/18(日) 11:02:01
>103
総合大学系の人でARTコンテンツで食いたい・
将来ARTと関わりたい人って、意外にいるのですか?
作家が作品を提供し・販売するひとは売ることを考える、
あるいは共にあれこれ考える。
まあこの関係は理想ですな。
どうやって実現するかだ。
最終的には人間同士の相性だろう。

105 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/18(日) 11:19:52
>>103
作家のささやかな草の根運動もいいんだけどね。
創るのが作家、売るのが画商。それぞれのプロがいるんだよね。
作家としての能力はスルーするけど、どう売っていくかは画商
が扱いたいと思わせることだよね。


106 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/18(日) 15:12:08
本当に「売りたい!」と思ってやっていれば売れるものです。
問題は、「売れる絵」と、自分の追及する芸術との乖離(かいり)ですよ。

知人がドイツで芸術活動をしていますが、日本より発表しがいがあると言っています。
渡欧するなら、学生で行ける若いうちがお勧めですよ。

ところで、芸術家はまず自分に絶対の自信を持つべきです。
あなたのしようとしていることは崇高な事で、私たちに必要な人たちなのです。
日本は技術大国ゆえ、残念ながら芸術に対する理解が少々遅れています。
ですから、あなたの芸術が今理解されていないとしても、それは、あなたの芸術の価値が低いという事ではありません。

芸術家のあなたには、崇高な芸術を追及し続けて欲しい。
芸術家であれ!

107 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/18(日) 16:54:44
>渡欧するなら、学生で行ける若いうちがお勧めですよ。

つまり明治時代から何も変わってないって事だねw

108 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/18(日) 21:25:48
20代半ばごろアメリカに旅行して現代ARTを色々見てきましたが、
日本でも美術展や書籍などでほとんどみていることを改めて痛感しました。
日本ぐらいおいしい環境は実はないと思います。
芸術家と一般生活者がもうひとつリンクしていない。
海外行くよりも、自国の社会状況の変革の方が興味ある。
芸術家も独立起業しなきゃ!
街と共存するのだ!
絵売って人生を楽しもう!



109 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/19(月) 00:07:35
表現方法は千差万別だけど、具体的で現実的な売り方若しくは画商への売り込み
方へのレスがないということが、形式がないという答えなのか・?
売りやすい環境に身を置くことを、国外に出る、というだけの答えではピンとこ
ない。

110 :名無しはダり?名無しさん?:2005/09/20(火) 13:21:23
画家も自営業の様なものですから商品お先に売ろうとしても売れまい。

   まづは自分自身(名前)お売り込む事が先決ではあるまいか。
    決果は後から付いてくるものだ。

111 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/20(火) 15:53:28
>>105
草の根じゃないよ、ギャラリー喫茶だよ。
採算は飲食の方で取れてるし。

112 :111:2005/09/20(火) 16:00:58
芸術家肌は経営には向かないから個人で真似すんなよ。
他専攻と組んで初めて強いんだ。

113 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/20(火) 20:13:20
音楽CDとかだとインディーズのようなレーベルがあるが、
ART系にもこういうのがあるといいな。
ARTも価値の多様性の時代に突入する時期にきている。
希少価値や名声や芸術性などもいいが
先ずは、絵を(作品を)売るべきだと思う。
誰かしらに何かしらの感動を与えれば、
それは価値ある作品なのだから。
若い作家達の当面のライバルは
誰が描いたかわからない花や風景などの一般の為の売り油絵だ!



114 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/20(火) 21:46:46
アートで言うインディーズレーベルは画廊、メジャーは美術館では?

「売る」絵じゃなく「売れる」絵を描かないとね。


115 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/20(火) 22:08:57
近所の画廊はこないだ潰れる際に6割引セールして
無名画家だけ売れ残って延長7割引になったぞw
他の画商が原価で引き取れよw
どこも無名の在庫は一杯一杯とみた。

116 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/20(火) 23:27:04
書店やCDSHOPは入りやすいけど
画廊って入りずらくないかい?

117 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/21(水) 14:58:16
画廊が販売の主流ですが、画廊はオーナの個性でなりたっていることが
ほとんどです。画廊からそっぽ向かれる人の数は多いですが、けっこう
人気出そうな人も中には沢山いると思う。つまり、作家とユーザーをつなぐ
新たなビジネスモデルが創造されるべきだと思う。価値の多様化を
コンセプトに、コスト・スタイル・システム・・・様々な点を改善すべきだ。

118 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/21(水) 16:06:25
画廊も公募も意味ねーよ 海外も意味ねーよ
個展やたって身内しかこねーし、、、
一発当てて生活資金貯めてーな。
なんかうまい手ねーかなあ

119 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/21(水) 16:33:34
小山登美男に好かれろ,あそこぐらいしか新人発掘してない

120 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/21(水) 18:37:08
小山登美男だって個性つよいじゃん
だいたい新人発掘がここだけな訳ねーだろ

121 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/21(水) 19:13:35
身の周りにあるものを見ていると、はたと思うことがある、
自分は何故これを所持しているのだろう、と。
これは生活の必需品なのだろうか、と。
芸術にかぎらず、売り手の意思(企業・個人)が消費者をその気にさせる。
人通りの多いところで俺もMY美術の販売したくなってきた。
政治家や携帯の販売みたいに街頭で呼び込みとかして。

122 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/21(水) 22:47:50
インターネットとの連動は欠かせないだろう
絵の場合まずは一般客に見てもらわなければならない
銀座や青山や京橋でなくてもいい。
人が歩いている通りに近い場所で安いところ頑張って見つけて、
とりあえず作品を展示して見てもらう。
呼び込みや誠意ある説明や態度は欠かせないだろう。
その後注文はネットやFAXなどで行ってもらう。
気張らず、まづはTEST的に活動してみれば。
生活費とまで行かずとも、まづは小遣い稼ぎを目標に。
画家も勇気出して独立起業だ!



123 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/22(木) 00:34:34
プロのコレクターをたらしこむより、一般を意識することが大事だ。
一般人の目を引かなければ、まず売れないと思う。

124 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/22(木) 09:29:39
プロに目付けられるような奴ならば、こういうところで書き込まない。
芸術家って個人主義の奴多いから一人で動けるセンスも大事だと思うのだが。

125 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/22(木) 12:50:10
集団アトリエの香具師らもいつまでもみんなで一緒てなわけにはいかないんだろうな…

126 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/22(木) 14:24:23
質問、
香具師
これどー読むの?
どういう意味?

127 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/22(木) 14:27:51
>125
若い内はカッコいいが、
そのうちふけて、白髪ボーボーで、ビンボッタレで、
他の仕事できなくて、自意識ばかり強くて、
最悪さ・・・

128 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/22(木) 14:33:29
>>126
読み:ちくびーむ
意味:おっさん

129 : ◆K48SKv4wnA :2005/09/22(木) 14:50:31
>>126
読み:やし
意味:やつ。野郎。


130 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/22(木) 15:24:38
>>117
同じこと考えてる香具師がいたんだなー
しかし、そのシステムを悪用したのがポスター売りで、ユーザに「芸術は怖いぞ」と脳に焼き付けてしまった。
これで美術業界の信用の無さが、広く一般に知れ渡ってしまったよ。ハァー orz

131 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/22(木) 16:00:13
>130
ポスターが悪いのではないと思う。金儲けが先行して、
ポスターという商品への愛情や差別化がかけているのでは?
このポスターはオリジナル、それとも有名な絵の複製?

132 :130:2005/09/22(木) 19:25:05
>>131
ポスターは悪くないのは禿。
ポスター売りといっているのは、秋葉とか日本橋などの。。。のこと。
しかし日本画をシルクで。。。という先生も。。。納得できないね。もうすぐ退官しちゃうけど

>ポスターという商品への愛情や差別化がかけているのでは?
具体的には?

133 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/22(木) 19:59:17
例えば、ここに存在する作品がユーザに「良い」「ほしい」
と思わせる為に、作品の要素にプリントなどが扱われていても
いいと思う。価値なさそうなものにいかに価値ある工夫をするかは
作家の工夫次第。ということ。答えになっているかしら?

134 :130:2005/09/24(土) 16:09:43
>>133 なっています。

135 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/24(土) 16:17:02
>>1
俺が大金持ちの美術嗜好なら
無名だろうが何だろうが、作品が気に入れば買う。
問題は目に入るところにその作品が或るかどうかということだけだ。
同じ匂いのする場所においてもらえば売れるんじゃないか?

136 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/25(日) 00:48:29
同じ匂いのする場所、の意味が分からなかった。
どういう意味?

