2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

経済学入って後悔した奴が集まる場

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 14:15:54 ID:zs9w3vQ7
マジで超役立たずで超つまんねぇ
そして学費と時間の超無駄

こんなはずじゃなかった・・・

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 14:19:44 ID:oRj8Strc
2ゲト

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 14:20:42 ID:zs9w3vQ7
学部が抜けてた

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 14:27:36 ID:iLNUKyPt
経済学的に考えれば、学費と時間はサンクコストなので
無駄と思ったら愚痴らないでさっさと辞めるべき

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 18:36:32 ID:+vnmFFA4
>>4
ワロタ

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 18:48:43 ID:ebYCRoQC
905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 18:20:33 ID:jyLvBoGE0
大器晩成型の夕夏たん


7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 21:18:21 ID:7MF52YBH
法学部から転部して後悔しました
京大なんで単位につられて…

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 23:16:17 ID:AePHrlmW
コスパはいいと思うが、つまらないかは人による


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 03:10:30 ID:L36JdVGX
俺漏れも。
つまらないし、わからない。
あと2年半もこんな勉強しなきゃならないかと思うと、激しく鬱('A`)
受験勉強の方がずっと面白かったな…orz

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/01(火) 21:14:25 ID:WiK93WAr
経済学を面白くしましょう。こんな経済学なら面白いですね。
次を紹介、
へそ曲がり経済学
http://www002.upp.so-net.ne.jp/HATTORI-n/1173.htm
古典派経済学者S,K,Mが現状を見たら
経済学の定義、経済学とは  定義を明確にしてノーベル賞に相応しい経済学に、
環境資本主義 環境の価値を資本に加える、環境の価格は市場原理で
税の寄与率 ノーベル経済学賞はこれだ
税本位資本主義 税制でも資本主義の鉄則を貫け、
環境経済学の定義 外部不経済の外部とは、内部化する場合の価値換算はどうするのか。
福祉の定義、福祉とは、 経済学的に定義すべきです
労働力カルテル 
失業は国家的大損失、 ケインズの理論です
資本主義社会の進むべき方向 
ソフト経済学(握り飯経済学) 良く遊べ、良く学べ、もっとゆとりを
景気の指標は個人消費に限定すべき 景気は何のために必要なの
税の哲学、税とは何か
カブト虫経済学  ペットよりお年寄りに愛を
財政赤字額は貧富差の指標 06.8.1追加
国債は打出の小槌 国の借金の円札は何処へ消えたの
預貯金の増えない政策が財政改革には不可欠 
貸金時計も高回転、金が貯まって貯まって
政治にも夢があるはず世界一の日本を
人間はロボットを使うのでなく逆に使われている 06.3.29追加
住民税は出生地へ


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/02(水) 02:42:43 ID:Ix/RZl6F
>>10
単なる左翼にしか見えんが

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/02(水) 03:18:56 ID:s2pb8rGJ
>>9 会計でもやってなさい

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/02(水) 13:55:19 ID:TuS4HidL
おれは最初は何言ってるのかわからなかったので自分の頭の悪いせいだと思ってた。
後で経済学が詐欺だと気づいたときはもう手遅れ。社会「科学」なんてこりごり。


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 11:27:18 ID:bQ8Ph2F6
>>10
経済学は面白いですよ、こんなことも考えてみましょう
財政赤字額GDP比は貧富差の指標
「副題」●国民の預貯金=国の借金+国民の借金+外貨、
円札は無くならないので、国債が円札に変わり回り回って道路や福祉に変わり働き終わって最後には誰かの懐に
貯まるのです。すなわち国の借金が増えればその分だけ国民の預貯金が増えるのです。
それで預貯金が貯まり貯まって1400兆円、金持ちには財政赤字は万々歳、どんどん預貯金が増えるのです。
すなわち多額の預貯金のある層とない層との貧富差が拡大するのです。
借金時計のみでなく貸金時計も同じく高速回転しているのです。すなわち財政赤字増は谷を低くし山を高くする
ことなのです。
続きは次を
http://www002.upp.so-net.ne.jp/HATTORI-n/1232.htm 

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 11:40:12 ID:hWjeLJ5K
>>14 Good Job
国債というのは、資本家が国民を搾取するための
合法的で大規模なしくみだということですわね

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 11:52:06 ID:Sh66ccxn
>>14
いや、それ経済学じゃねぇw

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 12:04:31 ID:coom9c41
>>16
いや、おまえはバカだwww


18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 12:04:49 ID:ZegsooP8
>>14
資産の量と分配を混同している。
貧富差は分配の問題。資産の量の問題ではない。
経済学うんぬん以前に論理を勉強してね。
ついでにこれは会計学でより厳密に分析されるべき問題。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 12:08:24 ID:1t/xQYQH
なんか理解するきっかけがないと、本当に何かよく分からないまま
卒業することになる。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 12:12:39 ID:coom9c41
>>18
国債で、カネがどんどんカネモチの方へ流れ込むんだから
分配がカネモチの方へ偏っていくという話だろうが
あほか?


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 16:28:40 ID:fTok57Yj
γ ⌒ミヽ     いってらっしゃい
(´ω` ら)
/rヽ/ イl             J('ー`)し
(.|__|:_[U]             /( )ヽ('A`) ・・・
  | | |                | |  (_ _)

            γ_=+=_、             ____
γ ⌒ミヽ       リ; ´ω`)  | ̄| ̄        |   。
(´ω`;ら)          <:.r::y:::.ニ⊃|  |:::   彡⌒ ヽ|  /  /
/rヽ/ イl     | ̄ ̄\---i.   |  |:::   ミ;´ω`)/) ∧/
(.|__|:_[U]      |   | |..:| |   |  |:::   | l Y /____
  | | |    NEETの子供の為にもお父さんは今がんばって働いています

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 18:58:59 ID:wHCfXVzC
>>14
全く無茶苦茶。
そもそも最初から金がないと国債を買うことができないわけで、
国債が発行されなくても金があればいくらでも銀行に預金できる。
国債を発行すれば金持ちが預金してしまい、貧富の差が広がるってどういう理論?
別に国債を買わなくても金持ちはいくらでも預金できると思うけど。

