2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

古代出雲東北日本海新羅王朝の謎

1 :出土地不明:2005/07/15(金) 22:08:57 ID:sf2ZcjIY
http://www5d.biglobe.ne.jp/~tosikenn/4sumi1.html
http://www5d.biglobe.ne.jp/~tosikenn/4sumi1.html
四隅突出型墳丘墓をたずねる

2 :出土地不明:2005/07/16(土) 22:07:02 ID:WYKGRRsX
2げっとだけどね。
出雲スレと合体すれば?
四隅のおはなし出てるよー。
いっこうに盛り上がらないけどね。

3 :出土地不明:2005/07/17(日) 13:00:43 ID:Zm6Ao8B7
合体ですか・・
でも、出雲の謎は日本の根幹に関わることなので
一つ二つ余計にあってもいいような気もする。

4 :出土地不明:2005/07/17(日) 13:20:41 ID:Zm6Ao8B7
出雲族(天孫)が白を好むことから白狄と関係がありそう、国が滅んだのも
BC3Cころで天孫族の出雲渡来と一致する、
http://www5d.biglobe.ne.jp/~tosikenn/4sumi1.html
墓の形状でも一致すれば確定なのだが。。

白狄<はくてき>【異民族】

 主に山西省西部や陝西省東部に居住していた異民族の総称。
白い衣を着ていたので白狄と呼ばれる。
http://www.npo-shoken.or.jp/denshi_juihitu/zuihitu/gyoku.htm

5 :出土地不明:2005/07/29(金) 16:31:26 ID:VRYnwYDu
■ハングル板基本用語解説■其の14

(理由2) <<白丁(ペクチョン)>> 日韓併合されるまで朝鮮に存在していた被差別階級。在日=白丁とされる韓国では
現在でも在日は差別される。実際は全ての在日が白丁な訳ではないがその多くは朝鮮社会での被差別階級だった。朝鮮の身
分階級は大別して「良人(両班、中人等)」「賤人=奴隷」とあり、「賤人」のうち個人所有=民婢、公有=官婢と称した。
国家的奴隷制、贈り物・相続・売買され、殺生しても罪に問われなかった(←部落との違い)「白丁」は、これの更に下層
に奴隷以下の被差別民として位置づけられた。李朝時代に身分として固定され、柳細工の製造販売や屠畜などに従事、衣服
も指定され、居住地も制限され、目印として平壌笠と呼ばれる笠をかぶらねばならなかった。(コピペ)
(理由3) <<済州島出身者>> 白丁よりも済州島が多い。ソウル>地方>全羅道>白丁>済州島 済州島に対する差別
は酷く、完全な野蛮人扱い。済州島出身者との結婚となると、在日の間でさえ「血が汚れる」と一族が猛反対。
1948年、南朝鮮の単独選挙に反対する南朝鮮労働党が組織した済州島四・三蜂起が発生し、朝鮮戦争後の1950年代
半ばまで、弾圧とテロ、山岳ゲリラ活動が続き、のべ8万人の島民が殺されたとされている。今日でも、済州島は反中央の
気風と結びつけて語られることが多く、半島には済州島出身者への差別意識が残っていると論じられることも多い。
済州島は、民族的に陸(半島)と著しく異なり、倭人に近い。昔は独立国だったが、いつの頃か朝鮮に侵略されて現在に至
る。ただ、完全な支配となると意外と新しく、三別抄の乱後、元寇以後になるんじゃないかな。日本では、神功皇后が済州
島を征伐し、その時百済に与えたと伝えられてる。 (コピペ)

――戦後の補償と謝罪―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
戦後の補償と謝罪に関するデータ http://tenpura_c.tripod.co.jp/


360 :日本@名無史さん :2005/07/29(金) 15:41:29
早い話満州人が倭人(縄文)をB扱いして差別・排除してきただけだね。
半島も日本も構造は同じじゃん。

6 :出土地不明:2005/08/03(水) 03:14:49 ID:+nBVSzhr
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1120914010/329-359

7 :がいやまん:2005/08/08(月) 16:33:09 ID:G5rFIDHS
出雲は玉造、つまり、装飾品製造文化があるので中国の紅山文化などとの関連
はあるかもしれない。但し時代が古いのではっきりとした証拠はない。時代が下ると
日御碕に月支族が襲来する。これは馬韓から辰韓、慶州の月城、半月城あたりに
進出し、壱岐などで月読みの命とされる神を奉じtる部族で、アマテラスからは糾弾
されているから、多分、出雲に来たものであろう。弓月というのはトルコ系の半月マーク
だから、月支族のシンボルなんだろう。月山富田場、山中鹿之助なんかと関係がある
のかもしれない。来日の目的はアマテラスが製造していた絹織物のシルクロード経由
輸出」ではなかったのかな。新羅にはインドのアユダヤ国の姫が輿入れすると言うが
馬韓あたりでも絹を作っていたというから漢の東西を結ぶ交易路が大月氏国にまで
伸びていたり、フツの教えが、漢よりも早く馬韓、九州に到来しているということもあり
えるのでは。

8 :出土地不明:2005/08/20(土) 04:38:24 ID:danTIXz1
926 名前:nikuko ◆zpNikuko.w [] 投稿日:2005/08/20(土) 04:37:24 ID:Qlg6PCOY
連絡船には、連絡せん

9 :出土地不明:2005/08/22(月) 22:02:47 ID:s6WosyA+
イザナミの墓って本当に出雲にあるの?

10 :出土地不明:2005/08/26(金) 07:44:12 ID:AlirTRAh
イザナミの話はどう捉えればいいかわからないけど
少なくとも、イズモと北部九州が異なる勢力であったことを
強く暗示してるよね。事実、遺跡からもイズモ系の特殊性が伺えるし
なぜ、イザナミがイズモに
葬られているようにしたか・・・それがわからん。

11 :がいやまん:2005/08/26(金) 10:44:21 ID:lDCCecdE
>>10
イザナギ/ミはカップルでセックスというのが特徴。
http://www.infonet.co.jp/nobk/other-folk/sainokami.htm
弥生に入り農耕、原始的畜産が始まり、生殖に焦点があてられたものだろう。
同時に、兄妹等の近親相姦タブーを神の怒りに触れるものとし、カップル像を
ムラの境界に配置し外敵を怖がらせたようだ。東北では巨大な藁のペニスを
村はずれに設置し、よそ者を怖がらす。いずれにせよ現代人の考えではなかなか
理解しにくい。

12 :出土地不明:2005/09/07(水) 11:08:10 ID:5lJ0m9o6
日本海側が表で、裏は和歌山の方です、海をわたり白木人も多く来たことでしょう

13 :がいやまん:2005/09/09(金) 10:01:13 ID:6YbJUYno
旧石器、縄文時代に日本列島は幾度となく地球規模の火山噴火、火山灰、火砕流
により世界各地に避難しなくてはならない宿命があった。
「■歴史を揺るがした火山の噴火
★喜界(きかい)カルデラ
鹿児島の南、硫黄島と竹島の間に喜界カルデラがあります。
約6,300前に大噴火をおこし、その火山灰(喜界アカホヤ)は遠く関東・東北でも
確認されています。
この噴火で縄文文化、特に南九州のそれは壊滅的打撃をうけます。
その時、逃げ出した縄文人が太平洋を渡って広がったなど、夢のある説がいろ
いろ出されています。
樹齢7,200と言われる屋久島の縄文杉、どうも年齢の修正を迫られているようです。
実は喜界カルデラが噴火した時の火砕流で屋久島は甚大な被害をこうむった
はずなのです。
最近は、樹齢は意外と若く2,500年前後だとか、3本ほどの合体木説など出ていて、
今後の調査が待たれます。 」
http://www.geocities.jp/minami_zatugaku/vol_148.htm
12,000年ほど前からウラジオストークでは隠岐島の黒曜石が出回っているが、
四隅突出墳文化圏の姫川、八上などのヒスイ産地とその加工地出雲玉造の文化も
米州大陸、ユーラシアの各地に拡散した可能性がある。中国、内モンゴルの紅山文化
なども全ては中国からではなく、全ては列島からの視点に立つ必要も重要であろう。

14 :がいやまん:2005/09/09(金) 10:05:11 ID:6YbJUYno
↑出雲が縄文時代からずっと列島の中心ということでもなく、諏訪湖、黒姫山
の辺りもマンモスハンターの中心であったのだから、石器時代の中心であった
ということがいえる。

15 :出土地不明:2005/09/09(金) 11:36:53 ID:In2tmQbw
最新の錬金術をもった、渡来人がはいって初めて鉄とか金をとれて
都会になったので、白木人は入ってたが、田舎のままの東北でありました

16 :出土地不明:2005/09/14(水) 21:00:16 ID:x9cL2YiI
中国大陸にいた倭人は朝鮮半島と九州の2手に分かれて東方に移動した。日本海
王朝は朝鮮半島を経由した倭人の連合で加耶(朝鮮半島)、出雲、越を拠点として
後に、吉備、奈良、尾張に進出した。この王朝は方墳(四隅突出墳を含む)を基礎
とした埋葬をし、加耶を中心に産鉄を行った。それが新羅の圧迫を受けて出来な
くなると出雲、吉備での製鉄の拠点を移していった。九州は、朝鮮半島だけでな
く中国から鉄を輸入していたので大量の鉄を保有していたが鉄を生産した形跡は
ない。この2つの倭人勢力がそれぞれ太平洋側、日本海側に別れ発達したが、
ついに両者を統一することとなった。九州系の初期古墳は円墳が多いが、それと
日本海系の方墳を合成して前方後円墳が出来た。


17 :出土地不明:2005/09/17(土) 03:04:05 ID:4Pc9w8LC
http://blog.livedoor.jp/spwjun/archives/50019581.html




18 :出土地不明:2005/09/20(火) 22:09:10 ID:+0gwr2Hc
対等合併なんかありえるのかな、制服か服従しかないのでは

19 :出土地不明:2005/09/21(水) 18:50:46 ID:Xb91icHf
>>18
邪馬台国なんかは、まさに対等合併なのでは?
合併というよりも連合国って感じだけど。

初期の大和政権も、多分に連合国的な性格をもっていたのではないだろうか。
地方豪族の力はかなり後まで強大なまま保たれていたわけだし。

20 :出土地不明:2005/09/21(水) 23:03:35 ID:oabROwZl

 YAP+型は“縄文系”の男性とみられる。宝来聡・総合研究大学院大学教授
(人類学)の研究では、アイヌ民族の88%にYAP+がみられる。古い形質を
残した遺伝子型のようだ。このタイプはアジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や
中国、シベリアにはみられない。世界を見渡しても日本人のほかには黒人にしか
みられない変わった遺伝子型だ。

 中堀教授は、YAP+の集団を「タイプ2」とした。タイプ2は、都市部では
北から南まで均等に分布し、金沢、福岡、大阪、札幌のいずれで調べても、人口
の三割程度を占める。しかし本州や四国の山間部では五割を占めていた。
弥生人に追われた縄文人という通説にほぼ合致する結果だ。精子濃度が薄いという
特性があるという。

http://www.horagai.com/www/salon/edit/ed2003g.htm

アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない

21 :出土地不明:2005/09/22(木) 23:11:22 ID:Gq7zARio
 由緒正しき出雲は新羅が大嫌い。
最近の洗脳された出雲はしらないが。

22 :出土地不明:2005/09/23(金) 10:35:29 ID:OiFKCd9j
なんで白木がきらいやねんやろ、高麗とか百済はすきなんかな

23 :出土地不明:2005/09/23(金) 13:41:12 ID:909w76EA
>>16
50年以上前からいわれている、しょーもない考え方だな。

24 :がいやまん:2005/09/24(土) 16:29:03 ID:6F81LHY3
方角規矩鏡↓
http://home.b06.itscom.net/kodaishi/page024.html
これを睨んでいると四隅突出墳、土俵、諏訪神社御柱等色んなことが眼に浮かぶ。
ヨモノヒラサカとは四面平境と書くのではなかろうか。土蜘蛛から木造住宅へと移行
してゆく時にも再生したのであろう。
日野宮(ひのみや)神社↓
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/~raifuku/special/wolf/map/area/chubu/shrine/hinomiya/hinomiya.htm
田和山↓
http://www1.harenet.ne.jp/~sugi/kouko/tawayama.htm
天日宮↓
http://www.kyowa.ne.jp/kyowa/txt/a02.htm
岡山県「熊山」山行報告↓
http://www.irorimura.com/bun1/geki01.htm
漏れはこれらは明らかに一つの文化であると思う。高句麗将軍塚というのは
これを巨大にしたものではないのか。しかし、これらは高句麗文化というより
高句麗文化をも含むより大きな文化であったのではなかろうか。

25 :がいやまん:2005/09/24(土) 16:41:48 ID:6F81LHY3
↑考えられる根源は↓
秦始皇帝陵↓
http://www.ii-okinawa.ne.jp/people/ume/Sin_no_Sikoutei.htm


26 :出土地不明:2005/09/25(日) 00:18:38 ID:n2N32LMs
白木人が高麗も滅ぼして、全部白木になった時代もあるのだから

27 :出土地不明:2005/09/26(月) 00:03:47 ID:8nKqZx/L
 出雲倭人の領土であった、任那を歴史上占領したばかりか、
今度は、歴史から葬り去ろうと新羅はしているからだろ?

28 :出土地不明:2005/09/26(月) 09:22:41 ID:/Fan6/Hy
白木人に日本の領土の返還を早くするように、漢の皇帝にお願いしたい。

29 :出土地不明:2005/09/26(月) 12:49:15 ID:ZJSYHEdl
そんな事言ってると、ミョウチクリンな論理で中国やアメリカに
二階にあげられハシゴはずされるぞw

奴さんらがネタに困る訳じゃないがな。

30 :出土地不明:2005/09/26(月) 20:55:27 ID:OXgqnSFh
それで新羅系の秦氏がいじめられて、消えていったのか。藤原氏だらけになって
しまった。

31 :出土地不明:2005/09/27(火) 10:05:32 ID:0PycuEEb
日本書紀によると、「久太良」(くたら)と表現されているので、
文字よりも音が大切なことはすぐに分かる。つまり、「百」と「済」の二文字は何ら意味を持たず
白木人も同じでしょうか

32 :出土地不明:2005/10/01(土) 09:02:26 ID:LHBqL7VM
おなじかもしれまへん

33 :出土地不明:2005/10/05(水) 11:16:09 ID:pNBkWlSt
白木人はすらっと背が高くて男前が多かったので、もてた、が原住民は背が低いのであまりもてなかった、
女は小柄な原住民がきりょうよしで、すごくもてたので、でこぼこコンビで
仲良く暮らした。

34 :がいやまん:2005/10/05(水) 18:12:48 ID:oAHKFatB
出雲というのは広島県三次盆地から福島県にと広がる四隅突出墳の中心地。
新羅というのも同じ日本海側であるが四隅の発掘は余り耳にしない。山口県など
には分布しないことを考えると新羅は関係ないのかもしれない。方墳について
バイカル、アルタイ、ユーラシア西部には多くの遺跡があり、スサノオ神話が
ギリシャ、インド等と関係するのを考えると「新羅帝国」ではなく、単なる匈奴
文化の一つと考えた方が適切かもしれない。

35 :がいやまん:2005/10/05(水) 18:24:30 ID:oAHKFatB
天円地方、天孫地祇など読んで字のごとくそもそも円墳は天孫のもので配下の
首長は方墳に甘んじるのが筋なんだが、こうした教養を最後まで身につけていたのが
裏日本と東国の四隅、方形周溝墓、前方後方墳の地方であり、由緒正しい家柄といった
感じ。前方後円墳の天皇サイズ以下のものとか、三角縁神獣鏡偽ブランドは現在の
赤字国債の押し付けのようなもので、邪馬台国政府の財政がうまくいかなかったので
あろう。逆に裏日本、東北なんかはぶったたいても鼻血も出なかったのだろう。
伊那のほうに行くとヤマトタケルが来たので村長が家を建て娘を提供したといった
話が残っているが、あんなところではそれが精一杯で、息吹山で自殺したヤマトタケル
というのも初期邪馬台国の邪馬台国の落日を示すものであると思う。そして九州、熊襲
更には三韓征伐。国家とはできてみればその運営は大変なものであったのだろう。

36 :がいやまん:2005/10/05(水) 18:36:25 ID:oAHKFatB
春秋の末スサノオ等匈奴の先祖の神話体系を描いたのはこれだと思う。↓
度朔山(どさくざん)
http://www.pandaemonium.net/menu/devil/dosakuzan.html
これを吉備、伯耆近辺に当てはめるとスサノオ神話の原型に触れられる。
この神話体系は春秋時代の中国がバイカル東部のものを収録したのであろう。
鳥居、三つ鳥居、コマイヌ、牛寅岬、茅の輪、鳥居くぐり実に見事に描かれている。
このトラということからアムール、ウスリー江の付近だとわかる。

37 :がいやまん:2005/10/05(水) 18:42:29 ID:oAHKFatB
匈奴は冒頓単于(松尾神社、唐松神社にその名を残す)が月支を撃破、
小月氏を併合し、百サイとして半島南部に雌伏していたのであろう。
出雲日御碕神社は月支王の来襲を伝え、田和山遺跡は崑崙山を模した
三段構えである。妻木晩田経由こうした渡来民が吉備に入るのであろう。

38 :がいやまん:2005/10/05(水) 18:45:29 ID:oAHKFatB
しかし、出雲は外国航路とは直接につながっていない。直接につながるのは
やはり関門、遠賀川下流である。そして最初に集結するのは香春であったの
だろう。

39 :がいやまん:2005/10/05(水) 21:16:04 ID:oAHKFatB
四隅突出墳の極めて重要な点は何故それが出雲で発生したのかということに尽きる。
漏れは、ずばり、それは吉備の楯築に初代倭国王権が成立したことの裏表であると
見る。本来ならばそれは豊前にあるべきものであったのであろうが、資源バランスなど
からして吉備に移動し、更に、伯耆方面からの渡来系も合流し始めての本州における
倭国代表国、倭人伝に言う男王の国、多分投馬国が成立したのであろう。楯築遺跡に
多量に蓄積される丹沙はニニギという言葉を想起さす。

40 :がいやまん:2005/10/06(木) 07:33:25 ID:zsNrYbIk
>>36
>頂には二人の神が居て、ひとりを神茶、ひとりを鬱壘といい、悪鬼を調べ取り締まる
>役目を負っている。害をもたらす鬼を葦の縄で捕らえて虎に食わせる。

谷間の狭い獣道に自然の草木でカモフラージュした輪の中に強い綱を忍ばせる。
多分これが注連縄に起源であろう。獣がその輪を通る時2人の狩人が綱を引く。
或は又、鹿の牧場に設けられた狭い捕獲用通り道のことであるのかもしれない。
古代中国ではトラの出没するのは単に吉林のみならず相当広範囲であったようで
あるが、比較的遅くまで残るのは満州東部であろう。檀君神話はあえてトラと対比
させたうえで、熊を神とするのでどちらかといえばアイヌ系であるが、このトラを
守り神とするのは匈奴を構成する民族なのであろう。その神話体系を山海経が記録
したものだと思うのだ。

41 :がいやまん:2005/10/06(木) 08:52:18 ID:zsNrYbIk
>>36
ここでは三柱鳥居
http://www.page.sannet.ne.jp/tsuzuki/hozumi3.htm
http://suzukishokai.cool.ne.jp/photo%20kaiko/torii.html
http://suzukishokai.cool.ne.jp/sub%2014%20kaikonoyashiro.html
http://suzuki-t.hp.infoseek.co.jp/3hasira2.htm
のことを言ったつもりであった。対馬の古い形のものを見ると渡来したものとわかる。
真ん中が春秋時代はトラのトーテムポールということになろうか。両脇が仁王、コマイヌ。
仏閣においても山門の後に「おたきあげ」というのか、かまどのようなものがあり
お線香を投げ入れ、煙を患部に撫で付ければ癒しとなるというのがあるが同類か。
ちなみに、スクナヒコナ系、つまり、三輪神社等の三つ鳥居については崑崙山というか
三ツ輪、或は、三つ巴の意味か、三重お供え餅型の本山の出入り口的なものかとも
思う。

42 :出土地不明:2005/10/06(木) 21:12:56 ID:yxhxY3Jt
松尾神社は白木系秦氏の○まるで、そのへんはたしだらけみたい。

3本足のカラスは軍師もやってたのか

43 :がいやまん:2005/10/06(木) 22:14:21 ID:zsNrYbIk
>>41
対馬のアマテル、九州のマテラフ、京都のマタラという流れにおいて三本鳥居
を見る時↓ここにいる後戸に立つ食人王・摩多羅(またら)神 
http://www.kuniomi.gr.jp/geki/wa/seireo07.html
がどうも山海経のトラのようだ。漏れはユーラシアの狩人が北斗七星の投げ輪
で害獣、罪人を捕らえる伝承があったのかなと思っているんだ。どうもこの祭り
牽牛とは縁がないようだ。しかし、牛への何らかの思い入れ、それは丑寅(鬼門)の
方角とかの関係かもしれないが、牛がなんかの救いになるということかも。ユーラシア
各地の情報と比較できればいいんだがね。眠くなったきた。今夜はこの辺でね。

44 :出土地不明:2005/10/07(金) 10:23:33 ID:5JZMyP4+
3本足のカラスは重要な役目をはたしたので、その役目とは古代の政権交代で
しょうか。

45 :出土地不明:2005/10/07(金) 11:23:12 ID:2l1icvwM
畠さんと鈴木さんと藤原さんの三つ巴の争いではなかろうか

46 :がいやまん:2005/10/07(金) 12:35:03 ID:ay9m6YqD
>>41
三本鳥居の原型の候補の一つはエベンキ(ツングース)シャーマン・テント↓
http://www.rosbrs.ru/konkurs/web/2003/pages/rodin/gryppa_hat.jpg
伊勢神宮の横持柱のようなのも遠くに見える。↓
http://tradkulzab.narod.ru/Evenk05.jpg
二人の狩人が鳥居(獣を取るつるべのやぐらってことか)を作って待ち伏せている
いる姿はカレリア地方出土の線画↓の一番下にある。↓
http://www.vottovaara.ru/?url=karelia/drev/galery/b3.html
漏れの仮説として、トラ神様の前に狩人二人がトリイから投げ輪で罪人、害獣
を捕獲し、トラの神様に献上するのではないかということだ。閻魔の思想と同じ。

47 :がいやまん:2005/10/07(金) 17:12:38 ID:ay9m6YqD
例えば、夏越しの祓・茅の輪くぐり
http://www.rokko.or.jp/organization/chinowa/
左で3回、右で3回なんてことはそこに仁王さまのような鬼がいて、くぐる人間の
この世での罪科の調べをし、限度以上の罪のあるものは即、索、しめ縄、を締め
てつるし上げ、後門のトラの餌食とするというルールがあればこそ真剣になれるけど
そんな話がないとなんとウザイことか。

48 :出土地不明:2005/10/07(金) 17:26:35 ID:+YJq1IxT
韓国の国旗は二つの勾玉と四隅に四つの卦。
八幡の三つ巴と出雲の四隅墓と無関係ではなかろう。


49 :がいやまん:2005/10/07(金) 18:31:06 ID:ay9m6YqD
「韓国の国旗は「太極旗」で、太極と八卦を中心に構成されている。
太極は宇宙自然の窮極的な生成原理を現わすものとして、赤色は尊貴と陽を
象徴して、青色は希望と陰を現わす。
八卦は天地日月・四時四方を意味する創造的な宇宙観を盛っている。 したがっ
て太極旗全体では平和・統一・創造・光明・無窮を象徴している。
韓国で国旗制定の論議が初めて挙論されたのは1876年(高宗13) 1月だった。

(斗山世界大百科辞書より)」

50 :がいやまん:2005/10/07(金) 18:37:41 ID:ay9m6YqD
三つ巴神紋はどちらかといえばスキタイ思想を受けた匈奴の持つ3機能思想、
三貴神、三女神などに由来するものであるが、四角は大地、つまり、天孫に
対する地祇の立場を押し付けられている、つまり、スサノオ追放の影響を受け
ていると考えられる。

51 :がいやまん:2005/10/07(金) 18:46:06 ID:ay9m6YqD
秦氏を傘下に収め、豊前にいた天孫オシホミミの子孫は吉備、播磨、いわゆる
投馬国に移動、この間出雲はその統制下に置かれていた。が、倭国乱が始まり
天孫は河内、尾張、越の系統に押し返され、妥協的な卑弥呼共立時代に入るのでは
ないだろうか。

52 :がいやまん:2005/10/07(金) 18:59:39 ID:ay9m6YqD
韓国が受けた「八卦は天地日月・四時四方」等の思想と、日本の八幡・四隅等は
共に、中国の思想であるが、これは匈奴にも入っており、日本に入ってきたのは
移動する匈奴系ツングース、ブリャート等を経由しているのではないかと思われる。
高句麗、百済等も本来匈奴系文化の担架者であろう。

53 :がいやまん:2005/10/08(土) 08:09:56 ID:ULb7FMZV
よく白木という言葉がでるんで気になるのは白蚕/白山>気多神社>八上>出雲>
新羅>シ歳貊>貊>白頭山(長白山)>北方ツングースといった線で四隅等とつなが
らないのかということだ。秀吉に切られた千利休、出雲の神主等の千というのは
韓国に特有の名前だ。この辺になると全く解からないが何かありそうだ。ブリャート
・ツングースの日本への流入が北周り、南回りとあって、夫々、地祇と天孫になった
ということだって考えられるんだけどね。しかし、肥前肥後甕棺文化は千年も続く
世界レベルの存在であり、これも天孫の候補としては外せないが。

54 :がいやまん:2005/10/08(土) 08:24:24 ID:ULb7FMZV
白頭山のように頂上付近に池を持ったものには白山、金毘羅山、四国の剣山
等があるが、水源、雨乞いから龍、蛇、瀬折津姫などの思想が出てくるのであろう。
白頭山天池はバイカル湖を髣髴とさすが、カイラス近辺、日光中善寺湖、猪苗代湖
十和田湖なんかもなんだか似ている。

55 :がいやまん:2005/10/08(土) 08:59:30 ID:ULb7FMZV
>>51
記紀で言うとおり、オシホミミが降臨しようとしていたが、空中でニニギが生まれた
というのは、地上で言えば関門近辺のことであり、1000年続いた甕棺文化、三雲・
前原遺跡の神、オシホミミはオシホミミオシホネとして英彦山近辺に祭られるに
とどまり、空中出産のニニギの子孫である神武が、イザナギのように、日向で禊
を受け、血統を正して東遷するのであろう。面白いのは大和三輪山の神が地元
の姫と結婚してはならない。天孫側の送るミホツ姫と結婚するよう天孫の指定が
あったのにもかかわらず、この姫は冷遇され結局は地元のイスケヨリ姫やモモソ
ヒメ等が寝技で勝っていることで、天孫降臨はスローガンであり、結局は力の強い
地元の豪族が神武の連れ子、タギシミミ、を殺して皇位についていることである。
仁義なき戦いであったのか。

56 :がいやまん:2005/10/08(土) 09:06:54 ID:ULb7FMZV
考古学的に三輪山祭祀の始まるのは河内王朝時代であり、ミホツ姫神社も
後代の史書編纂の結果に基づいて建造されたのかもしれないが、逆に、矛盾
を浮き彫りにする感じである。三輪山の神がオオナムチでドンファンであったと
言ったしまえばそれだけだけど。

57 :出土地不明:2005/10/08(土) 10:01:51 ID:MvoMyzvE
四隅は新羅とは直接関係がなくもっと北、西の文化だろうね。
中国東北部かあるいはもっと北西か。
彼らは文化を受け入れただけなのかそれとも人の移動と共に
埋葬文化も継承したのか。
鉄器や農耕など実用品より埋葬などの文化は人の移動と密接な関係があるとは
思うが


58 :出土地不明:2005/10/08(土) 10:10:40 ID:MvoMyzvE
やはりシラギは扶余語であろうと推測する、百済支配層か
新羅、高句麗の一部から伝わったのだろう。
日本(倭ではない)と半島の繋がりはシッラ人ではなく扶余人中心であった。
では九州を中心とした倭国は半島とどういう繋がりをもち、
どういう言葉を喋っていたのであろう、漏れはかなり違っていたと思う。
沖縄、鹿児島方言に近い言葉だったのではないだろか?
そしてそれはハヤトやクマソの言葉でもあったと思う。
そして半島の南部もこれに近い言葉だったように思う。

59 :出土地不明:2005/10/08(土) 23:10:42 ID:TLynm8zS

googleマップ見てたら、面白いことが分かるよ。

新羅の慶州も、金海も、北九州も、出雲も、みんな港町だよ。

新羅の王子が舞鶴経由で来たという話もあらーね。



古来より、日本が百済と仲がよく、新羅と仲がよくないのも、

朝鮮半島の海岸線をみると、何となく分かるような・・・


任那から百済にかけては、港だらけだよ。

一方、新羅側は山地に囲まれてる。


実は高句麗の方まで、船で交流あったかも知らんね。

60 :妄想中:2005/10/09(日) 11:47:20 ID:YU95BJbB
でも白木と久太良は半分ずつ日本に接しており、百済とおなじくらい
白木神社や系統があってもおかしくないのでは、途中で嫌われて消されたのか

61 :出土地不明:2005/10/09(日) 13:12:13 ID:+4DEK8jK
新羅、唐に占領されたというのも漏れは捨ててないけどね、
百済人の移民押しつけもあったがそれだけでなく、
新羅、唐が倭に干渉してきた、新羅と仲よかった関東の防人が
倭に朝鮮式山城築いて監視してたんじゃないかな
角餅食べながら・・
だいたい、なんで朝鮮人は九州、瀬戸内ばかり狙い山陰から侵入してこないのか
江戸時代の半島の漁民も島根の方に漂流してるのに、まるでこの地域を
聖域にでもしてるかのようだ。
山城は本来山陰にも沢山作るべきだったはずだ。

62 :がいやまん:2005/10/09(日) 13:53:43 ID:VqWvGcxK
白木、白木で思ったんだけど、
「春川説  故金達寿氏は『日本の中の朝鮮文化4』の「伊太祁曽から隅田八幡へ」
の中で、曽尸茂梨とは朝鮮の江原道春川にある、元新羅の牛頭山の事である。
と一つの説を紹介する。
 また八坂神社の真弓宮司は『新撰姓氏録』八坂造の項に「狛国人の之留川麻乃
意利佐(シルツマノオリサ)」とあり、春川には古くから狛国があったことを指摘されて
おられる。 斉明天皇二年に来日した狛人81人は春川の狛人ではないかとの仮説を
出されている。三韓覇権争いの地であり、その頃の高句麗の南下で、狛人の亡命が
想定され、それに該当するとの見方である。 」
http://www.kamnavi.net/it/sosimori.htm
この民族名狛人と国名新羅とをごっちゃにしているような気がする。

63 :がいやまん:2005/10/09(日) 14:21:15 ID:VqWvGcxK
上記のカンナビさん情報
http://www.kamnavi.net/it/sosimori.htm
「高い柱の頂上説    韓国の宗教文化研究院長の崔俊植梨花大学教授の説
(平成神道研究会主催での真弓八坂神社宮司の講演の中で紹介)*4
「ソシモリというのは、地名ではない。「ソシ」は「高い柱」、「モリ」は「頂上・てっぺ
ん」の意味、したがって、「ソシモリ」は「高い柱の頂上」という意味だ」。 「牛頭天王
の「牛」は「ソ(シ)」という音にあたる漢字の牛を当てはめただけ。」という。
 牛頭天王を祀る八坂神社宮司は学者として「ソシモリ」の場所の可能性を広く
求められておられる。 氏は新羅降臨後「ソシモリの所においでになった」と敢えて
「所」を入れてあることへ注目される。単なる地名なら「ソシモリにおいでに」で良い
訳で、やはり「ソシモリ」とは聖地を形容する普通名詞だったと言うことだろう。
 さて『日本書紀』の書かれた8世紀の日本列島で離されていた言葉と韓半島で
話されていた言葉がどの程度違っていたのかは不明である。一体「ソシモリ」とは
何語であるのかは特定できないと云うことだ。 」
これに関連し、
ソシモリの祖形か?
http://www.rosbrs.ru/konkurs/web/2003/pages/rodin/grob.jpg
とも思われるのが、このエベンキ族の杭柱上木箱葬である。これが出雲大社、
三内丸山遺跡の六本の柱跡ではないかと思う。どうだろう。



64 :出土地不明:2005/10/09(日) 14:54:19 ID:2VJ/TqVQ
そういえば朝鮮語と鹿児島弁と似てるな。

65 :出土地不明:2005/10/09(日) 15:00:19 ID:+4DEK8jK
鹿児島弁は普通に九州弁だし、
イントネーションは沖縄弁、長崎弁にも伝播している。

66 :出土地不明:2005/10/09(日) 15:36:01 ID:9cewvKD6
なんだ伝播って?
朝鮮思考は脳内に止めとけw

67 :出土地不明:2005/10/09(日) 23:17:58 ID:BKSF8hbc
白木の影が濃いのかなあ

68 :出土地不明:2005/10/10(月) 10:56:47 ID:5xvV7FwX
高麗も高来にしてるので、やはり嫌われていたのかも、一番好かれてたのが
百済で、高来の春川の地は韓国ですか

69 :がいやまん:2005/10/10(月) 11:15:27 ID:h/sLtplb
三韓の韓とは国の意味だが、民族的には南方ツングース、北方ツングース、倭人
そして南方朝鮮人、他方、楽浪・帯方には中国人・北方朝鮮人といった感じで、
春川あたりはシ歳貊の貊という北方ツングースで、これが白木、白木と騒がれたり、
白山(白頭山)信仰を裏日本に持ち込んだんじゃなかろうか。朝鮮人は余り移動性の
強い民族ではないと思うんだが。

70 :がいやまん:2005/10/10(月) 11:26:01 ID:h/sLtplb
沿海州、ハンギョン道のケマ、北陸の気比、気多などに残るケという言葉は
シ歳貊のワイ<カイかなとも思う。

71 :妄想中:2005/10/14(金) 11:42:40 ID:stMEi8so
四角い土俵と、四角い餅の関東は白木系やろか。

72 :出土地不明:2005/10/14(金) 13:08:18 ID:OXNYhd5r
白木というか、もっと上、高句麗の上、白頭山に四隅墓のルーツが
あるからこの地方の人が故郷を偲んで白山信仰、角餅持ち込んだん
じゃないかな。

73 :出土地不明:2005/10/14(金) 13:12:46 ID:OXNYhd5r
岡山にも角土俵があるらしい、驚き。


74 :がいやまん:2005/10/14(金) 13:22:11 ID:QxAUaMgm
四角>マージャン>中国、どうしても中国に行っちゃうんだけどな。

75 :出土地不明:2005/10/15(土) 14:49:17 ID:3amOijUW
>まあ日本人には多かれ少なかれ朝鮮半島の血が流れているわけだが。

実はほとんど流れていない。
続日本紀によると、7C、百済滅亡で日本に来た百済人が3100人くらい。
高句麗滅亡で来た高句麗人が1800人くらい。
それらとは関係なく自主的に来た百済人や新羅人が数百人。
7Cに来た半島帰化人は全部合せて5000人くらい。

それ以前の帰化人が始まった5C、続く6Cに来た半島帰化人が合せて
2〜3000人くらい。

半島帰化人の総数は7〜8000人くらい。

古墳時代の日本人口が400万人くらいの時だから、
朝鮮半島の血など、日本人の血の僅か 0.2% ほどに過ぎない事が分かる。

76 :出土地不明:2005/10/15(土) 22:33:02 ID:LLhOCwRO
「ビタミンの里よしの」

品種・品名 きねつき餅
参考価格 700円/550g10ヶ入

自然をたっぷり残した静かな山里。
清らかな水が生み出した美味しいお米からつきあげる、
昔ながらの杵と臼でのこだわりのまろやかなお餅が出来上がります。
標高350メートルの冷淳な気候で育んだもち米を原材料に湧き出づる清水で研ぎ、
昔ながらの臼と杵でつきあげたお餅。
粘りとコシの強さが定評でふるさとの香りが味わっていただけるものと確信しています。

住所 〒693-0505 島根県出雲市佐田町吉野475
URL http://www.chusankan.jp/Brand/00000174/

77 :出土地不明:2005/10/16(日) 20:29:41 ID:0yF6ccmh
そろそろ神在月だね。安来に鉄を
求めて神様がやってくるのだろうか?