137 :135:2005/09/25(日) 21:21:12
>>136
室内で言えば、自分がお気に入りの場所、よく行く場所。
レストラン、カフェ、ショップ、クラブ、喫茶店、ホテル、民宿、公共施設etc。
屋外で言えば、その街や場所の持ってる雰囲気が自分の感覚や作品とリンクしてる場所。
そこに立地してる店、施設、企業etc。
意外と大きな壁面を持っている場所のオーナーは絵を買いたいという人が多い。
あとは値段が釣り合うかだけ。

138 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/09/25(日) 22:13:17
ヤフオクで売れば?無名作家でも結構売れている人いるよ

139 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/11/21(月) 03:34:25
先日、ガラス工芸家と知り合って販売を請け負う話まで進んでいたが、
プライド高くて他の作家、業者の悪口は酷いし最悪。
アポに遅れた(千葉県の山の奥地、地図に出てない、携帯圏外、ナビ無効の為、必死に探したが辿り着けず)のを
必要に攻め続けて以上だ。 はっきり言って普通の人では辿り付けない所で自分も諦めかけた位の超絶僻地。
自分でも過剰かなと思う位に4回もその都度、念のために誤ってるのに。
因みに俺は2種免あり、誰が乗っても感心する腕前、方向感覚も良し。 海外もどこでも走りこなす位。
個展も画廊企画しかやらないだと。
作品は個性的でいいのに傲慢そのもの。
今までどうやって生きてきたなんて言いやがる。
全く、業者が付いていないしおかしいとは思った。
あらゆる事にこだわり過ぎで近寄らないんだろう。
霞じゃ食ってけないなんて言ってるくせにな。
若い頃から好き勝手にやってきて好き放題言うのが当り前になっているようだ。
今更、どこの組織にも馴染めないだろうな。
教鞭執るのも嫌だとさ。 そんなんじゃ作家じゃないとさ。
自分(本物)中心に話をして他はアマチュア的な話ばっかり。
サディストでエゴイストもいいとこだ。
一生、霞でも食ってろ!
年齢的に赤ら顔で高血圧の典型顔だから、長いことないだろ。
預かり物に反撃文(トラウマ必死)を同梱して送り返してやるよ。
15年鍛えてる俺の体なら、方腕で捻り潰せるけどな。

稼いでいる人は一流でなくても良識があって商売人とも上手く渡り合える人達だね。
好き勝手なことを言ってるようじゃ作品が良くてもダメ。




140 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/19(土) 23:14:57
>>138そうでもないね
売れていたひとも最近売れないみたいだな
ヤフオクで無名の作家を買う人の数はかぎられていて
ひととおり買うとその人の作品を買わなくなる。
ヤフオクで無名でもいいからいい作品を買おうと思って見るひとが
今の100倍ぐらいにならないとだめだな。
数年で状況が変化するかもしれないけれど。
そんなことより今の日本では
絵画を部屋の装飾品として買う人が大部分で
<アート(表現作品)>として購入しようなんてひとは皆無に近い。
絵を売ることだけが目的なら装飾的で売れるような作品を描けばいいだけ。
え、みんなそれがわからいのかなあ。





141 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/20(日) 13:14:23
ヤフオクなんかで売ろうとすると、数千円とかせいぜい数万どまりの値付けなんでしょ??・・・
ありえない。
1度でもそこで売ってしまったら、いやそれ以前にそんな値段で出品してしまったら、もうマトモな
価格が付けられなくなるし、なにより今まで買ってくれた人に示しがつかなくなる。

142 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/20(日) 20:52:41
>>141
そうですね、いやそのとおり
だから個展等で絵を売ったことのある作家は
いまさら同じ価格でヤフオクに出品できない。
絶対売れないからな。
また個展等で買ったひとも作品をヤフオクにだしたら
希望価格に遠く及ばない現実にガクゼンとするわけだ。
日本では多くの場合、
絵画が商品としての競争原理にさらされてなく、
作家のひとりよがりな思い込みと自信過剰で
つまらぬ作品でも
「私の作品はこれだけの価値がある」とふんぞりかえっている。
すべての作品は
いちど画商の手を離れて
ヤフオクのようなオープンな市場原理にさらされてみる必要がある。
どれだけの価値があるか油彩でも
号3000円ぐらいからはじめてみればよい。
それでその絵画の商品としての価値が現実には
どれだけのものかはっきりする。
(ヤフオクの現在の状況では無理かな)
それでもう売れば幸運。
でも自分で描いてヤフオクにバカに安い価格で
出品している無名の人がいるけど、
この人たちはヤケクソになっているのかなあ。
それとも入札でつりあがるのをまっているのか。
現実のきびしさを感じているはずだ。
彼らの勇気とバカさと無謀さに少し応援する。
ひどい絵だとからかわれても彼らはめげないものね。




143 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/20(日) 23:21:04
>>142
141です。
どっちが「マトモな価格」かというと・・・オソロシイ(笑)
自分は無名ですが、先頃30号を30万で売ってしまった。
値付けは適当。買ってくれた相手はずぶの素人さんだったです。
騙したつもりは毛頭ありませんが、詐欺みたいなことをやってしまいました・・

144 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/21(月) 02:15:46
>>143
無名でも号1万くらい普通すぎるので…
30号30万でどこが詐欺なのかわかりません。
妥当です。

ほとんどの画家がなぜか売ることに抵抗あるのかわかりません。
僕は売ってますがプロなら売らなきゃ生きれません。


145 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/21(月) 03:44:54
アニメ絵や漫画イラストの方がはるかに高く売れてるね。
そういう絵を馬鹿にしそうだけど若い画家の人らは

146 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/21(月) 04:39:36
高校の美術教師が油絵を号1万で譲っていたし、ちょっとした日曜画家が
やはり号1万だったなあ。美大卒業して間もないのに企画画廊に声が掛か
って発表してた人達は、油絵を号1.5万くらいで発表していた記憶がある。


147 :自作を出品する作家を応援するじじい:2006/08/21(月) 21:30:47
>>144
詐欺とはおもいませんよ。
でも
号1万円はいいとして50号なら50万円ていうことか。
これはおかしい。土地じゃあるまいし。
油彩にこんな扱いをしているのは日本だけじゃ。
30号ならせいぜい15万ぐらいが妥当でしょう。
買う側に立場に立っての価格です。
それに画家だって
これくらいでも売れればありがたいのでは。


148 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/21(月) 22:27:40
じいさんの時代とは貨幣価値が違うんだよ

149 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/21(月) 22:36:46
144です。
>>147さんの言う通りなのが「現実」ではないかと。
日本では絵が高すぎると聞きました。
詳しいわけではないのですが、海外では若手は非常に安く、徐々にあげていくことが
出来る仕組みのようなものが確立されているそうです。
日本ではどうか。>>142にもあるように画家の幻想に基づいて勝手に値付けして、
売れれば儲けもんみたいな感じでは。私の絵を買ってくれたのは、すごいファンの人だったので
売れましたが、普通に画廊で展覧会で、その値段で通りすがりの人が買ってくれるとは思いにくいです。
でもそのような売れ方が本来だと思いますので。

150 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/22(火) 00:17:22
>詳しいわけではないのですが、海外では若手は非常に安く、徐々にあげていくことが
>出来る仕組みのようなものが確立されているそうです。

日本だって同じだよ。若手のうちは安い。だんだん上がっていく。
いったいどこの画廊に行ってるんだ?

151 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/22(火) 00:57:44

画廊で10号で13万にしたら、画廊の人に高いと言われた。
でも具体的な金額は言ってくれなかった。
なんで言えないのかな?企画なのに。変だよ。

152 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/22(火) 01:08:51
企画なんて半分(下手すればそれ以上)売り上げを画廊に持ってかれるんだぜ?
デパートなんてすっげ悲惨なレート

153 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/22(火) 01:40:35
144=151ですが
売り手と買い手の間で双方の希望価格を把握できるのが画商なのだから、もっと
画廊は作家にたいして価格提示を率直にして欲しい。
そういう点が日本はあいまい過ぎるんじゃないでしょうか?>>150

154 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/22(火) 01:55:50
あいまいも何も…クリスティーズとかに出品されるクラスならはっきりした
市場価格もあるだろうが、それ以前の貸し画廊でやってるような若手作家には無いだろう。
して欲しいと言う前に、自分で調べてキチンと画廊側と話し合ったりしてる?
そこら辺しっかり交渉している若手もいるよ。日本がどうだと嘆くばかりで
行動してないなら全然ダメだよ。

155 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/22(火) 02:25:06
>>151
例えば油絵の場合と版画、デッサンの場合とでは価格設定が違うから何とも
言えないけど、ひょっとすると画廊側の認識不足か作品のレベルを理解して
のことか(酷なこと書いてスイマセン)。
ちなみに普通、価格提示は号数ごとに明らかにしてくれるよ。
大作ほど発表価格が数パーセントずつ割引されるのが普通ですよ。

156 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/22(火) 08:41:52
>>1
団体にはいっていても
売れないよ。
ところで団体ってへんな言葉だなあ

157 :自作を出品する作家を応援するじじい:2006/08/22(火) 18:53:33
じじいがいつも思っていることだが、
日本では自分の感性を信じて、
作家のオリジナリティや作品の良さを見分けそのうえで
購入する人の少なさだ。
無名有名関係なくいいものを見分けることの出来る人の
なんとすくないことか。
画商にしても無名というだけで相手にしようともしない。
こうした悪循環以前の貧しい現状がある。

さて
じじいがここで言えることは
売れなくても気にせず、本当に描きたいものがある者は、
なんとかアルバイトでもしながら時間をみつけて
せっせと描き続けてほしい。日本ではそれが可能です。
作品が本当に良ければ、いつか評価されるでしょう。
死後であってもかまわないではないか。
また
画家という職業にあこがれ、売ることを第一義に考える者なら、
大衆に受ける絵とはなにか真剣に考え、
それにあわせた絵を描けばよいと思う。
またコンクールに出品し、渉外活動もして頑張る。
その才能があればきっと成功する。それも立派な道だと思う。
やり方はいっぱいある。

絵で貧乏しようが絵で金持ちになろうが、
それはそれでとてもすばらしい人生だと思いたい。


158 :モン:2006/08/22(火) 18:59:49
http://www.traffimagic.com/WIPNVMMVOCA/comein/FSJPN?count=-1
http://www.traffimagic.com/WIPNVMMVOCA/comein/FSJPN?count=-1
http://www.traffimagic.com/WIPNVMMVOCA/comein/FSJPN?count=-1


159 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/22(火) 20:03:08




なぜ、大事な人の所在を、外人や風俗嬢に頼む?