それから日本の国債は70%くらいを金融機関(日銀&銀行&保険会社)が保有しており、
家計は4%しか保有していない。
よって、国債なんて金持ちだろうがほとんど持ってないということ。
だから国債によって個人の貧富の差ができるなんてあり得ない。

そして、一番の勘違いは国民の預貯金=国の借金+国民の借金+外貨というのは
会計上の恒等式なので、国の借金が増えても国民の預貯金が増えるとは限らず
国民の借金が減る、または外貨が減るだけということも考えられるということ。

銀行がバブル以降貸し出し先がなくなり、国債を買うしかなくなったため、
国民の借金(企業や個人への貸し出し)が減り、国の借金が増えたと考えるのが自然ということ。
そして、銀行の預貯金は国民全員のものなので、国債発行によって金持ちだけが貯金できたなんてことは
あり得ないのです。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 20:56:39 ID:4mImTHaR
現実に役に立つなら面白いと思えるんだよな。
ただ今時マル経教える馬鹿教授はどうにかして欲しい。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 21:09:02 ID:96folG3t
近経の大半も現実的じゃないよ
特に理論とか笑っちゃう仮定を前提に話し進めすぎだし
将来的には○経と同じ末路たどりそうなのが多い

>>12の言うとおり会計でもやっといたほうがいいと思うよ

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 21:40:45 ID:Sh66ccxn
前提に無理があるのは昔から近経もマル経も同じ。
無理な前提から刻々と変化する現実にアプローチする際に、
近経に軍配が上がったってこと。
そのプロセスにおいて今のところ
近経にマル経並の無理は無いように思うが。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 22:14:21 ID:96folG3t
確かに将来的に〜の部分は言いすぎたかも、スマソ
ただ、学部で3年半それなりに近経勉強してみて正直な印象書いたらこうなった
どうせ学部で卒業するんだから現実的な会計とかもっとやっとけば良かったんかなと思ったもんでさ

まあ俺もこの3年半の勉強内容を否定したいわけでもないから、>>24に対して批判的なレスもらった
ほうがありがたい
自分でもおかしなことかいてるとは思うけどw

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 22:32:51 ID:Sh66ccxn
>どうせ学部で卒業するんだから現実的な会計とかもっとやっとけば良かったんかなと思ったもんでさ
気持ちは分かる。
文系の知識なんてHBSでMBA取ったとかそのくらいで無いと
充分に生かす機会なんて無いしなw
現実の経済事象を分析できるから仕事でも役立つ
ってのが全国の学部教授様の主張だろうけど、
同じ労力を費やすならどう考えても
簿記とかの方が現実的で役立つのは否めない。
近経は好きなんだけどねぇ。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 22:43:28 ID:96folG3t
>>27
> 文系の知識なんてHBSでMBA取ったとかそのくらいで無いと
> 充分に生かす機会なんて無いしなw

そうそう、それを最近感じててさ
そんで>>24みたいなレスしちまった
まあこっちはHBSのMBAなんて口に出来るようなレベルでもないけどw
とはいえ、近経勉強しててこういうメリットがあるとかそういうレベルでも
話聞けるとありがたいっていうのが今の本音かもしれないです
いまいちうちの教授さんらの話聞いててもそこがはっきりしなかったもんで

> 近経は好きなんだけどねぇ。

俺もどっちかというと好きだったんだけど、社会に出たあとにこの勉強が
どういう意味合いを持つんだろうなって考えると自分なりの答えが見つからなくてさ
なんか愚痴みたいになっちゃったね、スマソ

29 :27:2006/08/03(木) 22:44:52 ID:Sh66ccxn
でだ、最近役立つと思ってるのは、
何事にも論理的かつ客観的に、または巨視的に
物事を見れるようになったんじゃないかなぁって思ってる。
以前なら消費税上げんな、で終わってたものが
直間比率って難しいよね、と考えるようになったり。
もちろん、経済事象に限らずもっと他の物事に対しても。
それが経済学部(または経営)で得られる有用なものじゃないかなぁ。
学問の知識を得るだけなら参考書買うだけでいいわけだしね。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 23:16:23 ID:96folG3t
最初に全否定しすぎましたな

なんだかんだで大学入学前とかと比べりゃ確かに経済に対する見方とか
おっしゃる通りある程度論理的に客観的にっていう風に変わってきてるような
気がしますし
クールノー均衡とか、ベルトラン均衡とかでも、こんな単純な条件あるかアホ
とか醒めた目でみちゃってましたけど、こういう知識でももしなかったら現実の
経済を考える上での取っ掛かりすらなかった訳ですしね

ていうわけで、自分の中で自分の想いを消化できました
>>29さんありがとさんでした

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/04(金) 09:46:29 ID:Mj10so9M
いくら理論で経済学を学ぼうが、実社会で政府や財界に収奪される構造に何ら影響はない

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/04(金) 11:22:25 ID:6S8NFQW/
いくら理論で医学を学ぼうが、人生でいずれ病魔に冒され死に行く運命に何ら影響はない

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/04(金) 14:23:58 ID:sx0cssrg
>>14
日本の国債は
国民の税金のかなりの部分を自動的に大手銀行に流し込む穴である。
大手銀行は、バブル崩壊で失ったものを、その責任者である経営者
(すなわち資本家)の私財をもってつぐなうのではなく
国民からカネを吸い上げることによって補填してきたのだ。
国民のカネを銀行につぎこんでいるのに、それが
国民の借金という形で実現されているところに、
このヤクザどもの発想の巧妙さがある。

最近、日本の銀行が息を吹き返してきたのは、
これまで国民にボウダイな借金を強いてきた成果といえる。
そして、この借金をかえすために、
国民は今後の増税に耐えなければならないぞと
脅してるメディアは、実のところ
認知症のジイサンバアサンにむりやり借金をさせて自殺に追い込むヤクザの手下のようなものである。


34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/04(金) 16:56:51 ID:+sjMCzwD
>>18
>資産の量と分配を混同している。