78 :白木人:2005/10/20(木) 20:14:03 ID:OCJULinW
今の土俵も四角で俵がまるくなってるので

79 :がいやまん:2005/10/22(土) 13:51:03 ID:mrdzUvX+
俵を茅の輪とするとスサノオゲーム。ヨモノヒラサカを四面平境とするとボクシング
のリングにおけるスサノオゲーム。四隅は結界の通路でトリイが発生することになる。
この通過儀礼というのが加賀の潜戸を想起させ、遠く天岩戸、トンカラリン等とも
関係があるのであるのかもしれない。

80 :こぴぺ 八幡の:2005/10/26(水) 08:58:12 ID:gFPflogX
最も早い神仏習合神。本来は豊前国(大分県)宇佐地方で信仰されていた農業神とされる。
781年、仏教保護・護国の神として大菩薩の号を贈られ、
以後寺院の鎮守に勧請されることが多くなった。
また八幡神を応神天皇とその母神功皇后とする信仰や、
平安末期以降、源氏の氏神とする信仰が生まれ、
武神・軍神としての性格を強めた。




81 :がいやまん:2005/10/26(水) 14:45:59 ID:JtPvZhuW
八幡神は神功 皇后とする説は正しいと思う。他方歴史的には高句麗広開土王碑文
では倭と百済はさんざんな敗退をきしたことになっている。国内もカゴサカ、オシクマ
王が反乱している。三韓征伐とは高句麗に対する勝利ではなく応神朝には百済から
大量の移民があるような百済との友好関係樹立程度のことなのだろうか。

82 :出土地不明:2005/10/26(水) 15:03:26 ID:dZzhQXtG
原始宗教→神仏習合→神社建立なので
基本的に神仏習合が現代神道の直接の始まりだと思う。
神仏習合は宇佐八幡地区で始まったが、
神社は出雲地域を中心に建立されている。
特に日本の万の神は殆ど出雲系神社になってる。


83 :出土地不明:2005/10/26(水) 16:09:22 ID:dZzhQXtG
http://iseki.ipc.shimane-u.ac.jp/tanken/Chrctr/kofun/img/2/kofun_bunpu.jpg
古墳の分布状況

84 :がいやまん:2005/10/26(水) 19:11:04 ID:JtPvZhuW
出雲は吉野ヶ里の時代にアマテラスにより九州を追放されたスサノオ系が移住し、
畿内方面に銅鐸文化をもたらす中核的役割を果たす。その後、弥生末の倭国乱
時代に天日槍が渡来すると抗争するも共鳴し、四隅突出文化圏を拡大、北陸、東海、
山城の勢力を扇動し邪馬台国と抗争を繰り返したのではなかろうか。最後はフルネ、
タケミナカタのような形で大和朝廷に屈服するのでは。基本的に北方草原から
中原を侵略する匈奴の思想を受け継いでいるのであろう。それは剣を背景にする
思想である。また、格闘技の相撲も出雲が起源である。

85 :がいやまん:2005/10/26(水) 19:34:31 ID:JtPvZhuW
出雲(四隅)は、全くといって、鏡とは縁遠い。鏡は中国/四郡とのパイプの証である。
出雲は先祖が満州の反中国の匈奴なのであろう。朝鮮半島なんかでは差別され
鉄鉱関係労働者みたいなものであったのではないか。それに引き換え北九州の倭人は
中国から金印を受けている。

86 :出土地不明:2005/10/26(水) 20:50:27 ID:OQwFMBta
http://www.geocities.jp/monerakun/bouenkyou1.html

87 :出土地不明:2005/10/27(木) 22:15:05 ID:cEML4Wjs
稲荷信仰は、京都市伏見にある伏見稲荷神社を中心にした信仰です。
古くは、大和地方で大変な力を誇った秦氏の神様とされていました。
豊前風土記・逸文=昔、新羅の国の神、自ら渡り来りて、この河原に住みき。即ち、名づけて鹿春の神という。
また、里の北に峰有り。頂きに沼有り。柘植の木生い、又、龍の骨あり。第二の峰には銅並びに柘植等あり。
この新羅の神様は「辛国息長(からくにおきなが)大姫大目命」という名前です。

88 :出土地不明:2005/10/28(金) 23:16:41 ID:Wco2pG45
古墳の分布で出雲が小さくて少ないようですが

89 :がいやまん:2005/10/29(土) 19:11:59 ID:Ndtk6CHP
四隅突出型古墳の全国分布図を取れば出雲が中心になり、日本海沿いに福島県
まで伸びる地図になります。上記の図は前方後円墳時代に絞ったものでしょうから
出雲の姿がはっきり見えません。記紀の国譲りの部分では出雲が中心の話ですから
四隅突出型古墳とそれを取り巻くものとの対比が欲しいですね。

90 :出土地不明:2005/11/16(水) 22:45:42 ID:F9SYGGrf
出雲人は東北人と同じくズーズー弁を話している。
彼らのルーツがアイヌ系縄文人であることは明白だ。

91 :出土地不明:2005/11/25(金) 23:24:40 ID:j1QIJ1Xu
【写真】200年ぶりに再演された「風流」   2005.11.22 20:22:21
 京畿道楊平郡楊西面(キョンギド・ヤンピョングン・ヤンソミョン)ヨンダム里にある
「蓮」特化団地の洗美苑(セミウォン)で「流觴曲水宴」が、約200年ぶりに再演された。

流觴曲水宴とは、流れる水に杯を浮かべ一巡する間に詩を作り、酒を交わす伝統の宴会。
社団法人「韓国の文化を育てる会」は、漢江(ハンガン)を眺められる洗美苑に
大きさ513平方メートルの流觴曲水台を作った。
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=69913&servcode=700§code=700


曲水宴は両国とも中国から伝わったとされているけど、なんだかなぁ・・・。

参考 日本の曲水宴
http://www.geocities.jp/sailorsladyluck/2005JYONANGU.kyoto.html
http://www.geocities.jp/sailorsladyluck/2005.KAMO.kyoto.html
http://kanko.toyamaken.jp/img_100/h3_img/i0094.jpg
重要文化財 曲水宴図
http://www.kyohaku.go.jp/jp/tenji/heijou/kaiga/kinsei/detail.html
http://www.home-nagahama.org/rekishi/tiiki/daituu2.htm

韓国に残っているとされる曲水宴の庭園遺跡 「鮑石亭」
http://inoues.net/korea/korea_awabi.html
http://homepage1.nifty.com/sawarabi/kankounotabi/81.23posokke.jpg
http://members10.tsukaeru.net/ariera/walk/abroad/korea2002/dscn0149.jpg
http://members10.tsukaeru.net/ariera/walk/abroad/korea2002/dscn0150.jpg
 ここ↑から、どうやったら↓みたいな様式になるんだろうか・・・
http://japanese.joins.com/upload/images/2005/11/20051122202148-1.jpg

92 :出土地不明:2005/11/26(土) 20:40:40 ID:gQAMlRj5
新羅系の難波吉士や草壁きしは淀川の水運を担当していて
白木人は船運に強かった

93 :出土地不明:2005/11/28(月) 18:39:50 ID:e0G7ATmd
 島根県安来市には四隅突出墳墓から方墳への連続的変化が
見ることができるというのは本当ですか?

94 :出土地不明:2005/12/03(土) 12:31:36 ID:RAu5lKdJ
 その話よく聞くね。
加耶から来た、倭人の産鉄族が作ったのでは?

95 :出土地不明:2006/01/22(日) 10:16:08 ID:ltLEkzfx
 出雲東部は謎だらけ。

96 :出土地不明:2006/01/22(日) 23:37:54 ID:8TjEAcmG
>>84
未だに○○族っていいかたやめれ、このぶっさいくハゲじじい!

97 :出土地不明:2006/01/23(月) 08:16:05 ID:eDCxs4bo
平氏(赤旗=先住民の色)はどこに拠点があった?
源氏(白旗=朝鮮人の色)はどこに拠点があった?
南朝はどこに拠点があった?北朝はどこに拠点があった?
水神と共に祀られる平氏、水神といえば西日本だよね。
平氏も貴族だから朝鮮の血は濃いよ、しかし先住民の
反乱だったんだ。あれは単なる権力闘争じゃないんだよ。
南朝しかりだ。よーく考えよう。
記紀、倭人伝、東夷伝、風土記をよーく読もう。
先住民はいま朝鮮人(源氏=東日本人)により根絶やしに
されようとしているのである。

98 :出土地不明:2006/01/24(火) 14:11:25 ID:xFx285Jj
133 :日本@名無史さん :2006/01/24(火) 13:35:53
新羅は出雲人の国
http://makimo.to/2ch/mentai_whis/980/980828553.html

134 :日本@名無史さん :2006/01/24(火) 14:00:44
新羅人は出雲・丹波・但馬人(銅鐸=鈴、五十猛)かもしれないが。
出雲系が純粋な倭系とは思えない。

彼らは少なからずその前に高句麗の影響を受けている。
だから出雲系(出雲人、初期近畿人、関東東北人)は
当初は高句麗との混血であり、更に新羅からの渡来人と
混血したと考えられる。
だからあそこまで高句麗、新羅文化に拘りがあるのです。

99 :日本@名無史さん:2006/01/24(火) 21:42:50 ID:RW0RsUB6
>>75
>>7Cに来た半島帰化人は全部合せて5000人くらい。

半島帰化人のほとんどは、日本から以前に渡った兵士の子孫。
科野や関東からの防人。

渡来人は里帰りがほとんどだ。

難民も混じっていたが・・・。

100 :出土地不明:2006/01/25(水) 04:01:49 ID:YYd1cPY3
>>99
根拠を示して下さい。
元々その前から出雲丹波ラインは高麗人が渡来してた地域です。

もれは、ブーメラン型(高句麗→出雲→新羅)の出戻りを想定してる。
更に新羅から東北関東に一直線だ。

101 :出土地不明:2006/01/25(水) 21:14:25 ID:RI5/XSd1
↑ただの風説屋ww

102 :出土地不明:2006/01/27(金) 17:39:14 ID:HY9t0SW9
新羅国は倭人が創った(2)
実は「瓢公」が新羅の王になったことは、三国史記からは明確ではありません。その代り
4代目の脱解王が日本出身であったことは、明確に書かれています。この王は倭の都から
東北千里にある多婆那(丹波?)国で生まれたが、生まれた時大きな卵だったので、海に
流され、新羅で拾われたそうです。そして、「瓢公」の家で育ったそうです。
これで新羅国は倭人が創ったことがよりはっきりしました。

しかも韓国の壇君伝説は卵から生まれた天孫が
熊と虎を人間にしようとしますが、熊だけが人間の女性になります。
そして壇君と熊女は結婚し子孫を儲けます。

新良貴の天日鉾(五十猛、五十鈴木、伊達、館の祖先)
が移住したのも但馬です。
高天原は近江・丹波・但馬ラインで確定です。

おめでとう、おめでとう



103 :出土地不明:2006/01/27(金) 17:40:30 ID:HY9t0SW9
新羅国は倭人が創った(2)
実は「瓢公」が新羅の王になったことは、三国史記からは明確ではありません。その代り
4代目の脱解王が日本出身であったことは、明確に書かれています。この王は倭の都から
東北千里にある多婆那(丹波?)国で生まれたが、生まれた時大きな卵だったので、海に
流され、新羅で拾われたそうです。そして、「瓢公」の家で育ったそうです。
これで新羅国は倭人が創ったことがよりはっきりしました。

しかも韓国の壇君伝説は卵から生まれた天孫が
熊と虎を人間にしようとしますが、熊だけが人間の女性になります。
そして壇君と熊女は結婚し子孫を儲けます。

新良貴の天日鉾(五十猛、五十鈴木、伊達、館の祖先)
が移住したのも但馬です。
高天原は近江・丹波・但馬ラインで確定です。

おめでとう、おめでとう



104 :出土地不明:2006/01/29(日) 13:56:05 ID:E4kMlrPD
>>1
>>103
教えてあげる!!

★★ 古代朝鮮人は、日本に移住していない ★★

朝鮮人は、古代のカラ半島南部にあった、志良岐・任那・久多良は 朝鮮人の国だったと
信じ込み、
「半島の国々から、古代日本に多くの朝鮮人が移住し、半島や大陸の輝かしい先進文化を伝えた」
と、主張する。
だが、こういった説は妄想に基づく妄言である。 朝鮮人が古代日本に移住したという事実はない。
朝鮮人は、古代日本に一人も移住していないのである。志良岐・任那・久多良は 倭人の国だった。
また、この三国と古代日本の文明レベルは同程度であり、半島に『輝かしい先進文化』なるものは
存在しなかった。高句麗の文化も日本と同じレベルだったのだ。 先進文化ウンヌンという話は、
日本人に対し優越感を持ちたい朝鮮人の妄想が生んだ フィクションである。
そもそも、日本列島にもカラ半島南部にも、紀元前から、長江以南の越地方から多くの越人(倭人)
が移住しており、日本列島とカラ半島南部の倭人は、紀元前から日常的に交流していたのだ。
つまり、『同一の文化』を共有していたのだ。だから、古代ヤマトとカラ半島南部で、文化水準の
レベルに差があった、などということはありえない。ふつうに考えれば分かることである。
たしかに、古代ヤマトもカラ半島南部も、大陸文化の影響を受けてはいる。
しかし、ヤマトとカラに文化的影響を与えたのは、越地方の越人(倭人)と帯方郡の漢人であって、
朝鮮人ではないのだ。古代朝鮮人は『先進文化』を持っていなかったのだから、ヤマトやカラに
文化的影響を与えるわけがないのだ。無いものは与えようがないではないか。


105 :出土地不明:2006/02/02(木) 20:07:52 ID:2MW55aj0
上げ

106 :出土地不明:2006/02/02(木) 21:00:16 ID:oKo9Sbyb
古代って、どのくらいの間を言うの?

107 :出土地不明:2006/02/02(木) 21:36:08 ID:2MW55aj0
済州島の古名=耽羅(タンラ)は、元はタムラと発音した。

タムラの語源は、日本語古語の屯(タムロ)だ。
タムロとは、大勢の人間が集まる場所の意味。
タムラ島は、古代中国と筑紫(日本・九州)・百済の中継地だった。
人が集まる島だったので、日本人(大和人と百済人)が
そう名づけたのだ。


108 :出土地不明:2006/02/03(金) 13:19:44 ID:ykCivWDr
日本人の起源は済州島だと言いたいの?

109 :出土地不明:2006/02/03(金) 17:34:35 ID:GPPbS8pi
違う!
日本人が耽羅島に移住して島民になったのだ。
これが真実だ。

百済人も日本人!
間違いない!


110 :出土地不明:2006/02/04(土) 00:34:19 ID:JucKTfdN
明日香の猿石と、済州島の石像と同じ顔をしているね。

111 :出土地不明:2006/02/04(土) 20:23:48 ID:OEB6ed+z
 日本文明の特色は、一言で言うと「縄文と弥生の融合」
ということになると思いますが、その融合というものを
最初に達成したのは、古代出雲王朝であろうかと思います。
出雲王朝は邪馬台国よりも40年前に出現し、東西日本の
分け目となるフォッサマグナを超えた連合政体を日本海側
に実現しているからです。現在でも太平洋側はここを境に、
東は縄文的西は弥生的な名残が残っています。一方日本海
側はあまり明確でなく、山陰の出雲弁と東北弁が類似して
いるといったことが見受けられます。

一方、古事記/日本書紀などのような日本最古の文書も
縄文と弥生の葛藤と融合がイザナミとイザナギの国産み
神産みの物語として描かれています。しかし最終的には
縄文が弥生に席巻され、イザナミは死に、出雲と伯耆の
境、比婆の山に埋葬されてしまったのです。縄文のシン
ボルとしてのイザナミは一体どうなったのかあまり手が
かりはありませんが最近の考古学には目覚ましいもの
があります。それで私などは、島根県と鳥取県の県境付
近の考古学的ニュースには目が離せないのです。

112 :出土地不明:2006/02/06(月) 10:31:21 ID:lbLoFVNL
日本から半島に人が渡って国を造り、
その子孫が日本に戻ってきた?
渡来人と言われた人は祖国に戻ってきた感じだったのかな・・・

113 :出土地不明:2006/02/08(水) 20:33:43 ID:YC21c65H
出雲神話のスサノウが、そもそも高天原を追われた亡命者だが。

114 :出土地不明:2006/02/11(土) 13:20:14 ID:OLYKrDIR
★ 三国史記に記された百済の建国神話 ★

【百済の建国 (三国史記より)】
高句麗の始祖である朱蒙(しゅもう)には3人の子があり、長男の類利(るいり)が高句麗を継いだ。
後継者争いで身の危険を感じた弟の温祚(おんそ)は、高句麗から逃げ出し、自分の国を建てるために
南方へ向かった。10人の臣下と大勢の百姓がこれに伴った。10人の臣下にちなんで、当初は国の名を
「十済」とした。しかし、百姓たちが自分にしたがったことを喜び、百姓たちにちなんで国号を「百済」
に改めた。

【呉の建国 (史記より)】
『史記』によると、呉を建国した太伯(たいはく)は、周の古公亶父(たんぽ)の長男であったが、
後継者問題で身の危険を感じ、南方の江南の地にのがれて文身(いれずみ)・断髪し、後継者となる
意志のないことを表明して句呉と称したという。こうした事情を知って、この地の人々、千余家が
彼にしたがった。太伯は彼らを臣民として呉を建国した。

12世紀に成立した三国史記の『百済建国神話』が、史記のパクリであることは
間違いない。



115 :出土地不明:2006/02/12(日) 14:27:22 ID:aIxKwwqh
★★ 古代朝鮮人は、日本に移住していない ★★
朝鮮人は、古代のカラ半島南部にあった、志良岐・任那・久多良は 朝鮮人の国だったと
信じ込み、
「半島の国々から、古代日本に多くの朝鮮人が移住し、半島や大陸の輝かしい先進文化を伝えた」
と、主張する。
だが、こういった説は妄想に基づく妄言である。 朝鮮人が古代日本に移住したという事実はない。
朝鮮人は、古代日本に一人も移住していないのである。志良岐・任那・久多良は 倭人の国だった。
また、この三国と古代日本の文明レベルは同程度であり、半島に『輝かしい先進文化』なるものは
存在しなかった。高句麗の文化も日本と同じレベルだったのだ。 先進文化ウンヌンという話は、
日本人に対し優越感を持ちたい朝鮮人の妄想が生んだフィクションである。
そもそも、日本列島にもカラ半島南部にも、紀元前から、長江以南の越地方から多くの越人(倭人)
が移住しており、日本列島とカラ半島南部の倭人は、紀元前から日常的に交流していたのだ。
つまり、『同一の文化』を共有していたのだ。だから、古代ヤマトとカラ半島南部で、文化水準の
レベルに差があった、などということはありえない。ふつうに考えれば分かることである。
たしかに、古代ヤマトもカラ半島南部も、大陸文化の影響を受けてはいる。
しかし、ヤマトとカラに文化的影響を与えたのは、越地方の越人(倭人)と帯方郡の漢人であって、
朝鮮人ではないのだ。古代朝鮮人は『先進文化』を持っていなかったのだから、ヤマトやカラに
文化的影響を与えるわけがないのだ。無いものは与えようがないではないか。


116 :出土地不明:2006/02/12(日) 14:29:27 ID:aIxKwwqh
朝鮮人が古代日本史について語るときの基本パターンは、 古代日本と呉・越との深い関係を
故意に無視し、満州地方を本拠地としたフヨ族と 日本民族を結びつけて語ろうとする事だ。
フヨの神話と日本神話には共通点がないにも関わらず、である。
日本神話は、むしろ中国の越地方(長江以南)の神話との共通点が多いのだ。

★ 日本王権神話と中国南方神話  諏訪 春雄著(角川選書)★
【紀伊国屋書店ブックウェブ】
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/bwtsea.cgi?STRCT=1&FLG=&REV-COD=OB22%2FO11

古代においては、日本列島とカラ半島南部の間を、倭人がふつうに往来していた。
そして、この倭人の先祖は、長江以南の越地方から渡ってきたのだ。
長江下流域(今の上海あたり)から、筑紫(九州)や百済(カラ南西部)までは、
距離はほぼ同じくらい。稲作文化にしろ何にしろ、まずカラ半島のほうへ
優先的に伝えなければならないという理由はない。
むしろ、政治・社会の安定度の高さについて言えば、日本列島のほうが上だ。
日本列島に住んだほうが、平和な生活ができる。 北方の蛮族=フヨ族が
いつ南下してくるか分からないカラ半島よりも、 先進文化が栄えている日本の
ほうが、越人たちにとっては、 居住地として魅力があるのだ。
実際は、越人は、日本列島とカラ半島の両方に移住していた。
そして、対馬海峡の両岸には倭人文化圏が成立していたのだ。
これが古代東アジアの真実。
「半島側のほうが文化が進んでいた」という説は、
朝鮮人の妄想の産物にすぎない(笑


117 :出土地不明:2006/02/12(日) 14:32:08 ID:6ZFYTHA6
宮内庁のページ

@秋篠宮(+紀子様)の日程→日程ぎっしり。
世界一の王家の”最重要公務”はもちろん、通常公務もばっちり多忙にこなします。
http://www.kunaicho.go.jp/dounittei/gonittei-3-2006-1.html                  (⌒▽⌒)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(超えられない壁)

A皇太子(+マサコ)の日程→す、少くねー。特にマサコの方。                 (▼III▼)
それなのにスキーや乗馬はOKなの?いいなー。テラウラヤマシス
http://www.kunaicho.go.jp/dounittei/gonittei-2-2006-1.html

------*特別ふろく*
◎紀子様の結婚時の写真(23才)◎   (;´Д`)ハアハア
http://019.gamushara.net/bbs/tv/html/img20051028091949.html

118 :出土地不明:2006/02/14(火) 21:10:09 ID:LvASMJa7
★★ 和漢同盟と百済建国 ★★

4世紀(西暦300年)以前に成立した
日本と楽浪郡=帯方郡の同盟、いわゆる和漢同盟について、皆さんの意見を書き込んでください。
和漢同盟があってこその、百済建国ですね。
反高句麗で連帯していた、大和と楽浪=帯方郡。
和漢同盟が基礎となって百済が建国されたという事実から推測するならば、百済はやはり倭人国家か。

百済が、最初は、日本領・任那の北部地域に建国されたという事実に注目しましょう。
任那とは、日本国の第十代大君=崇神天皇が建国した、あの任那です。任那は、志良岐の西側に、
広大な領土を持っていました。
中国の自治領である楽浪=帯方郡の南方にあった倭人の二つの国、それが志良岐と任那です。
任那から分離して誕生したのが百済。最初は駒国(狛国。コマ)と呼ばれていました。
楽浪=帯方郡が古代日本人から「コマ」と呼ばれていた点に注目してください。
百済が任那領内に設置されたコマ(楽浪=帯方郡)の亡命政府であった事実が見えてきます。
西暦313年、高句麗の攻撃によって、楽浪=帯方郡が滅ぼされました。その時、コマ(帯方郡)の役人や武将、
民間人が、難民となって任那に流入したことは容易に想像できますね。


119 :出土地不明:2006/02/16(木) 21:17:37 ID:4srEe8Gc
朝鮮人の主張
「高句麗滅亡で、日本に移住した高句麗人が1800人くらいだ」

実は、高句麗人は一人も来てない。旧帯方郡出身の倭人だけが日本に来た。
いわゆる狛人(コマ人)と呼ばれた倭人たち。
高句麗人は日本民族の敵だったので、大和朝廷は、高句麗人の日本移住を
認めなかった。だから一人も来ていない。
これが正しい歴史。
  ↓↓

★★ 和漢同盟と百済建国 ★★

4世紀(西暦300年)以前に成立した
日本と楽浪郡=帯方郡の同盟、いわゆる和漢同盟について。和漢同盟があってこその
百済建国ですね。
反高句麗で連帯していた、大和と楽浪=帯方郡。
和漢同盟が基礎となって百済が建国されたという事実から推測するならば、百済はやはり倭人国家か。

百済が、最初は、日本領・任那の北部地域に建国されたという事実に注目しましょう。
任那とは、日本国の第十代大君=崇神天皇が建国した、あの任那です。任那は、志良岐の西側に、
広大な領土を持っていました。
中国の自治領である楽浪=帯方郡の南方にあった倭人の二つの国、それが志良岐と任那です。
任那から分離して誕生したのが百済。最初は駒国(狛国。コマ)と呼ばれていました。
楽浪=帯方郡が古代日本人から「コマ」と呼ばれていた点に注目してください。
百済が任那領内に設置されたコマ(楽浪=帯方郡)の亡命政府であった事実が見えてきます。
西暦313年、高句麗の攻撃によって、楽浪=帯方郡が滅ぼされました。その時、コマ(帯方郡)の役人や武将、
民間人が、難民となって任那に流入したことは容易に想像できますね。

百済=大和朝廷が計画的に建てた国。


120 :出土地不明:2006/02/18(土) 14:24:03 ID:3nXzqvv7
【『嫌日流』まとめサイト】
http://homepage3.nifty.com/hakch/

マンガで描かれている日本人の顔と朝鮮人の顔がおもしろい(W
目が細く、目尻が吊り上った、一重マブタの、着物を着ている女二人組が
日本人だという。

1)目が細い
2)目尻が吊り上っている
3)一重マブタ

これらの特徴は、朝鮮人の顔に見られるものなんだが(W
逆に、マンガに登場する韓国人の女たちは、二重マブタ(笑)で、
目が大きい日本人顔で描かれているよ。

よく、
「韓国人が、日本人について語っていることは、すべて韓国人自身に
 当てはまることだ」
と、言われるが、ニセ嫌日流は、まさに日本人と韓国人の容姿を逆転させて
描いているんだよな(笑
韓国人は、いつも、事実を真逆に語る(描く)よな。
嫌日流が日本で出版されたら面白くなるね(笑


121 :出土地不明:2006/02/21(火) 19:20:43 ID:dJyP96/w
「最近、あちこちで(日本人に)文句を言うと、『出てけ』とか『帰れ』と言われる。
そうすると、『ハイわかりました。朝鮮人はみんな帰ります。天皇つれて帰ります』
と言ってやる。(笑)。だけど、アイツ働かないからな(笑)」
【「正論」2003年号1月号81ページ 憲法集会での辛淑玉の発言】
                               ↑
                       救いようのないバカ(嘲笑

★★ 朝鮮人は、古代日本に移住していない ★★

朝鮮人は、古代のカラ半島南部にあった、志良岐・任那・久多良は 朝鮮人の国だったと
信じ込み、
「半島の国々から、古代日本に多くの朝鮮人が移住し、半島や大陸の輝かしい先進文化を伝えた」
と、主張する。
だが、こういった説は妄想に基づく妄言である。 朝鮮人が古代日本に移住したという事実はない。
朝鮮人は、古代日本に一人も移住していないのである。志良岐・任那・久多良は 倭人の国だった。
また、この三国と古代日本の文明レベルは同程度であり、半島に『輝かしい先進文化』なるものは
存在しなかった。高句麗の文化も日本と同じレベルだったのだ。 先進文化ウンヌンという話は、
日本人に対し優越感を持ちたい朝鮮人の妄想が生んだ フィクションである。
そもそも、日本列島にもカラ半島南部にも、紀元前から、長江以南の越地方から多くの越人(倭人)
が移住しており、日本列島とカラ半島南部の倭人は、紀元前から日常的に交流していたのだ。
つまり、『同一の文化』を共有していたのだ。だから、古代ヤマトとカラ半島南部で、文化水準の
レベルに差があった、などということはありえない。ふつうに考えれば分かることである。
たしかに、古代ヤマトもカラ半島南部も、大陸文化の影響を受けてはいる。
しかし、ヤマトとカラに文化的影響を与えたのは、越地方の越人(倭人)と帯方郡の漢人であって、
朝鮮人ではないのだ。古代朝鮮人は『先進文化』を持っていなかったのだから、ヤマトやカラに
文化的影響を与えるわけがないのだ。無いものは与えようがないではないか。


122 :出土地不明:2006/02/21(火) 19:58:05 ID:XGizvA/b
↑電波ビビンバに噛み付く電波チャンコロってかw


こうした研究成果から想像をたくましくすれば、同じ人種の海洋民が朝
鮮南部沿岸と対馬、西北九州一帯に住んでいたとも考えられます。実際これを
裏付けるかのように、韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が
発掘されたと、釜山大学・鹿児島大学の共同作業チームが報告しています。
http://www.han.org/a/half-moon/hm009.html

韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された




123 :出土地不明:2006/02/21(火) 19:59:00 ID:XGizvA/b


●従来の日韓同祖論


×朝鮮半島から弥生人がやって来て、日本の縄文人を征服して滅ぼした。


●日韓同祖論の真相


○弥生人は北方アジアから朝鮮半島を短期間で突き抜けて九州北部に
渡ってきた北方系の種族で、朝鮮半島には縄文人に近い土着の種族がいた。



124 :出土地不明:2006/02/21(火) 20:59:22 ID:dJyP96/w
帯方郡の西部地方に住んでいた漢人と倭人が難民となって南下し、ヤマトの支援の下で
百済を建国したのに対し、同じく帯方郡の東部に住んでいたワイ人たちは、
難民となってシラギに流入した後、数十年後にシラギを乗っ取ったと、そういう事だね。


125 :出土地不明:2006/02/23(木) 20:55:56 ID:l4vxXhC0
http://members2.jcom.home.ne.jp/1228105901/0509jofuku.pdf
↑世の中の一般世論に逆行する説をいちいちpdf化するのやめれ。
アイヌは新参者だよ。本州北部まで到達した。北海道のネイティブの
資格はあるけどね。西からも新参者がやってきたが西にはほとんど在来者
がいなかったので彼らも西日本原住民といっていいだろう。
そして日本列島で最も古い種族は関東から東北南部にかけて居住している
グループであろう。この連中は西日本の比較的新しい部類の大和言葉を
押し付けられている。この連中がそれ以前、何語を話していたかは今後の
研究課題であろう。ww

126 :白木人 :2006/02/23(木) 21:31:25 ID:TWYNdRGg
えーと、 NHKのドラマの地図を見ると久多羅は小さくて残りが全部
白木やろか

127 :出土地不明:2006/02/25(土) 19:39:36 ID:hLmmXsaL
「最近、あちこちで(日本人に)文句を言うと、『出てけ』とか『帰れ』と言われる。
そうすると、『ハイわかりました。朝鮮人はみんな帰ります。天皇つれて帰ります』
と言ってやる。(笑)。だけど、アイツ働かないからな(笑)」
【「正論」2003年号1月号81ページ 憲法集会での辛淑玉の発言】
                               ↑
                       救いようのないバカ(嘲笑

★★ 朝鮮人は、古代日本に移住していない ★★

朝鮮人は、古代のカラ半島南部にあった、志良岐・任那・久多良は 朝鮮人の国だったと
信じ込み、
「半島の国々から、古代日本に多くの朝鮮人が移住し、半島や大陸の輝かしい先進文化を伝えた」
と、主張する。
だが、こういった説は妄想に基づく妄言である。 朝鮮人が古代日本に移住したという事実はない。
日本列島にもカラ半島南部にも、紀元前から、長江以南の越地方から多くの越人(倭人) が移住しており、
日本列島とカラ半島南部の倭人は、紀元前から日常的に交流していたのだ。
つまり、『同一の文化』を共有していた。だから、古代ヤマトとカラ半島南部で、文化水準のレベルに差があった、
などということはありえない。古代においては、日本列島もカラ半島南部も『倭人の世界』だったのであり、
同じ倭人どうしが交流していたのだ。朝鮮人は、古代日本とは何の関係もないのである。
朝鮮人は、韓人(カラビト=倭人)ではない。
朝鮮民族の先祖として、もっとも可能性が高いのは、穢(ワイ)族である。
このワイ族は、古代カラ半島北部にあった中国の自治領=帯方郡の東部地方・ワイ郷(現在のソウルの東方地域)に
住んでいた少数部族であるが、高句麗が楽浪郡=帯方郡を滅ぼした313〜314年頃に難民となって南下し、
日本領=シラキに移住したのである。後に、高句麗と手を組んで稲飯命の子孫である志良岐王族を虐殺し、
王権を簒奪して志良岐を乗っ取った金奈勿(キン・ナブツ)も、ワイ族であった。
朝鮮民族は、けして韓人(カラビト)ではない。 もちろん、倭人=日本人でもない。
辛淑玉は、日本人と朝鮮人を同族だと思いたいようだが、残念でした、何の関係もありません(笑