160 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/22(火) 20:05:01




なぜ、大事な人の所在を、外人や風俗嬢に頼む?


161 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/23(水) 14:10:13
なかなか日本でプロの画家になるのは難しいです。
日本ではプロの画商がおこなう販売の為のアートフェアーが少なく(皆無といっても良い)
作品の発表の場が公募団体が主体の上下関係で作品の優越がきまる場所がほとんどだからです。
日本での著名公募展の上位の作家はまるで販売する事が美に対する悪とでも言いたげな作家が多い。
ただそう言った作家の実態は元々が大金持ちか、弟子に指導料やお手本代、入選した時のお礼と言われる日本独特のお金の動きで
潤ってる作家が多い。
欧米ではスイスのバーゼル・フランスのフィアック・ニューヨークのアーモーリーショウを初め小さな一都市でも
規模の大小はあれ当たり前ように美術の見本市が開催されコレクターや専門家だけではなく、一般の人に
作品をアピールして販売をしています。
ゴメーン 長くなってしまった。
もっと内情や海外の事情、海外での作家の販売方法の一部を今度レポートしますので何か質問があればお願いします。

162 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/23(水) 21:15:05
そんなこともう既に知ってるからいいよ

163 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/23(水) 22:08:59
>>161
親切にありがとう
でも何か違うな
海外ならアートを売って生活していく方法は
大変だけどいくらでもチャンスや道筋?が見つけられると思う。
困難なのは日本で絵画を志して
さて
どうやって絵を売るかということよ。
個展、公募展、ヤフオク、どの道も
将来の約束も希望も見出せないのが不安ですよ。
多分、多くの現代美術の作家達についていえば、
いい作品を描いても、評価もされず売れもせず、というのがほとんどです。
アートフエアを開催したぐらいでは、現状の大局は不動です。
どやって食っていこうか
は解決不可能な嘆きでもあるのだ。




164 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/23(水) 22:52:04
解決不可能っていうか…君にその道が見つけられないだけだろう。
現に現代美術作家でも作品のみで食っていけてる人達もいる。もちろん多くはないが。

165 :163:2006/08/23(水) 23:22:56
>>164
はい、そうです
でもなんとかやっていきます
菅木志雄さんや関根伸夫さんにあこがれています。私は絵画ですけど。

166 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/24(木) 00:26:15
不可能なんて思ったらいかんよ?
健康で長生きして描き続けようよ

167 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/24(木) 02:57:34
>>163
ところで163は、個展、公募展、ヤフオクなどやってきたのですか?
なんかマイナス面ばかり見てない?
自分は全部やってきて失敗も成功もあり、いろいろ学んできましたよ。

>>海外ならアートを売って生活していく方法は
大変だけどいくらでもチャンスや道筋?が見つけられると思う。

自分もヨーロッパでそれを探しましたが、見つからず
けっきょく日本の方がお金があり、絵で食ってきやすいと実感してます。

画廊がやんなきゃ自分で売り込めばいいだけで
無名で売れない時期は花でもなんでも描き、
ペット描きますのチラシをつくり、飲食店に置かしてもらうぐらい
努力とも不可能とも思いませんが。

制作忙しいので、このへんで失礼します…

168 :163:2006/08/24(木) 07:25:23
>>167
絵だけで生活されていうのですね。
お忙しいでしょうが、
ぜひ実体験を聞かせてください。

169 :163:2006/08/24(木) 07:30:09
>>167
絵だけで生活されているのですね。
お忙しいでしょうが、
ぜひ実体験を聞かせてください。
私は対人関係がにがてで
いろんなことになかなかふみきれません。
これは私の個人の問題で、
絵を続けていくにはそ
んなこと言っていられないと近頃思います。


170 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/24(木) 12:06:10
売ることしか考えていない自称画家はしょせん無理

171 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/24(木) 13:06:17
絵描きが絵をお金に変える事が
なにか汚い事のように思われる風潮がある。
個展でB2のパネルにした絵を
1万円で売ったら

「そんなに安くていいんですか!?」といいながら
「大家になったらふんぞりかえって高いお金を取る
絵描きが居るしねぇ」

と言われた。

それなりの価値を認めるなら
それなりの値段を払ってほしい。

こちらもボランティアだけで絵を描いてるわけではない。
生きていかなくてはならないんだ。

しかしそうやって
絵でお金を得ようとするのを否定するのは何故なんだ?

絵描きはアーティストでもあるが
職業の1つだ。

172 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/24(木) 14:51:15
>>171
その程度で考え込んじゃだめだ。
もっと自信をもったほうがよい。
でも絵描きって信用のない職業だな。
というより職業として成立しがたい。
きっと強い意志と才能はどうしてもひつようだな。
売れている売れていないで
その画家を判断してはだめでしょうね。
でも世間はそこでしかわからない。



173 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/24(木) 18:28:54
最初から言い訳用意してるやつには無理

174 :171:2006/08/24(木) 18:50:47
>>172
ありがとうございます
今後も続けて行きますよ!

>>170=>>173?
何か絵描きに恨みがあるのか?

175 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/24(木) 19:31:51
励まし以外の意見には食ってかかるんですね。
そんな態度じゃどこでも通用しませんよ。正直な話。

176 :171:2006/08/24(木) 20:14:03
>>175
>>170他の発言内容はともかくとして
その箸にも棒にもかからぬものの言い方に対して意見を言ったまでです。
この言い方では単に発言者がここでストレス解消してるように
読めても仕方ないのでは?

まぁ、スルーすれば良いだけのことでしたがね。。
しかし
売る事だけ考えて成功している商業アーティストだって
存在すると思う。
私は売る事だけ考えているわけではないが
どうしたって売って絵を続ける資金が欲しい。生活も潤わせたい。

ただし「最初から言い訳用意してる人は無理」には同意します。

177 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/24(木) 20:36:37
>>170
>>173
>>175
同一人物だろうね
経験がこういう発言を生むのだろうか
現実のきびしさを知っているからなのでしようね
もりあがるからいいよ


178 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/24(木) 21:14:21
つうかただの現実を述べているだけでしょ
夢と希望だけ語り合いたいならここよりMIXIやブログの方がいいよ

179 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/24(木) 21:17:36
「絵描きってなろうと思ってなれるものじゃくて、なってしまうものなんだ。
なろうと思って努力して描いてる人間は、その時点でもう違う」
美術評論家に以前聞いた。

180 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/24(木) 21:17:54
現実かぁー(苦笑
そうですね、世の中甘くない。

というところで長尻上げて描いてきます(笑 ノシ

181 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/24(木) 21:23:47

お前が忘れてることがひとつあるぞ

ヒント ムサビ卒 片足(自殺未遂 
B●載ったことがあるが自慢


182 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/24(木) 21:33:10

ちがうって
>387と知りあい

183 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/25(金) 08:10:56
>>179
「描かずに居られない」時と
絵で身を立てなきゃ、と思って無理やり描く時がある。
矛盾してるようにも思うが
今の私の現実はそんな感じです。

>>181
なんですか、それって?? 検索しても分かりませんでした。

184 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/25(金) 08:54:10
本当に素晴らしい作品なら周りが放っておかないと思う・・・

185 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/25(金) 13:34:21
すばらしい=絵がうまい?
いやいや、ひきつけるものがあるという事
万人受けするか、自分と好みの合う人に評価してもらうか?
むずかしいよ、それ。

186 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/25(金) 19:32:13
また言い訳かよ!