分配されないから、すなわち取るべきところから税を取らず使うべきところに使わなかったから
赤字が増え預貯金が増えたのです。
そもそも金とは貯まるところにどんどん貯まるのです。株で儲けるのも同じです。
これが経済の基本です。
今、貧乏人の預貯金は減って金持ちの預貯金が増えているのです。
▼財政赤字は貧富差の尺度です。
したがって福祉大国では多額の財政赤字はあり得ないはず。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/04(金) 17:12:36 ID:+sjMCzwD
>>22
>日本の国債は70%くらいを金融機関(日銀&銀行&保険会社)が保有しており、
家計は4%しか保有していない。
よって、国債なんて金持ちだろうがほとんど持ってないということ。
だから国債によって個人の貧富の差ができるなんてあり得ない。 >

これには驚いたのです。
直接保有するのは4%ですが、結果的には個人が100%保有しているのです。
金融機関であろうが企業であろうが、保有する総べての金も株式も、個人の金、個人の株式で、
すなわち企業が保有している国債は全て個人の保有なのです。
銀行や郵貯が保有する国債は全て預金者の預貯金で買ったのですよ。

36 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/08/04(金) 20:54:48 ID:VuLLjrFm
資格を取るのはいいことだな。俺もそれで5時ダッシュを獲得した。
だが、その前に肝試しで入った印刷屋ではマジで内臓一個やられる
ほどの過剰労働になかされたな。
お前らの8割は、そういう地獄に落ちる。一生。w
それを防ぐための実学を作り出さなきゃならないんじゃないか?
そういうことに関心がなさそうで、意味の無い勉強をさせる学者
の授業はボイコットする。退職させるように、あらゆる汚い手を
使って学校から追い出せ。
そういうことに興味がありそうで、結局は使えない○の学者
も同様に粛清する。
もう大人なんだから、自由くらい自分で獲得すれよ。
モンスターって漫画で、西側は自由主義国とか言ってたが、
お笑いだな。資本主義国だよ。資本主義。w
いいか、お前ら現実が詰まんないんだろう。
将来にもっと夢を見たいけど仕方なく、リーマンになって
しまうんだよ。
じゃあ自分で変えれよ。今の時代ネットという武器があるの
だから。
まあ現実を知らないひよっこどもは学校を一週間さぼって、
リーマンを尾行してみろ。ああ、これが俺の将来だなと
鬱になるだろう。ならどうすればいいかを考えるときに
経済学や法律の知識は役に立つ。
俺は理論はこなせなかったが5時ダッシュは獲得した。
今度は人を救うべきだと思う。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/04(金) 20:56:36 ID:YRHDepZs
国債発行されようがされまいが預金は誰でもできる
国債を買うか貸し出しをするかは銀行の勝手

38 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/08/04(金) 21:11:51 ID:VuLLjrFm
ほーら、まだ働いているぞ。リーマンや公務員でも働いて
いるぞ。帰りは11時に帰れるかな。怪しいところだ。
お前らの8割というかこれもちょっと驚かせてやろうかな
と思ったが現実には6割がそうなるだろうな。どうせ経済出
たやつなんて営業くらいしかできないし。ww
そうだ。大学よりつまらないより、つまらない人生がお前ら
を待っているよ。一生。www

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/04(金) 21:18:11 ID:glLCVSNK
銀行は国民の預貯金をつかって国債を買い
そこからあがってくる利益を国民に還元せずに(0金利政策)
自分がバブル崩壊で失くしたものの補填に使っている。
しかも、
銀行が取得する莫大な利子は
国民の税金で支払われているのだ。
これが銀行の勝ってだというのはヤクザの論理。


40 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/08/04(金) 21:20:20 ID:VuLLjrFm
大学よりつまらないより、つまらない人生がお前ら
を待っているよ。一生。www
訂正
大学がつまらないとか逝ってるけど、それよりもっと
つまらない人生がお前らを待っているよ。

    一生。www


41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/04(金) 22:44:29 ID:YRHDepZs
>>39
国民は国債を買うこともできるんだけど
預貯金するのは国民の勝手だし、それをどう運用するかも銀行の勝手
ヤクザはどちらかといえば高利貸しを言うんじゃないのかな?
低金利政策はまるで逆じゃないの

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 00:14:17 ID:ygqTS/uK
>>39
意味が分からんです。
国債の利回りなんて高が知れてるし。
利息を還元して欲しいなら、個人でも買えるし。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 05:09:02 ID:x7fpkfFs
銀行のバカ儲けの根底にあるのは、政府が日銀に続けさせてきた
ゼロ金利(プラス量的緩和)政策である。ゼロ金利政策とは、倒
産寸前だった銀行を救済し、巨大債務をかかえて四苦八苦してい
た巨大企業の債務負担を軽くするためにとられた、世界の金融史
上いまだかつて例がないような異常な政策である。

銀行は、国債を大量に持っているが、金利が上がると国債の値段
が下がるので損をする。国債の値段が下がるのは、「新しく金利
の高い国債が発行されると、昨日発行された金利の低い国債は誰
も買いたがらない」から。

>>42
利回りが低くても元金が巨大だから利息も巨大になるぐらい
わからんのかこのバカは


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 05:19:32 ID:x7fpkfFs
>個人でも買えるし。
個人でも買えると
おまえみたいな犬に言わせるために
個人向け国債を発売開始したのが03年
一般に認知されはじめたのはつい最近だろ

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 07:34:44 ID:gho7ctnQ
国内での国債発行の目的が、米国債購入費用捻出だということは、よく知られてはいない。
米国債発行高の4割超を、日本が保有し、その額今年初頭で6500億ドル。
要は米国財政を支えるために、国内国債発行限度枠も軽く無視して、米国債購入。
しかもこの金はもはや償還されることなく、米国に貼り付きっぱなし。
つまり形を変えた日本国富の米国への献上。

売国奴という語が、これほどふさわしい行為はなかろうて。
国賊は自民党なり、日本を食いつぶす最大の反日勢力は自民党であると心得よ。

「愛国」を叫んでみせる自民党自身が、内部から日本を食いつぶす、獅子身中の虫。
声高にその脅威としてみせる外敵に立ち向かう前に、守るべき国自体が内部崩壊する。

真の愛国心とは、国賊自民党を討滅すること。
最大の反日勢力とは、自民党であることを心得よ。
愛国者の歌だ。
真の愛国者はここに集え。

愛国なら 自民討とう (パンパン)♪
愛国なら 自民討とう (パンパン)♪
愛国なら 態度で示そうよ♪
ほら みんなで 自民討とう (パンパン)♪

46 :42:2006/08/05(土) 10:54:38 ID:ygqTS/uK
>>43-44
その分金利変動のリスクが大きくなるじゃないか。
国債を持つとそのぶん流動性も損なわれるし。
それにTB、FBはとにかく、一般の国債は
前から誰でも買えるんじゃなかったか?
結局何を言いたいの?