128 :出土地不明:2006/02/28(火) 18:12:49 ID:hHnjvbTG
【志良岐】
国号の読みはシラギ。正しくはシラキ。4世紀以前の東アジア半島(現在の朝鮮半島)の
南東部にあった国である。神武天皇の兄・稲飯命によって建国される。
シラキとは「治らす木」の意味である。治らす(シラス)は日本語古語で治めるの意味であり、
木とは神木、すなわち天孫たる日本皇族のことである。したがって、治ら木(シラキ)とは、
「国を治める皇孫」の意味であり、稲飯命の別名なのである。
この事実から考えるならば、シラキの国号をその意味と音に合わせて漢字表記する場合、
『治良木』と書くのが適切である。しかし、わが国では昔から志良岐と表記したり、
また、新羅と表記するのが一般的ある。
神武天皇の兄=稲飯命によって建国され、その子孫が代々の王(キミ・国の主)となった
志良岐は、古代東アジア半島の南部諸国の中で、日本国(ヤマト)ともっとも友好関係に
あった国である。
その政治制度は、王(キミ)の下に国吉士(コニキシと読む)という長官が置かれ、
王の統治を補佐するという独特のシステムであった。しかし、この制度が原因で、志良岐王
(シラキのキミ)は、臣下である第十七代・国吉士(コニキシ)=金奈勿に王権を奪われること
になった。
金奈勿(キン・ナブツ)は、高句麗と手を組んで謀反を起こし、稲飯命の子孫である志良岐王族を
虐殺した。そして、志良岐の国号を『新羅』に改め、自分が新しい王となったのである。
金奈勿は金氏新羅の初代王であるが、志良岐人(シラキ人=倭人)ではなく、ワイ人(朝鮮人)で
あった。ワイ人は、カラ半島北部にあった中国の自治領=帯方郡の東部地方・ワイ郡(穢郡)に
住んでいた少数部族であるが、313年〜314年頃に、フヨ人国家=高句麗が楽浪・帯方郡を
攻撃して滅ぼした時、難民となって南下し、日本領=志良岐に流入して住み着いたのである。
金氏は謎の一族である。ワイ人の出身であることは間違いないが、どのような方法で志良岐の
役人になったのか、それを記した資料はなく、すべてが謎に包まれている。
韓国に伝わる新羅(シンラ)の建国神話によれば、稲飯命が森の中で拾ってきたという逸話が
あるが、もちろん作り話である。新羅建国初代王=金氏に関する歴史的資料は皆無なのだ。





129 :出土地不明:2006/03/04(土) 14:49:57 ID:GuT/9RlF
★ 志良岐と新羅は異なる国 ★

志良岐。国号の読みはシラギ。正しくはシラキ。4世紀以前の東アジア半島(現在の朝鮮半島)の
南東部にあった国である。神武天皇の兄・稲飯命によって建国される。
シラキとは「治らす木」の意味である。治らす(シラス)は日本語古語で治めるの意味であり、
木とは神木、すなわち天孫たる日本皇族のことである。したがって、治ら木(シラキ)とは「国を治める皇孫」の
意味であり、稲飯命の別名なのである。
この事実から考えるならば、シラキの国号をその意味と音に合わせて漢字表記する場合、
『治良木』と書くのが適切である。しかし、わが国では昔から志良岐と表記したり、
また、新羅と表記するのが一般的ある。
神武天皇の兄=稲飯命によって建国され、その子孫が代々の王(キミ・国の主)となった志良岐は、
古代東アジア半島の南部諸国の中で、日本国(ヤマト)ともっとも友好関係にあった国である。
その政治制度は、王(キミ)の下に国吉士(コニキシと読む)という長官が置かれ、王の統治を補佐する
という独特のシステムであった。しかし、この制度が原因で、志良岐王(シラキのキミ)は、臣下である
第十七代・国吉士(コニキシ)=金奈勿に王権を奪われることになったのだ。
金奈勿(キン・ナブツ)は、高句麗と手を組んで謀反を起こし、稲飯命の子孫である志良岐王族を虐殺した。
そして、志良岐の国号を『新羅』に改め、自分が新しい王となったのである。
金奈勿は金氏新羅の初代王であるが、志良岐人(シラキ人=倭人)ではなく、ワイ人(朝鮮人)であった。
ワイ人は、カラ半島北部にあった中国の自治領=帯方郡の東部地方・ワイ郡(穢郡)に住んでいた少数部族で
あるが、313年〜314年頃に、フヨ人国家=高句麗が楽浪・帯方郡を攻撃して滅ぼした時、難民となって
南下し、日本領=志良岐に流入して住み着いたのである。
金氏は謎の一族である。ワイ人の出身であることは間違いないが、どのような方法で志良岐の役人になったのか、
それを記した資料はなく、すべてが謎に包まれている。
韓国に伝わる新羅(シンラ)の建国神話によれば、稲飯命が森の中で拾ってきたという逸話があるが、
もちろん作り話である。新羅建国初代王=金氏に関する歴史的資料は、ほとんど無いのだ。



130 :白木人 :2006/03/04(土) 21:50:29 ID:aam8ghda
志良岐のギは村を表す古語で、ともろぎとかさわらぎ、友呂伎、沢良伎

131 :出土地不明:2006/03/06(月) 18:47:34 ID:kXL30Y7w
ギではなく、キが正しい音。







132 :出土地不明:2006/03/16(木) 20:40:13 ID:u46U+Yyq
【百済の歴史】

『百済の歴史』は、前期と後期に分かれる。前期の国を「第一次百済」、後期の国を「第二次百済」と
呼んで区別して考えるべきである。第一次百済は、西暦315年に、帯方郡の漢人・倭人が大和朝廷の
支援を受けて、日本領=任那の北部地域に建てた国である。前年の314年に、高句麗の侵攻によって
帯方郡を滅ぼされた、帯方郡出身の漢人・倭人たちによる「亡命政権」が第一次百済である。
これに対して、第二次百済は、西暦345年に第一次百済が高句麗に滅ぼされた後、倭人の近肖古王が
大和朝廷の支援の下で西暦346年に建国した国であり、完全な倭人国家である。
また、第一次百済が、大和朝廷の支援を受けているとはいえ、役人の中核が旧帯方郡出身の漢人・倭人たち
であったのに対し、第二次百済は、役人も武将も全て倭人であり、本国=大和から派遣された役人・武将も
多かった。
第二次百済は、大和国家の一部と呼んでも間違いではない。

第一次百済は、乾馬国(コマ)と呼ばれていた。
これは、帯方郡が、古代日本人から駒国(コマのクニ)と呼ばれていたためである。


133 :出土地不明:2006/03/16(木) 20:59:27 ID:Iu0rLeZk
こいつはここにもいたか。アクセス禁止依頼出すぞ

134 :出土地不明:2006/03/16(木) 21:14:04 ID:Iu0rLeZk
このスレも糞コピペばかりだな。
スレごと削除依頼出しましょうか

135 :出土地不明:2006/03/18(土) 16:51:15 ID:6AsSJ7Tv
★ 百済は日本人が建国した ★

『百済の歴史』は、前期と後期に分かれる。前期の国を「第一次百済」、後期の国を「第二次百済」と
呼んで区別して考えるべきである。第一次百済は、西暦315年に、帯方郡の漢人・倭人が大和朝廷の
支援を受けて、日本領=任那の北部地域に建てた国である。前年の314年に、高句麗の侵攻によって
帯方郡を滅ぼされた、帯方郡出身の漢人・倭人たちによる「亡命政権」が第一次百済である。
これに対して、第二次百済は、西暦345年に第一次百済が高句麗に滅ぼされた後、倭人の近肖古王が
大和朝廷の支援の下で西暦346年に建国した国であり、完全な倭人国家である。
また、第一次百済が、大和朝廷の支援を受けているとはいえ、役人の中核が旧帯方郡出身の漢人・倭人たち
であったのに対し、第二次百済は、役人も武将も全て倭人であり、本国=大和から派遣された役人・武将も
多かった。
第二次百済は、大和国家の一部と呼んでも間違いではない。

第一次百済は、乾馬国(コマ)と呼ばれていた。
これは、帯方郡が、古代日本人から駒国(コマのクニ)と呼ばれていたためである。

百済を建国したのは日本人であり、そこに住んでいた民族も日本人=倭人であった。
朝鮮人は、半島北部に住んでいたワイ人であり、百済人ではないのだ。
朝鮮人=ワイ人と、百済人を混同してはならない。


136 :出土地不明:2006/03/18(土) 18:31:07 ID:P1Gkfzak
>>135
文献的根拠または考古学的根拠あげてみろ。
というか無いよな根拠は。どこの史書にもそんなこと書かれてないし、倭と百済の直接的関係は360年頃以降だし。お前の脳内にはあるかもしれんがw
百済の建国に帯方郡の影響はありうるが、3世紀のこと。
ただし帯方郡に対抗して馬韓北部の韓人が結集したもの。
倭との直接関係は文献上360年代以降、考古学的にも同様。
むしろ漢城百済の領域に入らない百済より南の馬韓諸国は3世紀頃から倭と通交。
西新遺跡など博多湾岸で大量の馬韓土器がより近い伽耶土器よりも出てくることが最近分かった。


137 :出土地不明:2006/03/18(土) 18:54:05 ID:6AsSJ7Tv
崇神天皇を忘れるな。

任那建国者だ。

任那の北部に狛国(狛済国)が建国された。



狛済国=伯済国

138 :出土地不明:2006/03/19(日) 11:33:34 ID:gmX/CLFt
「最近、あちこちで(日本人に)文句を言うと、『出てけ』とか『帰れ』と言われる。
そうすると、『ハイわかりました。朝鮮人はみんな帰ります。天皇つれて帰ります』
と言ってやる。(笑)。だけど、アイツ働かないからな(笑)」
【「正論」2003年号1月号81ページ 憲法集会での辛淑玉の発言】
                               ↑
                       救いようのないバカ(嘲笑

★★ 朝鮮人は、古代日本に移住していない ★★

朝鮮人は、古代のカラ半島南部にあった、志良岐・任那・久多良は 朝鮮人の国だったと
信じ込み、
「半島の国々から、古代日本に多くの朝鮮人が移住し、半島や大陸の輝かしい先進文化を伝えた」
と、主張する。
だが、こういった説は妄想に基づく妄言である。 朝鮮人が古代日本に移住したという事実はない。
日本列島にもカラ半島南部にも、紀元前から、長江以南の越地方から多くの越人(倭人) が移住しており、
日本列島とカラ半島南部の倭人は、紀元前から日常的に交流していたのだ。
つまり、『同一の文化』を共有していた。だから、古代ヤマトとカラ半島南部で、文化水準のレベルに差があった、
などということはありえない。古代においては、日本列島もカラ半島南部も『倭人の世界』だったのであり、
同じ倭人どうしが交流していたのだ。朝鮮人は、古代日本とは何の関係もないのである。
朝鮮人は、韓人(カラビト=倭人)ではない。
朝鮮民族の先祖として、もっとも可能性が高いのは、穢(ワイ)族である。
このワイ族は、古代カラ半島北部にあった中国の自治領=帯方郡の東部地方・ワイ郷(現在のソウルの東方地域)に
住んでいた少数部族であるが、高句麗が楽浪郡=帯方郡を滅ぼした313〜314年頃に難民となって南下し、
日本領=シラキに移住したのである。後に、高句麗と手を組んで稲飯命の子孫である志良岐王族を虐殺し、
王権を簒奪して志良岐を乗っ取った金奈勿(キン・ナブツ)も、ワイ族であった。
朝鮮民族は、けして韓人(カラビト)ではない。 もちろん、倭人=日本人でもない。
辛淑玉は、日本人と朝鮮人を同族だと思いたいようだが、残念でした、何の関係もありません(笑


139 :出土地不明:2006/03/19(日) 13:04:29 ID:WOR02Drs
いや、新羅は日本海貿易で東北や関東に同盟セクトを作っていたんだよ。
百済=大和朝廷同盟に対抗してね。

そんでもって中国と一緒に白村江で百済・大和連合軍を壊滅させて、百済
人は大挙亡命したんだろう。

140 :出土地不明:2006/03/19(日) 13:10:29 ID:gmX/CLFt
★ 百済は日本領土 ★

百済軍の実態は、大和軍。
百済の国家財政は、ほぼ100%、大和のODAに依存していた。
そもそも、百済という国は、日本の四国と同じくらいの面積しかない小国。
そんな小国が、300年以上に渡って高句麗のような大帝国と戦争し、互角に戦うことなど、
普通は不可能であろう。
しかし、実際に百済は、315年に建国された第一次百済の時代から300年以上も高句麗と
戦争し、時には高句麗を追い詰めてもいる。
それが可能だったのは、百済の背後に、もう一つの帝国=大和がいたからである。
百済=高句麗戦争の実態は、日本=高句麗戦争だったのだ。


141 :出土地不明:2006/03/20(月) 17:32:58 ID:cz/ry5rh
★ 朝鮮人の日本侵略史 ★

【第一次侵略=356年】
ワイ人=朝鮮人の金奈勿(キン・ナブツ)が、稲飯命の子孫である志良岐王族を虐殺し、王権を簒奪、
志良岐を乗っ取る。稲飯命王朝が滅亡。金氏新羅の建国。

【第二次侵略=562年】 朝鮮人国家=新羅が、日本領=任那を武力攻撃。任那は滅亡した。

【第三次侵略=660年】 新羅が、唐軍と共に日本領=百済を侵略。百済は滅亡した。

【第四次侵略=811年・12月】 新羅の賊船が対馬近海に出没するので、警備させる。

【第五次侵略=813年(弘仁4年)・2月】新羅人百人余、肥前小近島に来て島民を殺傷する。
(省略・・・)
【第十五次侵略=1419年(応永26年】
朝鮮が、日本領=対馬を、倭寇征伐の名目で侵略する。朝鮮では己亥東征という。
太宗は「倭寇の根拠地は対馬だ」と言いがかりをつけ、対馬を侵略した。これにより6月19日、李従茂指揮の
227隻、1万7258人からなる船隊が、朝鮮の巨済島から対馬にむかい、翌20日に対馬浅茅湾の土寄崎に停泊。
当初、朝鮮軍は対馬の民家1939戸を焼き、多数の日本人住民を虐殺した。しかし、同年26日に仁位郡に進攻した頃から
対馬の伏兵に反撃され、朝鮮軍は2500余人の損害を出した。そして、宗貞盛の撤兵要求を受け入れて7月3日に
巨済島に引き揚げた。

◆ 倭寇は朝鮮人だった! ◆
http://www2s.biglobe.ne.jp/~tetuya/REKISI/kaizoku/wa1.html

◆ 日韓歴史問題 2◆
http://mirror.jijisama.org/rekisi2.htm


142 :出土地不明:2006/03/22(水) 11:20:57 ID:VABlot+X
そんな昔のことなのに細かい数字まで出るかよ

143 :出土地不明:2006/03/22(水) 17:51:08 ID:/x2xoP6g
なんで、大和朝廷が作った人工国家=百済の文化を、日本人が羨むんだ?(笑
_____________________________________
韓国人がアホな歴史教育をしているようだ。

【歴史教育、幼稚園から実施】

教育人的資源部(訳注:日本の文部科学省に相当)は、幼児の時から正しい歴史意識を
身に付けさせるために、多様でおもしろい活動を素材とした『幼児のための歴史教育活動
資料』を発刊し、全国8300余りの国・公・私立幼稚園に無料配布するほか、保育施設など
で出力して活用するようにホームページ( www.moe.go.kr )にも掲載することにしたと、16日
発表した。
この資料は、幼児期発達に相応しくておもしろい10編の時代的歴史エピソードと、33種類
の多様な活動で構成されており、歴史に対する幼児たちの関心と好奇心を引くことが期待
される。
(省略・・・)
★『韓国の文化の誇り、百済』編には、「日本が羨んだ百済文化」が紹介されている。←(苦笑)
(省略・・・)
古朝鮮(訳注:檀君の建国した国のこと)などのテーマも入っている。
教育人的資源部では、この資料が幼児教育現場で有効に活用されるようにするため、2月
に全国16道・直轄市の教育庁幼児教育担当講師要員400人余りを対象に研修を実施する予定だ。

▽ソース:Yahoo!Koreaニュース(韓国語)(2006.01.16 20:21)
http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&newssetid=746&articleid=2006011620210117447



144 :出土地不明:2006/03/30(木) 17:08:33 ID:mA2XIkt9
★★韓流ブームは存在しない★★

最近、日本マスコミが妙なデマを宣伝している。
いわく「日本は今、空前の韓流ブームだ。韓国のテレビドラマや映画が大人気で、『冬のソナタ』の
主演俳優、ペ・ヨンジュンのことを日本女性がヨン様と呼んで熱狂している」
だが、こういった話は全て大嘘である。韓流ブームなどというものは存在しない。
現在、韓流ブームと呼ばれている<騒動>は、韓国政府が広告会社=電通に金を払って演出している幻
(まぼろし)であり、ヤラセにすぎない。
韓国政府・電通・マスコミの組織的な宣伝工作によって作られた『バカ騒ぎ』が、韓流ブームの
正体なのだ。
韓国ドラマ『冬のソナタ』は、日本人にぜんぜん人気がない。主演俳優のペ・ヨンジュンのことを
「ヨン様」と呼んでいるのは、電通の影響下にあるマスコミと在日韓国人(朝鮮人)だけなのである。
そして、ペ・ヨンジュンを追いかけまわしている年配女性グループは、全員が在日韓国人であり、
韓国民団に動員された女性たちなのだ。もちろん、彼女たちには韓国民団から金が支払われている。
在日韓国人の中年女性たちにとっては良いアルバイトである。
現在、日本の書店には、『冬のソナタ』やその他の韓国ドラマ・映画の関連本が置かれているが、
これらの本の出版費用は、全て韓国政府から出ているのである。しかし、やはり売れていない。
この事実は、日本人が韓国文化に「まったく関心がない」ことを証明している。
では、なぜ韓国政府は電通に金を払ってまで、ヤラセの韓流ブームを捏造しているのだろうか。
それは、近い将来、北朝鮮の体制が崩壊したときに、半島の統一費用を、日本に負担して欲しいから
である。つまり、日本にタカりたいがために「日本人は韓国と韓国人が好きなのだ」という、
デマを宣伝しているのだ。これが、『韓流ブーム』と呼ばれているものの実態なのである。

ちなみに、韓流を捏造している電通の会長=成田豊は、半島のソウル生まれの帰化韓国人である。


145 :出土地不明:2006/03/31(金) 16:17:17 ID:biw+CApX
 ※ 弁辰(弁韓)12国
弁辰半路國、弁辰彌離彌凍國、弁辰古資彌凍國、弁辰彌烏邪馬國、
弁辰狗邪國、弁樂奴國、弁辰古淳是國、弁辰接塗國、弁辰走漕馬國、
弁辰安邪國(弁馬延國)、弁辰甘路國、弁辰涜盧國※涜=toku[偏水旁賣]、

 ※ 辰韓12国
有已柢國、不斯國、勤耆國、難彌離彌凍國、冉奚國、軍彌國、
如湛國、戸路國、州鮮國(馬延國)、斯盧國、優由國。(古辰國?)
 弁、辰合二十四國、大國四五千家、小國六七百家、總四五萬戸。
其十二國屬辰王。辰王常用馬韓人作之、世世相繼。辰王不得自立爲王。

 ※ 馬韓50余国
爰襄國、牟水國、桑外國、小石索國、大石索國、優休牟[シ豕]國、臣濆沽國、
伯濟國、速廬不斯國、日華國、古誕者國、古離國、怒藍國、臣釁國、支侵國、
月支國、咨離牟廬國、素謂乾國、古爰國、莫廬國、卑離國、占離卑國、
狗廬國、卑彌國、藍奚卑離國、
古蒲國、致利鞠國、冉路國、兒林國、駟廬國、内卑離國、感奚國、萬廬國、
辟卑離國、白斯烏旦國、一離國、不彌國、支半國、狗素國、捷廬國、
牟廬卑離國、臣蘇塗國、莫廬國、古臘國、臨素半國、臣雲新國、如來卑離國、
楚山塗卑離國、一難國、狗奚國、不雲國、不斯濆邪國、爰池國、乾馬國、楚離國、
凡五十餘國あり。(馬韓伴跛國?、馬韓朝鮮國?、故真蕃朝鮮胡國?)


146 :出土地不明:2006/03/31(金) 16:18:08 ID:biw+CApX
建国
扶余の東明王の後裔である扶余王
尉仇台が高句麗 に国を滅ぼされ、百の家族を伴って済海(海を渡る)し
帯方郡 の地に国を建てた。それが「百済(伯済)」の語源となった。
元の国は、高句麗内に有ったというが、かつての扶余のことだろう。
後漢 の遼東太守であり、帯方郡 を設置した公孫度 (?〜205)が
娘を仇台に嫁がせ、東夷の強国となったと書かれている。
晋時(280年−316年)、高句麗が遼東を占領し、
百済もまた遼西、晋平の二郡を治めたという。
しかし当時高句麗は遼東・玄菟を侵攻するばかりで、服属させてはいない。
百済も馬韓を平定していない。
晋より以後、馬韓の地を併合し、国を立てた。(346年)
百済建国については諸説があり、三国史記 によれば
前18年 高句麗 の王族が現在のソウル特別市 付近に建国したとする。
百済は支配層と民衆の言語が違うとも記している。
百済王族は扶余姓を名乗り、後に中国・・・

通典
百濟 、即漢末夫餘王尉仇台之後、【後魏時百濟王上表云:「臣與高麗先出夫餘。」】
初以百家濟海、因號百濟。晉時句麗既略有遼東、百濟亦據有遼西、晉平二郡。
【今柳城、北平之間】自晉以後、呑并諸國、據有馬韓故地。
其國東西四百里、南北九百里、南接新羅、北拒高麗千餘里、西限大海、處小海之南。
國西南海中有三島、出黄漆樹、似小榎樹而大。六月取汁、漆器物若黄金、其光奪目。
自晉代受蕃爵、自置百濟郡。義熙中、以百濟王夫餘腆【佗典反】爲使持節、都督百濟諸軍事。
齊並遣使朝貢、授官、封其人。

147 :出土地不明:2006/03/31(金) 16:29:13 ID:biw+CApX
後漢東夷
韓有三種:一曰馬韓、二曰辰韓、三曰弁辰。
馬韓在西、有五十四國。其北與樂浪、南與倭接。
辰韓在東、十有二國、其北與wai[扁水旁歳]貊接。
弁辰在辰韓之南、亦十有二國、其南亦與倭接。
凡七十八國、伯濟是其一國焉。大者萬餘戸、小者數千家、各在山海間。
地合方四千餘里、東西以海爲限。皆古之辰國也。
馬韓最大、共立其種爲辰王、都目支國。盡王三韓之地。
其諸國王先皆是馬韓種人焉。

『晉書』四夷傳(東夷条)
--------------------------------------------------------------------------------
 唐  房 玄齡 等 撰  
--------------------------------------------------------------------------------
[夫餘國] [韓] [倭人]
韓種有三:一曰馬韓、二曰辰韓、三曰弁韓。辰韓在帶方南、東西以海爲限。
倭人在帶方東南大海中、依山島爲國、地多山林、無良田、食海物。
舊有百餘小國相接、至魏時、有三十國通好。戸有七萬。男子無大小、悉黥面文身。


148 :出土地不明:2006/03/31(金) 16:30:23 ID:biw+CApX

『漢書』 卷二十八下地理志第八下(抄) 幽州屬
--------------------------------------------------------------------------------
   後漢  班 固 撰   唐  顔師古 等 註  
玄菟郡、武帝元封四年開。高句驪、莽曰下句驪。屬幽州。
【應劭曰:「故眞番、朝鮮胡國。」】戸四萬五千六、口二十二萬一千八百四十五。
縣三:高句驪。遼山、遼水所出、西南至遼隊入大遼水。又有南蘇水。西北經塞外。
【應劭曰:「故句驪胡。」】上殷台、莽曰下殷。
【如淳曰:「台音[魚台]。師古曰:「音胎。」】
西蓋馬。馬si[冠此脚言]水西北入鹽難水。西南至西安平入海。
過郡二、行二千一百里。莽曰玄菟亭。
樂浪郡、武帝元封三年開。莽曰樂鮮。屬幽州。
【應劭曰:「故朝鮮國也。」師古曰:「樂音洛。浪音狼。」】
戸六萬二千八百一十二、口四十萬六千七百四十八。有雲seu[扁章旁右郊]。
縣二十五:朝鮮【應劭曰:「武王封箕子於朝鮮。」】nan[言○]邯。
【孟康曰:「[言○]音男。」師古曰:「[言○]音乃甘反。邯音酣。」】
[シ貝]水、水西至増地入海。莽曰樂鮮亭。【師古曰:「[シ貝]音普大反。】
含資、帶水西至帶方入海。黏[虫單]、【服虔曰:「[虫單]音提。」】
遂成,増地、莽曰増土,帶方,駟望,海冥、莽曰海桓。
列口,長岑,屯有,昭明、南部都尉治。鏤方,提奚,
渾彌【師古曰:「渾音下毘反。」】,呑列、分黎山、列水所出。
西至黏蝉入海。行八百二十里。東[目施]【應劭曰:「音移。」】,
不而、東部都尉治。蠶台【師古曰:「台音胎。」】,
華麗,邪頭昧【孟康曰:「昧音妹。」】,前莫,夫租。


149 :出土地不明:2006/03/31(金) 16:34:31 ID:biw+CApX
晋書 巻十四 志第四 地理上 平州
平州。案禹貢冀州之域,於周為幽州界,漢屬右北平郡。
後漢末,公孫度自號平州牧。及其子康、康子文懿並擅據遼東,東夷九種皆服事焉。
魏置東夷校尉,居襄平,而分遼東、昌黎、玄菟、帶方、樂浪五郡為平州,後還合為幽州。
及文懿滅後,有護東夷校尉,居襄平。
咸寧二年十月,分昌黎、遼東、玄菟、帶方、樂浪等郡國五置平州。
統縣二十六,?一萬八千一百。[二六]
昌黎郡漢屬遼東屬國都尉,魏置郡。統縣二,?九百。
昌黎 賓徒
遼東國秦立為郡。漢光武以遼東等屬青州,後還幽州。統縣八,?五千四百。
襄平東夷校尉所居。 ? 居就 樂就 安市 西安平 新昌 力城
樂浪郡漢置。統縣六,?三千七百。
朝鮮周封箕子地。 屯有 渾彌 遂城秦築長城之所起。 鏤方 駟望
玄菟郡漢置。統縣三,?三千二百。
高句麗 望平 高顯
帶方郡公孫度置。統縣七,?四千九百。
帶方 列口 南新 長岑 提奚 含資 海冥
平州初置,以慕容?為刺史,遂屬永嘉之亂,?為衆所推。及其孫儁移都于薊。
其後慕容垂子寶又遷于和龍,自幽州至於廬溥鎮以南地入於魏。
慕容熙以幽州刺史鎮令支,青州刺史鎮新城,并州刺史鎮凡城,營州刺史鎮宿軍,
冀州刺史鎮肥如。高雲以幽、冀二州牧鎮肥如,并州刺史鎮白狼。
後為馮跋所?,跋僭號於和龍,是為後燕,卒滅於魏。


150 :出土地不明:2006/03/31(金) 16:35:25 ID:biw+CApX
通典
新羅 國、魏時新盧國焉、其先本辰韓種也。辰韓始有六國、稍分爲十二、新羅則其一也。
【初曰新盧、宋時曰新羅、或曰斯羅。】其國在百濟東南五百餘里。
【亦在高麗東南、兼有漢時樂浪郡之地。】東濱大海。
魏將毋丘儉討高麗、破之、奔沃沮。其後復歸故國、留者遂爲新羅焉、
故其人雜有華夏、高麗、百濟之屬、兼有沃沮、不耐、韓、wai[偏水旁歳]之地。
其王本百濟人、自海逃人新羅、遂王其國。其國小、不能自通使聘。
符堅時、其王樓寒遣使衛頭朝貢。堅曰:「卿言海東之事與古不同、何也?」
答曰:「亦猶中國、時代變革、名號改易、今焉得同。」
梁武帝普通二年、王姓慕名秦、始使人隨百濟獻方物。
其俗呼城曰「健牟羅」、其邑在内曰「喙評」
【喙、呼穢反】、在外曰「邑勒」、亦中國之言郡縣也。國有六喙評、五十二邑勒。
土地肥美、宜植五穀、多桑麻果菜鳥獸、物産略與華同。
至隋文帝時、遣使來貢。其王姓金名眞平、【隋東蕃風俗記云:「金姓相承三十餘葉。」】
文帝拜爲樂浪郡公、新羅王。【其王至今亦姓金。按梁史云姓慕、未詳中間易姓之由。】
其先附屬於百濟、後因百濟征高麗、人不堪戎役、相率歸之、遂強盛、
因襲加羅、任那諸國、滅之。【並三韓之地。】其西北界犬牙出高麗、百濟之間。

151 :出土地不明:2006/03/31(金) 16:37:09 ID:biw+CApX
漢書地理志 燕地
樂浪海中有倭人。分爲百餘國。以歳時來獻見云。
【如淳曰、如墨委面。在帶方東南萬里。臣[王贊]曰、倭是國名、不謂用墨。
故謂之委也。師古曰、如淳云如墨委面。蓋音委字耳。此音非也。倭音一戈反。今猶有倭國。
魏略云、倭在帶方東南大海中。依山島爲國。度海千里、復有國。皆倭種。】

楽浪海中、倭人あり。分かれて百余国となす。歳時を以って来たり、献見すという。
【如淳曰、如墨委面(?)。帯方東南万里にあり。
臣[王贊]曰、倭これ国名、墨を用いるをいわず。故(もと)これ委というなり。
師古曰、如淳、如墨委面という。蓋し委字に音するのみ(?)。この音にあらず。
倭の音は一戈反(わ)。今なお倭国あり。魏略にいう、倭は帯方東南大海中にあり。
山島に依りて国をなす。海を渡ること千里、また国あり。皆倭種。】
【】内は、後世の人物(如淳、臣[王贊]、顔師古)による注。
専門家でも意味が分からないらしく、西嶋定生さんは『この注は泥沼みたいなもの』
と書かれています。如淳は魏の陳郡丞。臣[王贊]は、西晋の傳臣[王贊]とする説が有力。
顔師古(唐初期、581〜645)の注は、如淳の注にある“委”という字について、
『倭の音はワでありイではない』という意味の事が書かれているらしい。
また、ここには、魏略逸文が見える。漢書地理志の記事はこれで全文。


152 :出土地不明:2006/03/31(金) 16:38:00 ID:biw+CApX
宋書夷蠻
世祖大明六年、詔曰:「倭王世子興、奕世載忠、作藩外海、稟化寧境、恭修貢職、新嗣邊業。
宜授爵號、可安東將軍、倭國王。」興死、弟武立。
自稱使持節、都督、倭、百濟、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓七國諸軍事、安東大將軍、倭國王。
順帝昇明二年、遣使上表曰:「封國偏遠、作藩于外。
自昔祖禰躬kwan[偏手旁右環]甲冑、跋渉山川、不遑寧處。
東征毛人五十五國、西服衆夷六十六國、渡平海北九十五國、
王道融泰、廓土遐畿、累葉朝宗、不愆于歳。
臣雖下愚、忝胤先緒、驅率所統、歸崇天極、道kei[之繞旁右經]百濟、裝治船舫。
而句驪無道、圖欲見呑、掠抄邊隷、虔劉不已、毎致稽滯、以失良風、雖曰進路、或通或不、
臣亡考濟、實忿寇讎、壅塞天路、控弦百萬、義聲感激、
方欲大擧、奄喪父兄、使垂成之功、不獲一簣。
居在諒闇、不動兵甲、是以偃息未捷、至今欲練甲治兵、申父兄之志、
義士虎賁、文武效功、白刃交前、亦所不顧。
若以帝徳覆載、摧此彊敵、克靖方難、無替前功。竊自假開府義同三司、其餘咸假授、以勸忠節。」
詔除武使持節、都督、倭、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓六國諸軍事、安東大將軍、倭王。  


153 :出土地不明:2006/03/31(金) 16:40:16 ID:biw+CApX
朝鮮国−朝鮮胡国(故真蕃、朝鮮侯_燕人衛満)
月支国(辰王)−ワイ侯フジ
伯済国−古蒲国−古淳是国−軍彌国
駟廬国−楽奴国−伴跛国_−半路国
卑離国−冉路国−州鮮国_−涜盧国−斯盧国
牟廬国−石索国−安邪国_−狗邪国


馬韓_−バク
馬韓_−ワイ
馬韓_−馬韓__−馬韓東界−馬韓東界
馬韓_−馬韓東界−馬韓__−馬韓東界
馬韓_−馬韓__−馬韓東界−馬韓東界_−馬韓東界の東浜
馬韓_−馬韓__−馬韓東界−馬韓東界


楽浪郡朝鮮県−玄菟郡高句麗県
楽浪郡帯方県_−楽浪郡不而県(フジ県・富士県)
長岑県−シ文県−馬韓__−渾彌県
駟望県−楽都県−馬韓__−崎離営−臣智(韓[族]_侯[酋長]・臣=辰・智=日_荷知)
馬韓_−馬韓_−遂城県_−屯有県−古辰国(韓王_準・韓王_淮[ワイ])
新南県−馬韓_−海冥県_−弁

154 :出土地不明:2006/03/31(金) 16:41:51 ID:biw+CApX
馬韓_−高句麗
加羅国(加羅国王_荷知=韓国王_日)
馬韓_−己文県−馬韓__−辰韓
馬韓_−弁__−大伴金村−辰韓
多利県−馬韓_−辰韓__−弁辰_−新羅城
牟婁県−帯沙県−弁___−弁辰