187 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/25(金) 21:09:10
絵画は、自分と他人との、相互評価で成り立っている。
体力と気力がないと続けていけない。
自分も、美大を出たが、出ただけ。他の者も、卒業と同時に折角勉強した、絵画制作を僅か、2、3
年でやめてしまい、全く関係ない、営業や製造業あるいは現場作業員になっている。
実際問題、仕事で体力を使い果たして、家へ還ってから描こうと思っても、睡魔に襲われて、アウト!
情けない限りだ、それで自分は、ついに頭に来て、せめてクロッキーでもと思い、文化センターの
教室に18年ぶりに、一から、絵の勉強をしようと思って、通いだした。2年半位したら今度は、会社
が休日変更を行い、それさえもできなくなった、他の文化センターでは曜日が合わない、(どれだけ
さがしても)こういうことで、どれだけ続けようとしても、周りが許さないことがいくらでもある
断腸の思いとは、正にこのことだ!こうなってくると、周りが憎たらしくてしょうがない。
自分のしたい事、たった1日のことでさえも許されないのか、というおもいが募って逆上寸前!
日本の社会は絵を志す者を断ちきるのか!どういうやつらだ!文化国家とは茶番だ
もう、仕事も、やめようと思っている。

188 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/25(金) 21:36:34
絵画において、思想性や技術力は作家自身の表現として評価されなければならないが
商業主義という経済的な観点が、表現手段としての作家の訴求を遥かに超えてしまった時には
商品相場としての意味しか持ち合わせなくなる。要するに画家は、価格つりさげの(取引相手)
としか見なされない。(画家の内的な、不安定な、傑作と駄作の格差の激しい作品群を一定の価格
で量産しようというのも、土台無理だが)
工場で大量生産される、車や家電製品の様なわけには、いかない。安定した品質で、全てが、傑作なら
そうではないが、そのあたりの、兼ね合いが、意見の割れる所だろう。裏をかえせば、そういう不安定
な(商品)だからこそ、価格もまた格差が大きいともいえる。

189 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/25(金) 23:37:31
>>187
そこまで赤裸々に語らなくても・・
同情すべきか笑うべきか
冷やかしたいが言葉がでない

190 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/25(金) 23:55:59
>>188
何を言いたい?
価格の格差の原因や理由をきかされても
どうやって絵を売っていこうか
思案している当事者にとって
何の参考にもならん




191 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/26(土) 00:12:51
>>187
仕事で疲れ果てて、平日の帰宅は ほぼ午前様でも休日に頑張って、一年がかりで
大作描き上げて公募展に出品している人を知っているよ。やる人はやるんだよ。

192 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/26(土) 08:07:02
>>181
あなたではないよね。
あなたは傍観者。

193 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/26(土) 08:15:04
ひねくれた女だな〜w

194 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/26(土) 13:39:59
画廊も一般人も絵画に対する評価は画家の入選、入賞歴で評価しておる。
絵画は作品で評価すべきだが
公募展(展示会)の場合、美術界特有の審査に差別、コネ、賄賂等がはびこっている。

195 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/26(土) 20:58:05
>>194
まあそうですが
知人に輝かしいほどの入賞等の画歴の人がいるけど
やはり売れない。
公募団体の内部でいくらちやほやされても
外にでれば売れないことにはかわりない。
売れるのは<大衆むけの綺麗な絵>を描くことに長けた画家だけだ。
(こういう言い方しか出来ない。大衆を侮蔑しているわけじゃない。)
絵画に装飾品としての価値が優先されているかぎり、
なにかそうではない本物の絵画?は苦難の道になる。
多くの人々が絵画に装飾的な見方以外の
たとえばリアリティ(感性に訴える現実的な力)
を普通に感じとるようになるまでには
何十年もの先に思える。


・・・だんだん憂鬱になってきたからやめるよ


196 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/27(日) 02:40:44
>売れるのは<大衆むけの綺麗な絵>を描くことに長けた画家だけだ。

どこの限定された世界の話?団体にしか関わってないんじゃないかな。
企画系の現代美術のギャラリーに行ってごらんよ。そういうのの対極にあるような
絵でもちゃんと売れてるよ。見てる方向が狭いんじゃないかな。

197 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/27(日) 07:17:08
>>196
どこの画廊?
金子アート?
売れてる現代美術の作家って誰?
奈良美智や村上隆や菅木志雄や関根伸夫の等の
他だれでも挙げてください

198 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/27(日) 09:36:20
----------糸冬了----------------

以上、金のことばっか考えている皆様による、素晴らしい芸術討論
でした。お疲れさまです\(^o^)/

199 :シャア・アズナブル ◆RAIDEN/jf2 :2006/08/27(日) 15:59:14
人間の営みが続く限り、芸術が無用なものとならない限りは、
続けるべき話題だと思う。




200 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/27(日) 16:35:42
>>198
お金が無くても生きていけるのか?

201 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/27(日) 18:04:21

お金が無くても生きていける=金のことばっか考えている皆様

という低知能的感覚が解せない



202 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/27(日) 19:05:23
現実にお金がなきゃ生きてけないだろ。
>>201は意味不明だが。
1度でもそれで生活(てめえ一人のでも)を支えた経験があれば
お金と芸術を切り離して考えること自体「負け」と感じてしまうんだ。。。

203 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/27(日) 20:21:38
>>196
銀座の現代美術系の
貸し画廊や企画画廊の低迷はすざましい。
90年代はまだやれるという我慢がかんじられていたが、
いまやどこの画廊がつぶれてもおかしくない。
売り絵専門の常設画廊も例外ではない。
なんとかがんばっている画廊もあることはあるが、
売れる現代美術の作家をを探すのは困難だ。
少し売れても、それが話題になるくらいだからね。
少し売れているなら、ここで宣伝してあげたい。
名前をあげてね。

204 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/27(日) 20:59:08
カネコアートが出る時点で終わってる‥
そんなとこに現代美術コレクターは行かないよ

205 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/27(日) 21:51:07
生活があぶなっかしくていい絵が描けるのか?
誰が買うんだ?
絵を描く以前の問題、誰か金持ちに生活費をもらったら?
安定した生計がないと、心理的な不安感が作品に、露骨に出る。
それとも、ぎりぎりの生活状態で傑作でも生まれるのか?

206 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/27(日) 22:12:54
後がない時の切迫感とは対極的に制作のための恵まれた環境があった方が
いい作品が生まれるとか、はたまた時間に余裕がないとダメな人もいれば
期日ギリギリの緊張感に包まれないと力が出ないとか、
個の性質もあることだし一概に決めることは出来ないよ。

207 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/27(日) 22:14:09
芸術的に高尚なものを描いても、実際売れんかったら、何の意味もない!
その辺は冷酷な迄に、自分を突き放す必要がある
いいか、買う方の立場に立って考えてみよ。


208 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/27(日) 22:17:34
絵を、売りたいんだろう?
だったら、買ってもらえる絵をかきなよ。
簡単なこと。
売りたくないのか?

209 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/27(日) 22:22:18
そこが難しいところなんですね。一元さんはごまかせても、
今後長い目で支えてくれる目の肥えたコレクターは、買い手に擦り寄った風の絵
や作家のそんな心変わりを見事に察知して嫌がるものだったりするし。

210 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/27(日) 22:40:36
描く以前に心情的不安要因のごたくを、ああでもないこうでもないと言い出したら
永久に、迷い続ける! 若し、運良く買い手に恵まれたら、大事な得意先なんだから
関係が、崩れない様に、又、次も買っていただけるように描くだけだ!
芸術性だの思想性だの、そういう屁理屈は二の次三の次!
時間をかけて、相手に理解してもらうしかない。
それからで十分!
優先順位は、「気に入って買ってもらう事!」そしてそれを積み重ねて実績とする事だ。
違いますか?

211 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/27(日) 22:47:15
210が仮に世間に知られた画家であれば、209あたりはより世間の実情を知る
少し上を行く画家のような気がしてくるのは俺だけか?。。

212 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/27(日) 22:58:31
(場 数)を、踏んで自分のものとする事だ。
それ以外の人生もいくらでもある。
自分で決める事だな。どちらにしても、信頼関係でこの世は成り立っている。
他の職業でも、大して変わらんだろう。
実行してからだ。

213 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/27(日) 23:03:22
鑑定団スレで聞いて場違いだといわれましたが
「田舎へ沈める」という業界用語ですが
英語では何ていうのでしょう?
向こうの業界用語知ってる方教えてください。


214 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/27(日) 23:21:41
でもここには少し売れてて苦労しているが画家と
全然売れない若い未知数の画家がいるが
優れた画家はいないようだ。
売れようと売れまいと
本当に描きたいものを追求しようとする
たとえていえば
アマでもなく
プロでもないような画家
そういう人はいないようです。



215 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/27(日) 23:24:43
悲観してもそんなスレのようだから仕方ないでしょうねぇ。



216 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/28(月) 00:36:59
売れる絵を描こうなんて思ったことない・・・
描いてたら機会があった
それだけ

217 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/28(月) 01:23:19
売り目的ではない、
純粋に絵を見てもらいたくて個展して
1〜2枚毎度売れる感じ、を続けていた。
生活が成り立ってたらそれでもいいと思っていた。
だけどいつまでもそんな暢気なことは言ってられない。

それに「プロ」としての自負も欲しいのが本音だ。

だから公募とかにも出したりする。

それは一概も無く自分の絵に
「眼に見える(値段としての)」価値を感じたい

そんな欲があったからでもある。

しかし
希求して描いたものには自然と絵を愛してくれる人たちが現れる。

そんな絵を描き続けたいが為にも
自分の筆でもって

「絵で食べていく」生活がしたいと思う。

その「人に愛してもらった絵」は
あまりに大切で手放せなくなるのが困るけどね。(苦笑。

理想は「愛される絵」を
量産できるセンスと技術を得る事だと思う。

218 :217:2006/08/28(月) 01:28:03
最近は絵を展示のために
「貸して欲しい」と言われるようになった。

しかし無料で  orz。

でもこれもチャンスの1つかとも思うし
絵を描く本来の目的には叶う事なのでその話を受けています。

219 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/28(月) 08:41:15
>>217
あんたはいつかプロになれる。
でもいつか画商にふりまわされる。
まあそれでも
あんたが本望なら頑張ってください。

220 :217:2006/08/30(水) 00:13:33
>>219
ありがとうございます。
本日地元の企画画廊の情報が手に入り
自分の絵に明確な値段がつく、と言う魅力に惹かれ
チャレンジしてみようと思いましたが

よく考えてからにしてみます。
アドバイス感謝致します。

221 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/09(土) 07:14:35
東海地方S市のIという画家の作品を駅前の百貨店で義理買い(断れない友人の顔で)
をした。Yという女性演歌歌手の先生(実際はゴーストライター?)なんてことを
肩書きにしているらしい。
特別好きで買ったわけでもないのでネットオークション
に出した。2年前に6号の作を40万前後で買ったのに20分の1以下の値段しか
付かない。面白いことに同じ作家の絵が私以外の方からも
出品されていた。こちらも同じ位の価格だった。
趣味嗜好のものはこんなものなのかな?こういうものは
保証も何もないものだろうか。百貨店も信用できないなって
感じ。




222 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/09(土) 15:24:47
海外って部屋広いし、家もでかいから絵を飾ってる家がおおいけど
日本は狭いから、絵飾ってる家すくないよね
ちっちゃい版画とかポスターばっかり
昔から日本の庶民は絵を飾らない文化なのかな?
アジアは絵画より陶芸とか工芸品を好む人が多い気がするんだがどうだろう?
文化のちがいなのかな?