>>45
>国内での国債発行の目的が、米国債購入費用捻出だということは、よく知られてはいない。
意味分かりません。 一般会計の構造くらい把握してください。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 11:06:35 ID:AyDZKoex
>その分金利変動のリスクが大きくなるじゃないか。
バブル崩壊でただちに銀行がつぶれるかもしれんリスクを背負ってるときに
金利変動のリスクを気にしてる場合かアホ

>国債を持つとそのぶん流動性も損なわれるし。
流動性もくそもない。バブルで損した分を取り返すには、資産を増やすことが
第一なのだ。

>それにTB、FBはとにかく、一般の国債は
前から誰でも買えるんじゃなかったか?
結局何を言いたいの?

それじゃあ何のために「個人向けの国債」が'03年から発売になったんだ。
現実には、普通の個人に買えるしろものではなかったからだ。
いちいちアホだなおまえは。


48 :42:2006/08/05(土) 12:38:32 ID:ygqTS/uK
>>47
>バブル崩壊でただちに銀行がつぶれるかもしれんリスクを背負ってるときに
>金利変動のリスクを気にしてる場合かアホ
>流動性もくそもない。バブルで損した分を取り返すには、資産を増やすことが
>第一なのだ。
なんか話通じてないなぁ。
流動性が失われれば失われるほど、
またリスクが大きくなれば大きくなるほど、
金利収入が大きくなるのは当たり前です。
流動性の無さやリスクから来る金利は
国債>普通預金
なんだからその差額は銀行の懐に入るのは当然のこと
って言ったつもりなんですが。

>現実には、普通の個人に買えるしろものではなかったからだ。
いや、買える代物では無かったってどういうことなんですか?w

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 12:58:25 ID:AyDZKoex
>流動性が失われれば失われるほど、
>またリスクが大きくなれば大きくなるほど、
>金利収入が大きくなるのは当たり前です。
>流動性の無さやリスクから来る金利は
>国債>普通預金
>なんだからその差額は銀行の懐に入るのは当然のこと
>って言ったつもりなんですが。

だったらそれでいいじゃないか。
何がいいたいのかわからんのはおまえだ

0金利政策だから流動性を犠牲にできたのだ。


>現実には、普通の個人に買えるしろものではなかったからだ。
いや、買える代物では無かったってどういうことなんですか?w

ttp://finance.nifty.com/event/semi/invest/16.jsp
これでも読んどけ。
それより、
なんで「個人向け国債」をわざわざ発売しなければならなかったのか。
おまえの意見では、そんな必要はないということになる。
しかし実際は、おまえの頭がおかしいだけというのが正解だろう。

そもそも銀行は、なんのトクもないのに
国債を買ってくれた慈善団体だとでも言いたいのか、このアホは。
それがトクになるから、きわめて大きなトクになるから
銀行は国債を買ってきたのに決まってるだろうが。
おまえは、銀行がただのおひとよしのバカだと思ってるのか?

おまえみたいなアホが会計してたら会社はつぶれるよ?


50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 13:38:56 ID:LZT0fryD
>>49
君の考えだと、銀行は国債を買うのではなく高金利で貸し出しを行うべきだったということかな?

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 13:57:17 ID:AyDZKoex
銀行は国債を買うしかなかったから国債を買ってきた。

銀行が善意で国債を買ってきたなどと思いこんでいるとしたら
おまえは病気だから入院しろ、というのがオレの意見だ

銀行は消費者金融にカネを貸し出して
そこを経由して国民にカネを貸し出してきた。
つまり金利のとりたてを外注してきたわけだ。
リスクも回避できてうまい手口だ。

52 :42:2006/08/05(土) 14:06:29 ID:ygqTS/uK
>だったらそれでいいじゃないか。
>何がいいたいのかわからんのはおまえだ
それでいいじゃないか、だったら、
銀行の金利差で儲けるのは銀行の勝手でしょう。
>>39ではそれをヤクザの理論と否定していましたが。

>ttp://finance.nifty.com/event/semi/invest/16.jsp
>これでも読んどけ。
だからそれがリスクを負担するとか
流動性を失うとかそういう話になってくるのですが。
そのリスクをヘッジして銀行が儲けを出してた。そういうことですよ?
この世に安全で高利回りの商品はめったに存在しません。
リスクとリターンはトレードオフです。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 14:10:08 ID:LZT0fryD
>>51
だから、国債買うのと消費者金融に大量に貸し出しをするのと
どっちがいいの?