高句麗−高句麗
高句麗
百済国−任那_−馬韓__−任那
馬韓_−任那_−任那__−任那
任那_−馬韓_−任那__−任那_−新羅城
任那_−任那_−任那__−任那
(倭王武・六朝[南朝]宋国へ上奏文・海北95国・都督−六国諸軍事−安東将軍)


155 :出土地不明:2006/03/31(金) 16:44:05 ID:biw+CApX
>新羅(辰)・百済(プヨの百家が済[渡]ったのは海から[百家済海])・任那(弁)・高句麗・渤海
>百済は支配階級(プヨ語・中国語)と
>地元の庶民(新羅語・弁語)とで、日常会話の言語が違ったと言う。

プヨ語は、馬韓語であり、百済語で、渤海語であり、高句麗語であり、バク族(大柄人)の語。
新羅語は、辰韓語であり、ワイ族(小柄人)の語。
弁語は、バク族(大柄人)の語。
  弁人(弁辰人[弁韓人・任那人])と辰人(新羅人)には、馬韓語が通じない。
  馬韓の東界に弁人が住み、東界で大海の見える東浜に辰人が住む。
馬韓______=百済(加羅国・古代韓国)=渤海人=高麗国(高句麗)
馬韓の東界___=弁人=任那(バク)
馬韓の東界の東浜=辰人=新羅(ワイ)
  馬韓=プヨ(渤海の一部族・渤海という海を渡って来た百の家族[百家済海]が『百済』)
馬韓の王:辰王(馬韓月支国・馬韓語)
庶民__:辰・弁(馬韓語が通じない)
  馬韓月支國(加羅国・古代韓国・慰礼城[北漢山城・漢城・北ソウル])が滅び
  馬韓伯濟國(百済国・熊津城[公州・大田])に遷都して滅び
  馬韓辟卑離國(南扶余国・泗比城[扶余])百済再興の暫定で遷都。百済王室が完全滅亡。
済は、日本と高麗(高句麗)に王子を人質に出し
白村江の戦いの前に日本に居た王子は、戦後に高麗(高句麗)に逃げ、
高麗(高句麗)滅亡と伴に滅んだ。


156 :出土地不明:2006/03/31(金) 16:44:39 ID:biw+CApX
新羅は滅亡前にソウルを流れる『漢江の流域に大量に渤海人に移住』
され『渤海国(高麗国[高句麗国])』が移って来た感があった。
高麗の中期まで契丹族(遼国)と女真族(金国)に攻められ
藩国『斉国』『高麗藩』となった。それまでは高麗ではなく
『泰封国』とか『摩震国』と国名を呼んでいた。渤海人の移住地は
『東丹国(高麗国)』と呼んだ。

藩国になる前に女真族の大量侵攻があり『刀伊の入寇』といった。
昔の新羅地域は女真族の手に落ちていた。

その後に蒙古族に攻められ『斉国大長公主』を
王妃に迎え『東真国』となった。半島南部の有力者の
崔(江華島〜珍島)・林(忠清)・李(光州〜順天)・鄭(晋州〜南原〜全州)
の4氏の内、李氏が優勢となり李氏朝鮮を創るべく李成桂が『高麗王』を名乗り
謀略で亡くなった2王子を仏教式に葬った。李氏朝鮮の太祖の李成桂は、まだ
『儒教』でもなかったし『朝鮮国王』に明国から任命されたわけではなかった。

第二代の定宗の弟(王弟)の太宗が第3代高麗王となり
この太宗の時に明国から『朝鮮国王』に任命され、この2王子(定宗・太宗)の後に
太宗の子の第4代の世宗が『太宗実録』を書き『李氏朝鮮実録の初刊』を編集させた。

王の歴代記は逐次世代交代ごとに追加で書かれたのではなく、焼失したと言って
後に諸伝承をかき集めて『太宗実録』の記述を真似て、作ったのである。それは
昭和10年まで編纂が続いたので歴史の後知恵が記事に、かなり入っている。


157 :出土地不明:2006/03/31(金) 16:46:23 ID:biw+CApX
つまり『百済』は『馬韓』全土の統一などしてないし、
『新羅』は僻地の『東の浜辺』の『一ヶ城』に過ぎない。
『倭の武王(継体天皇?・応神天皇?・八幡大菩薩?)』には
南中国『宋国』のお墨付き『都督・安東将軍(任那総督)』の肩書きがある。
『楽浪郡』は確かに原住民の『馬韓』を制圧していない。
しかし馬韓は結集して中国人の入植地の郡県や営所を全滅させていない。
『馬韓』とは違って東の界隈『馬韓東界』に
『弁人』や『辰人』の”国”の名の付く『邑(むら・集落)』がある。
仮に楽浪半島経由の伝来でも中国人からであって原住民には、何ら日本側としては恩義はない。
原住民は、中国人の楽浪郡の住民を、終戦直後の日本人のように襲って
殺して略奪し、敵産として追いはぎ山分け火事場泥棒したに過ぎない。
『弁人』は『辰人』と弁別(別に)された人の意味で「弁」と名づけた。
それで『弁辰』という地域名となった。弁辰という名なのに、
弁人は倭人と混在雑住同居している。本来なら『弁倭』とすべき地域名である。
倭人とは弁別された民といえるから。それを
『弁辰』から『弁”韓”』と地域名を書き換え
『弁辰狗邪国』を『狗邪”韓”国』と書き換えた。
『任那』が『倭人』による支配である事を暗に改ざんする意図がある。
馬韓月支国の王が『辰王』で、新羅の祖先の
辰韓の王が『韓王』であるのも変な記述だ。
馬韓だから『馬王』とか『韓王』であるべきだ。
辰韓こそが『辰王』であるはずなのは
馬韓を辰韓の末裔の新羅が領有したのを正当化したとしか思えない改ざんである。

158 :出土地不明:2006/03/31(金) 16:47:30 ID:biw+CApX
まだある。

新羅最後の王が降伏し国が滅んだのは、王建という人物によるが
この人物の国は、もとは新羅王族の弓裔という人の領地の豪族で
弓裔を下克上して国を乗っ取った所から始まる。

弓裔は『泰村王』で漢山州の領主であったので
新羅の本家王族から、分国する際に国名を『泰封国』と名付けた。
この『泰封国』から『摩震国』の王建が下克上で国獲りするのだが
『後高句麗国(泰封国)』とか『高麗国(摩震国)』は
後世の捏造や造語だとしか思えない。しかも
渤海人が大量に新羅の国へ南下して民族大移動して移動定住しているのを
日本の歴史書には書かかせないし、知らせないようにしているのである。

もし『三国史記』や『高麗史』の名称が正しいなら
新羅の王族が『金』一族なのに
王族の弓裔だけ『弓』一族と別の家名なのだろうか。

これは歴史伝承が混乱しているからであり
事実『三国遺事』という『正伝から外れた伝承集』がある事からも
コジツケが感じられる。


159 :出土地不明:2006/03/31(金) 17:08:15 ID:biw+CApX
>>145

弁辰12国・辰韓12国・馬韓50余国の国名が書いてある。

>>146
百済の言われが書いてある。

扶余の尉仇台が「百の家族を伴って済海(海を渡る)し」帯方郡 の地に国を建てた。
それが「百済(伯済)」の語源となった。 ※「百家済海」
後漢遼東太守帯方郡設置の公孫度 (?〜205)が娘を仇台に嫁がせ東夷の強国となった
晋時(280年−316年)高句麗が遼東を占領し百済もまた遼西・晋平の二郡を治めたという。
百済も馬韓を平定していない。
晋より以後、馬韓の地を併合し国を立てた。(346年)
百済王族は扶余姓を名乗り、後に中国・・・

>>147

後漢東夷に、韓3種あり:馬韓、辰韓、弁辰。
晉書四夷傳に、韓3種あり:馬韓、辰韓、弁韓。
倭人は 帶方の東南の大海中、山がち島の國、地に山林多く、良畑なし、海物を食す。

160 :出土地不明:2006/03/31(金) 17:23:33 ID:4D6xFmtP
>>148
『漢書』 卷二十八下地理志第八下(抄) 幽州屬
玄菟郡、武帝元封四年開。幽州に属す。この郡は3県ある。
  高句驪県・上殷台県・西蓋馬県。
樂浪郡、武帝元封三年開。幽州に属す。この郡は25県ある。
  朝鮮県・nan[言○]邯県・[シ貝]水県・含資県・黏[虫單]県・
  遂成県,増地県,帶方県,駟望県,海冥県・
  列口県,長岑県,屯有県,昭明県,鏤方県,
  提奚県,渾彌県,呑列県・分黎山県・東[目施]県・
  不而県・蠶台県・華麗県,邪頭昧県,前莫県,夫租県。

>>149
晋書 巻十四 志第四 地理上 平州
平州。禹貢の時は冀州,周の時は幽州,漢の時は右北平郡。9種類の東夷が従った。
昌黎、遼東、玄菟、帶方、樂浪の5郡國が平州。26ヶ県。
昌黎郡。2県:昌黎県・賓徒県
遼東國。8県:襄平県・[シ文]県・居就県・樂就県・安市県・西安平県・新昌県・力城県
樂浪郡。6県:朝鮮県・屯有県・渾彌県・遂城県・鏤方県・駟望県
玄菟郡。3県:高句麗県・望平県・高顯県
帶方郡。7県:帶方県・列口県・南新県・長岑県・提奚県・含資県・海冥県

161 :出土地不明:2006/03/31(金) 17:29:17 ID:4D6xFmtP
>>150
通典の新羅國
魏の時 新盧國といった。辰韓の始めは6国、分かれて12国で、その一つが新羅。
初 新盧、
宋の時 新羅、あるいは斯羅。
漢の時 樂浪郡の地で東浜に大海を望む。
魏の将軍で毋丘儉が討ったとき王が元百濟人で海より逃げた国が新羅で新羅王になる。
北朝の前秦の符堅時 王の名は樓寒で朝貢し「海東の古い国かと聞けば」
「革命し、王の国名も替えたが、同じ国だといった」
梁の武帝の普通二年に王の姓は慕で名を秦といい百濟に従って献じてきた。
俗に城を「健牟羅」といい、その邑は「喙評」という。ほか「邑勒」とも。
中國のいう郡縣の呼称だとも。國は6ヶ「喙評(郡)」、52ヶ「邑勒(県)」
隋の文帝の時 王の姓を金で名を眞平といった。
樂浪郡公新羅王という。加羅任那諸國を滅ぼす【三韓の地】。


>>151
漢書地理志 燕地
樂浪の海中に倭人あり。100あまりの國。
帶方の東南の萬里にあり。
魏略には倭は帶方の東南の大海中にあり。
【】内は、後世の人物(如淳、臣[王贊]、顔師古)による注。
顔師古(唐初期、581〜645)の注は、如淳の注にある“委”という字について、
『倭の音はワでありイではない』という意味の事が書かれているらしい。
また、ここには、魏略逸文が見える。漢書地理志の記事はこれで全文。


162 :出土地不明:2006/03/31(金) 17:31:46 ID:4D6xFmtP
>>152
宋書夷蠻
世祖の大明六年に「倭王の興よ、安東將軍、倭國王の称号を与える」と。
    倭王の興が死に、弟の武が王に立った。
使いに「都督と、倭・百濟・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓の七國諸軍事で
    安東大將軍と、倭國王」を授け持たせた。
順帝の昇明二年に、倭の武王から上表があり
「・・・東征した毛人の国が55、
    西に服する衆と夷が66国、
    渡りし海の北に95國は私の領土・・・」
使いに持たせたのは「都督と、倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓の六國諸軍事で
    安東大將軍と、倭王」の称号。


163 :出土地不明:2006/03/31(金) 18:23:05 ID:6pdW8wg8
>>153->>162
◆◆ 和漢共栄時代から三民戦争時代へ。カラ半島の古代史 ◆◆

3世紀以前のカラ半島は、半島北部地方は、漢民族が楽浪郡を置いて支配し、半島南部地方は、
倭人(日本民族)が、志良岐と任那を建国して支配していた。この時代が、『和漢共栄時代』である。
しかし、313年から314年にかけて、満州地方のフヨ人(高句麗人)が、漢人が支配する楽浪郡を
攻撃して滅ぼしたため、これ以降、『三民戦争時代』に突入する。
三民戦争時代とは、カラ半島北部の高句麗を支配するフヨ人、任那・百済を支配する倭人、そして、旧帯方郡の
東部地方に住んでいたが、356年に倭人国家=志良岐(シラキ)を乗っ取り、新羅を建てたワイ人(穢人。朝鮮民族の先祖)
が、カラ半島の支配権をめぐって戦争を繰り返した時代である。
当初、ワイ人国家=新羅は高句麗に朝貢し、倭人勢力と戦争していたが、433年に高句麗に対して反乱を起こした。
そして、倭人国家=百済・任那と同盟を結び、今度は高句麗と戦争した。
だが、550年代になると、ふたたび倭人勢力とワイ人勢力の関係が悪化し、新羅と百済の間で戦争が再開された。
643年には、敵対関係にあった倭人とフヨ人が反新羅で同盟を結び、ワイ人国家=新羅を攻撃した。
倭人とフヨ人は協力してワイ人国家=新羅と戦ったが、660年、唐と手を組んだワイ人勢力=新羅によって、
百済は滅ぼされた。
668年には、フヨ人国家=高句麗も、ワイ人勢力=新羅と唐の連合軍の攻撃により都を落とされ滅びた。
最終的に、カラ半島はワイ人によって統一された。このワイ人が、後の朝鮮民族である。
倭人=日本人勢力は、663年の白村江戦争で敗北した後、カラ半島の領土を手放した。
しかし、白村江戦争以降も、ワイ人=朝鮮人勢力は、海賊活動を中心に何度も日本侵略を繰り返した。
これが、古代カラ半島の真実の歴史である。7世紀以前のカラ半島は、三つの民族が領土戦争を展開して
いた地域だったのである。


164 :出土地不明:2006/03/32(土) 03:31:13 ID:3mWRvCgl
白村江は「はくすきのえ」ともよむ。

645年(大化元)成立した大化の改新政府は
高句麗と・百済と連合し、唐軍を迎撃しようとしたが、
唐は高句麗の強い抵抗に手をやき、
660年に背後の百済に侵入。王都の扶余を急襲して
義慈王と太子をとらえ、百済を滅ぼした。
百済では鬼室福信・黒歯常之・僧道チンら遺臣たちの反唐運動が盛んになり、
長年にわたって百済と軍事同盟をむすんでいた日本もこれを応援した。

日本は人質として日本にいた百済王子の豊璋を百済に帰国させ
661年(斉明7)には斉明天皇・中大兄皇子(天智天皇)らが
百済復興軍の指揮をとるため九州にむかった。
しかし斉明天皇の病気のため日本軍はうごけず、また
豊璋は福信を殺すなど内紛をおこし、防御に適した州柔城を放棄するなど、
状況の見極めに甘さがあった。その間に東南から新羅軍にせめられ、あわてて
もどった州柔城も孤立した。

斉明天皇の死後を代行した中大兄皇子は
663年(天智2)3月、2万7000の水軍を
前・中・後の3軍に編成して新羅軍を南側からつかせ
8月、豊璋と合流するために白村江をさかのぼるため河口にむかった。そこには
劉仁軌・蘇定方が率いる唐の水軍170艘が新羅の要請で待機していた。
日本軍は3軍構成で大船団をくんで突入したが、400艘以上焼失して唐軍にやぶれた。
百済軍は文武王の率いる新羅軍に打ち破られ、ここに百済・日本連合軍は敗北した。
豊璋は高句麗にのがれて百済は完全に滅び た。


165 :出土地不明:2006/03/32(土) 03:33:04 ID:3mWRvCgl
白村江 劉仁軌 蘇定方 唐 新羅

白村江の戦いの翌年、
664年(天智三年)二月。唐の高宗の命により、
新羅文武王と百済の扶余隆は、熊津(ゆうしん)において
白馬を伴って会盟を行ない、両国の平和を誓った。
劉仁願が、これに立ち会った。この時の劉の肩書きは、熊津都督であった。
百済は滅亡したが、唐はかつての百済王族である彼を起用し、
百済旧領の支配の安定化を図ったわけである。
これにより、唐は、高句麗に対しての攻撃を集中する事が出来るようになった。

665年10月。
高句麗で泉蓋蘇文(せんがいそぶん)が死去した。
蓋蘇文に集中していた絶大な権力の継承をめぐり、
その息子達、男生と男建・男産らが争い始めた。
その隙につけ入って唐・新羅両軍が侵攻を開始した。

668年9月。
遂に高句麗が滅んだのは、白村江の戦いから5年後のことであった。


166 :出土地不明:2006/03/32(土) 03:35:20 ID:3mWRvCgl
701年(長安元年) 十月、日本国、使を通わし
 其の大臣、人を貢し、万物を貢す。(『冊府元亀』外臣部、朝貢三)
702年(長安2年) 冬十月、日本国、使を遣わして
 万物を貢す。(『旧唐書』本紀巻六、則天武后)
703年(長安3年) 其の大臣朝臣真人、来りて万物を貢す。
「朝臣真人」は、猶(なお)中国の戸部尚書のごとし。冠は進徳冠。
其の頂、花を為し、分れて四散す。身は紫鞄を服し、帛を以て腰帯と為す。
真人、好んで経史を読み、属文を解す。容止温雅。則天(則天武后)
之を麟徳殿に宴し、司膳卿を授け、放ちて本国に還らしむ。(『旧唐書』日本伝)

中国史書では701年以降、「倭国」ではなく「日本国」が正式の国名として
使用されるようになる。この長安元年は、則天武后の年号である。また
これと時を同じくして日本国の天皇も年号を持つようになる。ヤマト王朝の
最初の年号は文武天皇の大宝(大宝元年=701年)である。

また、日本国の公式史書は文武天皇の項から「続日本紀」に
引き継がれる。そして上記703年の記事のような中国への使節の記録は
中国側と日本側の記録(続日本紀)とがピッタリ一致し始める。
「世にも不思議な物語」(白村江の敗戦直後のヤマト王権の
はしゃぎぶり)を解明した文の最後で古田さんは次のように述べている。

中国側(唐朝)の対倭国 外交記事は
貞観22年(648)で終り、そのあと「白江の戦」の記事につづいている。これに対し
代って「日本国」との友好的な国交記事が長安3年(703)からはじまっている。
 つまり、中国側(唐朝)の目から見て、明らかに相手国は交替した。
白江の戦の「主敵」ともいうべき「倭国」は七世紀未、崩壊した。そして
「倭国の別種」と記されている「日本国」、すなわち近畿
天皇家によって吸収されてしまった というのである。


167 :出土地不明:2006/03/32(土) 03:36:49 ID:3mWRvCgl
前漢−武帝−天子−劉一族
 (淮=ワイ=[シ歳]=いにしえの辰人の邑(古辰国)・
  貊=バク=今は亡き本当に野蛮な朝鮮異民族の邑(故真蕃朝鮮故国)を滅ぼし
  玄菟郡高句驪県・楽浪郡朝鮮県・楽浪郡帯方県・楽浪郡楽都県などの郡県設置)
西晋−楽浪郡太守−劉茂
 (三国志−魏書−鮮卑烏桓東夷伝−韓条
  楽浪郡遂城県〜楽浪郡海冥県[続漢書(後漢書)]・帯方郡新南県[晋書]
  楽浪郡屯有県の崎離営を攻めた、韓王(加羅王)を僭称する
  韓侯の臣智[辰国(臣国=辰韓)荷知(日=智という韓国王)]を滅ぼす)
六朝−南朝−宋国−劉裕が太祖の国
 (楽浪郡亡命漢人−王仁?の上奏文により
  倭の武王[継体天皇?応神天皇?]を倭国の王に冊封し
  都督・六国諸軍事−安東将軍(海北95国[任那]将軍)に除目)
李唐−楽浪郡遠征−劉将軍(新羅討伐遠征し、新羅城を包囲中に背後の旧百済に倭軍上陸)
 (遠征軍主力は高句麗を滅ぼす。分遣隊の蘇将軍は百済を滅ぼす。)
  劉: 大きい鎌(鎌田)
  鎌: 小さい鎌
藤原鎌足(楽浪郡フジ県−鉄原→藤原・鎌より大きい劉の足下に→鎌足
  白村江で降伏し赦され帰国)
中大兄皇子(那下の大江、楽浪郡楽都県=弁楽奴国(弁辰地域の倭人[辰]が
  混在しない弁人だけ国)=那国=羅州
  羅州の下向(那下)=下羅(くだラ[久多良])=百済・百済の大江=白村江)
下羅=くだラ・あるしラ・洛[楽]で都(奴[那・な・羅(羅州:ナじゅ)]=弁人)
  みまな[任那]おこし[上]タリあがた[多利県] 起きる=あがる[上がる]
  みまな[任那]あるし[下]タリあがた[多利県] 外へ或る=さがる[下がる]
白村江(錦江・帯水[アリ水・漢江])の
  熊津(くまなり・駒也?=公州=大田[てジョン])が百済の都邑(とユウ:奴熊)


168 :出土地不明:2006/03/32(土) 03:37:28 ID:3mWRvCgl
淮=ワイ=[シ歳](古辰国)・
狛=バク=貊(故真蕃朝鮮故国)・玄菟郡高句驪県・楽浪郡朝鮮県・
楽浪郡帯方県・楽浪郡楽都県・楽浪郡遂城県・楽浪郡海冥県[続漢書(後漢書)列伝 国郡]・
帯方郡新南県[晋書(西晋 地理 平州)]
楽浪郡太守−劉茂[三国志−魏書−鮮卑烏桓東夷伝−韓条]
楽浪郡屯有県の崎離営を攻めた韓の臣智を滅ぼす
上奏文により倭国の武を倭王に冊封し都督・六国諸軍事−安東将軍に除目[宋書(六朝の宋国)]
唐の楽浪郡遠征[とある歴史書]
劉: 大きい鎌[辞典]
鎌: 小さい鎌[辞典]
藤原鎌足(白村江で降伏)[とある歴史書]
中大兄皇子(那下の大江、楽浪郡楽都県=弁楽奴国(羅州:ナじゅ)=奴国=なこく=那国
なか=那下=那国の下=下の羅=くだラ=久多良=百済・百済の大江=白村江[はくすきのえ])
下羅=くだラ・洛は楽で、都は奴=な=那=羅で、弁人の事[魏書・後漢書ほか]
楽浪郡の楽は洛の音、浪は狼の音[続漢書(後漢書)列伝 国郡]
ミマナおこしタリあがた[任那上多利県]ミマナあるしタリあがた[任那下多利県][ある歴史書]
白村江(錦江・帯水・アリ水・漢江)[ある歴史書]
熊津(くまなり・熊=狛=駒の国にある、川の港町[津])=公州=大田(てジョン)[ある歴史書]


169 :出土地不明:2006/03/32(土) 03:38:08 ID:3mWRvCgl
漢書以前:[シ歳]族([シ歳]侯不而・馬韓月支国の辰王が弁辰を治める・秦之空地)
____:貊族(扶余・僭称の韓王淮[準]は朝鮮侯・桓逃亡地)
前漢武帝:漢時樂浪郡之地(楽浪郡不而県[南漢山?]・楽浪郡屯有県[慶州?]など)
三国志魏:魏時新盧國(辰韓斯盧國・秦韓斯盧國)
前秦符堅:秦時に王の樓寒(盧韓)が[シ歳]王不而を改易した旨を伝え朝貢して来た
六朝宋国:宋時曰新羅(加羅任那にある新羅城)
梁武帝_:梁時の普通二年に王姓慕名秦で城曰「健牟羅」(慕韓・秦韓・ちんむら城[新羅城])
隋文帝_:隋時に王姓金名眞平(金真平[ちんチンぴん]と言う名の王・金城[ちん城・健牟羅城])
____:朝貢の際に「樂浪郡公、新羅王」と名乗る「加羅任那諸國」を滅ぼし領土世襲

玄菟郡、武帝元封四年開。高句驪、莽曰下句驪。屬幽州。【應劭曰:「故眞番、朝鮮胡國。」】
戸四萬五千六、口二十二萬一千八百四十五。
縣三:高句驪。遼山、遼水所出、西南至遼隊入大遼水。又有南蘇水。
       西北經塞外。【應劭曰:「故句驪胡。」】
       遼山、遼水出。【山海經曰:「遼水出白平東。」
       郭璞曰:「出塞外衛白平山。遼山、小遼水所出。」】

樂浪郡、武帝元封三年開。莽曰樂鮮。屬幽州。【應劭曰:「故朝鮮國也。」師古曰:「樂音洛。浪音狼。」】
戸六萬二千八百一十二、口四十萬六千七百四十八。有雲seu[扁章旁右郊]。
縣二十五:朝鮮【應劭曰:「武王封箕子於朝鮮。」】【周封箕子地。】

建安中、公孫康(幽州刺史[州知事]や遼東郡太守[郡長]ほどの地方有力者・前漢〜三国志〜西晋)
 帯方郡太守・派遣将軍: 公孫模・張敞等

景初中、明帝(後漢[AD57-75]〜西晋王朝?の皇帝) 海を越え二郡(帯方郡・楽浪郡)を定む
 楽浪郡太守: 鮮于嗣
 帯方郡太守: 劉斤(斤は[日斤]の一字)

 部従事: 呉林 楽浪郡は韓族の邑(韓国)を統治するが、特に辰韓八国を楽浪郡の直轄とした。
 帯方郡崎離營: 吏訳転じ異同あり 臣智激し韓忿り この帯方郡の軍営を韓族が攻撃

 楽浪郡太守: 劉茂 兵を興し韓を撃ち 遂に韓を滅ぼす(古代韓王は討たれ、古代韓国は滅んだ)
 帯方郡太守: 弓遵 韓を征伐中に戦死

李唐(遣唐使): 蘇将軍・劉将軍(高句麗[滅亡]・百済[滅亡]・新羅[討伐失敗・倭が白村江の戦])
                    北朝鮮: 釜山橋頭[南侵失敗・アメリカ軍の仁川上陸]
アーコ(アーく)阿哥: おにーさん
アーメイ(アーまい)阿毎(阿妹): おねーさん?(あま・天・尼・海人・天皇・倭王・日帝)


170 :出土地不明:2006/03/32(土) 03:45:16 ID:3mWRvCgl
鴨緑江→バイ水([シ貝]水)?・馬紫水(バシ水)○
大同江→列水?・バイ水([シ貝]水)?
??→列水?・悪滅山脈のムン山([シ文]山)から流れる長口鎮の手前に河口の川
漢江→帯水?・アリ水(阿利水)○
錦江→白村江○・帯水?

『狼』林山脈(平壌/楽浪郡)
弁『楽』奴国(羅州/帯方郡)
 ↓
『楽浪』郡・楽都県(羅州)が郡庁舎(洛都)。

北朝鮮(狼林/朝鮮県・沙里院〜平壌[王倹城])
韓国(楽奴国/楽都県・大田[熊津・公州]〜全州[降る羅・百済]〜羅州[楽都]〜光州[己文])
 ↓
『楽鮮郡』楽浪郡公−新羅王と王様の金真平が唐国に名乗った。
金は『女真族』(女直族・『満州族』)
真は『真蕃』朝鮮胡国で『渤海族』(高句麗)
平は『平州』で熱河〜遼東『奚族』(玄宗皇帝に楊貴妃の時の節度使−安禄山)
 万里の長城手前の「北京周辺(燕地)」の節度使(安禄山[奚族慶州人])は、
 突厥族(蒙古族)や契丹族(遼国)に対応。

女真は、燕人衛満で胡族の朝鮮(故真蕃朝鮮胡国)
朝鮮は、箕子朝鮮(朝鮮国)で中国人の朝鮮と、中国以外の外国に騙しで説明。
朝鮮は、蒙古(元王朝)や契丹(カラキタイ・西遼)と戦った
タタールのクビキにかかってない と威張った。


171 :出土地不明:2006/03/32(土) 03:47:36 ID:3mWRvCgl
突厥−−−−−−−鉄嶺−−−−−扶余族−女真族(渤海郡−マッカツ黒水部[黒龍江・松花江])
安禄山慶州−契丹−遼河−高句麗(高麗)−渤海族(マッカツ)
熱河___渤海湾_遼東_平壌(狼林)−−山(東丹国)
北京___黄海_____泰封国−−−−−山(東真国)
斉−山東_高麗海____摩震国(高麗藩・楽奴)−太白山(女真族の刀伊が船で日本侵略)
_____________斉国(斉藩・三別抄)−新羅(辰国)→ ×コレア(高麗)海○チン(辰)海
大明海(東シナ海)

蒙古が平壌以北を占領支配、東側(日本海側)を東女真の東真国と称した。
泰封国: ケソン周辺(新羅国−漢山州−泰村)
摩震国: ソウル〜鉄原〜忠州〜秋風岑・竹岑・鳥岑(漢江の流域・帯方郡)
斉国: 江華島〜公州(忠清道の大田)〜羅州(楽浪郡楽都県・弁人の楽奴国)
元寇の船の発信地の木浦(モッポ)−順天(李朝の先祖)−巨斉島(晋州の鄭氏が流刑者の見張り)
高麗時代に新羅国新羅城(慶州)の地域(東海岸)の支配を聞かない。

斉国は江華島のチェ氏(催氏)やイム氏(林氏)
多島海の南海岸はイ氏(李氏)
巨済島からプサンの湾岸が晋州のチョン氏(鄭氏→全州[チョンじゅ]は
                 晋州の官奴の支配、鄭氏の官吏の奴婢が支配)

安禄山の慶州 契丹族(遼国)が占領 後高句麗(泰封国)の弓裔(泰村王)が
新羅から独立 高麗(摩震国)の王建が高麗王国建国
江華島(かんファど)〜珍島(ちんド)まで、三別抄が蒙古と戦う(斉国)
木浦(モッポ)で元寇の船を造船−−−
−−−−−−−−−李氏朝鮮の先祖(李舜臣も朝鮮出兵軍と戦って、この周辺の人)
−−−−−−−−−−−−高麗王を流刑の巨済島[こジェど]を見張る晋州の鄭氏

つまり。高麗は済州島を支配していない。高麗王を僻地に監禁だが、
洛東江の東側は女真族の領土だったので、流刑に出来なかったのではないか?
女真族の刀伊の日本侵攻(刀伊の入寇)が説明できない。
高麗は東海岸を知らないし、支配していない。日本海は、高麗海と呼べない。
マテオリッチの地図の太平洋である「小東洋」を「オリエンタル海」って
したんだろうね。日本列島を考慮してないじゃん。


172 :出土地不明:2006/03/32(土) 03:49:58 ID:3mWRvCgl
________箕子朝鮮で中国で殷のチュウ王を叱る偉い人が先祖(四書五経 殷から周へ)
__________朝鮮侯衛満で燕人が女真だし満州だし野蛮(地理 燕地−韓条)
高句麗____故真蕃朝鮮胡国_扶余・・・・・玄菟郡高句麗県(丸都城)
_↓_________↓___↓
高麗_辰韓斯盧国___↓___馬韓伯済国・・楽浪郡朝鮮県(平壌城)・馬韓古蒲国(光州)
_↓__↓______↓___↓
_↓_馬韓月支国辰王−韓王準_↓・・・・・・楽浪郡楽都県(弁−楽奴国)
_↓__↓______↓___任那(伽耶)・弁楽奴国(羅州)・・・・任那巨文県(光州)
_↓_加羅国−韓−辰_↓___↓
_↓__↓______↓___↓
_↓_新羅城は新羅王_↓___百済国・・・(下の羅州・くだる羅・久多良・くだら)
_↓_________↓___↓
高麗藩_金国女真___↓___扶余(吉林平原の原住民[平野の女真])
_↓_________↓___↓
高麗国________↓___↓
高麗王を李成桂は名乗る李氏朝鮮国
_↓_____________↓_騎馬民族は扶余で百済で朝鮮で馬韓で満州領有は正しい
_______________大韓帝国
(扶余は満州で中国で日本で、この全部の上に立つ熊だ。熊は檀君で地球市民的に言って一番偉大)


173 :出土地不明:2006/03/32(土) 03:51:28 ID:3mWRvCgl
ヤクート・アイヌ・カムチャッカ・イヌイット
ギリヤーク・満州(女真[女直])・渤海(高句麗[高麗])・扶余・貊(ばく[弁辰]・錦江[白村江])
ウイグル(東トルキスタン)・カザフ(西トルキスタン)・契丹(遼東・西遼[カラきたい])
アルタイ・トルコ(突厥)・トルクメン・
ブリヤート・モンゴル・鮮卑(北魏)・烏桓(魏の曹操の胡族騎兵)・奚(唐の節度使の安禄山)
ネパール(グルカ)・チベット・雲南(南詔・大理)・タイ(華僑)・カレン・ビルマ(華僑)
安南・黎(海南)・苗(広西)・蕃(台湾)・越(福建)・淮(淮河)・倭人・琉球
呉(揚子江)・辰韓(新羅・洛東江)・[シ歳](わい[太白山脈・漢江(帯水・帯方)])
カンボジア(クメール)・南ベトナム(占城)・ルソン(呂宋)・スマトラ・ジャワ・バリ
マリアナ・パラウ・トラック・マーシャル・フィージー・タヒチ・ビスマルク・マオリ
ニューギニア・アボリジナル

蒙古・満州平原・沿海州(突厥・鮮卑・契丹・女真[じゅるちん]族)
遼東鉄嶺・平安道(渤海人・高麗人・高句麗人・京畿−忠清−全羅道人・大柄の在日朝鮮人)
新羅(呉・辰・[シ歳]ワイ・慶尚道人・小柄の在日朝鮮人)
日本列島・沖縄・台湾・福建(越・淮・倭・琉球)

蒙古は、大柄・虫の音を声や音楽に聞こえない。小便飲まない。ウンコ食べない。
女真は、大柄・虫の音を声や音楽に聞こえない。小便飲む。ウンコ食べない。高粱。
朝鮮は、大柄・虫の音を声や音楽に聞こえない。小便飲む。ウンコ食べる。稗・粟・鳩麦。
日本は、小柄・虫の音を声や音楽に聞こえる。小便飲まない。ウンコ食べない。米・うどん麦・蕎麦・大豆。
琉球は、小柄・虫の音を声や音楽に聞こえる。小便飲まない。ウンコ食べない。米。
マリアナ、大柄・虫の音を声や音楽に聞こえる。小便飲まない。ウンコ食べない。