223 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/09(土) 15:33:12
>>222
襖絵や屏風、掛け軸などあるし、庭園美などは部屋を額縁に見立てたり
するから、本質的に美意識は高いものがあるよ。

たぶん今の日本人の多くが心のゆとりが取れる時間を失っているからだろうね。

224 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/09(土) 15:35:57
>>223訂正
×部屋を額縁に見立てたり
○窓などで空間を切り取ったり、部屋からみる風景で季節を感じたり

225 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/09(土) 15:36:44
キリスト教圏は昔から宗教画をどの家も飾ってたから
絵を飾る文化が根付いてるんじゃない?

226 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/09(土) 16:39:29
日本の農民は絵を飾っていたのか?

227 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/09(土) 19:36:54
紙自体貴重だったのでは?

228 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/10(日) 00:22:20
飲食店とかは必ず絵があるけど
どこで買ってるんだろ

229 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/10(日) 08:22:09
俺は半分画家だけど、アトリエの作品を自宅にに飾らない。
絵なぞ壁にかけた事ない。なぜなんだろうと思う。

230 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/10(日) 08:25:46
絵は部屋には飾らないなあ
なぜなんだろう
自分で描いているのに


231 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/10(日) 11:47:36
>>228
インテリアの内装関連の一つとして分厚いカタログの中にプリント
ものも掲載してるよ。絵を飾る行為自体は存続してるってこと。


232 :Tanabe:2006/09/11(月) 18:33:41
>紙自体貴重だったのでは?

伊達正宗が支倉常長一行をヨーロッパに派遣したのは、江戸時代初期のこと。その時のこと
について、パリの国立図書館にはこんな記録が残されています。
「日本人たちは、紙で鼻をかむとその紙をすぐに捨ててしまった。見物人たちは、その紙を
拾い集めていた」。日本では、紙が日用品として普及した室町時代のころすでに、薄いが引
っぱりに強く柔軟な吉野紙などが「鼻紙」として使われるようになっていました。 しかし、
ヨーロッパではまだまだ紙は貴重品で、上流階級はハンカチで、庶民は手か服の袖で鼻をか
んでいたとか。 ですから、鼻をかむために紙を使い捨てる、という習慣が非常にめずらしく
ぜいたくに感じられたのでしょう。
ちなみにこの支倉常長の鼻紙ですが、ローマの博物館に今も保管されているそうです。
http://www.printout.jp/guidance/topics/b10_11.html

233 :Tanabe:2006/09/11(月) 18:40:26
>>225
日本は欧州よりもいちはやく町民文化が華開いたのは歴史の事実。
多色刷り木版画が発達し庶民が役者絵や風景画を買うのがごく普通のことであった。

234 :Tanabe:2006/09/11(月) 19:57:31
>>228
絵画のリース業者っていうのがある。

235 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/11(月) 20:04:02
日本でも庶民は手か服のすそで鼻かんでただろ?

236 :Tanabe:2006/09/12(火) 00:47:42
>>235
だからといって武士の鼻かんだ紙をありがたがって拾うこともなかっただろう。

237 :Tanabe:2006/09/12(火) 00:53:26
>>197
西村画廊は売れっこ抱えているでしょ。
舟越桂はあまりに有名だし、小林孝亘も売れてそう。

238 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/12(火) 01:05:21
ミヅマ
小山登美夫
ナスタロウ
その周辺のギャラリー

相当売れてる

239 :Tanabe:2006/09/12(火) 01:11:04
>>238
ミズマって売れてるの?
唯一売れてそうな平成の大和絵師・山口晃もアトリエが貧乏ぽかったけど。

ギャラリー小柳は儲かってそうだね。ただ、どうしようもない作家もいっぱい展示してるけど。

>小山登美夫

だから「村上隆一派以外で」という条件なんだってば。

240 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/12(火) 01:43:59
>>237
195じゃないけど、そのへんは<大衆向けのきれいな絵>じゃないの?

241 :Tanabe:2006/09/12(火) 03:41:27
>>240
品の良さがありますね。もっとコンセプチュアルじゃないとダメですか?
ニューヨークでもなけりゃそういう(ex.インスタレーション)って売買っされないんじゃないの?
小林孝亘は絵が途方もなくドデカイから現代アートですよw 図版でみるとイラストぽいけど。
他にも鴫剛や町田久美やきわどい作家を推してるし。

242 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/12(火) 13:48:14
山口晃が貧乏なわけないでしょう!そういうスタイルっぽく見せてるだけですよ。
天明屋尚も売れてますし、VOCAの小西真奈も日野之彦も完売ですね。
ちょっと目立ってきた若手の個展は赤丸だらけですよ。

243 :Tanabe:2006/09/12(火) 15:50:58
>天明屋尚も売れてますし

ちょうどMIZUMAで個展やってるところだね。
売れてるかどうか知りたいな。

244 :Tanabe:2006/09/12(火) 21:08:36
>>242
山口晃、売れてました。
http://www.artbazar-jp.com/sub/project02/003.php
◆現在、気に入っている作家さんはどのような?
◇10年ぐらい前の方向転換しているので、はやり若手の作家さんになります。
 少し多くなりますが挙げてみましょう。頭に○が付いてるのは作品を持っている作家です。
 ○川城夏未、○加藤泉、山口晃、○真島竜男、斉藤芽生、○谷山恭子、小谷元彦、○山内崇嗣、
 ○窪田美樹、田中偉一郎、○杉原民子、○赤木乙恵、紺泉、○門倉直子、○ナバス、○林由未、
 ○成瀬僚、○藪下育絵、○ソフィー・リケット、○与那嶺大智、○山口智子さんたちです。
 もっとも山口晃さんかは、買いそびれたら、あっという間に高くなり、なかなか手を出せなくなっていますね。

245 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/16(土) 17:04:29
路上で絵を売ろうかと思ってます
で、先日某駅前で路上をやってた方に話ん聞いてみたんですが、路上で気をつけなくちゃいけないのは警察とヤクザって言われました
なるべくならトラブルに巻き込まれたくないです

僕は川崎市在住なのですがどこか路上するのに良い所とかありますか?

それともトラブルは、覚悟してやらなきゃならないですか?

246 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/16(土) 17:18:24
>>245
路上相場って高くて1000円くらい?

247 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/16(土) 18:59:33
そうですね

お金儲けが目的じゃないんでもっと安くてもいいかもしれません

248 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/16(土) 20:49:23
>>245
フリーマーケットから、やってみたら?
知り合いができると情報もあるだろうし。合法的だし。

249 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/16(土) 21:29:51

京王相模原線の南大沢で仕事もしないでショボイ絵を売っている親子がいるぞ



250 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/16(土) 21:50:48
【社会】 "ミラーマン"植草容疑者「事件、警察のでっち上げだ」 駅では「植草じゃない?」と5分ほど“さらし者”に★8
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1158400175/

251 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/17(日) 03:55:14
深刻さと業者の嘘が混ざったスレだな・・・・

252 : ◆RAIDEN/jf2 :2006/09/17(日) 18:08:31
>> でもここには少し売れてて苦労している画家と
>> 全然売れない若い未知数の画家がいるが
>> 優れた画家はいないようだ。
>> 売れようと売れまいと
>> 本当に描きたいものを追求しようとする
>> たとえていえば
>> アマでもなく
>> プロでもないような画家
>> そういう人はいないようです。

半分くらいまでは自分の力で悟りを開けて、
半分くらいは他人の力を必要としている、
そういう人が多いのだと思います。

だから、私にここで出来ることは何かと考える。


253 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/17(日) 23:32:07
>>252俺の知るかぎりそんな考えで成功した画家は一人もいないよ

みんな売れたくて絵描いてたに決まってるし生活のために描きたくない絵描いたりしてたんだ

本当に描きたいもの追求するのは大切なことだしプロフェッショナルとアーティストは違うものだと思うけど、だからプロにならないアマでも無いってのは俺には甘えにしか聞こえないね

254 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/17(日) 23:56:43
描いた絵が売れればいいなとは思うが売れたくて描いたことはないなあ

255 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/18(月) 00:19:49
時代が違うと言われたらそれまでだけど、結局今の人たちはハングリーじゃないのよ
絵が売れなくても生きてく方法がいくらでもあるからね

もちろんハングリーだから良い絵が描けるってわけではないけどね

256 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/18(月) 00:46:03
ハングリーでない状況で絵を描く行為ってすごいことだと思うがなー

257 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/18(月) 05:32:57
>>256
きみのその無知蒙昧さが若さゆえであることを祈るよ

258 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/18(月) 11:50:17
ここで書いてる人たちのハングリーって意味は多分短絡的に金のことでしょうね。
ハングリーって金のことだけでははなく、創作意欲の研究、探究心にも当てはま
りますがね。プロになっていった作家の自己追求はアマ以上に貪欲ですよ。
もちろんプロアマいずれも気の抜けてしまったのもいますが。


259 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/18(月) 12:14:36
僕が思うハングリーっていうのは、ようするに人生かけてるのかってことです

もっとも僕もハングリーじゃない一人です

…情けない

260 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/18(月) 12:18:00
…情けない

なら、何かしろ

261 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/18(月) 12:50:13
根性論ですか。それとも誰かの聞きかじりか


262 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/18(月) 13:30:43
売れない絵は売れない。

売り込もうとしない作家は売れない。

263 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/19(火) 00:21:29
自費で個展やろうと思ったら、予算どれくらいいるんだろう?