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 14:25:57 ID:AyDZKoex
>それでいいじゃないか、だったら、
>銀行の金利差で儲けるのは銀行の勝手でしょう。
>>>39ではそれをヤクザの理論と否定していましたが。

わからんやつだな
国債を発行しているのは誰だ?
銀行とつるんでる政府であって国民ではないのだ。
国民の大半は最近まで充分にこれの意味がわかってなかった。
気づくのがおそすぎた。
これは
認知症のジイサンバアサンに
むりやり借金をさせて
ある日、とつぜん、これだけ利子がたまったから
元金とそろえて返せとすごむヤクザの手口と
なんの違いもない。

>>ttp://finance.nifty.com/event/semi/invest/16.jsp
>>これでも読んどけ。
>だからそれがリスクを負担するとか
>流動性を失うとかそういう話になってくるのですが。
>そのリスクをヘッジして銀行が儲けを出してた。そういうことですよ?
>この世に安全で高利回りの商品はめったに存在しません。
>リスクとリターンはトレードオフです。

だから、なんでおまえの意見にも関わらず
「個人向け国債」が発売されるにいたったか
いいかげん、その理由を答えてみろ。これをごまかして
しのごの言ってるだけだろさっきから。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 14:28:29 ID:AyDZKoex
>>53
両方やるのがいいから両方やってきたんだろが
なんでどっちかひとつを選ぶんだ?
理由をかけ。













56 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/08/05(土) 18:46:08 ID:YHyZB8jK
国債をどうしようかと、いうスレになったようだな。w
まあ好きなことはいいことだ。

57 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/08/05(土) 19:39:16 ID:2Mp8g+93
しかしお前らの6割は必ず過剰労働の現場に回される。
保身を考えるならば、そう言う経済にしなくてすむ、
実学を求めることが、必要ではないのか?
今も働いている人がいるよ。まだ数時間変えること
もできずに、実際に私がやったのだから間違いは無い。

58 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/08/05(土) 19:55:35 ID:2Mp8g+93
 それに勉学は金になるよ。使いようだけど
。これは俺が30年もたってわかったことだ
が、基礎的な勉強は決して無駄ではない。つ
まらないこと。左遷されたときでも、そこで
得られるものには賢明に勉強し、自分の力と
しておくことはあとで役に立つ。まあそれが
できるかできないかは君たちの行動で表され
るわけだが。民間企業・または公務員に働く
お前らが、この社会を変えたい、勉強したい
と思っても、世間は何もしちゃくれないよ。

59 :42:2006/08/05(土) 20:27:20 ID:ygqTS/uK
>>54
>銀行とつるんでる政府であって国民ではないのだ。
銀行が大量に持ってる国債の利息が入るから
つるんでるって言いたいわけですか?
だから、国債は誰でも買えますよ。

>「個人向け国債」が発売されるにいたったか
国債の安定消化ですね。それがどうかしましたか?

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 20:43:24 ID:hcGslRDq
>>59
だから、個人向け国債を発売したのは
'03年からで、それはおまえのような犬が
「だれでも買えますよ」というためだ。

今後の展開は
>>44-54
を読めばいい。

これ以上同じことを繰り返すなら1人でやれ。わかったな?

61 :42:2006/08/05(土) 20:55:55 ID:ygqTS/uK
>>60
どうも何を言いたいのかよく分からないんですよね。罵倒ばっかりで。
銀行が儲けるのがだめってことですか?
っつか、どれとどれが>>60と同じ人のレスなんですか?

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 21:01:12 ID:hcGslRDq
おまえは、つまり
わからないフリをするキチガイの一種だということで
ひとまず結論としようではないか。

とりあえず>>54をひたすら読んでおけばいいのだ


63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 21:58:20 ID:9FY6K90T
>>45
>国内での国債発行の目的が、米国債購入費用捻出だということは、よく知られてはいない。 >
日本の国債をいくら発行しても米国債は買いません。
日本は黒字大国でドル札を持っているのでそのドル札分だけ米国債を買えるだけ、それに
ドル札を箪笥預金しても利息が付かないから米国債を買っているだけです。
特に日本が米国債を売ろうが米国の国債収支の赤字額は変わりないし米国は困りません。
日本が米国債売ってドル札を箪笥預金したドル札分だけ米国がドル札を増し刷りすれば良いだけの
話、ただ日本が利息分だけ損するだけですね。


64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 22:27:03 ID:9FY6K90T
>>53
>だから、国債買うのと消費者金融に大量に貸し出しをするのと
どっちがいいの? >

信用があるなら高金利で貸すのは当たり前、だが借り手があるとの前提、
高金利なら借り手が減るのです、すなわち儲かるように貸すだけですね。
その一連として国債を買ったり売ったりしているのです。




65 :42:2006/08/06(日) 01:13:06 ID:F9Ut9Ab0
>>62
人に伝える気がないならチラシの裏に描いておけばいいのに。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 01:14:44 ID:aPG27pIt
こりゃ粘着質のキチガイだな

67 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/08/06(日) 11:47:42 ID:7Bhzz2D5
なんだ、大学の経済学がつまらないことを話すのではなく、
国債のスレになっちまっているよ。
ただし社会人としての警告として書いておく。
お前らの6割は社会に出て過剰労働に泣くよ。
そのことを念頭に、勉強したり教授に疑問をぶつけて
研究の対象とさせるくらいの気合がないと、
結局は社畜になるだけだ。ww

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 06:55:33 ID:3SWrQJ74
くろしろーの特徴

・基本は「妄想と嘘」「自己顕示」「自己陶酔」「責任転嫁」。○
・自分語り・自己アピール大好き。◎
・「荒らしに対抗してるオレサマかっこいー!」○
・「自己責任」が理解できない。失敗したのは他人のせい。◎
・自分の発言に責任を持たない。平気で嘘をついたり「なかったこと」にする。
・要領を得ないおかしなスレを返して、自分ではまともなレスをしたつもり。○
・スレの趣旨を理解できない。とにかく自分の話を聞いてほしい。◎
・とにかく何か主張したくてしょうがない。言われっぱなしでは気がすまない。◎
・自分の叩きや煽りや決め付けは棚に上げて、他人の同じ行動には敏感かつ過敏に反応する。◎
・自分の無知は棚に上げて「それを教えてくれないほうが悪い」。
・「意見」を求めているふりをして、理屈無しの「同意」を欲しがっている。◎
・激しく自己アピールをするが、内容がどうしようもないので誰にも感心されない。◎
・根拠のない主観による決め付け大好き。○
・話のすり替えや詭弁が大好き。
・後付けで主張内容を変えて知らん振り。
・言ったことを守らない。言われたことを守らない。
・主張が認められないと、認めない者の人格攻撃に走る。理論では対抗しない(できない)。○
・答えやすく都合のいいレスには、煽りや叩きでもレスをする。
・都合の悪いレスや反論できないレスは、スルーして逃げる。
・都合の悪いレスや反論できないレスは、話題をすり替えて逃げる。○
・悪だの罪だのチョー大げさ。
・警察だの裁判だのチョー大げさ。○
・担当者が所属も名乗らないような脳内警察が頼りどころ。
・心神喪失で精神錯乱状態でマイナートランキライザーに頼る精神錯乱気味で書き込みする。◎