174 :出土地不明:2006/03/32(土) 03:52:15 ID:3mWRvCgl
靺鞨ってのは、
もともと邑婁っていうツングース系狩猟民で、高句麗よりずっと北の方にいた。
それが次第に南下して、大小いくつもの部族にわかれて、
高句麗の北に隣接する部族もあり、高句麗国内に住む部族もあり。

その中で、強大なものが早くに「勿吉」と名乗り、
唐に使者を出して、南北から高句麗をはさみうちしようと持ちかけていた。
この「勿吉」が訛って「靺鞨」となったもの。

高句麗末期には、高句麗の中心が本来の満州山岳地帯から
はるか南の平野部の平壌に移ってから久しく、
すっかり農耕民になってしまっており、北方の統治は緩み
靺鞨の諸部族は半独立状態にあったらしい。
高句麗の末期、高句麗の北側には、主な強大な靺鞨は七部族あった。
その中の遠方の三部族は、邑婁そのままのツングース狩猟民であった。
あとの四部族は、文化的にちがいがあったようなので、
高句麗の文化的影響のもと開化したのだろうが、
もしや、昔の夫余の遺民による部族や、あるいは
初期の生活様式のまま取り残された古いタイプの高句麗人の部族なども
あったやも知れぬ。ことに、その四部族の中の白山部は「いにしえの沃沮」
だという。沃沮はツングースでなく夫余系種族であるから
靺鞨はツングースのみならず夫余系種族もいたことがわかる。
もっともこの部分は「いにしえの沃沮の子孫」ではなく
「いにしえの沃沮の地」に住んでいるというだけのことかも知れぬが。


175 :出土地不明:2006/03/32(土) 03:53:01 ID:3mWRvCgl
ともあれ靺鞨は、ツングース族もあれば、夫余系の遺民(高句麗系?)らしきものもあり、
またこの七部族だけでなく高句麗の国内外に、大小さまざま存在したから、
文化的には混成種族であって、全盛期の高句麗の下に支配されていた各種の民族の
総称ぐらいに思ってよいのかも知れない。
この七部族のうちもっとも西南にあった粟末部(粟末靺鞨)から
乞乞仲象というリーダーがでた。
仲象というのは、この2文字で何か固有土着語の音写なのか、
「次男坊で名前が象」という漢人風の字(あざな)なのか、よくわからないが
乞乞という姓は漢民族ではないだろう。
高句麗滅亡後、乞乞仲象は唐の命令により粟末部(粟末靺鞨)を率いて
南満州に移住したが、後に反乱を起こして故郷に帰ろうとした。
この乞乞仲象の二代目が大祚栄(ダイ・ソエイ)で、
靺鞨の大小さまざまな諸部族をとりまとめて大勢力となった。
大祚栄が渤海郡王に叙されていたことから、粟末靺鞨の別名を渤海靺鞨といったが、
他の部族も大きなところは初期は半独立をたもっていた。(幕府と大名みたいなもの)
この渤海郡王、渤海靺鞨からとって「渤海国」という。

しかしもっとも遠方の「黒水部(黒水靺鞨)」だけは渤海国に最後まで抵抗し
のちの女真族となった。


176 :出土地不明:2006/03/32(土) 04:07:26 ID:3mWRvCgl
>>161

前漢____: 樂浪郡の東浜で大海を望む
後漢明帝__: 楽浪郡太守劉茂が韓族と韓の臣智を滅ぼす。
魏将毋丘儉_: ワイ侯フジ(不而)を討ち従わせる。高句麗の百済王が新羅に逃げ韓王準に。
魏〜南朝宋_: 辰韓−斯盧国
北朝前秦符堅: 樓寒王・加羅任那−新羅城
梁武帝___: 普通二年・慕秦王・健牟羅城・「6喙評(6郡)52邑勒(52県)」
隋文帝___: 楽浪郡公−新羅王・金眞平王 加羅任那諸國を滅ぼす【三韓の地】


177 :出土地不明:2006/03/32(土) 04:18:12 ID:3mWRvCgl
前漢____: 樂浪郡
西晋____: 高麗(高句麗)に滅ぼされた扶余王が
        百個の家族を連れて渤海を済る[渡る]・『百家済海(百済)』
南北朝___: 馬韓伯済国・百済国・加羅国
隋唐____: 唐将の劉仁軌・熊津都督の劉仁顔・水師の蘇定方により百済滅亡。王子は高句麗に亡命。
        高句麗滅亡後、渤海国が成立。
五代十国_宋: 契丹により渤海が滅亡し、渤海人が新羅国漢山州から先に大量移住。
        渤海国は改名され東丹国に。
南宋_遼金元: 東丹国は東真国に。漢山州は泰封国に後に摩震国に更に金国高麗藩と斉国に。
明_____: 第3代の高麗王(王弟・太宗)が明国より朝鮮国王に冊封される。


178 :出土地不明:2006/04/02(日) 20:18:14 ID:FsIcE+ck
百姓
 ひゃくしょう [日本語] 農家
 ひゃくせい [十八史略] 百の苗字・多くの人々・全国の人間・全人民

百家済海
 ↓
百姓渡斉(全人民を連れて、斉という土地から渡って来た)
百姓済度(全人民を救済する、度をなす[説法をする]・縁無き衆生は度し難し)
斉−[シ度]=渡

師古、曰
 唐代の歴史家の人名『唐 顔師古』
  間違い: 師、古曰(先生が言う、今は無き説では)
  間違い: 師古、曰(昔の先生が言うには)

179 :出土地不明:2006/04/03(月) 18:00:15 ID:J0COCbHG
◆◆ 和漢共栄時代から三民戦争時代へ。カラ半島の古代史 ◆◆

3世紀以前のカラ半島は、半島北部地方は、漢民族が楽浪郡を置いて支配し、半島南部地方は、
倭人(日本民族)が、志良岐と任那を建国して支配していた。この時代が、『和漢共栄時代』である。
しかし、313年から314年にかけて、満州地方のフヨ人(高句麗人)が、漢人が支配する楽浪郡を
攻撃して滅ぼしたため、これ以降、『三民戦争時代』に突入する。
三民戦争時代とは、カラ半島北部の高句麗を支配するフヨ人、任那・百済を支配する倭人、そして、旧帯方郡の
東部地方に住んでいたが、356年に倭人国家=志良岐(シラキ)を乗っ取り、新羅を建てたワイ人(穢人。朝鮮民族の先祖)
が、カラ半島の支配権をめぐって戦争を繰り返した時代である。
当初、ワイ人国家=新羅は高句麗に朝貢し、倭人勢力と戦争していたが、433年に高句麗に対して反乱を起こした。
そして、倭人国家=百済・任那と同盟を結び、今度は高句麗と戦争した。
だが、550年代になると、ふたたび倭人勢力とワイ人勢力の関係が悪化し、新羅と百済の間で戦争が再開された。
643年には、敵対関係にあった倭人とフヨ人が反新羅で同盟を結び、ワイ人国家=新羅を攻撃した。
倭人とフヨ人は協力してワイ人国家=新羅と戦ったが、660年、唐と手を組んだワイ人勢力=新羅によって、
百済は滅ぼされた。
668年には、フヨ人国家=高句麗も、ワイ人勢力=新羅と唐の連合軍の攻撃により都を落とされ滅びた。
最終的に、カラ半島はワイ人によって統一された。このワイ人が、後の朝鮮民族である。
倭人=日本人勢力は、663年の白村江戦争で敗北した後、カラ半島の領土を手放した。
しかし、白村江戦争以降も、ワイ人=朝鮮人勢力は、海賊活動を中心に何度も日本侵略を繰り返した。
これが、古代カラ半島の真実の歴史である。7世紀以前のカラ半島は、三つの民族が領土戦争を展開して
いた地域だったのである。




180 :出土地不明:2006/04/03(月) 19:18:59 ID:GjeklBiF
>何で当時の中国の主流だった灰釉陶や印文硬陶が伝わってないのかね?
>最低でも何で粗悪な灰陶くらい伝わっていないのかね?
・技術者が渡来していない、もしくは渡来したが材料を得られなかった。

>何で漢字の前身である金石文も伝わっていないのかね?
>何で木製車輪のような便利な良いものが伝わっていないのかね?
・江南説なので、中国と入っても文化圏が違う。

>何で青銅貨などの金属貨幣くらい伝わっていないのかね?
・後年、和銅開寶が流通しなかったように、
 貨幣を必要とする段階にない。

>何で当時の中国で主流だった土とん墓が主流にならないのかね?
・吉野ヶ里は土とん墓

>何で弥生文化は紅陶文化と支石墓文化なのかね?
・支石墓文化については、これは調査の必要がある。

一方、山東省の人骨と北九州弥生人の人骨の類似、
現代日本人と中国少数民族の類似、
米の品種の類似、
古代中国人が、倭国を呉の末裔と考えていたこと、
以上を考えても倭族が渡来して倭国を建設したと考えるのが
妥当だと思う。

181 :出土地不明:2006/04/04(火) 19:59:03 ID:I84h9RMe
松岡正剛のウェブサイトに、『長江文明の発見』という本の紹介がされています。
興味のある方は、ぜひ覗いてみてください。
長江文明は、日本文明の源流である可能性が高いのです。
日本人の先祖の一つである「弥生人」は、長江下流域から日本列島へ渡ってきたのかもしれない。


■松岡正剛の千夜千冊 徐朝龍=著【長江文明の発見】■
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0331.html

■【長江文明の発見】: 紀伊國屋書店BookWeb紀伊國屋書店■
http://www.bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4043552017.html - 21k -
『長江文明の発見』 by 徐朝竜 角川書店 本体価:\648.


182 :出土地不明:2006/04/04(火) 21:08:45 ID:+hlL4sS/
日本は、紙があり・石文が少ない。
朝鮮は、書物を焼き・首の無い石の像が多い。

李氏朝鮮は、盗賊が貴族の屋敷を襲撃すると
書類は焼く性質がある。李朝実録は秀吉の出兵の際に
春秋館(歴史館)の歴史書を平気で焼いている。
5箇所の歴史館中、全州一箇所だけ残るという。

捏造が多いので、石文しか残らない。しかも
「貨幣」は「金」も「銀」も「モンゴル紙幣」も使用を禁止され
「中国鋳造」の「銅銭しか」使えない
日本は「中国銅銭」でしか朝鮮で商売できなかった。
イギリス・フランスの攻撃とアメリカの通商修好の条約以降で無いと。

183 :出土地不明:2006/04/05(水) 05:05:23 ID:SD7382M5
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1140010231/177-178

高麗(高句麗)→新羅国→泰封国(弓裔)→摩震国(王建)
→高麗藩(王弟)→斉国(忠烈王)
→高麗国
 初代の高麗王・李朝太祖・李成桂(いソンげ)
 2代目高麗王・李朝定宗(太宗の兄)
 3代目高麗王・李朝太宗(王弟)・明国より朝鮮国王に封じられる。
 朝鮮国王・4代目の世宗・倭寇は和服を着た本国人(朝鮮人)だと実録に記載。
 朝鮮国王・10代目の燕山君(よんサンぐん)が、倭寇弾圧で倭服と倭文字と倭楽器を焚書坑儒。


184 :出土地不明:2006/04/05(水) 07:04:24 ID:3UehTyRW
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1140010231/183-187

勘合貿易  明国は日本とは
 寧波(明州)で『市舶司』を置き朝貢貿易(10年に一貢、船隻3、人300人)の制限
 日本国王は源道義(室町幕府・征夷大将軍の足利義満)の許可印
 幕府将軍一族(足利・細川など)と
 豪族寺院(安国寺・相国寺など)が明国と儲け
地方豪族(松浦など)と大名商人(大友など)は私貿易で倭寇(南倭)を働いた。
1548年 私貿易弾圧・中国貿易業者と日本西国大名が報復反抗した。
1553年以降に江蘇・浙江の沿岸は倭寇の大規模な被害を受けた。
1560年ごろになると福建・広東に私貿易が移動し、中国人倭寇が横行した。
萬暦帝の時にマカオを経由してポルトガルの軍事力下に私貿易が横行し倭寇が減った。

朱印状貿易  朝鮮出兵後に講和で勘合貿易に変え
 秀吉の死後に豊臣の家臣たち(徳川など?)と結んだ貿易。
 満洲の中国侵略と支配(清朝[満洲王朝]に王朝の姓易革命)により
 「中国人豪族の私貿易」と「日本の幕府の公貿易」の形に変容した。


185 :出土地不明:2006/04/10(月) 10:58:11 ID:ppeO6yQw
日本人には、神社も時代遅れの中国の民間伝承も時代遅れの仏教もあって
現在の中国人とか、明清時代の中国の宗教をする人はいない。

朝鮮人は、スグ中国人やアイヌ人に成りすますから。すぐ中国人だね。
漢字からハングルと一世代の間に平気で替えれるし
大陸の漢字から簡体字に変える変わり身の良さからいってお似合いだと。
漢字の音読み訓読みに当て読みを平気で改ざんするし
学とか無いところも大陸と半島と同じだし。
台湾と香港は違うけど。漢字をそのまま使ってピンイン補強という感じだしね。
ずーっと中国人だが、李朝の「斥邪」とかいうが。大陸の
中国人は朝鮮人化(中華夷化)したからすぐ朝鮮人(小中華)も中国人化できるんだよ。
五胡十六国の辮髪(前秦・符堅→古辰国は秦韓で辰韓の初朝貢)や
鮮卑族の辮髪(北魏・雲崗石窟仏像−大同の華厳経→華厳経の新羅王家)や
女真族の辮髪(金国・金国大蔵経→高麗大蔵経)や
満州族の辮髪(清国(後金国)・燕人衛満→箕子朝鮮)最近は長らくロシアの真似。
1860年ロシアが沿海州を占領
1897年のロシアの朝鮮権益の取り付け騒動(木材の伐採権や警察や軍のロシア装備化)
1900年の義和団の乱から1905年の日露戦争まで満州と内蒙古をロシア軍が占領。
1920年から1924年の中国内戦でロシア人亡命部隊の山東省の駐留と徐州近郊での戦闘
1945年のソ連軍解放から1948年までの北満州をソ連軍が撤退まで。
中ソ国境紛争の1970年代まで。と「夷化」平気だね。

ロシア人やアメリカ人に化けるのは難しいが、頭や鼻の骨格とか違うから。


186 :出土地不明:2006/04/13(木) 20:08:56 ID:tRhPF6/K
★★ 謎の民族カラビトの正体 ★★

古代のカラ半島南部に住み、日本語を話していた謎の民族=カラビト(韓人)とは何者なのか。
『渡来人』とも呼ばれた彼らの正体は、「倭人」である。
カラビトは、カラ地方(韓)に住んでいたことから、韓人=カラビトと呼ばれたわけだが、
彼らが話していた言語は日本語であり、大和言葉の方言である。古代カラ半島には三つの国が存在した。
シラキ、ミマナ、クタラの三国である。これらの国に住んでいたカラビトは、日本にも移住し、
古代日本の繁栄に貢献したが、彼らは倭人(日本人)なのである。
つまり、古代日本に、朝鮮人は移住していない。古代日本に朝鮮人は来なかったのだ。
戦後、朝鮮人は「古代日本には多くの朝鮮人が移住し、日本文化の発展に貢献した」という宣伝を
組織的に展開しているが、これはデタラメなのである。
古代日本に移住したのは、カラ半島に住んでいた倭人=カラビト(韓人)であり、彼らは日本民族
だったのである。
カラビトは、現在の朝鮮半島に住んでいる朝鮮人とは、民族が違うのだ。


187 :出土地不明:2006/04/16(日) 11:22:28 ID:6QfSXP0C
黒水マッカツ→室韋→女真: 粟『金史』
高句麗→高麗→鉄嶺朝鮮人: 粟・軍馬・青銅器『三国志−魏書(魏志)』
新羅「朝鮮南部」_→李朝: 粟(ノビ(奴婢)やハイン(下人)なる庶民)
              麦(ヤンバン(両班)なる貴族・しかも麦粥)

粟・馬・高句麗(いりかすみ=淵蓋蘇文[えんがいそぶん=泉蓋蘇文])
粟・駒・帯方郡(帯方郡王:扶余隆[百済王族の分家(唐の熊津都督の劉仁顔が新羅に約束させる)])
粟・馬・新羅(楽浪郡公:新羅王)→李氏朝鮮まで、粟や「麦飯」「麦粥」。
↓                李朝末期に生まれ育った韓国人がアメリカ兵のパンが平気で食える。
↓                少年のころと晩年が同じ世代で麦食べが違和感ない。
米・騎馬(駒・狛[伯済・くだら])が日本に渡来。
米:熱帯ジャポニカ・日本が品種改良・温帯ジャポニカ → 米:韓国が温帯ジャポニカ

米:熱帯ジャポニカ(江南)
麦飯や麦粥は一般的でない。毎日がパン食である事に馴染めない。


188 :出土地不明:2006/04/16(日) 11:24:18 ID:6QfSXP0C
勿吉(北魏)→
→黒水部マッカツ[女真]・渤海部マッカツ[渤海]・白山部マッカツ[高句麗](唐)
→室韋(遼・契丹)
→完顔部女真[金国太祖アグダ]・海西部女真[扶余](金・女真)
→海西女直[エホナラ西太后]・建州女直[アイシンギョロ満州皇帝](明・後金)
___↓_・_↓
→黒龍江省・吉林省(勿吉)と沿海州(山タン)(後金[太祖ヌルハチ]
                       →満洲[太宗ホンタイジ])

★漢人の半島制服
前漢武帝が半島全土に楽浪郡と北部山間に玄菟郡を置き、郡県支配。遼東郡。
西晋時代の記録、遼東半島の公孫度が楽浪郡を分割し帯方郡を分設、国郡支配。遼東国。
楽浪郡太守劉茂が韓王準を滅ぼす。
        帯方郡太守弓遵(じゅん)が韓王準(じゅん)討伐で戦死。
高句麗とワイを三国志−魏将の毋丘倹が遠征でワイ侯フジ(不而)を服属させる。

★高麗部マッカツ(仮称)★扶余部マッカツ(仮称・帯方郡に扶余族)
高句麗が遼東半島や
 遼河の両岸流域の後燕国(宇文部鮮卑族)を滅ぼし旧楽浪郡の背後の憂いを断つ
高句麗が任那(朝鮮南部)を侵略し 倭人と倭に従う馬韓・弁辰・辰韓を滅ぼす。
高句麗と百済の支配階級が扶余姓名の者と親しくなる。新羅城を倭から解放する。
高句麗が中国歴史書に高麗国という国名で記されるようになる。

★漢人化鮮卑族(北魏の門閥貴族・八柱国?)王朝の半島征服。
隋が高句麗遠征に失敗
 聖徳太子の使いの小野妹子が隋の煬帝に謁見。隋の水軍により琉球が討たれ滅ぶ。
唐が高句麗・百済・新羅に遠征し、新羅討伐に失敗。
 扶余隆(百済王族)を帯方郡王となし、新羅王は楽浪郡公を僭称する。

189 :出土地不明:2006/04/16(日) 11:25:19 ID:6QfSXP0C
★渤海部マッカツの民族大移動
新羅の王族で漢山州泰村王の弓裔が泰封国を名乗り分国すも
 渤海人が大量に南下して来て民族大移動し朝鮮南部に定住。
泰封国(後高句麗)が、松岳(開城)の豪族の
 王建により下克上され摩震国(高麗)となる。

★黒水部マッカツ(黒龍江から松花江の女真族)の民族大移動
女真族刀伊が、渤海人の後に、朝鮮南部(半島東海岸・新羅)に侵攻し定住。
 江原道内陸・漢江流域_:渤海人・王建(東丹国・東契丹・摩震国を滅ぼす。高麗藩)
 江原道海岸・洛東江流域:女真族・刀伊(東真国・東女真)

★蒙古族による半島住民大虐殺
斉国(高麗藩国を滅ぼす、斉国大長公主を王妃に傀儡政権)・東真国を設置。
斉国の南部地元有力土豪の崔・鄭・林・李が
 金国(女真国)高麗藩の藩王を巨済島に流刑にし監禁したり三別抄の乱を起こす。

★朝鮮南部の李成桂が、蒙古王妃と婚姻する藩侯の
      辛昌から禅譲させ、高麗王となる。後世に名づける李朝の太祖。
 蒙古(元国)に近い崔・鄭の一族を滅ぼし、林の一族を家臣とする。
 満州が攻めて来て降伏の際、漢人(明国)に近い林の一族を滅ぼす。
秀吉の朝鮮出兵の頃まで高麗(コレアン)と呼び
南蛮人もコレアン(かうらい)と呼ぶ。

満州が「衛満朝鮮(真蕃朝鮮胡国・高句麗の末裔)」で
高麗が「箕子朝鮮(朝鮮国也・明国のような漢人の末裔)」と同じ朝鮮だとして
満州皇帝へ中国人に反発するよう、北魏王朝鮮卑族時代の漢化政策の反動を説き
歴史改ざん「正史の文字の獄」をすすめ昔話を正史に仕込ませ広める。

190 :出土地不明:2006/04/16(日) 11:26:21 ID:6QfSXP0C
前漢時代:遼東郡 → 西晋時代:遼東国(正史の本文)
前漢時代:朝鮮県 → 隋唐時代:【朝鮮国也】(注釈の文)
 隋唐に国郡制があったと推定し あるいは「馬韓朝鮮国」を推定で設定
渤海郡王→大祚栄(渤海王)
帯方郡王→扶余隆(百済王)

楽浪郡公→新羅王(一族に弓裔)
親王→朝鮮国王(太宗=王弟)

郡王→琉球国王(豊尚王)
楽浪郡と遼東国(遼東郡の地元有力者・公孫度)が勝手に新設した帯方郡と東夷


高麗(高句麗は、歴史記録で国名が高麗国)・任那(新羅城を含む)
 ↓
唐>渤海郡王の渤海王・唐>帯方郡王の扶余王・唐>楽浪郡公の新羅王
 ↓
遼(契丹主)>東丹国(渤海郡+帯方郡(泰封国→摩震国))
金(女真族)>高麗藩国(北扶余・新羅)・金(女真族)>斉国(南扶余[南百済])
 ↓
元(蒙古族)>斉国(西高句麗+扶余)・元(蒙古族)>東真国(東高句麗+新羅)
明>高麗王(前期李氏朝鮮・辛昌から王位を禅譲させ
 ↓      李成桂が自ら「高麗王」と名乗る。
 ↓     「かうらいビト」と南蛮人も秀吉の足軽の戦国時代日本人も呼ぶ)
清>朝鮮国王(後期李氏朝鮮・
         三田渡受降壇にて清国ホンタイジ[太宗]に降伏・
         満州が任命する「朝鮮国王」を拝受
         満州が編集する「明史」に記録。)

191 :出土地不明:2006/04/16(日) 11:51:52 ID:6QfSXP0C
前漢時代:遼東郡 → 西晋時代:遼東国(正史の本文)
前漢時代:朝鮮県 → 隋唐時代:【朝鮮国也】(注釈の文)

渤海郡王 大祚栄(渤海王)
帯方郡王 扶余隆(百済王)

楽浪郡公 新羅王
 泰封国  弓裔(泰村王)。韓国教科書や早稲田大学の鄭教授の紹介。
 摩震国  知られていない。韓国教科書や早稲田大学の鄭教授の紹介。
 斉国   モンゴル名の王(中国史に書かれている)・李朝や韓国には載ってない。
 高麗藩王 辛昌
高麗国王 李成桂(李朝太祖)
朝鮮国王 王弟(李朝太宗)

新羅王が、弓氏(弓裔・泰村王)・金氏(金春秋?)
高麗王が、辛氏(辛昌・・・・)・李氏(李成桂)
一つの国が、一つの王家として連続していたと、捉えていない。

昔氏(新羅王家)
亡氏・今氏・奴氏(高麗の地元土豪[大田で百済の熊津・安東で新羅・忠州で帯方郡])
など、歴史の後知恵で後世に創ったとしか思えない。

忠州は林慶業という将軍が出たところ。奴氏から奴隷階級だの奴婢階級の出身で
李という奥さん(夫人)を貰って
朝鮮の漢字文化と中国文化の為に明国とともに満州に逆らって死んだという話。

金春秋という人名など
「春秋」戦国時代や「春秋」左伝というように「歴史=春秋」と言う意味。


192 :出土地不明:2006/04/16(日) 12:18:19 ID:6QfSXP0C
日本の大部分が
 征夷大将軍(警察軍隊)・土蔵(高利貸し金融暴力団→楽市楽座)による支配。

奈良時代
 征夷大将軍(坂上田村麻呂)・地元有力者(嶋道・牡鹿[石巻・女川など])
平安時代・鎌倉時代
 鎮守府将軍(源義家[陸奥国司(多賀城・仙台の東隣)]・平泉奥州藤原[家来の証言])
 征夷大将軍(源頼朝[鎌倉幕府・平泉の奥州総奉行に葛西氏]・執権に北条氏)
室町時代
 征夷大将軍(足利尊氏・足利義満[日本国王の源義道・勘合貿易]など足利一門)
安土桃山時代
 天下ビト(織田信長・豊臣秀吉[日本国王の平秀吉・朱印状貿易])検地・荘園廃止
江戸時代
 征夷大将軍(徳川家康など徳川一門)・幕藩体制
明治大正昭和初期
 藩閥政治・自由民権運動・大正デモクラシー・治安維持法による軍国日本
昭和終戦後
 アメリカ軍占領改革による戦後議会政治と民主警察・創価在日主導による行政改革

★東北の人間は、関東人が土着した場合が多い。
奈良時代の東北の入植者(律令制度の「関東」農民)
平安時代の東北の移住者(令外の官による「関西」貴族の流刑者・「関東」侍や家人)
鎌倉時代の東北の入植者(「関東」の鎌倉御家人と家人)
室町時代の東北の入植者(宮方武将の「東海」の赴任者と家人・公方武将の「関東」武士)
戦国−江戸時代の入植者(秀吉の「西国大名」や「幕府」から東北大名に出仕)
明治時代から後の四民平等の移住
昭和初期から後の朝鮮人の帰国拒否

関西弁を喋ったり、関西人だと知られれば、
流刑者かヤクザと見られ嫌がられる。朝鮮人は完全に嫌われる。
関西の在日朝鮮人とか帰化人だと完全にOUT、ぎっちょというやつ。
あと子々孫々7代目までハングル使わず
東北弁で日本式衣食住に年中行事や通過儀礼の生活だけして
朝鮮色を完全に排除しても 受け入れられる可能性は ほぼゼロに近い。


193 :出土地不明:2006/04/16(日) 13:06:31 ID:7NYrx4io
ウィキペディアの『百済史年表』の記事に、百済の言葉として
日本語が出てくる。

【後期‐泗?時代】
(中略・・・)

657年 百済、王の庶子41人を佐平の官に任命 ←佐平の官。塞の神(さへのカミ)と同じサヘ。

660年 唐・新羅連合軍、百済を滅ぼす
663年 倭国の百済救援軍、白村江で唐軍に大敗

「佐平」は塞(さへ)と同じ意味だろう。守護・防衛を意味する日本語の古語だろ。
◆サエギル=塞きる=防ぐ=防衛

■百済史年表
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BE%E6%B8%88%E5%8F%B2%E5%B9%B4%E8%A1%A8

やはり、百済人は日本民族だったようだ。


194 :出土地不明:2006/04/19(水) 14:03:24 ID:7aw5fqLj
黄河の麦・粟の文化での土器と石造りの靴と土間形式の文化と
江南の水稲作の文化の土器や漆塗り木製の器に床板畳に高床式の生活では
文化圏が違うと思います。

土足生活でも、畳生活でも、机はあります。畳文化は椅子が無いのです。
野外のアウトドアですと
戦国時代の野外の合戦での陣立てのように折りたたみ椅子は存在します。

このように器具や道具に建物に小物一つとっても
必要とする物と。必要でないので伝わらないものがあります。
宦官の制度と試し腹の文化に風水の多くは、楽浪郡や遣唐使以前でも存在したのに
日本に伝わらなかったというか
情報は伝わっても、制度や習慣として実施しないし伝承しないのです。
風水は、藤原不比ト(檀山神社?)と弘法大師(高野山)と
    武田信玄(?)と徳川家康(静岡久能山・日光東照宮)しか
なかったと言います。
星にまつわる話・星座や御伽噺もスバルと北斗に北辰(北極星)ぐらいで
妙見菩薩(北斗妙見・北辰妙見・花園妙見・稲荷の妙見)は
熊本地域の亀蛇船に亀甲萬と
千葉の日蓮宗と平将門にまつわる関東の旧跡と
東北の円仁にまつわる天台宗ぐらいしか伝承されていません。

このようにキリシタンや日蓮宗弾圧で、全国一辺倒の絶滅策が一時期に起ると
かつてあっても消滅したが為に伝わってないようにみえる場合が起るのです。


195 :出土地不明:2006/04/19(水) 14:04:03 ID:7aw5fqLj
無条件で日本に移住する権利を与えるべきだと考えています。
(これは、小子化に伴う日本の生産人口縮小を少しでも食い止めることにもなるでしょう。)
韓国女性の流入であって在日男性を自由に韓国に帰国させる
無条件で韓国に移住する権利を与えるべきだと考えています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
朝鮮人総連合会は極端な女卑の世界だと言います。
在日が日本の文化が流入する李氏朝鮮の世界を知らない限り
朝鮮人総連合会は日本刀や剣道や茶道に線香仏教の文化を
韓国に持ち込む限り「日本人」とみなされるのは当然でしょう。
彼等は血筋にこだわりますが、特に朝鮮人の男性の血筋をこだわりますが
韓国人は日本文化を韓国起源だという、日本文化の持込を激しく嫌って言います。
排斥で日本女性として在日朝鮮人女性をダルマ殺しにし被害ビデオを売るのはその排斥の残虐な一面です。

創価学会や統一協会にカトリック教会や日本キリスト教団由来のプロテスタント教会
大韓法華宗と曹渓宗(韓国禅宗)という
””韓国にもともとは無い””宗教を持ち込んだ事に激しい憎しみがあります。

新羅の華厳経・高麗の巫檀(ムーダン)
李氏朝鮮の性理説による礼学(孝経・小学)や譜学(族譜と風水土葬)の儒教
が韓国の独自や起源を主張する根本であり 在日朝鮮人の劣等感を
韓国に持ち込んで日本の文化は韓国が発生源を教獄・邪獄(教案事件・仇教運動・
キリシタン禁制のような排斥絶滅政策)をもって厳しく焚書坑儒します。


196 :出土地不明:2006/04/26(水) 13:55:06 ID:A8o4oEa9
「佐平」は塞(さへ)と同じ意味だろう。守護・防衛を意味する日本語の古語だろ。
◆サエギル=塞きる=防ぐ=防衛

→ 大分の佐伯(さえき)でしょうサエギルの意味の苗字は。
佐藤も宮崎・大分に多いそうだけど。佐の字を使うから全て同根とも言えない。
佐渡の守の藤原というのが佐渡流佐藤氏だそうです。
福島飯坂の佐藤(大庄司・秩父・米沢長井)や
下野佐野の佐藤(俵藤太の藤原)や
鎌倉御家人の相模の左衛門の左藤ではないとの事です。

佐渡は沙都と同じ「ソト」を意味して周辺とか国境の外ほどの意味だが
巨済島はソトの島(沙都の島)で佐渡島と同じく流刑地であったという。
高麗のある王が女真族との戦争で鄭などの高麗武臣一族に幽閉された所というのです。

日本から見てもソトで、高麗からもソトという中間的位置に有ったようだ。

源平合戦の壇の浦合戦以降に源義経の家来の
佐藤継信・忠信の子孫だという九州の佐藤移住「伝説」とか「物語」で
江戸期の多分、作り話です。偽家系図が流行って偽自慢の時代だったようです。
鎌倉御家人で一番古い家の守護代が薩摩の守で
上のクラスは島津家である事から其の家来の分際だと
下手に出て佐藤の名が侍で下士身分では妥当という考えがあったようです。


197 :出土地不明:2006/04/26(水) 14:22:06 ID:tCFQZ/Js
朝鮮人の厄介なところは、自分達を指し示す言葉が、一定でないという事。

ある時は辰といって秦と同じといい。
秦はチンで金(チン国)で清(チン国)で真(チン蕃朝鮮)と同じ
というコジツケ説明で
辰韓(チンハン)は古辰国(フチンゴック)で、前秦に朝貢したが、
古き辰(フちん)は秦(チン)の始皇帝の子孫だ摩り替えて説明で創り
さらに箕子朝鮮まで捏造が遡り、箕子の対抗馬に真蕃(本当に[真]野蛮[蕃])で
真(チン)というんだ。とか
外国人(満州の北方諸民族:鮮卑とか契丹・女真・蒙古・満州・ロシア)に
自己紹介で説明するんです。

それで金(チン)が由緒正しく思えて、キムという名が多いようです。
さらに女真や其の子孫の満州が強かった時代が長かったので中国人より
満州人起源を作って自己紹介し、金国もしかも由緒正しい王族や皇帝一族の
出身地の海西女真(へそジュルチン)でヘソは中心だし、西太后のエホナラで
アイシンギョロ(愛親覚羅)の満州皇帝より、完顔部女真の金国の皇帝一族の
ワンヤン(完顔)の子孫でヘソは偉く元は扶余の地で、扶余は百済の王族の氏名で
エホナラはヘソの中のヘソだか海西という名を自慢話に使う傾向があるんですよ。

其のチン(金)の対抗がキョン(慶)の慶州(キョンジュ)で
ジュルチンより前に契丹(きたい)が支配していて
キタイとトルコと闘った唐の節度使は安禄山で大燕皇帝で、
遡る昔の燕で偉い人で、其の偉い人の出身の
キタイとトルコの中間のケイ族の慶州の出身という事で。
新羅の都が金城(チン[漢語]そん[韓語])が元の名だが
真聖(チンそん)女王で新羅末期はヤバイので慶州としたんですよ。