264 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/19(火) 00:38:36
仮に銀座の貸し画廊を利用するなら場所にもよるが5日間で20〜30万くらいかな。
調べればすぐ判ると思う。ほかに制作費以外にはDM作成と郵送費諸々。

265 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/19(火) 10:47:47
仮に、制作依頼があって、自分の不得手な物を描いてくれといわれた時
これは、描けませんとか描いた事がないとか、そんな言い訳は一切通用しないぞ!
そこが、プロと趣味の境界だろう。
次からは、依頼がなくなるだけだ。

266 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/19(火) 10:55:20
自分の甘えた心と戦うことだ
自己自身の怠慢に勝利できれば、どんな仕事でもできるだろう。
別に、絵以外でも同じことだ。

267 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/19(火) 11:35:03
 逆。人と甘えて、思いやりやかかわりの大切さを知る。
怠慢はハードルとして当然存在する。

268 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/19(火) 11:43:37
自分の甘さを自覚しろ

269 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/19(火) 21:47:21
仕事では、自分を突き放す。
他人には、思いやりを。
自分を突き放せる深さが深い程、しんどいので結果的にそれは他人の痛みがわかることになる!
谷底から山を見上げる様なものだ。

270 :Tanabe:2006/09/19(火) 22:17:03
>>265
プロなら苦手なモチーフも書くだって?
それはカンプライターだろ。
世間に絵描きはたくさんいる。自分の苦手なものまで手をだすこともなかろうに。
描き手の買い手も誰も幸せにはならんよ。

271 :Tanabe:2006/09/19(火) 22:22:03
誤:描き手の買い手も誰も幸せにはならんよ。
正:描き手も買い手も誰も幸せにはならんよ。

272 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/19(火) 22:28:51
独立する以前に、しっかり力量をつけておくことだ
収入も違ってくる (あたりまえ)!
本人次第。

273 :Tanabe:2006/09/19(火) 23:13:00
>>272
独立って何からの独立を言ってるの?画家に独立ってあるものなのか?
お弟子さん制度っていmでもあるの?

274 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/19(火) 23:38:59
正規とでもいったらいいのか....
とりあえず 美大で就職せず助手にでもしてもらうことだ
教授の所属する公募展に出品して名をあげていくことだ
何回も繰り返し名前を覚えてもらう(当然実力も評価される)そして何処の美大かということも
独学では、なかなか..
意外と美術は学歴社会で、個展の葉書には大抵、美大名が書いてある。
東京芸大か武蔵野美大が大半で日展か光風会あるいは二科会。
其の中での「人事異動」にすぎない。
東京都内が圧倒的  これが現状。

275 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 14:12:03
265
普通は描けないものを無理に描かせるより、その画題を上手く描ける画家に依頼
しますがね。そこで何でも仕事を飲んで画商と絵描きの立場を崩すと逆に足元見
られますよ。描けないものを描くことで画家の質の低下と見られますし。よほど
お抱えの作家のジャンルが狭いんでしょうか。それとも可能性を試されているの
でしょうか。
他に仕事がないとか取引がその画廊だけで関係が浅いなら個々に判断してください。
それにしてもこのところ随分凝り固まった観念のレスが多いですね。個人でしょうが・。

276 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 14:43:00
>>274
芸大か武蔵美で助手をやるんですか。。都内に住まざるを得ないね。。
光風、二科まとめて日展なんですが・・まあ、つまり助手を経ながら日展系に出品と。。

やり方の一つでしょうが・・なかなか香ばしい。。


277 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 17:51:37
例えば、画商さんがこの作家をこういう風に育てていきたいみたいな思惑で仕事を持ってくるなんてことは無いんですか?

278 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 17:55:39
キモス

279 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 17:55:42
受け身なんですね〜

280 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 18:13:35
いやいや、そういうことじゃなくて

そういう時でもこれは自分には向いてない仕事だったら断るべきなのかな?って

281 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 18:34:18
画商さんの意見を聞きたい

282 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 21:19:12
実は画家本人、やりたいかやる気が今イチか、最初に直感的に分かるもの。
次の瞬間「挑戦」とか「可能性」とかの言葉があんたを揺さぶるってわけだ。
そしてまあ取りあえず、と1度やってみる。本人的には楽しくなかった・・
しかし意外にも好評を博す。さ、どうします?

283 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 22:50:51
それはまさに時々出くわす課題ですね。
長い目で見守ってくれている画商からの、新たなる可能性の提示(これが
必ずしも成功するとは限りませんが)だったら綿密に打ち合わせして自分
の気持ちも正直に吐露しますね。お互い納得の上で行動に移します。
しかし、まだまだ関係の薄い画商で作家の立場が弱い場合はどうでしょう。
多分、一度は好評を博したとしても同じ流れでの作品発表は精神的に長くは
続けられませんね。

284 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/21(木) 00:43:39
>>274
ファインの業界のごく一端しかご存じないようですね。
確かに学内上位者(あくまで教授の採点)は学閥を利用して教授が属するコミュ
ニティに入り込んでいくのはアーチストへのひとつの道でしょう。
教授から理解されずともほか多くの能力者はしっかり露出さえしていれば美術
商は見ています。ただやはり横のつながりのない画廊界隈を歩く労力を惜しん
で公募展のチェックで済ます美術商は多いんですよ。


285 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/21(木) 01:20:26
>>274
二○に日○ていつの時代のお話でしょう。。

あと助手になるのはやめたほうがいい。
と教授が仰っていました。
助手さん本人にはおそらく言わんだろうけどね。

286 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/21(木) 01:37:09
○科や○展って今どうなん?権力は健在?
なんだか既に腐ってるイメージあるなー。

今は自己プロデュースの時代に突入していると思う。
今はエレベーター付ピラミッドの時代ではないであろう。
昔からある団体も柔軟に意識を改新すべきだろうよ。


287 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/21(木) 03:23:48
その改革っていうのは知名度のある団体のいくつかは危機感を抱いて試行錯誤
を始めているので、漠然と全体を腐っていると考えるのはそろそろ古くなるか
も。 ま、しかし今のご時勢に沿うように改革が進んでも団体としての弊害は
つきものでしょう。「自己プロデュースの時代に突入」って・・今に始まった
ことではないでしょう。。学生さんの妄想ですか?


288 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/21(木) 09:21:02
どうして助手になるのは良くないのですか?
芸大院卒、非常勤助手、非常勤講師、助手は画家のエリートコースだと
思うのですが。

289 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/21(木) 12:34:10
順不同ですが、まあ確かにエリートコースだな。
そのパターンで画家=教授は10年に一人いるかどうか。
画家というより権威主義でステイタスが欲しいならそれでもいいんじ
ゃないですか。動機がどうであれね・・。
周囲の目を気にせずに欲望を表に出してアピールしていけば?




290 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/21(木) 16:19:10
けっこう大学内では白い巨塔みたいになってるんでしょうか?
288です。芸・美大出てないので初歩的な質問ですみません。


291 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/21(木) 21:13:57
このスレッドは「どうやって「純朴な画家」になろう?」
じゃなくて「どうやって売っていこう」だから助手になる
ってのも一つの道でしょう。
例えば同じ絵を大学助手の経歴を出して売るのと
そうでないのでは、やはり経歴を出した方が売れるでしょうね。

292 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/21(木) 23:02:14
ただあれだね、
売り出すためにどんな手段使っても構わないと思うけど、
そこで作品の質が悪かったら行く末は落ちるだろうな。
当り前の事だけど。

293 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/22(金) 10:03:21
249
    南大沢の路上画家、本とにショボイ絵ですね。
    凄く同意。あれで売れるのかね。
    1度も買ってる人見た事ないけど。

294 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/22(金) 17:10:44
>276
>光風、二科まとめて日展なんですが・・

???????

295 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/22(金) 17:17:13
友人か、親戚で画商でもいればまた違ってくる。
或いは画商の自宅に、直接売り込みにいく!