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 14:10:37 ID:FE7EbOhz
>>67
経済学部に入って良かったと思う奴が集まる場に変えよう。

そのため「ノーベル賞にふさわしい経済学」
http://www002.upp.so-net.ne.jp/HATTORI-n/002.htm


70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 04:39:58 ID:7low4I/a
ヤフオクで卒業論文売られているのって経済学だけ

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 10:09:58 ID:xah18crj
>>25
単に近経がマル系にプロパガンダ合戦で勝利したに過ぎない。
どちらも空論。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 19:51:35 ID:CxmIYhOi
ここおもすれー

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 18:51:18 ID:ugoXc9cz
戦争は今でも経済が何らかの因果関係がありますね。
石油の利権や軍拡なども同じ面がありますすね。
経済学は世界平和に貢献できないのでしょうか。
「特許は現代版植民地政策で早いもの勝ちの国取りごっこです」これなどもどうでしょう
http://www002.upp.so-net.ne.jp/HATTORI-n/871.htm

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 21:42:52 ID:bkGN2P/+
経済学には仮説を検証する手段が存在しない。
不況下においてある政策を実行した際、景気回復の傾向がみられたとしても
果たして両者にどの程度の因果性があるのか不明である。
すなわち、おまじないをしたら2週間で風邪が直ったとしても、それがおまじないの効果とはいえないのと同様である。
経済学は現実から遊離・隔絶した黒板上だけの学問にすぎず、単なる疑似科学である。
そのうえ、実用性もほとんどないので救いようがない。
もし経済学に学ぶ価値があるとすれば、それは経済学者の世迷言にだまされないようになるということのみである。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/14(月) 12:56:32 ID:rqnDoE9+
公式覚えて、問題演習させられて、宿題だされて、最後に試験

経済学部でやらされるのは、小中高とやってきたのとたいして変わらない
だから経済学部の教員はせいぜい経済学教師のレベル
まっとうな大学生ならば、こういうことに関わりを持つのは躊躇するはず

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/14(月) 19:51:44 ID:rQ8a6v7M
>>74
>もし経済学に学ぶ価値があるとすれば、それは経済学者の世迷言にだまされないようになるということのみである。

経済学を学ぶのは経済学者にだまされないようにするためだからね。


77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/14(月) 22:18:59 ID:0fyPHthc
じゃあ経済学者を目指すのは世迷言でうまいこと人々を騙すためってわけですかw

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/16(水) 01:05:17 ID:mJEXpyY4
>>77
IMFや世銀あたりが途上国あたりに政策変更を迫るときに経済学云々を駆使します。


79 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/08/16(水) 22:46:54 ID:TvSsIwYn
>>68
うんこの特徴
基本、社会性が2ちゃんねるで磨耗した、典型的なオタク。
・「2ちゃんねるだったら俺は王様、荒らしやってる自分カッコイー」
・2ちゃんねるの自己責任論を履き違えて、他人の個人情報をあちこ
 ちはっても問題なし。社会性ゼロ。相手が警察や弁護士に相談して
 いるけど、問題なし。ネット犯罪に対する規制がまだ十分に整備さ
 れてないので、罰せられてないだけ。
・自分は客観的のつもり、2ちゃんねるでのみ優越感。
・人が何か言ってもはいはいうんこうんこで何も聞かず、一方的に
 自説を吐きまくる。その上で自分は客観的、相手は自己主張と思い
 込んでいる。
・本人でやっているのに、野次馬。責任転嫁はおてのもの。
・メンヘルの苦しみとかわからない。2ちゃんねるなら何をやってもよい。



80 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/08/16(水) 22:50:50 ID:TvSsIwYn
と、こういう風にかまってもらえると満足。専門性の強いスレだと
自分だけミョーに浮いている。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 11:35:11 ID:c6nYRtTt
ふーん。くろしろーも2chで色々悲惨な目に遭ってきたんだ。

>専門性の強いスレだと
>自分だけミョーに浮いている。
それを「空気読めない」って言ってどういう人が取る態度かって言うと「社会性ゼロ」の人がやるんだよ。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 05:26:04 ID:oBJ2RcTC
東大の卒業生の進路
ttp://www.u-tokyo.ac.jp/stu04/e09_01_j.htm

注目するべきなのは大学院進学率

薬学部 大学院進学74/卒業者82 進学率90.2%
理学部 大学院進学234/卒業者268 進学率87.3%
工学部 大学院進学763/卒業者915 進学率83.4%
農学部農 大学院進学177/卒業者227 進学率78.0%
医学部健看 大学院進学22/卒業者37 進学率59.5%
教養学部 大学院進学99/卒業者171 進学率57.9%
農学部獣医 大学院進学15/卒業者34 進学率44.1% ※獣医は学部が6年制
教育学部 大学院進学34/卒業者105 進学率32.4%
法学部 大学院進学170/卒業者611 進学率27.8%
文学部 大学院進学91/卒業者357 進学率25.5%
------------ 学問と学問モドキの壁 -------------
経済学部 大学院進学35/卒業者343 進学率10.2% ←←←←←←wwww

東大だけではない。京大でも阪大でも経済学部の大学院進学率は、全学部(6年制は除いて)の中で最も低いのだ。

京大→ http://www.kyoto-u.ac.jp/uni_int/01_data/sinros2_2004.htm
阪大→ http://www.osaka-u.ac.jp/jp/career/data.html

阪大に至っては7%にも足りない惨めさである。
経済学の大学院行って経済学勉強しても何の役にも立たない。
学生もよく分かってる、だから大学院へは行かない。
その結果、経済学部は東大の中で大学院進学率がダントツのビリッケツ!!
学生から「経済学の大学院はいってもしょうがない」宣告を受けた!!