チンが女真発生源で偉い理由だと、キョンは燕発生源で偉い理由なんですよ。
明の燕王で王弟だった太宗が、高麗王の李朝の王弟の太宗を王に任命した。
清の太宗が、朝鮮国王に任命した。
満州は女真が先祖で女真は高麗(高句麗)に支配され、高麗は真蕃朝鮮胡国で
その真蕃は衛満で燕人だから。というものです。
高句麗は後燕国という遼東半島から遼河の下流域を支配した鮮卑族の国でしたが
その鮮卑を滅ぼしたので卑しくなくて偉大な鮮人だから朝鮮だとか変な自慢なんです。
燕人や燕国より偉く文化だとか勘違いする連中なんですよ。

王弟・太宗・燕・チン(金)・キョン(慶・京)に、こだわる連中なんです。あと
邑(村・邑婁)・婁(楼・楼閣将軍)・
勒(弥勒・鉄勒[ウイグル])と姓(三姓・九姓[ウイグル])・
チョル(鉄[鉄勒]・哲])に、こだわる。チョル得意ですよ。


198 :出土地不明:2006/04/26(水) 14:32:22 ID:tCFQZ/Js
>朝鮮人の厄介なところは、自分達を指し示す言葉が、一定でないという事。

朝鮮・高麗(高句麗)・韓(馬韓・狛・駒)・辰(秦・真)ですね。
全部いわれは違うんですが。

あといちばん有名で得意なのはチョン!ですよチョン。。。
差別語になっちゃっているが、チョン得意です。

全はチョン、全州(チョンじゅ)。
鄭もチョン、鄭泰和(チョンてファ)。
清もチョン、忠清道(ちゅんチョンど)。
「ドウいたしまして」は、チョンマネヨ。
鍋物は、チョンゴル。
一人もんは、チョンガー。
チョン得意です。


199 :出土地不明:2006/04/26(水) 14:45:04 ID:tCFQZ/Js
2番手って得意ですよ。好きな人たちですよ。
中国様も両鬼子(リャンクイズ・2番野郎)って言ってますし、お墨付きですよ。

王弟(2番目以下の兄弟):
  金国に降伏した後に即位した王様・李朝の太宗・任那の倭王武

太宗(2代目の場合が多い):
  唐の太宗(李世民)の高麗百済討伐・
  明の太宗(朱隷?)が燕王で王弟から靖康の変で北京に移し李朝の王を任命
  清の太宗(ホンタイジ)が仁祖王を朝鮮国王に任命

2番目大好きですよ。得意。まじ嫌になってくる。そーゆーの狐とか言うよね。
虎の威を借る狐の事です。狐とか稲荷とか得意です。


200 :出土地不明:2006/04/26(水) 20:38:28 ID:EMtywopG
韓国人の先祖は、韓人(からびと)ではない。
韓人は倭人だった。つまり、日本人の同族だ。韓人は日本語を話していた。
韓人とは、任那人=百済人、そして志良岐人のことである。
彼らは日本語を話していた。
古代のカラ半島東北部に住んでいたワイ人こそが、韓国人の先祖なのだ。
ワイ人が話していたワイ語が、現在の韓国語の元になったのである。

だから、日本語と韓国語はぜんぜん違う言語なのだ。
ワイ人が志良岐を乗っ取って建国したのが新羅。
建国者の金奈勿は、新羅が高句麗の属国してた頃に新羅の北方のワイ郷から、
さらに多くのワイ人を呼んで、新羅に移住させた。
相対的に新羅先住民だった倭人の人口比率は下がっていき、ワイ人が多数派となった。
こうして、新羅(元は志良岐=シラキ)はワイ化が進んでいった。
5世紀初めには、完全なワイ人国家になってしまった。



201 :出土地不明:2006/04/27(木) 11:39:17 ID:pDeUXvC7
________________弱水(海西女直?完顔部女真?室韋?黒水部靺鞨?黒龍江?)
宇文部鮮卑__慕容部鮮卑____夫餘___夫餘は穢王之印__邑婁__邑婁__大海
後燕國_満洲鐵嶺_鮮卑_玄菟郡_夫餘___夫餘__?白山部_東沃沮_北沃沮(溝婁)韃靼?
小水貊_遼陽縣_鮮卑__夫餘__高句驪縣_沃沮___夫餘__上殷台縣_下殷?渤海郡?
遼東郡西安平縣_句驪__華麗縣_句驪___蓋馬大山_東沃沮_沃沮城(玄菟故府)粟末部?
大水__句驪__句驪__句驪__句驪___西蓋馬縣_東沃沮(燕亡人の衛満朝鮮が東沃沮王)
燕王宮_朝鮮縣_穢___東穢__貊_樂浪郡沃沮諸縣_穢貊__東沃沮_東沃沮_大海
____樂浪郡_列口縣_穢___歳貊___沃沮___不而縣で不而城_南沃沮
登州______樂浪郡_穢___単単大山_穢____穢侯不而____海(?=穢=ワイ)
海___海___含資縣_穢貊__帶方縣__穢貊___大海
州胡__海__西は馬韓_辰韓は東で八國が楽浪郡で古の辰國__大海(海へ入る韓王準)
____海西__馬韓__韓東界_弁辰と辰韓が混在__海(韓は東西を海で限る)
海越え2郡定む_帶方郡_諸韓國_涜廬國__提奚縣__帶方郡海冥縣
句呉__海___新南縣_狗邪國_倭人と南で接する__海
越州__________大海(帯方郡の東南の大海)
________________倭國(倭人だけの國)
________________倭奴國(倭國の南の極み)


202 :出土地不明:2006/04/28(金) 19:50:56 ID:IPA7tvbD
 舊唐書−東夷傳−百濟条(旧唐書−百済伝)
時百濟本地荒毀 漸爲新羅所據 隆竟不敢還舊國而率。
 其孫敬 則天朝襲封帯方郡王 授衛尉卿。
 其地自此爲新羅及渤海靺鞨所分 百濟之種遂絶。

時に百濟の本地は荒毀せし 漸らく新羅の所據と爲り
 隆は竟すも敢えて舊國に還ら不 而して率す。
 其の孫の敬、則天の朝より帯方郡王を襲封せられ、衛尉卿を授りたり。
 其の地は此れ自り新羅及渤海靺鞨の所分と爲り 百濟之種は遂に絶すと。

この時代に百濟の本土は荒廃し しばらくは新羅の所有する処となった
 渤海靺鞨の夫餘隆は〔?されるも〕あえて旧百済国に帰還せず
 そうこうしているうちに亡くなってしまった。
 その孫の夫餘敬は 則天武后の唐王朝の時代に
 帯方郡王を襲名して王号を封せられ 衛尉卿を授った。
 その帯方郡王の領地としての百済地方は
 これより新羅の人質であった渤海地方靺鞨族の夫餘敬の所有する分となり
 百濟の種族(民族)は ついに絶滅(滅亡)した。

http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=history&vi=1096529797&rs=3&re=20&fi=no
http://www.tokyo-jimin.jp/bbs/forum.php?proc=ThreadView&thread_no=1003&pointer=1&log=present&cnt_flag=true


203 :出土地不明:2006/05/02(火) 06:31:14 ID:KKmsm8V1
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1121067183/604-610

北庭_匈奴_________鮮卑___靺鞨扶餘___邑婁(沿海州・渤海靺鞨)
__________烏丸_柳城営州平盧_玄菟_貊(渤海靺鞨)
朔方_雲中__上谷_薊_右北平_遼西_遼東郡(渤海靺鞨)
_____代_趙_燕_漁陽幽州范陽−↓−樂浪郡(渤海靺鞨)_蓋馬大山_東扶餘
____晋陽太原___渤海−−−−−↓−朝鮮縣(渤海靺鞨)
河西__魏_隋_唐_邯鄲__東莱_登州−−(帯方郡王・靺鞨扶餘氏)_単単大山_穢
__秦__安邑河東___斉__琅邪−↑−−−長岑縣_屯有縣
隴右_長安__洛陽_陳__沛__−−↓←寧海軍使←←新羅國(楽浪郡王・奚林州刺史・金氏)
__蜀_漢_南陽__汝南_合肥_楚州城準淮南節度使−−−−倭_和泉_大漢國(蝦夷國)
剣南成都_巴東___江夏(武昌)建業(南京・呉)−−−倭奴國(隼人・熊襲・阿蘇)
___巴___南郡_赤壁__九江__会稽(越)
__________長沙___江南_天台山−−−−洲夷(琉球・沖縄)
__________零陵____建安(福建)
________桂林_____泉州(唐泉?)−琉求(台湾・小琉球)
__________蒼梧__南海嶺南(広州)
(ハノイ)交趾__合浦
___九真−−−−−珠崖(海南島)
____
_____
____日南(ユエ)
____林邑(占城)
__扶南(クメール・サイゴン)


204 :出土地不明:2006/05/11(木) 20:05:41 ID:WubTyBKF
>>196
佐伯って、塞木(サエキ)の意味でしょ。

つまり防風林。




205 :出土地不明:2006/05/11(木) 20:11:01 ID:TXQh3nyY
佐伯は大和政権の中枢に近い軍人でしょう。
人偏をとると左の白つまり白を信仰している
渡来系氏族の一種だろう

206 :出土地不明:2006/05/11(木) 20:11:46 ID:TXQh3nyY
さえきだけではなく漢字の意味も考えてほしい

207 :出土地不明:2006/05/11(木) 21:47:08 ID:DjqWwvQa
韓国古代史歴史地図
http://post.baidu.com/f?kz=99204596



208 :出土地不明:2006/05/11(木) 23:54:56 ID:iR68MVco
その地図の壮大な妄想と労力に笑える。
にしても新羅と出雲が繋がってる風にしてある
地図に少なからず関心、歓心、感心

209 :出土地不明:2006/05/16(火) 20:21:47 ID:XfYZbsZH
★★ 朝鮮民族の先祖はワイ族だった!! ★★

最近、韓国人が宣伝している歴史観は、韓国人=フヨ人説に基づいた『騎馬民族征服論』である。
満州地方に住んでいたフヨ(扶余)民族が、朝鮮半島に侵入し、半島南部に新羅や百済を建国し、
さらに対馬海峡を渡って日本列島の先住民(日本人)を征服して、古代ヤマトを建国したという説。
『2ちゃんねる』の日本史板や考古学板を中心に、この説を宣伝している。
もちろん、すべてデタラメであるが。
朝鮮人はフヨ人ではない。フヨ人の子孫でもない。フヨ人に征服された民族が、朝鮮人である。
高句麗およびその後継国=渤海国はフヨ人の国である。また918年に建国された高麗もフヨ人の国である。
そして、フヨ人とは満州民族であって、朝鮮民族ではないのである。
朝鮮人は、韓人(カラビト=倭人)でもない。
朝鮮民族の先祖として、もっとも可能性が高いのは、穢(ワイ)族である。
このワイ族は、現在の韓国の江原道地方(ソウルの東方地域)に住んでいた少数部族であるが、
高句麗が楽浪郡=帯方郡を滅ぼした313〜314年頃に南下して、日本領=シラキに移住した。
後に、高句麗と手を組んで稲飯命の子孫である志良岐王族を虐殺し、王権を簒奪して志良岐を
乗っ取った金奈勿(キン・ナブツ)も、ワイ族であった。
おもしろいのは、韓国の歴史学者や政治家たちは、朝鮮民族の先祖について語るとき、フヨ人や韓人に
ついては積極的に語るが、このワイ族については語ろうとしないことである。
おそらく、韓国朝鮮人は、自分たちの先祖がワイ族であることに、うすうす気づいているのだろう。
ワイ族のワイ(穢)には、「汚い」「ケガレている」という意味がある。
このような名前の部族が朝鮮民族の先祖だとは、認めたくないのだろう。
彼らは、楽浪=帯方郡を支配していた中国人から、そのように名付けられた部族なのである。
朝鮮民族は、けしてフヨ人ではないのである。
もちろん、倭人=日本人でもない。

ウィキぺディアなどで、朝鮮人の工作員が、
「ワイ族は扶余族だ。ワイ族が改名して扶余族になった。高句麗人も百済人も、
 みんなワイ族だ!日本人もワイ族だ!」
と、宣伝しているが、大ウソなので、騙されないように。


210 :出土地不明:2006/05/18(木) 13:10:15 ID:E1HOGCsB
『隋書』百濟
之先、出自高麗國。
初以百家濟海、
因號百濟。

『隋書』にいう。百済の項目。
之(これ)の先祖は 高句麗(高麗國)より出ている(出自)。
初め百(ひゃく)の家族が、海を渡って(済って)きたことを以ってという。
因(よ)って百済と号(ごう)した。

(それが理由で、省略して「百済」を名乗った。)


211 :出土地不明:2006/05/18(木) 13:45:32 ID:t6Vu4jN5
三国志魏明帝(曹叡)の時
 楽浪郡太守劉茂が 韓族と臣智(韓の酋長)を滅ぼす。
 遠征の魏将の毋丘儉が 高句麗征伐の途上で ワイ侯フジ(不而)を従わせる。
 ワイ族の伝説: 箕子の子孫40世代に準という人物がいる。
         ヨクソの衛満王から逃げて、朝鮮侯から朝鮮王と僭称した。
 ヨクソ族の伝説: 前漢武帝の時代に
          燕亡人衛満王朝鮮の孫の右渠が討伐された。
 扶余族の伝説: 酋長が死ぬと道連れ生き埋めの殉死の供養葬礼があった。
         夜昼と歌声が絶えず不気味な民族。
         なぜか「ワイ王の印」と言うものを持っていた。
 高句麗族の伝説: 句麗と呼ぶ民は小水でバク弓を使って生活しているので
          小水バクと彼らを呼びもした。それゆえバク族である。
          匈奴を討つのに前漢と後漢の間の時代の
          王莽の呼びかけに応じず塞(僻地・山間地)に逃げた。塞を討伐し
          高句麗王と王を僭称した酋長を討ち、首を上げた。王莽は
          下句麗侯と呼んだ。

西晋武帝(司馬炎)の時に 馬韓王が来なくなり、三韓の名も聞かなくなった。

・・・南北朝時代に入る・・・

>>210 『隋書』
>之(これ)の先祖は 高句麗(高麗國)より出ている(出自)。

▲北朝の後魏(北魏)孝文帝の半島遠征軍を大破し百済の滅亡を救ったのは
 「沙氏・解氏・木氏・賛氏」で ほか4姓名を加え、百済の大姓八族といわれた。
▲白村江の戦いの以前の連年は戦争続きで、連合を組んで、新羅を攻めていた。
 高麗(高句麗太子・福信【暗殺を百済の僧が画策し成功・倭の人質だったという説】)・
 百済(大姓八族の沙相如【戦死・倭の人質から帰った王の豊を高句麗に亡命させる】)・
 マッカツ(マッカツ扶余氏=渤海マッカツ人=虜義慈【毒殺を唐がした疑い・子を即位させる】)・
 辰歯(黒歯常之?【降伏し唐が安堵する】)
の4カ国である。

百済は、高麗國(高句麗)の分派。
新羅は、百済の分派。

>>161 『通典』
>魏の将軍で毋丘儉が討ったとき王が元百濟人で海より逃げた国が新羅で新羅王になる。
>梁の武帝の普通二年に王の姓は慕で名を秦といい百濟に従って献じてきた。


212 :出土地不明:2006/05/20(土) 18:09:05 ID:Ovq1zKcP
何で当時の中国の主流だった「灰釉陶や印文硬陶(遣唐使の奈良以降)」が
伝わ「ると思えない」ね? 
中国人がいた匈奴とか西域や雲南ビルマ印度ルートにも無いと思うが。。。

最低でも何で粗悪な「あかい陶(素焼き)があるんじゃろう・
黒い重い土器の焼き物とかなん」かね? 文化圏が「朝鮮とも違う」みたい。

何「というか」漢字の前身である「金文(ローマ貨幣)」「石文(顔家廟碑文?)」
「は貴族や西域の文化で」伝わ「るはずはない」ね?
倭国とは、紙で書いて「表」「上奏」しか普通しないから。

何で青銅「鐸(たく)」などの金属「器」くらい伝わって「なかった」かね?
「古墳」時代かもしれないが「鉄器」で枝の出た刀など朝鮮にあったのかね?

何で木製「鋤(すき)」のような便利な良いものが伝わっていないのかね?
車輪って遣唐使以降の牛車などでしょうか?伝わったのって?古墳時代?

何で当時の「渤海」で主流だった土とん墓が主流に「なっただろう」かね?

何で「古墳」文化は紅陶文化と支石墓文化「だろうか」?

これらは当時の「渤海」から
「黒龍江」にかけての「弥生−古墳の両」文化「じゃない」ですよ。


213 :出土地不明:2006/05/24(水) 01:09:20 ID:bmAr+7Ok
 じゃあ嘘つき歴史学者は指名手配かけますのでお怒り
収めてください。どうせ吉備もんですから。

214 :出土地不明:2006/05/24(水) 15:26:35 ID:qkO+Habf
− 東北(奈良時代の蝦夷) −

真珠湾攻撃  東条英機(岩手)★アメリカ
開戦時海軍_ 米内光政(岩手)★アメリカ
朝鮮総督2期 斎藤実(岩手)★朝鮮
平民宰相__ 原敬(岩手)
農学者___ 宮沢賢治(岩手)
江戸開国学者 高野長英(岩手)
江戸防衛学者 林子平(宮城)
英語学校経済 高橋是清(宮城・東京)★アメリカ
ギリシア文学 土井晩翠(宮城)
袁世凱教師_ 吉野作蔵(宮城)★中国
医学者___ 野口英世(福島)★アメリカ・エクアドル・アフリカ
関東軍参謀_ 石原莞爾(山形)★満州

− 東北(奈良時代の蝦夷) −

215 :出土地不明:2006/05/24(水) 15:52:09 ID:qkO+Habf
 魏は、曹魏(三国志)と後魏(北魏・魏晋南北朝の北朝)
 秦は「前秦」と前漢武帝の前の秦の始皇帝の「秦」
鮮卑族(胡族・北方異民族)宇文部鮮卑族の「後燕」であって「燕亡命人」の衛満王ではない。
拓跋部鮮卑族の北魏は雲崗石窟など仏教美術を開花させた。洛陽には南朝の梁武帝と
頓智問答(520年)をして北に去った南印度から来た達磨大師が禅宗を広めていた。
510年に周興嗣がイロハ歌のような漢字千個の「千字文」を作詞。
崇山少林寺13僧侶の唐太宗李世民の国家創業を助ける話に繋がる。洛陽の禅宗は
蒙古王朝(元代)から曹洞宗系統の寺が主流になっていったという。
大運河を作ったが高句麗遠征失敗した隋の煬帝(ようだい)は宇文氏に暗殺される。
つまり、まだまだ漢化政策は反動があって鮮卑族の武力や智謀は捨てたものでない。
隋の煬帝(ようだい)は聖徳太子が使わした小野妹子に会っている。暗殺は当然その後の話。
小徳阿輩台(小D阿人・シャオどんアぴト・チビの弟[D]で
まだ子供[阿人・小人・王子・太子]の意味。隋書の倭伝でバカにした紹介をしているのである。)
魏に朝貢といっても、胡族の鮮卑に朝貢。三国志魏王の曹操孟徳(漢人)は後世の三国志演義の影響。
 明代「元史」・高麗王の時代_:王の李氏____(前期李朝)→前期李氏朝鮮国 3年1朝貢
 清代「明史」・朝鮮国王の時代:朝鮮国の李氏は王(後期李朝)→後期李氏朝鮮国 1年4朝貢
唐→→高句麗←渤海マッカツ(唐の別働隊・渤海兵)
____↑_唐の別働隊・新羅兵・唐に兵隊を供出。
___百済(唐の手先、渤海マッカツ兵の占領下)→新羅(唐に人質で裏切れない)
____↑_唐の命令。新羅が高句麗に寝返ったら人質の新羅王子をマッカツ兵が殺す。
___倭国(水軍の敗戦直後で、すぐに高句麗の救援に船の大群を作っては動けない)
『舊唐書』東夷傳−新羅条  鴻臚寺奏:新羅國告哀、質子及年滿合 歸國學生等 共一百五人、並放還。
 お寺からの天子様へのお願い: 新羅が哀願して告げてきまするに 人質の王子および年期が満了の
放還藩、賜物遣之 藩に還えらしめんと放つ・・・
『通典』百濟条 其舊地没 於新羅靺鞨夫餘氏 君長遂 絶。
→新羅と靺鞨夫餘氏に於いて その〔百濟の〕旧地は没収のこと〔百濟の大姓八族の〕君長は遂に 絶滅せり。


216 :出土地不明:2006/05/24(水) 16:04:23 ID:qkO+Habf
ヨクソ(衛満王)にワイ(朝鮮侯の準→箕子40余世代後)が従がっていた。
 ↓
前漢武帝が東夷を征伐し、楽浪郡と玄菟郡など郡県を設置する。衛満の孫の右渠を討つ。
 ↓
高句麗が馬韓を従がえて「三国志の魏」や「西晋」に朝貢してきた。
 ↓ 三国志魏明帝ごろの遠征した将軍の母丘倹の兵に降参し、ワイ侯フジが従がう。
 ↓ 三国志魏明帝ごろの楽浪郡太守劉茂と帯方郡太守の2郡漢人兵が古代の韓を滅亡させる。
 ↓
高麗国(高句麗)
 ↓から百済が出てきた(之先 出自高麗国:これ先[祖] 高麗国より出[現])。
 ↓
北朝
「前秦」符堅に百済(馬韓だったし)と新羅(辰韓は秦韓かも。と自己紹介)が朝貢してきた。
 ↓
高麗国は遼東半島と遼河を支配した「宇文部・鮮卑族」の「後燕国」を滅ぼし覇を張る。
 ↓
百済(朝鮮侯準のワイ王の印を持つプヨなので王を僭称とならない、プヨは尉仇台が王)
 ↓に新羅(燕人衛満に追われ韓王準が海を渡って逃げて来た)が従がっていた。
 ↓
百済(仇台の廟を持つ)の名は略称で、百家済海(百の家をしたがえ、海を渡ってきた)という説明。
 ↓
北朝は「拓跋部・鮮卑族」が建国した
後魏(北魏)孝文帝の遠征軍を大破し百済の滅亡を防ぐ。百済の大姓八族(沙氏)。
 ↓
白村江(白江口・現在の錦江の河口)の戦いの前の百済豪族の反乱指導者(沙 相如)
百済王族はプヨではなく尉仇台からみて 尉氏(イ氏→読み同じ、李氏[イ氏])だが
この頃は宋書・梁書・隋書などから 余氏(イオ氏)となっていた。プヨ名は唐の書物から。


217 :出土地不明:2006/05/24(水) 16:04:58 ID:qkO+Habf
半島は、山間地が原住民。平野部が中国人と、後の歴史で流入してきた

高句麗(バク弓を持つバク族・別名がクリ族)の分派の「扶余(百済)」とか
百済の分派の「新羅」という事になっている。

ヨクソ(燕亡人衛満王朝鮮)
 ↓ =高句麗(バク・クリ)
 ↓
ワイ(朝鮮侯準・朝鮮王准(じゅん)は淮(わい))
 ↓ =百済(久多良[和]・
 ↓    扶余[漢]→ワイ王の印を持つ、なぜかプヨ王の印ではないプヨ族なのに・
 ↓    しかもワイ侯フジ(不而)は、扶余族ではない別種のワイ族である・
 ↓       ワイの北隣接はヨクソ・南隣接は辰韓なので明らかに別種族
 ↓    日本はコマ(駒)と呼び騎馬を日本に渡来させた事になっている[戦後の学説]
 ↓    高句麗・高麗・狛犬をコマとしたり、海の向こうとしてカラ・韓・唐と呼んだ)
 ↓
辰韓(韓王準)
  =新羅(志良岐)

これは実は、朝貢で見かけた順番

▲北朝の後魏(北魏)孝文帝の半島遠征軍を大破し百済の滅亡を救ったのは
 「沙氏・解氏・木氏・賛氏」で ほか4姓名を加え、百済の大姓八族といわれた。
▲白村江の戦いの以前の連年は戦争続きで、連合を組んで、新羅を攻めていた。
 高麗(高句麗太子・福信【暗殺を百済の僧が画策し成功・倭の人質だったという説】)・
 百済(大姓八族の沙相如【戦死・倭の人質から帰った王の豊を高句麗に亡命させる】)・
 マッカツ(マッカツ扶余氏=渤海マッカツ人=虜義慈【毒殺を唐がした疑い・子を即位させる】)・
 辰歯(黒歯常之?【降伏し唐が安堵する】)
の4カ国である。

百済は、高麗國(高句麗)の分派。新羅は、百済の分派。

『通典』
>魏の将軍で毋丘儉が討ったとき王が元百濟人で海より逃げた国が新羅で新羅王になる。
>梁の武帝の普通二年に王の姓は慕で名を秦といい百濟に従って献じてきた。


218 :出土地不明:2006/05/24(水) 16:06:09 ID:qkO+Habf
勿吉=靺鞨7大部族: 黒水・安車骨・伯咄・拂涅・號室・粟末(渤海)・白山

__________黒水部(女真)
_____安車骨部_
__________伯咄部__拂涅部__號室部
__________粟末部(渤海國『渤海郡王』靺鞨7部族)
遼河_海_高麗國__渤海靺鞨_白山部(肅愼氏)
_____海____渤海靺鞨_渤海靺鞨
_____海_帯方郡の新羅國_渤海靺鞨(『帯方郡王』靺鞨夫餘氏)
越州_海_百濟國__任那=斉_新羅國=摩震國
___海_任那=斉_任那=斉_新羅國(『楽浪郡公』新羅は靺鞨と同盟)
_____海
_____倭國(倭國王→天皇 ・征夷大将軍や天下人→日本國王)

『梁書』諸夷傳(東夷条)唐姚思廉撰
--------------------------------------------------------------------------------

_______文身國→大漢國(言語異)→東二萬餘里→扶桑國(沙門慧深 來至 荊州)
____倭國_↑東北方向
____↓
四千餘里・船行可一年
__南有↓
____侏儒國
__又南↓
又西南_黒齒國
裸國(海人)西南萬里 
--------------------------------------------------------------------------------

219 :出土地不明:2006/05/24(水) 16:06:58 ID:qkO+Habf
『晉書』地理志上 平州 唐房玄齡等撰 + 『漢書・続漢書・三国志魏書』など
・・・BC108〜AD313年・・・
玄菟郡望平縣 玄菟郡高顯縣 玄菟郡高句麗縣(貊人高句驪)
樂浪郡朝鮮縣 樂浪郡屯有縣 玄菟郡西蓋馬縣_東沃沮
帶方郡列口縣 樂浪郡遂城縣 樂浪郡不而縣(穢侯不而)
帶方郡含資縣 帶方郡帶方縣 樂浪郡鏤方縣
帶方郡提奚縣 馬韓伯濟國_ 樂浪郡渾彌縣
帶方郡長岑縣 馬韓古蒲國_ 樂浪郡駟望縣(辰韓斯廬國)
弁樂奴國__ 弁辰涜廬國_ 帶方郡海冥縣
帶方郡南新縣 倭の海北95國_任那巨文県


_____東胡(烏丸・烏丸能臣の鮮卑)
____小水貊_遼陽縣__夫餘___邑婁
大水_西安平縣_華麗縣__高句驪縣_貊人耳
______海_朝鮮縣__蓋馬大山_東沃沮
_____大海_辰韓冉奚_単単大山_穢侯不而
越海定二郡_海_馬韓伯濟_辰韓軍彌_辰韓斯廬國
______海_馬韓古蒲_弁辰と辰_弁辰涜廬國
______海_弁樂奴國_弁辰狗邪_倭韓韓穢
_____小海
________倭伊都國(天皇→倭王[六朝]・
____征夷大将軍や天下人→日本國王[明朝])


夫餘(『穢王之印』を持つ)
邑婁(古之肅愼・白山部靺鞨)
高句驪縣(貊夷・諸韓國の臣智に邑君の印綬を加賜す)
東沃沮(漢初にありし燕亡人の衞滿王の朝鮮なり)
辰韓斯廬國(いにしえの辰國・言語は戸句麗に大同なり)


220 :出土地不明:2006/05/24(水) 16:07:41 ID:qkO+Habf
『近世韃靼と中世靺鞨と古代楽浪郡』

(北緯53度15分で周囲が海なので島と間宮林蔵が確認)
吉里迷[漢語]=ギリヤーク=黒水靺鞨=黒龍江=サハリャン[満州語]
ウィルタ=オロッコ 赫哲=ホーチォ=ホジェン=ナナイ
赫哲  間宮海峡(韃靼海峡・ラッカ岬-北緯51度55分に続き53度も樺太)
鄂倫春    骨嵬(クヴェイ[満]=クリール[露]=苦夷[漢]=蝦夷[和])
邑婁山靼  宗谷海峡(ラペルーズ海峡)鄂倫春=オロチョン
渤海靺鞨    北海道(蝦夷=あいの)鄂温克=オウンク=エヴェンキ
白山靺鞨  津軽海峡       
扶餘沃沮    本州
雉林州−靺鞨海−本州
 朝鮮海峡   本州(日本国)
  対馬海峡  本州
   壱岐海峡・関門海峡
  五島列島・九州 豊後水道 四国
舟山列島  天草・阿蘇
     薩摩
   奄美
 琉球=沖縄(北緯30度以南の西南諸島
      [米国が終戦直後に歴史名を認めない])


貊弓を使う句麗=クリ=華麗県=高麗国=高句麗王=下句麗侯

貊夷→東に→ヨクソ=沃沮(ヨクソに燕亡人の衞滿王で朝鮮)
↓南に↓東に→ワイ=穢(ワイ侯フジ・箕子の四十餘世が朝鮮侯の準)
馬韓→東界=弁辰→東浜→古辰国(辰韓・前秦に高句麗に従がい朝貢)
南に接す↓
−−−倭が半島にいる。韓やワイと一緒に討伐されて
海の南の向こう___燕亡人衞滿王_帯方郡役所に服属させられてしまった。
____↓
____倭人の島

221 :出土地不明:2006/05/24(水) 19:21:07 ID:A6skIWk3
フリーメイソン と イルミナティ?だか言う奴。

カトリックと ルネサンスと 宗教改革と 産業革命に 市民革命に 関係ない代物。

歴史の主流でなく 作り話クラブの妄想だろう。
歴史は後で作ればある という思考回路の連中。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
中国人に生まれたから 中国の事を 学ばないのに 生まれながらに
中国文化を 知っているわけではない。

南朝梁 510年 周興嗣 千字文 書の手本
南朝梁 520年 達磨大師 禅宗 洛陽崇山少林寺の祖
 → 広東人禅宗六祖慧能(南宗禅 → 臨済宗・曹洞宗)
天台山5寺 南宗禅 味噌・豆腐・喫茶など。物産、紹興酒ほか。

焼香: 白檀 インドマイソール・ジャワやチモール白檀ほか
    沈香 インド洋や南洋のクジラ類の肝や胆石のような物が原料の一部
 混合で伽羅
    乳香のような樹脂からの御香など。
豆類の食事 インドの食事法、豆類を粉にするカレーもインド。紅茶のような喫茶。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
本で 学ぶのはいいが
 地元の話 と 本の話で 違いだと 地元の人の話を尊重するべきで
地元の人の説明を 書き換えるのがおかしい。
辞書の方が書き換わるのは そのせい。改定が起こっていいのは
現地の現在の話と 過去の説と現在の説で[違いを] 時間軸を説明して[の]事。


222 :出土地不明:2006/05/24(水) 19:39:22 ID:A6skIWk3
私が 朝鮮は 曹渓宗と太古宗が 朝鮮禅宗だというのは
書物から作った話で 広東(曹渓山)に修行に出て 伝えた話で
ない
ところに 日帝時代の捏造の宗派という胡散臭さを感じるからさ。
由緒がないのは日本が作らせたからさ。

戦前に治安維持法ほか宗教団体法で 弾圧 した。新興宗教を。

伝承される由緒と文献とその儀式の正統伝授を一々聞きただして
盗みの作り話の宗教と言いがかって、次々と潰し「 思想統制 」した。
儀式の盗み。由緒の捏造がバレルという事は、刑務所行きの 序の口 地獄の一丁目 だった。

それを戦後のアメリカが 刑務所から 「 解放 」 して
どんどん日本文化を盗んで壊して作り話を広めて アメリカンしてください。と
シャバに世間様に イカガワシイ人物を 出してやった。
法律で 保護までする条文を 「 戦後民主主義 」の議会で「 制定 」して
保護してやった。つかまらんから騙しにいって来い。という感じ。

アメリカ人である事自体が文化破壊者で悪者の証拠です。

宗教の創設と分派の系統図、家系図があった。
そして儀式の伝授が 破門による無効で伝承が続いているのか。
巷の加持祈祷本から「教祖」を始めて、教祖自身がオリジナルで自分で作ったものか。
それとも盗んだ聖品や貴物で「正統を僭称」した偽宗派か 
などを区別する事が出来た。

223 :出土地不明:2006/05/24(水) 19:49:55 ID:A6skIWk3
1937年 南京事件。文麿首相。マラマロと呼ばれ銀座で芸者とやる日々。
      自称共産主義に理解ある進歩人。蒋介石のような右翼は嫌い。
1939年5〜8月22日 ノモンハン事件(外蒙古事変・ハルハ河越え戦争)
      日本の戦車は弱い。アメリカへ戦闘機も弱いと知らせる。
      日本をボコレルのは今かも。と、そそのかす。
1939年9月1日 ポーランドへ独ソ侵攻。第二次世界大戦開始。


裁判名: 東京国際 軍事裁判(軍法会議 上官は英米仏蘭)
裁判所: 陸軍士官学校 講堂(大教室・大会議室 先生は英米仏蘭)
会議出席者: 原4国: 英米仏蘭(長州下関砲台4か国攻撃のメンバー)
       英5国: カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・
            セイロン・パキスタン
       米1国: フィリピン
       蘭1国: インドネシア
      計11国(シナとかロシアとか関係ない。日本は英米の僕だから
           君ら主人でない。会議にはゲスト(お客)として
           参考人として述べよ。)
事後法・裁判条例 条例の第5条のイ項「平和に対する罪」
    (英米が上官で日本が兵隊の癖に逆らったから反抗罪)
事後法・裁判条例 条例の第5条のロ項「戦争犯罪」
     フツーに戦争中の違反の取締り・捕虜虐待・被占領民への虐殺
事後法・裁判条例 条例の第5条のハ項「人道に対する罪」
     皆殺しや追放とかホロコーストやジェノサイドの裁き