296 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/22(金) 17:19:03
体当たりでいくことだ

297 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/22(金) 18:48:09
>>294
一水、東光、光風、白日とか日展系だったかな。
うしろだてなく日展だけに出してる人もいるのかな。

298 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/22(金) 19:50:17
先生方に見せないと入選出来ないらしい。
日展は。 他も多いらしいけど

299 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/23(土) 21:48:18
>294
二科は日展とはちゃうわなーw

300 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/27(水) 11:32:04
>297
示現会もだよね

301 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/27(水) 19:49:47
結局、公募展からしか販売には繋がらないという話か?
なんか、不透明な感じでいやなんだよな。
自分で営業とかやってる人っていないのかな?

302 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/27(水) 23:07:46
逆に考えて例えば気に入った絵が20万だった場合
無名の実績もない画家の絵にそれだけ払えるかって話だ。
やはり普通の収入の人はその画家の実績やら確認するんじゃなかろうか?
コンクールでたくさん賞をとったり、団体公募で認められていたりしたら
それだけ安心でしょ?
実際個展やると見る方はそんなのばっか気にしてるし。
まあ何歳になっても破格値で売っていこうってなら別だけど。


303 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/27(水) 23:27:45
プッ

304 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/28(木) 00:30:53
悲しいけど、人は権威にお金を出すところありますよね。

305 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/28(木) 00:47:58
美術品を買うという事は一種の投資だからな。
投資する価値がはっきりわからないものに誰が投資するだろう?

おばあちゃんが孫に小遣いあげるのとは全然違うからな。

306 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/28(木) 01:08:53
大学の先輩の個展見に行った時、知らないおばちゃんが
「あなたも日展に出せるようになれればいいのにね」
って言ってたw二人で苦笑い、、所詮そんなもの。

307 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/28(木) 13:33:55
一昨日の朝日新聞に特集あったね
十万以下なら買いたい人が増えてるって

歳食っても自分の好きな値段つけてて、売れね〜って言ってる人は
変なプライド捨てられるかがポイント鴨

308 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/28(木) 23:23:40
>>306
院展とか日展ってブランドだもの、入選している人達だってアカデミックな
ちゃんとした修行を積んで積んで積みきった、その後から出てきた個性?みたいな
ものをちゃんと出していて。見るほうも安心して?見れるんじゃあないーーー?
だから安心?して買えるみたいな?。そして百貨店での売買を牛耳ってて。
日本って本当に そんな感じの国、それで異端者を海外の誰かが評価したら
フーーーーン又、凄いとかいって勲章をあげるおめでたい国。


309 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/29(金) 00:00:23
>>308
>フーーーーン又
フーンヌと読めばいいの?

310 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/29(金) 08:27:23
誉めた奴↓
http://www.iasart.com/international_artists_fine_art_gallery/italian_artist_cristiano_rimassa/the_time_refound_painting.shtml

誉められた奴↓
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n32387321

311 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/29(金) 19:12:05
>>310
誉められた奴
の作品の開始価格が3億円もあれば7万円もある。
絶対うりたくないなら
せいぜい100万円にしとけばいいものを。
ま自由だけど。





312 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/29(金) 19:49:25
こらこら
ttp://cinema-magazine.com/old_page/kako/kakogazo/kim.jpg

313 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/29(金) 20:32:01
>>309
フーーーーン(そういうものも有りですか?)又、(まぁーそういう
のも有りにしましょう、西洋人が評価して下さったから凄いという事でしょう?)
という意味です。(笑)

314 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/04(水) 02:49:04
来年の3月に会社を退職します。10年ぐらい前から今まで主に現代美術を数十点余り収集してきました。主に東京近辺の画廊で一点平均100万ぐらいで購入してきました。退職後に地方都市で画廊をやってみたいと思っています。矢張り難しいですか?

315 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/04(水) 12:16:01
集めた収集品が奈良や村上ならいいんじゃん。
大もうけ!!

316 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/05(木) 08:39:38
>>314
無茶苦茶難しい
地方都市だとなおさら現代美術は商売にならない
地方都市では
風呂敷画商が地方の名士のコネクションを頼って
というのが一昔の話としてきいています。
いまはいろいろと事情が違うでしょうが
コネクションがないところで
常設画廊をひらいたところで
どうにもならない
どの都市でどのような画廊を開くのか
綿密な計画を慎重に
でないとすべてパーになる





317 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/05(木) 10:12:50
>>314
作家集めと企画力が必要だと思います。
これまでに培ったコレクター仲間を軸に新規コレクターの拡大も。
>>315
寝かせて価値を上げるってか?
売値で購入してるものなら転売しても大した利益は期待できないんだが。



318 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/05(木) 22:06:25
どうやって画商として絵を売っていこう

どうやって画家として絵を売っていこう

日本の現状という穴にはまってでられない
打開の道はあまりないけど
あきらめて楽観していくしかないな
こうなればヤフオクが
商売として成立するように願うばかりだ

319 :482:2006/10/05(木) 22:59:40
現代美術の常設画廊自体が
東京という大都市でもほとんど不可能
なんだから地方都市で成功するはずがない。


320 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/05(木) 23:01:50
>>319
482
は間違いです

321 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 01:09:50
唐突な質問で済みません。

銀座の三越で個展をやって完売する洋画家さんと知り合いなのですが
美大生にの方に「あそこでやらせて貰えるだけで大物だよ!」と言われました。

やっぱり、凄い方なのでしょうか?

のんきに気さくな腰の低い方で
「画家で食べていけるのは凄いなあ」と思っていたのですが。


322 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 01:21:36
あんたと同程度

323 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 01:30:24
どう考えても内心こき下ろしを期待している321よりは上。

324 :321:2006/10/06(金) 01:42:07
???
322>私は絵描きではありません。

323>とてもこき下ろしたいとは思えない良い方です。
   
聞く場所を間違えたようです。2ですしw
奇麗な心の人だから、それが絵にも現れているのでしょうか?

きっと322さんと323さんの絵は売れないよw


325 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 01:57:17
インターネットである画家を検索してたら、タグボートに作品がありました。ここについて知りたいのでよろしくお願いします。

326 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 07:20:47
タグボートって何?

327 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 12:32:04
広告代理店
電○とかの下請け的ポジション
社長がモデルみたいにかっこいいよね(もうオヤジだけど)

328 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 14:11:16
>>314 どのような作家の作品をお持ちですか

329 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 16:40:23
貸しと常設の組み合わせだと画廊は安泰だ。
月2人くらい貸せば運営できるんじゃね?

330 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 17:16:56
確かにシンワにしろCBAにしても落札の状態はひどいね。

331 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/06(金) 19:28:02
>>329
<貸しと常設の組み合わせだと画廊は安泰>
うまくいくかな
常設を現代美術にするのなら貸しもその傾向にするのかな
個展する者は販売も考えるからね
あー
俺は画家なのに
画廊経営の心配してる・・・
勝手にしてくれ
「実際の話、絵をどうやって売っていこう?」
は画家のためのスレだ
問題を持ち込むな




332 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 03:04:12
アート メーターって言う量り売りサイトをずっとみてたけど
展示品をさかのぼっていくと「販売期間終了」って
売れないままさらされるんだね。
これ結構きついな。

333 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 03:23:02
>>332
こんなとこあるんだね
しかしすごい値段だ・・・・

334 :332:2006/10/07(土) 03:36:22
サイト一応貼っておこうか。
http://www.art-meter.com/
ヤフオクよりはマシな気がした。

335 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 08:04:44
http://www.art-meter.com/profile/?ID=000546

この人、他スレでも取り上げられてた。
この値段ならお買い得

336 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 08:16:44
ふざけてるのか!
って作品ばっかだな
こうなっちゃうといい画家は誰もアートメーターに
出さなくなるなw
作品の質はヤフオクのほうがよさそう

337 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 08:19:48
>>335
そこで売れてるのかな?
価格破壊では食えないけど
投売りか?
俺は売れない画家だから
買わない。
買い得なら他で宣伝してあげてください。
俺はこんなとこにはだしたくないなあ


338 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 12:23:32
>>334
ワロタ スゴいレベルだ

339 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 14:23:25
>>335で一番いいのは薔薇だな。
風景は細部ばかり見て描いて、全体の統一感がない切り貼りみたいになってる。

この手の人っているんだよねえ。

340 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 18:23:42
売るには具象描こうかな。
どうしたってやっぱり
具象の方が買い手が欲しがるもんね。


341 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 20:24:34
>>340
俺もその方がいいと思うよ。
描く対象も人物より無難な静物の方が売れると思う。
人物なら、日本人顔は顔の好き嫌いが出やすいから
日本人顔より西洋人顔を描いた方が売れるんじゃまいか。

風景は難しい。人によって風景に対する想いが違うから。
こっちは写真で売った方がむしろいいかもね。
ただこれはあくまで入口で、本当に高い値段出しても買ってもらえる絵というのは
やはり味があるというか個性の強い作品でなければ駄目だと思う。

342 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 22:20:47
>>335
作者は写真を見てそのまま描いているね。
絵はがきなどの風景写真や
花の写真を模写してる。
だから絵画としてあるべき構成への意識や
色彩の選択の配慮が全くない。
これじゃあ写真とかわらない。
絵画であって絵画でないということです。
これが見抜けぬ人が
これを良いといったりするんだ。
悲しいことに作者もわからない。
アートメータにはちょうどいい。
ただアートメータには批判的にはなれないな。
こういうやりかたをしても
商売にならないとは現実がきびしいということを
われわれに教えてくれるからね。
なんとか成功してほしいね。