それにしても、他の学部にこれだけはっきり差を付けられてしまって、経済学部の先生たちは恥ずかしくないのだろうか。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 05:31:45 ID:oBJ2RcTC
なぜ学生が大学院へ行くのか。
大学院へ行くことによって得られるベネフィット > 大学院へ行くコスト なら進学し、
大学院へ行くことによって得られるベネフィット < 大学院へ行くコスト なら進学しない。

経済学部と他の学部で大学院へ行くコストに違いがないとすれば、経済学部生が大学院へ進学しないのは、他の学部に比べて大学院へ進学して得られるベネフィットが小さいからだと考えられる。
明確に言えば、「経済学を勉強しても得るものがないから、大学院へは進学しない」のだ。

経済学部生の異常な大学院進学率の低さこそ、「経済学は勉強しても(他の学問ほど)得る物がない」ということの数量的証拠である。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 06:08:42 ID:znnYnMe5

東大生に限らず底辺大学生すら
学んでるうちに「こりゃ酷いインチキ学問だ」って
分ってくるからね ヤル気なくすんだよ

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 10:41:51 ID:fXkuXaX5
いや日本以外の先進国での経済学のプレゼンスはむしろ高まっている
アメリカでもヨーロッパでも経済学の人気は上がっている
日本で経済学不要論が盛んなのは
教えている人の質の問題があるのかもね


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 10:51:20 ID:fXkuXaX5
他の先進国では経済学はエリートの共通言語として常識となっているから
外国企業と付き合いの多い企業人や国際機関へ派遣される政府職員などは
経済学を知らなくて恥をかいたりするらしいね
そもそも学位を持ってないから、はなから相手にされてないのかも知れないけど

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 12:04:30 ID:oBJ2RcTC
>>85-86 のようなことは大昔から言われている。
しかし現実には、経済学部では、同じ大学なら学部生の方が修士卒より就職がいい。
企業は修士レベルの経済学など必要としていないということだ。
だから学生が修士課程に進学せず、学部卒で就職するのだ。

>>85-86 は経済学者の願望あるいは妄想にすぎない。
妄想でないというのなら、「他の先進国での経済学のプレゼンスはむしろ高まったいる」ことのデータ的裏づけを示してみよ。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 12:07:43 ID:oBJ2RcTC
>教えている人の質の問題があるのかもね

場末のFランク大ならいざ知らず、東大、京大まで教えてる人の質が問題にされるということ自体、経済学がまともな学問とはいえない証拠。
確かに経済学部には「これが東大教授????」というような人が少なくないのは事実だが。
経済学部卒の優秀な人は、大学教師を目指さず、官僚かビジネスマンになってしまうのだろう。

経済学の大学教師だと、年収1500万がせいぜいだろう。
成功した官僚やビジネスマンとは文字通り「桁違い」のみじめな収入しか期待できない。
これでは優秀な人が大学教師を目指さないのは当然だ。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 12:11:47 ID:oBJ2RcTC
いずれにせよ、経済学部の大学院進学率が、他の学部に比べて異常に低い(もちろん6年制の学部は別にして)というのは否定しようがない事実。
学問をしっかり学びたいのなら、経済学部は避けた方が賢明だということだな。
もっとも、あまり勉強しないで楽に卒業したいのなら、経済学部はお勧めだ。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 12:29:07 ID:LGlldEsP
>83
>明確に言えば、「経済学を勉強しても得るものがないから、
>大学院へは進学しない」のだ。

そういう風に、コスト・ベネフィット(経済学的思考)を熟慮したうえで
進学するしないを決めるのなら、経済学は十分に役に立っているといえる。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 12:34:57 ID:uNsPsdzh
>>88
東大レベルだと教育よりも研究志向だろ

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 13:00:21 ID:oBJ2RcTC
>>90
「コスト・ベネフィット比に注意せよ」というだけだったら、教養課程の2単位の経済学の授業で十分だ。

>>91
他の学部は、理系で7〜9割、文系でも2割以上は大学院へ進学している。
それなのに経済学部だけが10%。
この違いをどう説明する?

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 13:04:30 ID:oBJ2RcTC
公務員試験だって、「高校卒業程度」「大学卒業程度」はあっても「大学院修了程度」というのはない。
つまり大学院へ行っても学部卒と同じ扱いして受けられない、つまり大学院へ行くことは就職するなら全く無駄ということだ。
民間でも、日本の民間企業は公務員に準じる人事システムをやっていることが多い。

94 :85:2006/09/03(日) 13:58:28 ID:fXkuXaX5
>>87 はい アメリカで経済学の人気が上昇していることのソース 
http://www.careerjournal.com/myc/school/20050707-vascellaro.html
http://www.indiana.edu/~econed/issues/v37_3/10.htm
http://www.umt.edu/econ/Other/Other%20career%20information.htm (経済学と就職に関するリンク集)
他にもgoogleでいっぱいひっかるよ

あんたも妄想ばっかり書いてないで生産的なことやりな

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 14:03:50 ID:fXkuXaX5
しかし東大や京大ってそんなに経済学教育がひどいのか?

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 14:21:50 ID:d2LCVdrT
実際文系の(専門職以外の)院に限れば優秀な謹啓は一番就職がマシな部類だけどね。
といってもドングリの背比べで学部での就職にはかなわないけど。謹啓だと学部と院のギャップが激しいから、
院を選択肢に入れないケースが増えると言うのはある(一方で理系からこぼれてくる香具師もいるけど)。
法はロー含むの?文学部はまあ最初から人生投げちゃってる(ないしは結婚までの腰掛)のが多いと思うけど。

97 :サラリー万:2006/09/03(日) 16:48:10 ID:a46RlUfh
経済だろうが法律だろうが、大学院だろうが、金儲けと出世はまた別の話。
学問はそのことは教えていなし、自分か親か先輩からそこのところは
学ぶしかない。恋愛技術と同じ。
学問も大事だけど、人間関係の作り方や、ケンカの仕方を男は学ばないと
出世はできない。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 17:18:36 ID:Hojg3lUC
>>94
俺は、経済学部の大学院進学率が他の学部に比べて異常に低いということを問題にしている。
キミがあげているURLリストの中に、(アメリカでの)経済学部の大学院進学率のデータは一つもないようだが?
キミは他人と話をかみ合わせることができないタイプの人間なんじゃないか?
景気がよくなると経済学志望者が増えるっていうのは、今の日本でも起きてる現象で、そういうレベルの話をしたいんじゃない。

ところで、キミがあげている最初の記事を見ると、アメリカの272のcollegeで約10〜15thousand の bachelor's degrees in economics が授与されたことになっている。
一college あたり 40〜50 人ぐらいということになるが、アメリカの college って平均的にはそんな小規模なのか?