224 :出土地不明:2006/05/24(水) 19:57:49 ID:A6skIWk3
ソ連と戦って4戦全敗した 大本教は 当然 刑務所 行きだった。
1918−20年 シベリア出兵撤退
         ロシア人を攻撃するため満州に大本教が広まる
1924−25年 大本教がモンゴルと満州の馬賊ヤクザを連れ
         ソ連軍に特攻・逮捕。北樺太割譲。
1939年    ノモンハン事件 ソ連軍に負け逃げる
     (高射砲隊はソ連戦車を破壊しまくり善戦するが
      戦車隊が壊滅[半減]参謀が連隊長のせいにし1名残して全員切腹)
1945年    ソ連軍満州侵攻 満州開拓団虐殺
 満州の反日 朝鮮人会がロシア兵の下で
 日本人と協力中国人の皆殺しをし、中国共産党が
したと宣伝する。毛沢東がモスクワで軟禁される。

南洋諸島に 軍事的な 非武装地帯を 提唱された時期に
日蓮宗系と神道の新興宗教が アメリカを襲い 鬼畜米英で戦えと まい進を煽る。
このとき 英米とソ連の共産主義の 拡大に
日本が北樺太放棄で ロシア人と戦うのを 戦い方を間違えた として怪しまれる。

日本は共産化の手伝いをしながら
アメリカと戦争する構えを見せているのか?と疑われる。

蒋介石政府を(右だし、シナだし・・・)相手とせずといった
近衛文麿は共産主義を理解し進歩的と貴族で保守の立場の家柄ながら「左」と警戒される。
「左」を理解している日本の首相と違い
現地の日本軍は シナ人の共産軍と戦っている。意味不明。

225 :出土地不明:2006/05/25(木) 22:00:58 ID:MT9ZivNI
俺の母方の婆さんの兄弟は天津帰り。
ロシア女のデカイケツでヘロヘロの満州開拓団のシベリア帰りと一緒にするな。

婆さんはアメリカ軍に乱暴されたしな神社の境内で、
拳銃を持たない警察官を朝鮮人に殴り殺させて
朝鮮人を殺した日本人の戸籍にすり替え役所という役所の女性をレイプして
クチ止めして共産主義者にアメリカ兵は正しい民主主義と言わせて
刑務所での日本人共産主義者と朝鮮人に。

朝鮮人は進駐軍のアメリカ兵のレイプ手伝いさ。
今でも同じ。
朝鮮人は日本にいるだけで侵略者。アメリカの代理人。
駅前に住んでいるだけで。駅前で商売しているだけで。

父方の婆さんの兄弟は近衛兵でたぶん鉄道連隊。
源義経の四天王鎌田兄弟佐藤兄弟の津久毛橋合戦の地の血縁地縁者だ。
母方は芸者家系といえモミの木は残ったの伊達、原田が一党の仙南の伊達の家来だ。

http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=philosophy&vi=1076414723&res=219&fi=no

226 :出土地不明:2006/05/27(土) 07:55:06 ID:pYu8pjD7
前漢武帝時代に楽浪郡と玄菟郡を設置した。前漢を滅ぼした前漢の外戚だった
新国の王莽は高句麗を討伐し 高句麗王を下句麗侯として滅ぼした際に
ワイ侯は服属した、その時に前漢がワイ侯に与えた「ワイ王の印」か???
後漢初期に玄菟郡と楽浪郡は原住民が強くなって縮小した。
後漢末期に公孫度が楽浪郡から楽浪国として自立し胡服(中国服でなく現地人服)をきて
海東(遼東半島から朝鮮半島や満州や沿海州)に覇を張った。
公孫度の時に楽浪郡を分割し帯水流域から南に帯方郡を分設し
                    帯方郡を娘婿のプヨ王の尉キュウダイに与える。
公孫度は高句麗と鮮卑の間にあったプヨ族の王の尉キュウダイに娘を嫁にやった。
三国志魏の明帝の時に公孫度の子孫の公孫淵が自立をすすめて
遼東国から燕帝国などと かたり燕皇帝と自称したが
ブキュウケンに討伐され討たれた。ブキュウケンはワイ侯フジを服属させた。???
しかしワイ侯フジが「ワイ王の印」を魏から貰った話は無い。
ヨクソの地に燕亡人衛満王がいて孫の右渠が前漢武帝に討たれ玄菟郡を設置されるが
ワイの地にヨクソの衛満が来て前漢武帝の2代前のジイサンの時代に王となった説話と
ワイの地に衛満の孫の右渠の時代に箕子40余世代にあたる朝鮮侯準がいて
                          侯から王を僭称した説話がある
ブキュウケンが討伐した時には既に
玄菟郡の宝庫にあった「ワイ王の印」は尉キュウダイからケイやサンが王の数世代の間
プヨの宝庫に眠っていた???
ブキュウケンの討伐と共に、楽浪郡太守劉茂と帯方郡太守弓遵は古代韓国を討伐し滅ぼす。
西晋時代に陳寿が三国志魏書を編集する。
西晋のあった313年に楽浪郡の郡役所の城市が高句麗により滅ぶ。
(残念ながら 進駐軍[アメリカ軍]の教科書墨塗りによって
 戦後はココから半島と日本の歴史の説明が始まる。 中国歴史書という観点だと
 前漢の半島南部の矮人(小ビトと倭人)と 後漢への倭奴国の朝貢から、実は始まっている。)

http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=philosophy&vi=1076414723&rs=229&re=234&fi=no


227 :出土地不明:2006/05/27(土) 15:32:16 ID:BzepUZVn

また、安東金氏にも新羅王族の末裔を称する金氏(旧安東金氏)と
高麗建国の功臣を祖とする新安東金氏がある。同じ本貫の場合、
名前を付ける場合に行列字などを用いて同じ代同士は同じ漢字
を使って命名するケースも多い。
http://ja.wikipedia.org/wiki/本貫
http://www.myj7000.jp-biz.net/q&a/kin_sei.htm
安東氏=新羅豪族か

228 :出土地不明:2006/05/27(土) 20:58:54 ID:baHq55Yq
★中国史からの批判的解釈から
新羅を支配する百済王・百済の大姓沙氏・マッカツ扶余氏(高麗国=高句麗の分国)・高麗国は柳城で隋遠征軍を撃破
★白村江の戦い(白江口のマッカツ水軍扶余隆と倭水軍の戦い)唐が勝利し高麗国も滅亡させる
新羅・マッカツ扶余(百済国)
新羅国・渤海マッカツ(渤海国)
泰封国・東契丹(東丹国・渤海人の支配の朝鮮半島)
斉国(摩震国の武臣の李氏)・東女真(東真国・女真の刀伊の系統による支配)
高麗王の李氏の国
朝鮮国王の李氏の国
★日清戦争

唐→→高句麗←渤海マッカツ兵の「大そ栄」
____↑
___渤海マッカツ「扶余隆」
______→新羅「金法敏」王子を人質に出す・兵隊は高句麗遠征で出す・国は兵なくガラ空き
____↑
___倭国

人質の証拠文書箇所→『舊唐書』東夷傳−新羅条 鴻臚寺奏・・・藩に還えらしめんと放つ・・・

貊弓を使うバク族を高句麗とか貊夷という。
バクの東にヨクソ(沃沮)の燕亡人の衞滿王という人がいて住むところを朝鮮の地と呼ぶ
ヨクソの南にワイ(穢)ワイ侯(酋長)にフジという名の人・
           ワイには箕子の40余世代に朝鮮侯の準という人物がいた。
バク(高句麗)の南に馬韓。ワイの南に辰韓。
馬韓の東を馬韓東界と呼ぶ。馬韓東界を弁辰と呼ぶ。辰と弁別した弁人がいたから。
弁辰トクロ国の南に接して倭人がいる。この倭人は島の倭人でなく半島にいる倭人。
半島にいる倭人は韓やワイと一緒に討伐されて帯方郡役所に服属させられてしまった。
楽浪の大海の南に海を渡って倭人の島がある。

東京[国際軍事]裁判の裁判所条例第5条ABC項目の戦争犯罪の条文と説明。
B項「通例の戦争犯罪」
C項「人道に対する罪」
日本軍の場合、C項に関しては、起訴された人はいない。C項は、もともと
ナチスが自国民を殺したこと(や、ホロコースト)を罰するために作られた犯罪。


229 :出土地不明:2006/05/27(土) 23:03:27 ID:0BNgGEtS
新羅三郎義光

230 :出土地不明:2006/05/28(日) 12:22:25 ID:nt6jioOF
他人の財産を取り上げるより(信者でなかろうと 信者であろうと)
自分の手で働いて、自分の働きの賃金や年金で食べていけよ。

オウム真理教や モルモン教の 全財産取り上げの言い訳じゃないんだからさ。

教会に全財産をささげ
、全財産を「教会の許可にて」引き続き「借りて使って」ます。という契約書は
、黄色い犬の約束「黄犬契約」であって
、労働法律だけでなく「宗教団体にも適用して考える」べき事じゃないのか。
麻原ショウコウを何人も生み出すのですか?

それもアメリカのアイダホ州や
「ユタ州の法律」などに準拠し「日米地位協定」による強弱関係により
アメリカの国内法に沿って「裁判所や警察が執行しないのと関係なく
   教会員として教会幹部の監視執行員よりアメリカ法で処罰」を受けます。と
いう誓約書を口外しない念書(日本文)を添えた上に「英文」で
書き上げるから、日本人に わかるはずないから日本の弁護士や
日本の宗教団体にクチをハサまれる覚えはない。で
なくてさぁ。。。

人権擁護法案  第三条
2  何人も、次に掲げる行為をしてはならない。
http://my.2ch2.net/occult/test/read.cgi?bbs=magic&key=1119865363&st=43&to=45

●取り締まり遂行のために人権擁護委員に与えられると思われる権利
・武装する権利
『差別主義者の抵抗に備えて』拳銃・警棒は無論のことスタンガンや鎮静剤を仕込んだ無針注射器などが武装として支給されると思われる。
http://my.2ch2.net/occult/test/read.cgi?bbs=history&key=1119060431&st=14&to=26

231 :出土地不明:2006/05/28(日) 13:29:12 ID:V8fXohkp
古代ユダヤは 神の預言者[サムエル]によって
       ヘブライ王を任命し、初代サウル王・第二代ダビデ王が誕生した。
中世ヨーロッパは ローマ教皇[ローマ教区の司教(神父監督)]によって
       ゲルマン人の王(フランク王)を任命し、カール大帝が戴冠即位した。
ギリシアのポリスは、王制に代って アルコン制度(指導者制)を採っており
       ディオニッソス祭礼の神主(バシレウス[神主・長老]:ブドウ酒の神様を祭祀する王の意味)
しかしソロンの頃のアテネ−ポリス?では民会(エクレーシア・教会・集会)の選挙議決により
      『 全権委任 』を受けて ナチスの総統(フューラー)のような地位を
http://my.2ch2.net/occult/test/read.cgi?bbs=magic&key=1119050981&st=293&to=298

★ 外国人参政権によりオランダで民主主義が崩壊した話 ★
 オランダでは5年在住した外国人に地方参政権を与えた。
 イスラム系移民がオランダからの独立を目標として宣言し、テロ行為
 ゴッホの子孫がサツ害された。その胸には深々とナイフが刺され
 「もっと(オランダ人)をコロす」と移民の間に暴力の応酬が日常化している。
長崎県は2004年に土地利用及び取得規制を緩和する「対馬島特区」法案で
 外国人も住民登録証さえ出せば不動産を買うことができるようにした
◇福岡市、韓国ウォン特区計画を推進  新韓銀行のキム・イルチョ福岡支店長
 ウォンで品物を購入したり
 ウォンの両替ができる地域が東南アジア・中国・日本などに急速に広がっている。
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1147230654/848-866
 鳥取人権擁護条例(中核派・日本赤軍・朝鮮人が擁護員となって日本人を差別してよく
          朝鮮人が日本で日本人を殺したら警察は殺された家族を刑務所に入れる法律)


232 :出土地不明:2006/05/29(月) 08:30:01 ID:7RK71XD/
アシュケナジムはディアスポラ後に
今の東ドイツ地域を中心に住み着いたユダヤ系。そこにいたのは
西スラブ系部族(ソルブ人などの先祖)。神聖ローマ帝国が
西スラブ系部族を無理やりキリスト教化しようとしたとき、
キリスト教に改宗しなかったものは捕えられ、
マインツやマグデブルクのユダヤ商人を通じて、イベリア半島の後ウマイヤ朝
イスラム帝国に奴隷として売られた。奴隷化とキリスト教化に抵抗した
西スラブ人は、ユダヤ教に改宗することで、治外法権的特権を得るようになった。これが増えて
アシュケナジムとしてのまとまりができた。つまり、
アシュケナジムの種はディアスポラによってヨーロッパに移住したユダヤ人で、実の部分(つまり
人口的に大部分)は、エルベ川まで進出していた西スラブ人。13−14世紀、ペスト禍のドイツで
ポグロム(ユダヤ人虐殺暴動)が頻発しアシュケナジムの多くは
ユダヤに寛容でペストの被害も少なかった
ポーランド王国に逃げた。これがハシディストのような東方ユダヤ人の始まり。

http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=philosophy&vi=1142142997&rs=19&re=54&fi=no
http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=philosophy&vi=1076414723&rs=40&re=53&fi=no
http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=philosophy&vi=1101309720&rs=9&re=36&fi=no
http://yy31.kakiko.com/test/read.cgi/siranami/1110061282/129-129

233 :出土地不明:2006/06/03(土) 07:10:41 ID:4BUU1+Wt
後燕国は慕容部鮮卑(宇文は間違い)で 高句麗に滅ぼされたのではなく。
北燕国の高句麗人の王を担ぎ上げた 後燕の家臣が王を暗サツしたため滅んだ。

 遼西(宇文)→前燕(慕容)→前秦(テイ)→後燕(慕容)→北燕(慕容)

後魏(拓跋)の遠征軍に敗れ滅亡(436年)。
後魏(北魏・拓跋)孝文帝・均田制・洛陽に遷都。

http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=history&vi=1060415406&res=83&fi=no

『枢密院』禁軍(中央軍・直軍)廂軍(暫定の兵隊)科挙試験(公務員試験)
文民統制『シビリアン・コントロール』の民政と兵権)時代が北宋時代。

234 :出土地不明:2006/06/08(木) 21:20:29 ID:WqT1BapE
なんか、一人で書き込んでるっぽい…

235 :出土地不明:2006/06/09(金) 05:58:51 ID:MpItq0mn
>>226
新羅豪族ってのは、具体的には何人なのだ?
新羅は、最も中華の影響を受けた地であって、
純粋な騎馬民族でもない希ガス。

236 :出土地不明:2006/06/09(金) 13:23:51 ID:vZkdCbr7
新羅を全部読んでいないからね。ちょと未回答。あんま豪族の話は無いね。


237 :出土地不明:2006/06/09(金) 14:02:16 ID:vZkdCbr7
>>235

唐の時代まで無い。
豪族は、みな王家の金一族だけだね。
百済と違って、王家以外の他の姓名が無い。

隋の文帝で「金真平」が新羅王の時に朝貢したのが、特筆で
地域として百済国の一部の
「迦羅国(加羅国)の一城」のような感じで
従属し百済と高麗に従属し、高麗人の一部が
新羅城に来て、名をあらため
「金城」として王都を構えるに至り、
「隋文帝」の時に初めて「楽浪公・新羅王」として
中国が外国としての一国として、王を置くのを認めたのが国の始まり。

王の血族だけの支配しか認めない、新興国家だったんだね。


238 :出土地不明:2006/06/09(金) 14:04:56 ID:vZkdCbr7
●後漢(AD25〜)『続漢書・三国志魏書・晋書・梁書・隋書』
◎高句驪王(?孫氏=孫位宮=位宮氏=位氏=伊氏)
宮___・子伯固立
伯固__・子伊夷摸立
_伊夷摸・子位宮立(丸都)
孫位宮_(位宮将・位宮単将・位宮軽将)
_位宮玄・孫之子(沃沮)

◎夫餘王(尉氏・?尉仇氏=位宮氏=位氏)
伯固_→←遼東国公孫度(〜204)『晋書』帯方・置
伊夷摸(丸都・沃沮)→←遼東国公孫康
尉仇台=位宮?→←遼東国公孫康
__・魏公−曹操孟徳『三国志魏書』帯方・分・屯有県(206)
●三国志魏(220〜)
__・魏将−毋丘倹(かんキュウけん)
尉サン・ワイ侯フジ(不而)→←魏将毋丘倹(244〜246)
_東夷の韓→←楽浪太守劉茂・帯方太守弓遵(244〜246)
尉珪=尉仇珪?=位宮玄?
●晉(西265〜・東317〜)
   (313楽浪太守張統、前燕国慕容仁へ亡命)『梁書・通典』
◎百済王(餘氏・?尉氏=夫餘氏=餘氏・餘都=牟都=牟氏)
餘須=尉サン?
餘映=夫餘腆=尉珪?

239 :出土地不明:2006/06/09(金) 14:05:31 ID:vZkdCbr7
●宋(420〜)『宋書・南齊書・梁書・通典』(前燕・後燕・北燕)
餘毘
餘慶(餘紀・餘昆・餘暈・餘都・餘乂・餘爵・餘流・餘婁)
餘牟都=牟都=都=餘都
●魏虜(北燕国龍城を陥とす(436)・北燕国馮氏娘=楽浪公主)
餘牟大=牟太=太(沙法名・賛首流・解禮昆・木干那)→←後魏=北魏
_後魏孝文帝の太皇太后が摂政で百済攻撃(475)・加羅国王荷智
餘除太
餘進太
餘隆(治城=固麻(駒)・邑=檐魯(城)→ 中国の郡県に当る)
●隋(581〜)『梁書・隋書』(加羅任那新羅城)
餘昌=夫餘昌(タ牟羅国平陳=耽羅国平定)
餘宣
●唐(618〜)『隋書・舊唐書・通典』
餘璋(文度濟海の後継)
◎渤海靺鞨・靺鞨夫餘氏(虜=北虜・夫餘之別種=靺鞨)
夫餘義慈=虜義慈→←餘豊=夫餘豊(百済太子・沙相如・沙井等・
         劉仁顔の熊津急襲(660)白村江戦(663))
◎帯方郡王・熊津都尉(唐水軍・明朝の水師都督−経略提督)
夫餘隆→←金法敏(新羅王)
夫餘敬→←金興光(新羅王)

240 :出土地不明:2006/06/09(金) 14:14:11 ID:vZkdCbr7
>餘牟大=牟太=太(沙法名・賛首流・解禮昆・木干那)→←後魏=北魏
>夫餘義慈=虜義慈→←餘豊=夫餘豊(百済太子・沙相如・沙井等・
>         劉仁顔の熊津急襲(660)白村江戦(663))


【 百済の大姓八族 】
沙氏・賛氏(刀氏?・力氏?)・解氏・木氏・国氏・眞氏(貞氏)・燕氏・白氏?(苗氏?)

百済は、大姓八族とあって、豪族の連合体のようで
半島に侵攻してくる北魏と戦って、防衛に成功し
南朝の南斉国から北魏と戦ったんで、何か肩書きで将軍職の名誉を欲しがって
与えてもらったんだね。

日本は、南斉の前の「南朝の宋」に朝貢で「倭の5王」が有名だが
百済は、「南朝の南斉」が「大姓八族」の由緒なんだね。


241 :出土地不明:2006/06/09(金) 14:34:56 ID:pgVxLP2e
百済は、この「餘牟大=牟太=太(た)」という王様のときに
北魏の侵攻を受け
北魏の孝文帝は世界史でも均田制や北魏の洛陽遷都で有名で
この時の在任期間だが
就任は5歳での即位で、遠征当時まだ9歳くらい
皇太后の太氏が摂政だったようで、孝文帝のお母さんの太氏(た氏)が
朝鮮半島への出兵をしたんだね。

遼東半島から平壌あたりを、高句麗と日本でいうが、当時は南斉国から
高麗国(こうらい国)と呼ばれていたが
満州の瀋陽(奉天)あたりの龍城に王都を構える北方遊牧民の鮮卑族慕容氏の
燕国があり
漢人や高句麗人が王族に仕えていたり、養子で王族の慕容氏を名乗っていた。

河北−北京〜遼西−錦州〜遼西−瀋陽まで直轄で、勢力範囲が遼東と楽浪。
燕国の変遷が
鮮卑族宇文氏→前燕国(慕容氏)→前秦に併合で一時消滅(洛陽に家臣で仕える)→
後燕国(王−慕容氏・家臣−段氏)→北燕国(高麗人の王、家臣→王−馮氏)
となり
最後は馮王が娘を楽浪公主に入れた平壌の高麗国へ亡命し
王暮らしで、わがままが通らなくて、南朝の南斉に行こうとして
7千兵の護衛を持つ南朝の使者を高麗国の居所近くまで迎えたが
高麗国が亡命させまいと暗殺したために
北燕国は王がいなくなって、ついに北魏に併合された。436年。

その後、北燕国を併呑した北魏は、数十万騎を発する百済遠征で平壌を潰し
百済の漢城を陥落させ、さらに南下し新羅城あたりに
加羅国(迦羅国・加羅任那)を傀儡国として建てて、洛陽に帰還した。475年。


242 :出土地不明:2006/06/09(金) 14:46:46 ID:pgVxLP2e
この魏晋南北朝時代は、北魏で皇后などが淫乱が多く、恋愛問題はしょっちゅうで
お嬢様の取り合いで、叛乱だの戦争を起こすバカ男ばかりであった。(六鎮の乱)
それでいて王様は遊牧民の乱暴さを失い、漢人と化して奢侈になり軟弱となったが
それが文化とか文弱が「孝」であったり儒教的に仁であるかのように間違えられた。

南朝でも南斉のバカ殿がエロ小説(金瓶梅)のネタの
「ハン金蓮」という女性の名前のもとになった
ハン妃というヒメと王様の遊びのエピソードがある。
床に純金の蓮を敷き詰め、歩く姿が天女の舞で、歩くごとに
踏んだハスの花ビラだの葉っパは、歩いて咲いたようで「歩歩蓮花す」などと
極楽浄土と言うノロケで、あたまが極楽な王様であった。ロリコンらしい。
当然しばらく任期が短い王が続き、お家廃絶が起こり、梁公に禅譲となった。


243 :出土地不明:2006/06/09(金) 14:50:12 ID:pgVxLP2e
考古学以外でスマソ

244 :出土地不明:2006/06/11(日) 06:56:55 ID:E3Dutjof
(2006年)5月26日に報道した米国議会
周辺での銃撃戦は、ロシアの情報機関によると
クーデター勢力(大統領?)と
反クーデター勢力(議会?)の間のものであり、少なくとも
3名がシ亡したらしい。911事件で誤報・虚報の
宣伝活動を統合的に行って巨大な効果を挙げた
米軍の第4心理作戦
任務部隊が この事件のために臨戦態勢となった。この最近の
米国国内でのクーデター勢力(統制派−大統領忠誠議員)と
反クーデター勢力(解放派−大統領規制不安議員)の
対立の段階的拡大は、米国大統領が
議会と司法の両方から米国の全面的な
支配を奪取することを計画していることが原因である。

六)連邦農業債権条令を修正して
連邦農土銀行(米国版・農林中央信金)を
コロラド、ワイオミング、ユタ、及びニューメキシコ
各州に設置するの案

警備強化案(米国版・治安維持法原案)は
カリフォルニア、 アリゾナ、ニューメキシコ、テキサス
の各州の国境地帯に
数千人の州兵を派遣する。

アリゾナ、カリフォルニア、デラウエア、
ハワイ、ネブラスカ、及びニューメキシコ
の6州は執行部のみ(警察当局のみ)の見直しシステムがある

245 :出土地不明:2006/06/11(日) 06:58:06 ID:E3Dutjof
ニューオーリンズ市などの
治安が極度に悪化している問題でキャスリーン・ブランコ州知事は
(2005年)9月1日イラク駐留を終えて戻った
アーカンソー州の州兵約300人(後に7000人?
高い比率で黒人兵)がルイジアナ州に到着、治安回復に必要なら
無法者を射サツする態勢にある、と強調した。

バンクーバーでの日本人と韓国人の比率が今後5年で逆転の見込み
数千人規模、カナダからモンタナのゴーストタウンに移住の韓国人農夫

モンタナからの不法入国者がワイオミング・ユタへ大量流入
・アジア系のビザなし者の大量発見

ニューメキシコ州の国境警備に州兵を千人規模で増強動員
・移民同士の銃撃戦で情勢不安

「5年以内に戦時作戦統制権を行使」盧武鉉大統領
スカッド・ミサイルの発射兆候も=日本海側で北朝鮮−韓国紙

核安全保障局にハッカー、
核開発機関の個人情報盗難=入館許可番号など1500人分

ウサマ・ビンラディンのシ亡確認・・・確認して数ヵ月後携帯を傍受
ザルカウィのシ亡確認・指紋による・・・指紋システムのデータに疑問
ザワヒリ氏を捜索・・・イラク駐留米軍とヨルダン機関が捜索中

(日本大手電機メーカーが米国で受注し
 指紋検索システム犯人照合技術者を帰化人と韓国人研修生が担当)

246 :出土地不明:2006/06/13(火) 14:07:26 ID:befw90uy
日本史板では貴方のお越しをお待ちしております。
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1145332099/l50

247 :出土地不明:2006/06/15(木) 12:46:13 ID:yajxbvCv
福井県坂井市の九頭竜川川底で大量の鉄剣が出土

二年前の福井豪雨の復旧工事中にクレーン作業員が川底の土中から大量の鉄剣が
埋められているのを発見した。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/river/1150192282/l50


248 :出土地不明:2006/06/23(金) 15:54:26 ID:nhKMug1O
結論。従来の高麗(900−1392)という時代と国はない。
あえていえば李朝前期が高麗国・後期が朝鮮国。

国がなく、契丹(東丹国・湯河司)と女真(高麗藩・刀伊)と蒙古(東真国・斉国)の
縣州や郡縣となっていた。

北方異民族が侵攻して来る度に住民は、あちこちに移動させられた。いま居る
半島の住民は「遼西人・渤海人・女真族」の住民移動による定住で、新羅の民は
契丹と女真により満州に強制移住させられ蒙古族の時に虐殺され消滅。
新羅が契丹(遼国の聖宗)に滅ぼされるまで高麗(ヨクソ・ワイ・カラ)と偽ったため。

契丹(遼国)は慶鹽穆賀四州、保定ニ州を置いて遼西諸縣民を新羅へ強制移住させ
奚兵漢兵で新羅を滅ぼし、新羅民を祖州へ強制移住させる。
旧渤海(順化縣(開州・開遠縣(鹽州・穆州)・會農縣賀州)崇信縣海州「沃晴椒三州」)
旧新羅(會農縣(定州・定東縣保州)來遠縣「宣州・辰州(もと蓋州→祖州、強制移住先)」)
旧百済(建安縣盧州「熊嶽縣(鐵州)・湯池縣(興州・湯州・崇州)」)

女真(金国)が、契丹の東京遼陽府(東京統軍司)から
高麗藩(遼国南女直湯河司)で旧百済を、女真の刀伊(遼国東京留守司)で旧新羅を支配。

249 :出土地不明:2006/06/25(日) 10:02:45 ID:knH76aWW
チャハル、スイエン、熱河など。。。はったつ嶺の南北と、遼河の上流と、興安嶺の東西。。。右北平郡と燕地。。。

新風営法・ AVからエロ本、ストリップからピンサロ、ソープまで
税法・  パチンコ業の収税の方式、一括賄賂方式。
児童福祉法・商法・銀行法・  風俗嬢人権問題。借金による風俗嬢にする強要民事契約。
ストーカー法・  集団ストーカーは民族の恨みや政治団体・宗教団体は取り締まらない。
借地借家法・  終戦直後の朝鮮人の土地占領のA級所有、営業や保健所の許可基準項目。

ウリのアンニョンばかりを・・・おのれの安寧ばかりを・・・
マスコミを嫌う会のメンバーとか聞いた記憶がある。年中行事だとか、セレモニーとも言っていた気がしたが。。。

東京国際−軍事裁判(軍法会議形式−講堂大会議室利用)の
連合国11カ国、セイロン・パキスタン・インドネシア・フィリピン・オーストラリア・ニュジーランド・カナダ・英米仏蘭
裁判所条例、第5条 イ項目(A項目の犯罪) 平和に関する罪、アメリカが戦争するな(外交の意思表示)。と
 ハルノートを見せたのに(事前通告) 戦争した(侵略戦争した)罪
裁判所条例、第5条 ロ項目(B項目の犯罪) 戦争中の罪 捕虜虐待・虐殺、占領地市民への虐待・虐殺。
裁判所条例、第5条 ハ項目(C項目の犯罪) 人間の罪(ヒューマニズムの罪)
 犯行時点が、戦時中や戦後・戦前を問わない ジェノサイド(大量殺戮、別名が殲滅(せんめつ))・
 ホロコースト(民族を消す事を目的とした殺人と取り上げ)・
 民族感情による犯罪(人種差別・国外追放や虐殺による児童や妻や財産の拾得)

軍事裁判原告・連合国インドネシア(マレー連邦、ブルネイ(ボルネオ)・マレーシアと
 ブルネイ北部・セレベス北部・スマトラ北部・東チモールのキリスト教圏)

人間の罪に該当の理由: イスラムなのに豚肉を食わせた。
 イギリス人やオランダ人と原住民の混血の女だから
 慰安所でお金を出すからと脅迫され売春行為をさせられた。など。


250 :出土地不明:2006/07/01(土) 14:50:57 ID:sMutfoGu
>まあ日本人には多かれ少なかれ朝鮮半島の血が流れているわけだが。

実はほとんど流れていない。
続日本紀によると、7C、百済滅亡で日本に来た百済人が3100人くらい。
高句麗滅亡で来た高句麗人が1800人くらい。
それらとは関係なく自主的に来た百済人や新羅人が数百人。
帰化人の最もピーク時だった7Cでも全部合せて5000人くらい。

それ以前の帰化人が始まる4C中頃、続く5〜6Cに来た半島帰化人が合せて
2〜3000人くらい。

半島帰化人の総数は7〜8000人くらい。

古墳時代の日本人口が400万人くらいの時だから、
朝鮮半島の血など、日本人の血の僅か 0.2% ほどに過ぎない事が分かる。

251 :出土地不明:2006/07/02(日) 23:27:51 ID:uwc3113U
唐・安東都護府
渤海国・杉盧郡漢陽県(後の漢城・前の漢山)
遼・建安県盧州(南女直湯河司(玄徳軍))・
  湯州・祟州・・・。
  保州・定州 ← 来遠県辰州(東京統軍司留守(奉国軍))
 新羅人を南満州に強制移住、遼西の中国人や安禄山の系統の胡族遊牧民を新羅に移住。
 渤海人を遼東半島に強制移住、女真族を渤海に移住。 契丹族遼主聖宗の時。
金・高麗生日使(高麗勝利使)・高州→全州・静封県・銅山県・松山県・開州・熊嶽県
 高麗は藩と称し、王である昌なる名の者を廃した。
元・斉国大長公主
明・経略使(遼東都指揮使)・土司(遼東都司)・權國事(高麗知密直司事)帝不許賜。
--------------------------------------------------
契丹(遼国)は慶鹽穆賀四州、保定ニ州を置いて遼西諸縣民を新羅へ強制移住させ
奚兵(安禄山出身の契丹と違う遼西の遊牧民)と漢兵で新羅を滅ぼし、
新羅民を祖州(南満州の夫余?・[鹵咸]平路?現在の吉林東部延辺?)へ強制移住させる。

旧渤海(順化縣(開州・開遠縣(鹽州・穆州)・會農縣賀州)崇信縣海州「沃晴椒三州」)
旧新羅(會農縣(定州・定東縣保州)來遠縣「宣州・辰州(もと蓋州→祖州、強制移住先)」)
旧百済(建安縣盧州「熊嶽縣(鐵州)・湯池縣(興州・湯州・崇州)」)

女真(金国)が契丹東京遼陽府(東京統軍司)から
高麗藩(遼国南女直湯河司)で旧百済を
女真の刀伊(遼国東京留守司)で旧新羅を支配。

高麗はなく東契丹として東丹国(もと渤海国+新羅国)が置かれた。

252 :出土地不明:2006/07/02(日) 23:37:53 ID:uwc3113U
良人(なにん)
 両班(やんばん)・任(にむ・長老[なうりにむ:旦那 とーりゃんにむ:お坊ちゃん])
下人(はいん)
 中人(ちゅんいん・ちゅにん)・常奴(さんのむ)=常民(ちゃんみん・さんみん)・
    やんばん庶ゲツ・官奴(かんの)・真人(ちにん・救世主と名乗る弥勒教の教祖)
 奴婢(のび)
  率居奴婢・チゲ(荷背負い度道具・荷背負い人夫)
  外居奴婢・白丁(ぺくちょん・ピョンヤン笠)・
       広大(かんで・タルチュム[仮面劇]の芸人・反乱の頭目)・
       香徒契(ひゃんどげ・棺担ぎ人足・風水の穴掘り・身代金要求ヤクザ)
居士(こさ)・男寺党(なむさだむ)・巫檀(むーだん)・妓生(きーせん)ほか


253 :出土地不明:2006/07/03(月) 19:53:36 ID:EoYND+9I
 出雲安来にある、有名な古墳時代前期の大型方墳があるけど
それも白木?もしかして白木屋のオーナーもここ出身?

254 :出土地不明:2006/07/05(水) 19:44:27 ID:dAd370jE
★リンク紹介(思想)★

儒学と禅宗@印度の敬神と瞑想
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/598/1120820561/733-736


255 :出土地不明:2006/07/10(月) 01:57:51 ID:aclSryFz
出雲の四隅突出型墳丘墓のルーツは広島県北の
三次市の古墳。


256 :出土地不明:2006/07/10(月) 18:39:30 ID:U+FC2rC5
俺、ペクチョンだけど、なにか?