343 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 22:44:05
アートメーターの実売数知ってるか?
販売中作品 1,085件
SOLDOUT 909件だ。

これはこの上ない可能性を秘めてると想う。
ただし最近の作品は初期のとは随分違うな。

344 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 22:52:22
値段見てもそう思うのか。
そこまでして売ることに憧れるか。
1枚も売った経験がないな、さては。

345 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 23:03:36
売った絵は両手足の指数越えますが、何か?
個展で掛かる費用を思えば
色々な道も模索したくなるわけですわ。
絵で暮らして生きたいので。

346 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 23:08:17
それでも安すぎてありえないな・・オイラは。
それが不自由かもしれないけどね。
いったん十万二十万で売ってしまってなければ
あと作風がらっと変えて出してみるとかは
面白そうかも・・でも出さないだろう・・

347 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 23:19:22
公募が画家の居場所と思う。
それしか考え付かないので今はいつも
締め切りにむかって描いてる。

住んでるところが外国のどこかで絵の需要があれば
町画家でやっていけるだろうけど。

日本なら公募で入選繰り返して受賞狙って買い取り目指して
その結果が自分の絵の評価なんだろうね。

自分の絵が落選を繰り返すようなら海外の公募に出してみるのがいいと
なにかに書いてあった。 もちろん評価が違うからだろうね。
自分の才能の限界を知るのも才能のうちだとも書いてた。


348 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 23:19:27
>>343
アートメーター自身の可能性よりも
こういうやり方で需要が伸びて
購入者や出品者が増大していけば
当然、新参入する業者もある。
また違ったやり方でね。
また作品レベルや傾向の差別化も
起こるということです。
私ならもっと条件の良い
自分にあったレベルの業者に
出品ということになるね。
まだ何年先かわからない。
アートメーターにはださないだろうな




349 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/07(土) 23:45:39
売りたいのかと思って参考までに出しただけですから
それぞれ御自由にどうぞ。

350 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 00:44:02
>>349
リサーチして
反省点や学ぶことはありましたか。
まあもっといろんなところで宣伝してください。
私も今まで知りませんでした。
アートをメーターで量り売りするとは
すごいは発想だ、

351 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 11:13:12
>>327
タグボートの社長って、東証1部上場のミスミの創業メンバーですな。
>>330
シンワの株価暴落キター

352 :335:2006/10/08(日) 11:48:56
>335 が売れるなら、少なくとも額縁屋の10号5万円までの絵に飽き足らなく思ってる人間が
客層にいるということ。
そのレベルでいいなら、いいマーケット。
それより上を目指すなら・・・・・
>335 より上のレベルのやつが出品してくれたらわかるんだけど。
  

353 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 14:02:35
>>351

>ミスミ
ヘ〜〜まったく畑違いの会社みたいですね

354 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 21:42:20
ヤフオクの状況を見ていると、老舗の画廊もいくら売れっ子作家を多くかかえているとはいえ、今の状況ではなかなか大変なんだろう。

355 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 00:24:02
>>347
397さんの
<個展中心の者は公募にまったく出さないのも多い
日本なら公募で入選繰り返して受賞狙って買い取り目指して
その結果が自分の絵の評価なんだろうね>
にあほらしさを感じて公募をやめた。

公募が画家の居場所としてるものもいれば
個展発表の場を居場所としてる者もいる
私は後者だ

以来自分の描きたいものをい描ている。
他者の評価にまどわされずにね。

個展でたまに売れるが赤字。
でもこのことが自分を奮い立たせる。
公募に2度とだすことはないな

居場所はほんとうはアトリエにしかないよね


356 :355:2006/10/09(月) 00:25:15
397は347さんの間違いです

357 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 02:22:23
>355

私には個展も公募もだいたい同じです。
どちらも人に見せて評価をまってる。

でもあほらしいと公募をやめる人も確かに
多いでしょうね。実際権威ある公募展でも
未来がないような作品群が氾濫してるし。

一般の人が楽しんだり考えたりして入選した
公募展を見てるとは到底思えないです。
真剣にみるのは公募しつづける同業者たちでしょう。


私は公募じゃないと描けません。
既婚だし家庭のお金をたとえキャンバス一つ買うにも
子育ての時間を変わってもらうのも旦那の理解なしには
できません。
その理解が入賞なんですね。
結局一般の人は肩書きをもらわないと
意味がないと、将来がないという考えだから。
公募はわかりやすいんでしょうね、続けるのも
あきらめるのも。



358 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 19:29:52
私はエリザベス ペイトン風の絵で勝負します。

359 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 19:50:53
鑑賞絵画では絶対通用しない。昔有元利夫のまねした画家がかなりいたが、誰一人残っていません。

360 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 20:51:27
いまさらと思うし..

361 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/10(火) 14:56:21
>>358
僕なら何万円も出してあなたの作品を買うより、
普通にエリザベス ペイトンの画集を買いますよ。
1万円も出せばいい画集買えますしね。
もっと戦略を練ったほうがいいと思うよ。

362 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 20:22:21
両親が喫茶店をしています。店内を改装して画廊喫茶にしようと思っています。作品はすべてヤフオクで落札して3割ぐらい利が取れればと思っています。

363 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 20:43:29

ヤフオクで自分で書いた絵を出品してる画家。【2】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1144293289/



364 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 07:00:47
>>362>3割ぐらい利が取れれば
意味が解りません。

365 :Watabe:2006/10/12(木) 13:38:24
>私はエリザベス ペイトン風の絵で勝負します。

そのアイデア、いただき!ミュージシャンの肖像なら需要あるもんね。

366 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/03(金) 17:16:49
どうして食っていくか
それが問題だ
とりあえず仕事する
いい作品を描く
それから

367 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/28(日) 18:31:15
押し売りなら、おまえらの下手くそな絵でも売れる

368 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/28(日) 19:52:42
画家→歌手・俳優
画廊(画商)→プロデューサー

と置き換えれば、画廊の企画に乗っかっていくしかない罠
あとは画廊(画商)に実力を認めさせるよう精進するのみ

369 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/28(日) 21:31:48
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b74261749

370 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/29(月) 12:18:33
ブースで見ると大きさを感じないが、
実際に部屋に飾ると大きくて邪魔くさいことが多い

個人的な意見だが新築の家などに合わせて描いてくれる作家さんが
いてくれるといいと思う


371 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/29(月) 14:47:41
>>370
希望者は多いはず、しかし両者を繋ぐ存在がないね・・・。


372 :774:2007/02/04(日) 09:48:35
>>371
画廊によっては、してくれるはず

373 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/02/04(日) 23:42:19
超売れっ子とか気難しい絵描き以外だったら、絵描きと直接交渉すれば描いてくれると思うよ。もちろん値段がおりあえばの話だろうけどね。
おいらは絵描きやってるけど、画題や描き方に注文は難しいけど、大きさについては値段とスケジュール次第で受けてるよ。

374 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/02/05(月) 12:24:39
>>368
そのプロデューサーの言う事をどこまで妥協して取り入れられるか
取り入れたくないか・・だけの話なのよ・・簡単にいえばこれは・・
いつも取り入れられて、それで自分が納得するんだったら誰も悩まないんだよ。
まぁ、こういうのが所謂、気難しいイヤな絵描きだろうけど・・そういうのが
作家性というんだよ・・悲しいかな・・




375 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/02/06(火) 10:24:53
安い値段でしか売れない(><。
ネットオークションの限界か
はたまたこれが私の限度なのか・・・

ネットだとそんなで
画廊よりずっと安い値段になる
売れないより売れるだけ、ましなのか・・・ハァ。。。

376 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/02/09(金) 11:05:14
肖像画の注文制作をする場合、どうやって売り込んだらいい?

377 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/02/09(金) 14:42:52
>>375
ネットでわざわざ検索して新しい人を探し出して買うよりは画廊が売ってるものを買う人が
まだまだ圧倒的多数派なんだろうね。

【論説】 日本人は、グーグルよりヤフーで検索する方が安心…主体的行動が不得意でリスク嫌うため★4
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1170993910/

徐々に変わってきてると思うけど、
ネット世代の若い人は、まだあんまり金に余裕が無いってのもあると思う。

378 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/02/09(金) 15:11:21
ノリがよければ、この人みたいに・・・・なれないな
http://www.nicovideo.jp/watch/utz21nFAOTPS8


379 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/02/16(金) 07:41:32
以前住んでいた家の航空写真が色あせたので油絵で写真を模写してくれと依頼があった
6号48000円額縁込みで受注した

値段を先方に言った後、先方から当時の航空写真の値段が6号サイズで45000円だったと言われた
航空写真と言ってもわざわざ一件だけのために飛行してきたわけでなくて
農協が飛行機呼んで部落全部の家を無断撮影しておいて
農協が後日一軒一軒航空写真の押し売りセールスしてくるんだからボロ儲けだわなぁ
バブルの再来を願うだけの今日この頃


380 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/02/18(日) 11:37:37
路上販売してみたい
でも何処ですればいいの?規制とかないの?
東京なら何処がいい?教えて偉い人!

381 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/02/18(日) 22:59:59
観光地もいいとおもうよ

103 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)