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 19:43:51 ID:0qz/bLSQ
まともに数学やった人なら一年ですべて理解できるレベルのことしかやってないな

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 21:14:34 ID:Hojg3lUC
理系とか、文学部でも英文科とかだと、大学の授業内容は、高校までの勉強の発展なんだよね。
高校の授業内容を理解できていなければ、理系や文学部英文科の授業には絶対についていけない。
しかし、法学部と経済学部は、大学で最も初歩的なところから授業が始まる。
経済学部の授業は、たまたま高校で経済の授業を取らない奴がほとんどだから、大学の授業として通用しているけど、内容的には高校生でも十分理解できるレベル。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 23:18:45 ID:fXkuXaX5
>>98 言い訳はいいから、さっさと「世界中で経済学のプレゼンスが地に落ちていること」のソース探してこいよ
あんたが噛み付いたのはそこだろ 
俺はもともと問題は経済学ではなくて日本の教育にあるって言ってるだろ

企業が必要としているかについては
リンク集の中にeconomist(多くは大学院卒)の就職や給料水準がいいって書いてある

あとアメリカのcollegeは小規模だ
専攻も卒業時に決めればよくていつでも専攻を変えられるから
経済学に失望した学生は経済学専攻では卒業しない
つまり経済学専攻の学生は経済学に満足したから専攻にしている
よって経済学はちゃんと教えれば学生や社会の期待に十分答えられる学問だと言える


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 00:35:44 ID:de8+YyKz
アメリカだと日本で言う「エコノミスト」は普通にPh.D.持ちだからなあ。
ミクロなコンサルやリサーチやる人もいっぱいいるし。そりゃ就職はいいだろうよ。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 01:16:13 ID:vwMP9UUb
>>101 が力説していることを要約すると、

「日本の大学の経済学部には、東大・京大・阪大・慶応等を含めてバカな教授しかいないから、
 経済学部に行くのは金と時間の無駄遣い」

ってことだな。
ともかく、日本の大学の経済学部がクソだという点については、見解が一致したわけだ。

俺はそもそも経済学という学問?がクソだから日本の大学の経済学部がクソなんだと思うが、
キミは経済学はまともな学問だが日本の大学(東大・京大・阪大・慶応等、「名門」といわれている大学も含めて)の経済学教師がクソだから経済学部がクソだという。
まあ、それはどっちでもいいよ。
日本の大学の経済学部はクソだという点で見解が一致すれば、とりあえずそれで十分。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 00:08:52 ID:Qj2Y9L+w
そもそも大学は卒業証書を買いに行くところだ。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 06:29:08 ID:7d2ejXCS
>>88
具体的にどの東大教授の質が低いのか指摘しろ

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 12:14:05 ID:cLicyNBv
東大経済学部に世界レベルで通用する教授がいるのか?

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 13:00:48 ID:8RMbwlfF
経済学の理論は
ときの政府の犬が考え出すもの

長いものに巻かれろ主義の賎しい根性が
経済学にはある

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 03:19:50 ID:9K7MRd77
>>106
結局どの教授がどんな研究してきてどういう点で質が低いのかなんてわからないんだろ?

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 04:31:46 ID:qbW0K56I
http://homepage3.nifty.com/ronten/ranking.htm
世界の経済学部ランキング

105位: 大阪
116位: 筑波
136位: 東京
178位: 東北
183位: 京都
195位: 一橋

自然科学の分野では、東大が世界100位に入らないなんて事はありえない。
まさに東大の恥部、経済学部。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 13:59:42 ID:aKG4ab1O
そもそも経済学の実績って何を持って実績とするかがよくわからない

一流学者の論文をそのまま政府が実行させて景気などをコントロール?

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 11:52:17 ID:qbhGAqna

打倒!希望格差拡大社会。キャリアチェンジ/再チャレンジ。ワーキングプアからの脱出!!

一押しばかりですな。今は、読書の秋です。転職活動/契約・派遣登録/バイト面接の合間に。 


■ 城繁幸 (元・富士通人事部)
『若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来』光文社新書、2006年9月20日、700円

  ・若者はなぜ3年で辞めるのか? ・やる気を失った30代社員たち ・若者にツケを回す国
  ・年功序列の光と影 ・日本人はなぜ年功序列を好むのか? ・働く理由を取り戻す

■ 橘木俊詔 (京都大学大学院教授)
『格差社会 何が問題なのか』岩波新書、2006年9月20日、700円

  ・格差の現状を検証する ・平等神話崩壊の要因を探る ・格差が進行する中で
  ・格差社会のゆくえを考える ・格差社会への処方箋

■ 山田昌弘(東京学芸大教授)
『新平等社会 「希望格差」を超えて』文藝春秋、2006年9月15日、1429円

  ・格差の現代的特徴  ・新たな平等社会を目指して
  ・仕事格差  フリーター社会のゆくえ
  ・結婚格差  結婚難に至る男の事情、女の本音
  ・家族格差  家族の形が変わり、新しい格差を生む
  ・教育格差  希望格差社会とやる気の喪失


112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 20:52:21 ID:GLRupXZ9
経済学部って、教科書て公式覚えて、問題演習やらされて宿題出されて、
期末試験受けてって、高校までの学習と何ら変わらないことを大学で4年間も
やらされるだけ

指示待ち人間育成には最適だと思う

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 05:01:59 ID:6Vnc28hV
指示待ち人間っつーか、「自分で考えない人間」ね。

ま、日本のサラリーマン養成には、うまく適合したやり方だ。

50 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)