257 :出土地不明:2006/07/10(月) 23:09:56 ID:f+Mm4eU3
韓国人は、すぐ百済、新羅を持ち出すんだけど、よそのスレで書いてた
ワイ狛人についてはどうよ、この民族が一番現在韓国人に近い様に
思うけどな、虎が好き飛び跳ねる事が好き、ワイ狛人嫌い!
韓国人は話題にせんな、なんで?


258 :出土地不明:2006/07/10(月) 23:11:04 ID:f+Mm4eU3
韓国人は、どうして自分達の直接の先祖を語らず、別人種である
百済、新羅、三韓、(これらは倭人系)の話題を持ち出すの
ふしぎな民族だな?わからん。


259 :出土地不明:2006/07/14(金) 11:10:30 ID:J4ot+HW2
そんなもん、中国も一緒w
どの国家も中心性があるが、妄想だろうが、犯されたと思えば戦争でも
辞さない部分だ。

260 :出土地不明:2006/07/17(月) 00:05:38 ID:UtT5Z8U0

【 ☆ 決定 ☆ 朝鮮族の母体はエベンキ系「沃沮、?狛」人  】

(イルクーツク=連合ニュース) 金兵曹記者 ="バイカル湖隣近の少数民族
エベンキ族'は現在までアリラン'と `スリーと'という単語を使っています"
アリランは迎える、スリーは感じて分かる『アリランスリー』と'は
古代北方シャマニズムの葬礼文化で 「魂を迎えて別離の悲しみをたえる」と言う
今は朝鮮族も忘れてしまった、意味だったことに推定される"と強調した。
エベンキ族の祖先は「熊と人間の女との間に生まれた」と檀君神話と同じで有る。
沃沮人はオンドルの発明者、虎が好きで体を浮かす様な舞をする、ソッテも大事。
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&page=2&nid=1661088&st=writer_id&sw=wakatakeru

http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&nid=1553866


261 :出土地不明:2006/07/18(火) 15:57:49 ID:RSiiPS7h
2006-7-18 11:18 No.42782:
祝!イラク自衛隊撤収完了

日本時間の昨夜、イラク駐留自衛隊の撤収が完了しました。

現地イラクの住民をひとりも傷つけることなく、
平和裏に任務を完遂した隊員たちの忍耐と勇気を思うとき、
感動に堪えません。

任務の内容に違いがあるとはいえ、
疑心暗鬼で誤射誤爆を繰り返し、
挙句の果てにはレイプ虐サツ事件まで起こした米軍将兵と比べて、
自衛隊の沈着さは誇りとすべきではないでしょうか。

今月中には全員帰国の予定だそうです。
感謝と労いの気持ちで、迎えたいものです。

262 :出土地不明:2006/07/20(木) 18:57:06 ID:00X8Iw/N

【 ☆ 決定 ☆ 朝鮮族の母体はエベンキ系「沃沮、?狛」人  】

その風俗は山川が重なり、山川には各部族がおり、みだりに干渉することはできない。
同姓は婚姻できない。多くの忌諱があり、(家族が)疾病で死んだときは、すぐに旧宅を
廃棄し、更(通典では夏)に新居を建てる。麻布があり、蚕糸で絹を作る。 夜明けの星宿
(二十八宿の占い)から、その歳の作物の豊穣を予想する。珠玉を宝としない。
 常用十月の節句(重陽の節句。旧暦9月9日)に天を祭り、昼夜に酒を飲み、歌い踊る、
これを「舞天」 という。また虎を神として祭る。その邑落は互いに侵犯するが、刑罰とし
て相手に生口(せいこう=奴婢) と牛馬を差し出す、これを「責禍」という。人を殺した
者は死をもって贖(あがな)う。強盗は少ない。・・・・『三国志、魏書、?伝』・・・


263 :出土地不明:2006/08/03(木) 20:25:19 ID:YePRbaSy
■歴代天皇【日本版ダヴィンチコード】■
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1148778771/49-54

どうやら、百済を建国したのは神功皇后のようだ・・・。
百済が最初に建国されたのは西暦314年。
神功皇后の時代と重なる。

 百済国=百姓国(はくせい国)
  百姓=多くの姓=百官(多くの官吏)

やはり、楽浪郡の役人たちの亡命政権らしい。


264 :出土地不明:2006/08/04(金) 20:30:22 ID:efUe+gLD
★倭姫命は卑弥呼なのか★

倭姫命(やまとひめのみこと)は、古代日本の人物。
第11代=垂仁天皇の皇女で日本武尊の叔母と位置づけられ、神託により伊勢神宮などを建立したとされる。
伊勢神宮最初の斎宮(齋宮)である。皇大神宮別宮の倭姫宮に祀られているが、その創立は大正10年1月4日であり、
神宮別宮としては極端に新しい神社である。
 伊勢神宮を建立したときの天照大神から倭姫命への神託は、『日本書紀』垂仁天皇25年春3月丁亥朔丙申条では
「是神風伊勢國 則常世之浪重浪歸國也 傍國可怜國也 欲居是國」、『倭姫命世記』では「是神風伊勢國 即常世之浪重浪皈國也
傍國可怜國也 欲居是國」であり、神風(かむかぜ)の伊勢の国は常世の波の敷浪の帰(よ)する国、方国(かたくに)の
すばらしい国なり。この国におらんと欲(おも)ふ と伝えられている。
 倭姫命が伊勢神宮を建立するまでに八咫鏡を順次奉納した場所は元伊勢と呼ばれている。
また、日本武尊に天叢雲剣を与えた人物でもある。

倭姫は卑弥呼なのだろうか。卑弥呼が死去したのは247年頃だと言われている。
時代的には、卑弥呼が活躍した時代と倭姫の時代は重なるのだが。


265 :出土地不明:2006/08/04(金) 20:43:04 ID:st6t+s1P
元伊勢の社として、又丹後国の一之宮としてカゴ神社。


266 :出土地不明:2006/08/07(月) 17:27:03 ID:bjHlC1Kz
『新しい歴史教科書をつくる会』の設立者の一人であり、
文学博士である西尾幹二氏が、朝鮮民族の性質について鋭い意見を述べているので紹介します。

【外が見えない可哀そうな民族】−西尾幹二氏−月刊誌『正論』より

我々はイスラム教徒が毎日時間がくると一斉に座して、手を前につき、アラーの神に祈りを捧げる風景を見て、
我々とは異なる宗教社会の存在をありありと感じることが少なくないであろう。
しかし、朝鮮半島となると、これは近隣で生活上の見かけも似ているので、我々とは異なる宗教社会が
あそこに存在するとは、なかなかに気がつかない。実は韓国人と韓国社会は、イスラム教とイスラム社会と
同程度か、あるいはそれ以上に、日本からはへだたる異質な社会なのである。
(省略)
西尾幹二先生の論文、実に素晴らしい。韓国人の妄論をバッサリと斬り捨てています。

【外が見えない可哀そうな民族】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/jsdf/1150817829/217-223

この論文は、マンガ『嫌韓流』にも掲載されました。


267 :出土地不明:2006/08/07(月) 19:10:22 ID:bjHlC1Kz
■ウガヤフキアエズ命
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%AC%E3%83%A4%E3%83%95%E3%82%AD%E3%82%A2%E3%82%A8%E3%82%BA

【神話の伝承】

ホオリ(山幸彦)と、海神(ワタツミ=スサノオ)の娘であるトヨタマビメ(豊玉毘売)の子。
ニニギ・ホオリ・ウガヤフキアエズの三代は日向三代(ひむかさんだいまたはひゅうがさんだい)と呼ばれる。
 トヨタマビメは海宮で懐妊したが、天神の子を海の中で生むわけにはいかないとして、陸に上がってきた。
浜辺に産屋を作ろうとしたが、茅草がわりの鵜の羽を葺き終らないうちにトヨタマビメが産気づいたため、
「ウガヤフキアエズ(鵜茅葺き合えず)」と名付けられることになった。
 トヨタマビメは、「他国の者は子を産む時には本来の姿になる。私も本来の姿で産もうと思うので、
絶対に産屋の中を見ないように」とホオリに言う。しかし、ホオリは産屋の中を覗いてしまい、
そこにトヨタマビメが姿を変えた八尋和邇が這い回っているのを見て逃げ出した。トヨタマビメはホオリに
覗かれたことを恥ずかしく思って、産まれた子を置いて海に帰ってしまい、代わりに妹のタマヨリビメ(玉依毘売)
を遣わした。
 トヨタマビメは、ホオリが覗いたことを恨みはしたが、やはり恋しくて、タマヨリビメを通してホオリと
歌を詠み交わした。
 ウガヤフキアエズは、育ての親であるタマヨリビメと結婚し、タマヨリビメとの間にイツセ(五瀬命)・イナヒ
(稲飯命)・ミケヌ(御毛沼命)・ワケミケヌ(若御毛沼命)の四子をもうけた。
 ミケヌは常世へ渡り、イナヒは母のいる海原へ行った。末子のワカミケヌが、後にカムヤマトイハレビコ、
神武天皇となる。

ウガヤフキアエズの母=トヨタマビメは、スサノオの娘だという。
ということは、出雲人か。
ウガヤフキアエズの時代から、古代日本朝廷の内部には、出雲勢力が入り込んでていたようだ。
ということは、神武天皇の東征を支えたグループは日向人ではなく、出雲人なのかもしれない。


268 :出土地不明:2006/08/08(火) 18:04:45 ID:1OrQWd4x
>>258
直接の先祖はどこになるの?

269 :出土地不明:2006/08/20(日) 13:07:23 ID:EPNSKQWj
 発掘って一日立ち仕事らしいですね。
ご苦労様です。

270 :出土地不明:2006/08/20(日) 14:20:56 ID:hxowaIqf
『日韓同祖論』という妄説がある。
学問的な根拠がまったくない、まさに妄説であり、狂説である。
日本人と韓国人が、何の関係もない別種の民族であることは、両民族の言語を分析すれば
すぐに理解できる。

【日本語】 【韓国語】
空(そら)→ ハヌル
稲(いね)→ ビョ

 白(しろ) → ヒンセク
白い(シロい)→ ヒダ
頭(あたま)→ モリ
目(め)――→ ヌン
手(て)――→ ソン(またはパル)
足(あし)―→ ダリ

犬(いぬ)―→ ゲ
猫(ねこ)―→ ゴヤンイ
虎(とら)―→ ホランイ(またはボム)

刀(かたな)→ カル
弓(ゆみ)―→ ファル
槍(やり)―→ チャン

比較してみれば、まるで違う言語であることが分かるであろう。
『日韓同祖論』がいかに馬鹿げた説か、理解できますね。


271 :出土地不明:2006/08/21(月) 20:11:08 ID:7FcWH5Sq
日本人はウンコ食わないぞ!
一緒にするな!
糞在日が、日本の足にしがみついて、引き付けようと、必死ww
けど、白丁は、大昔
倭人だったかもしれない??


272 :出土地不明:2006/08/27(日) 15:19:53 ID:WXj7Nqop
★日本神話と稲作文化は中国南方に起源がある★

【諏訪春雄教授プロジェクト】
『東アジア地域の演劇形成過程の比較研究』
 Study of a formative period of the East Asian's drama [Prof. Haruo Suwa]

■学習院大学・人文科学研究所=ホームページ■
http://www.gakushuin.ac.jp/univ/let/rihum/project_suwa.html

 中国の長江中流域で一万年以前に始まった稲作は、長い年月をかけて、
日本などのアジア諸国に伝来した。稲作は、農耕の技術だけが単独に広まったのではなく、
稲作に関わる祭祀も併せて伝来させた。
 そうした祭祀の中で、演劇の発生・展開と深く関わったのが来訪神の祭りである。
複数の先祖の神々が、仮面をつけたり、蓑笠を着たりする異装の姿で、子孫の許へ訪れ、
文化を授けた始原の時間を再現する祭りは、稲作の誕生地に始まり、アジア各地に伝わった。
来訪神の祭りは、海を越えて日本にまで到達した。



273 :出土地不明:2006/08/27(日) 16:59:23 ID:jVpk37nw
>>263

でもこの辺り初の多民族国家であったことは間違えないでしょうね.
ユーラシア大陸極東最終地点、朝鮮南半島。
新羅は民族主義的な社会主義だったようだが、新羅とはそもそも
羅と言う国の王族が半島に引っ越してきて新羅としたのでは?
日本も満州に新京という首都を作らせた。
つまりこれは、現在の日本の漢字文法のルーツである民族、客家や秦の
複合秦派民族が秦崩壊”羅”として名乗り中国でやっていたが、後に何らかの理由で半島にやってきた。
そして新羅を建国というルートでは?
>>266
そこに共通するのは、異常なほどの

274 :出土地不明:2006/08/27(日) 17:56:39 ID:WXj7Nqop
>>273
おまえの目は節穴か?

>>272を読んで勉強しろよ。




275 :出土地不明:2006/08/29(火) 19:50:27 ID:WYcXap/j
倭=ヤマト朝廷は出雲人が建てたのよ。
日向国のニニギ天皇の時代から、出雲人は朝廷内に入り込んでいたようだ。

ヤマトの京(みやこ)を、北九州から近畿に移したのも出雲人。
日向人にまったく相談しないで、出雲人の独断で強行したらしい。
とうぜん、日向人は怒って、「京を北九州に戻せ!」と要求したが、
そもそも、近畿に遷都した目的は、天皇がいる京を日向から遠ざけることで、
日向勢力の朝廷への影響力を排除するためだから、出雲勢力は拒否した。
だから、神武天皇が崩御した後、ヤマトは日向圏と出雲・大和圏という
二つの地域に分裂してしまった。
いわゆる欠史八代と呼ばれている時代は、この分裂時代のことだよ。
神武天皇の時代から国の統一が始まった、というのが日本古代史の建前だが、
実はウガヤフキアエズ時代以前に(日向と出雲は)すでに統一されていたのだが、
神武東征(近畿への遷都)が原因で、大八島国が分裂してしまったのだ。
ヤマトタケル時代になっても、日向国(九州中南部圏)の出雲=大和圏への憎悪は収まらず、
日向国と出雲=大和連合との対立は続いていた。

大和地方は、もともと出雲の支配下にあった(神武天皇時代から)。
つまり、出雲=本家、大和=分家、という関係だったのだが、
興味深いのは、ヤマトタケル時代になると、分家だった大和のほうが強くなり、
出雲が大和に対し反発して、出雲−大和の関係も断絶していたらしいことだ。
だから、ヤマトタケルが出雲タケルを殺したわけだ。



276 :出土地不明:2006/08/31(木) 18:29:15 ID:U6jVW1+T
あげ

277 :出土地不明:2006/08/31(木) 18:39:48 ID:AX1OILGG
ホームページ制作王は、世界の権威として名高いCOMDEXが
21世紀のワールドスタンダードに認定したWebパブリッシングアプリケーションである。

ホームページ制作王に不可能はない。
不可能があるとすれば、そこが人類の英知の限界点である。

21世紀、世界のWebはホームページ制作王を中心に回っていくのである。
にもかかわらず、ここ日本では、心ない風評のため、まだまだ普及に
遅れがみられる。

ホームページ制作王を普及させないかぎり、我が国のWebは、
世界の趨勢の後塵を拝するばかりである。

世界が認めた高性能!ホームページ制作王
http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/hp/1106508682/

278 :出土地不明:2006/08/31(木) 19:04:33 ID:sBu/a3Tv
>>18
韓国人の天皇や九州人ならそう考えると思う

279 :とりあえず:2006/09/08(金) 17:56:51 ID:GBAt4atb
278
天皇陛下や九州人はチョンじゃないよ
可能性はあるけど「百済人は倭人」という説と同じくらい
低い

280 :出土地不明:2006/09/10(日) 14:24:06 ID:zi07cG60
■なぜ、新羅には9世紀以前の古文書が無いのか?■

朝鮮には、9世紀以前の古文書がない。
歴史書も無ければ、万葉集のような「歌集」も無いのである。これは実に不思議なことである。

朝鮮人の主張によれば、
「朝鮮(古代では新羅であり、その前身であるワイ州)では、古くから文字文化が栄え、
日本よりも高度な先進文化があった。日本人に文字(漢字)を伝えたのも、我々朝鮮人
(ワイ人)だ」なのだそうだ。
もし、彼らの主張が正しく、朝鮮(ワイ)に文字文化が栄えていたならば、その事実を示す証跡が
あるはずである。
日本においても、中国においても、インドにおいても、またギリシャ・ローマにおいても、
文字文化が栄えた国々では、その事実を示す古文書や石碑などが残っているものである。
文字文化が栄えるということは、多くの文書が書かれ、その写本が社会に流通するということだ。
だから、文字文化が栄えている社会では、そういった古文書は、後世に残りやすい。
紀元前に書かれた中国の歴史書=史記が後世に残ったのは、原本だけでなく、多くの写本が書かれ、
それらの写本が無数に存在したからである。
 ところが、9世紀以前の朝鮮には、文字文化の繁栄を証明する古文書が一つも無いのである。
朝鮮人の主張によれば、『三代目(さんだいもく)』という歌集が存在したという。
しかし、その原本も写本も存在しない。『三代目』の存在を証明するものはないのだ。
 半島南部の百済・任那・志羅紀には、文字文化があったようである。だが、百済や任那、志羅紀は
倭人(日本人)が建てた国であり、朝鮮(ワイ)とは関係ないのである。また、高句麗もフヨ族が建てた国
であり、朝鮮人(ワイ族)とは関係ない国である。
 けっきょく、朝鮮(ワイ)の文字文化を証明する物は、何も無いのである。
 ワイ州(現在の韓国の江原道地方)には、9世紀以前の古代都市の遺跡もないようだ。この事実は、ワイ族
(朝鮮人の先祖)が原始的な狩猟民であり、都市を建設し、管理・運営するほどの文明を持っていなかった
ことを示している。


281 :出土地不明:2006/09/12(火) 15:49:29 ID:H7TudUOO
出雲人はアイヌ系民族だという説はどうなのよ?

282 :出土地不明:2006/09/15(金) 01:44:58 ID:OcH39B0Y
アイヌ系は平家系(韓国渡来の女系)と仲がいいようだ。逆かと思って
いたけど、そうらしい。アイヌ系・平家系と北方系民族、そして何よ
り一番重要なのが日本土着民族。その友好関係はどうなっていたのだ
ろうか?
俺の推測では「アイヌ系・平家系・平家系渡来人」対「日本土着系・
北方系」で、日本土着系は天皇の母親の出自によって立場が変わってき
たのだと思われる。ある時代では北方系と仲が良く、ある時代では平家
と仲が良いという感じで。

283 :出土地不明:2006/09/15(金) 01:54:08 ID:OcH39B0Y
今の出雲と本来の出雲は場所も構成する集団も全く違う。

284 :出土地不明:2006/09/15(金) 06:31:21 ID:aLZbs3LB
>>283
え?出雲って違う場所にあったの?
では今の出雲は何?

285 :出土地不明:2006/09/15(金) 11:30:12 ID:OcH39B0Y
>>284
歴史の闇を隠蔽するための偽の場所だと思う。

286 :出土地不明:2006/09/17(日) 13:37:35 ID:/3zT4fhb
韓国人と愚かな日本人学者が『日本書紀』について妄言を宣伝している。
『2ちゃんねる』で見つけた情報である。

【新刊】森博達著(シム・ギョンホ訳)『日本書紀の秘密』(牡牛座)/原著『日本書紀の謎を解く 述作者は誰か』(中公新書) 

 まず第一に、これは「任那日本府説」などを含む韓日古代史の謎を一挙に明らかにしてくれる本ではない。
題名の「秘密」とは「日本書紀」の内容そのものではなく、それが記された過程、特に誰が書いたのかという謎を指している。
 韓・中・日3ヵ国の言語を研究した著者は、それら3ヵ国の言語上の歴史や習慣を比較し、「日本書紀」という森を探検する。
著者はこの研究を通じて、「日本書紀」が2つの部分、すなわち完ぺきな中国式の漢文を駆使した「アルファ群」と、日本式の漢語や
単語選択の誤りが目につく「ベータ群」が混在していることを明らかにした。
そのため、文化背景が異なる複数の著者が執筆を行った可能性が高いと主張する。
 著者は中国から渡ってきた学者が執筆したアルファ群(第14〜21巻、第24〜27巻)と、新羅に留学した日本人僧侶が書いた
ベータ群(第1〜13巻、第22〜23巻、第28〜29巻)、そして、どちらにも属さない第30巻に分けられると結論づけている。
これを手がかりに、著者は『日本書紀』が執筆された7世紀末の状況を推理している。
同書は日本で第54回毎日出版文化賞を授賞した。

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/09/03/20060903000001.html

『日本書紀』より引用−『古代史資料』 

天智天皇五年(666)十月・己未《廿六》
◆冬十月甲午朔己未。高麗遣臣乙相奄■等進調。大使臣乙相奄■。副使達相遁。二位玄武若光等。
           ↑
 この記録に注意してほしい。高麗と書いてあるが、この国は高句麗ではなく、百済北部地方=漢城(コマ。狛国)の
ことであろう。若光は高句麗の使者ではなく、狛国の使者なのである。日本書紀の記者は、狛国と高句麗を混同している
のである。この事実は、日本書紀の記者たちが大和人であり、日本国の外に一度も出たことがない人間たちであったことを
示している。彼らは、半島の地理に疎かったのである。だから、百済(クタラ。5世紀まではコマと呼ばれた)と狛(百済北部=コマ)、
高句麗(満州地方の国。コマではない)を混同して、日本書紀を書いているのだ。
 古代日本は、百済を通じて高句麗と同盟を結んだが、あくまでも間接的な同盟であり、高句麗との直接的な結びつきは無かった。
高句麗の使節団は古代日本に来なかったし、日本も高句麗に使節団を送っていないのである。



287 :出土地不明:2006/09/19(火) 09:38:01 ID:CI6qpX0a
285
隠蔽するってことは、昔も今も出雲と言う地名やらが残ってない県や地名に囲まれた中心地などさがせば自ずとみつかるかもね。やっぱ伊勢かな?

288 :出土地不明:2006/09/19(火) 11:25:26 ID:8rsFZOlb
>>286
漢字の間違いするのかね?

289 :出土地不明:2006/09/20(水) 21:08:29 ID:voYPY0yY
百済本記による半島情勢年表
http://www.tcn-catv.ne.jp/~woodsorrel/kodai/g01.files/06/kudara.html

新羅本記による半島情勢年表
http://www.tcn-catv.ne.jp/~woodsorrel/kodai/g01.files/06/shiragi.html

不思議だ。
『高句麗本記による半島情勢年表』が、ネット上にはない。
『百済本記による半島情勢年表』や『新羅本気による半島情勢年表』はあるのに、
高句麗だけがない。
なぜ、ないのだろうか。


290 :出土地不明:2006/09/24(日) 15:49:42 ID:mKv5ZUFq

【出雲地方の大元神信仰】
http://kaguranosato.rainy.jp/kagura/oomotokagura/oomoto_01.htm

スサノオの原型の一つとなったのが大元神である。






291 :出土地不明:2006/09/24(日) 15:57:20 ID:mKv5ZUFq
【出雲地方の大元神信仰】
http://kaguranosato.rainy.jp/kagura/oomotokagura/oomoto_01.htm

【島根の文化−大元神楽−】
http://movie.pref.shimane.jp/culture/kagura.html

スサノオの原型の一つとなったのが大元神(おおもとがみ)である。
大元神には、蛇神=龍神としての性格がある。


292 :出土地不明:2006/10/19(木) 02:39:50 ID:fxU2xxrE
寒冷地適応の蛇神か?w

ある意味凄いな。

293 :出土地不明:2006/10/29(日) 15:55:00 ID:pf7WaN4Q
出雲王朝は2つあり、東部と西部に分かれていたことは考古学的な発掘で明らかにされています。そのうち島根県東部の安来平野にあった意宇王は、澤田洋二郎氏の「出雲神話の謎を解く」で現在は能義神社となっている野城大神であるとしています。
 しかし、風土記にスサノオが「安来」という地名を付けたとなっている
ことから、スサノオノ尊にも縁が深いですし、安来には古事記に示されている大八洲母神イザナミの神陵もあるとのこと、なぜこんなにもこの地は
神話と関係が深いのでしょうか?

294 :出土地不明:2006/11/15(水) 21:33:14 ID:CAvp+QxN
【『応神天皇とコマ』 友好国コマとは、どこの国か?】
−日本書紀より引用−
 
 応神天皇=治世37年春2月1日。
 阿知使主(あちのおみ)、都加使主(つかのおみ)を呉に遣わして、縫工女(きぬぬひめ)を
求めさせた。阿知使主らは高麗国(コマ国)を経由して呉に行こうと考えたが、高麗(コマ)からの
道が分からず、道を知っている者を高麗に求めた。
 高麗王(コマ王)は久礼波(くれは)、久礼志(くれし)の二人を道案内として使わした。
これによって呉に行く事が出来た。呉王は、縫女(ぬいめ)の兄媛、弟姫、呉織(くれはとり)、
穴織(あなはとり)の四人を、日本使節団に与えた。

 応神天皇の時代、日本国は高句麗と戦争状態であった。
 したがって、応神記で語られている『コマ国』は、高句麗ではありえない。
では、どこの国か?百済である。任那の北部、漢城とその周辺地域をコマと言っているのだ。
5世紀まで、漢城とその周辺地域は、百済と表記して「コマ」と呼ばれていた。
 しかし、6世紀(西暦500年代)前半からは、百済と書いて「クタラ」と呼ぶようになった
のである。この「クタラ」という呼称は、もともとは任那の別名である。
日本領=志羅紀の西側に任那が位置していることから、「日が降る(クタル)方角の国」「西の国」と
いう意味で、任那はクタラ(降ら)国と呼ばれていたのである。
 百済を「クタラ」と呼ぶようになったのは、任那が滅亡した512年(この年、任那四県が百済に
合併された)頃からであろう。
 512年以降は、漢城地方(百済=コマ)と合併した旧任那四県地方を、百済(クタラ)と
呼んだが、任那(ミマナ)と呼ぶこともあったようだ。日本書紀に記録されている「復興したミマナ」
とは、漢城地方と合併した『旧任那四県』のことである。
 漢城地方と旧任那四県地方が合併して誕生した新・百済が、「クタラ」または「ミマナ」と
呼ばれるようになったわけだが、元の百済(漢城を中心とする地域・伯済=コマ)は、狛と書いて
「コマ」と呼ばれるようになった。
 しかし、もともとは百済と書いて「コマ」と読んでいたのである。つまり、百済には「コマ」
「クタラ」「ミマナ」という、三つの読み方があったのだ。
 後に、日本書紀が編纂された時、書紀の記者は『百済』と『高麗』を混同してしまい、
『百済』と表記すべき「コマ」を、誤って『高麗』と記した。百済と高句麗を間違えて
記しているのだ。それが、古代史研究の混乱を引き起こす原因となっているのである。
 日本書紀の欽明天皇の項目には、任那の滅亡年を、560年もしくは562年としているが、
これは大和=百済連合が、新羅から奪還して再建した加羅地方が滅亡した年であろう。


295 :出土地不明:2006/11/16(木) 17:38:19 ID:bVdq0u8B
体がエロ過ぎるし乳首もエロ過ぎる…
http://katamichi.homeip.net/uploader/src/up0194.jpg
http://katamichi.homeip.net/uploader/src/up0195.jpg

296 :出土地不明:2006/12/10(日) 17:49:02 ID:A8scUpAd
■朝鮮人の工作サイトか■

 このサイトを初めて覗いたときは、日本人が運営しているサイトだろうと思ったが、よくチェックしてみると、
「倭寇の中には、少数の日本人もいた」などと、デタラメの記述がある。
 
 中世の時代に、日本海や東シナ海で暴れまわっていた海賊、いわゆる<倭寇>の正体は朝鮮海賊なのだが・・。

【韓国の歴史歪曲捏造】(49編収録) 2004/11/10更新
http://members.at.infoseek.co.jp/konrot/reki.htm

★下記の記述を見てほしい。

 倭寇と言えば、13〜15世紀に日本の海賊たちが暴れ回ったというイメージでのみ語られることが多い。
今回、その倭寇の悲しい事実(←ここからすでに変な表現である)と隠された真実を見ていこう。

 まず倭寇と呼ばれた人達を見ていくと、朝鮮に「三島倭寇」という言葉がある通り、倭寇の根拠地は対馬・壱岐
・松浦、それに博多等、いずれも元寇の際、高麗軍の直接の被害をうけた地域の住民であった。
(嘘である。倭寇の本拠地は済州島や巨済島など、朝鮮の島であり、構成員も全員が朝鮮人だ)

 先のスレッドで日本征伐(「元寇」では翻訳されないため、韓国側の呼称を敢えて使わせてもらう)における
朝鮮の非道を書いたが、まさに倭寇の根拠地とはその朝鮮の侵略・虐殺行為をまともに受けた地域だったのだ。
(だから、これは嘘。たしかに対馬・壱岐・松浦・博多等は、新羅海賊や高麗海賊、そして元寇の侵略の被害を受けたが、
 倭寇の構成員は全員が朝鮮人である。新羅海賊・高麗海賊が「倭寇」を名乗ったのである。)

 詳細は先のスレッドを参照してもらいたいが、記録によれば、高麗軍により男はことごとく殺され、女は手に穴を
あけられて数珠つなぎの捕虜にされた。また、二百人の童男童女は高麗軍に連れ去られ、忠烈王に献上された、
と記されている。
 この世の生き地獄を味わったこれらの島民・住民達が、朝鮮に対し憎しみの炎を燃やすのは当然と言えば当然ではないだろうか?
(もちろん、朝鮮人の侵略の被害にあった日本人が朝鮮人を恨むのは当然だ。しかし、倭寇はあくまでも朝鮮人である。
 これは事実だ)

 また、当時の高麗は、元の侵略により数十万に及ぶ住民が強制連行されたり、住民が虐殺され、国家の弱体化が著しかった。
それがまた、積年の恨みも混じり倭寇を刺激し、行動が活発になった要因でもあった。
(朝鮮人を被害者扱いしているが、朝鮮人は加害者である。朝鮮人が倭寇なのだ。)

 さらに、ここで注目しなければならないのは、倭寇は日本人だけではなかったということである。
(だから、倭寇は全員、一人残らず朝鮮人なのだ。日本人の倭寇はいなかった。朝鮮海賊が倭寇である。)

「世宗実録」28年(西暦1446年)の記述によれば、倭寇のうち日本人は一、二割に過ぎず、他は日本人に成りすました
朝鮮半島の民であったと記録されている。
(日本人は倭寇の一、二割ではない。日本人はゼロである。倭寇は朝鮮海賊なのだ。)

 当時の朝鮮半島の住民も、高麗時代の末期には、軍隊や官吏は統治能力を喪失して治安を維持できない無政府状態にあった為、
生きるために倭寇を騙り略奪をせざるを得なかったのだろう。
(そうではない。最初から朝鮮人が倭寇である。倭寇の一部には朝鮮水軍の将兵もいた。)

 このように、韓国では古来の記録があるにも関わらず、自分たちに都合の悪い事柄は絶対に表に出さないという歴史を冒涜する
行為がまかり通っているのである。韓国政府の自国に不利なことは国民に教えない、悪いのは全て日本、反日こそ国是という
教育方針により、ここに来る韓国人の多くもその真実を知らないのだ。

 倭寇を産んだのは朝鮮による日本への侵略が最大の原因であり(だから、倭寇は朝鮮人なのである。日本人は侵略を受けた
被害者である)、また倭寇の被害の多くは、倭寇を騙る当時の朝鮮半島住民によるものである。韓国人よ、これが真実だ。
(倭寇は朝鮮海賊であり、その朝鮮海賊が日本人を襲った。日本側の警備が厳しい時は、朝鮮人を襲ったのである。)




297 :出土地不明:2006/12/17(日) 12:32:59 ID:dBeyAHDJ
 カイエソバージュ「熊から王へ」
中沢新一著は面白かった。

298 :出土地不明:2006/12/17(日) 18:23:36 ID:2Zs8V0OO
>>297
面白くないよ。





299 :東アジアニュース速報+:2006/12/31(日) 20:26:01 ID:KLy07KNq

東アジアニュース速報+ 板
ttp://news18.2ch.net/news4plus/
【日韓】吉野ケ里 韓国へ 初の海外展 日韓の古代交流史紹介 [12/30]
ttp://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1167438606/

300 :出土地不明:2007/01/14(日) 15:32:25 ID:8LLtdFBM
■辰斯王は倭人か■

 辰斯王(しんしおう 生年不詳−392年没)は百済の第16代の王(在位:385年 −392年)。
第14代の近仇首王の次男であり、先代の枕流王の弟に当たる。
 『三国史記』によれば、385年11月に先代の枕流王が死去したときに、太子(後の阿花王)が幼かったために、
辰斯王が王位についたとある。諱・諡は『三国史記』には伝わらない。
 『日本書紀』には『百済記』の引用として、枕流王の死去の際に王子の阿花が年少であったので、叔父の辰斯が
王位を簒奪した、とある。

【辰斯王の死】
 高句麗に漢江以北の領土を奪われた後、11月に死去した。しかし、その死には不審な点が見られる。
『三国史記』百済本紀の辰斯王紀には、田猟に出たまま行方不明となって、翌月には死去したと記し、
『日本書紀』では百済の国臣(倭人)が辰斯王を殺したと伝えている。


【解説】
 ふつうは家来が主君を処刑するということはありえない。
 アジアの国であれ、ヨーロッパの国であれ、家来は主君に従うのが常識であって、家来が『先王』を処刑し、
新しい王を即位させることなど通常は考えられないであろう。
 しかし、百済ではそれがあった。この事実は、4世紀(応神天皇の時代)において、ヤマト朝廷(任那日本府)が
百済を完全に支配下に置いていたことを示している。日本書紀に記された「百済の国臣」とは、任那日本府の役人であり、
百済王よりも日本天皇に対して忠誠心を抱いていたのである。つまり百済の役人たちは、日本天皇こそ自分たちの
『主君』であると認識していたのだ。
 百済には『王府』というものが存在せず、任那日本府(任那倭府=ヤマトの御子人もち)が、百済を支配していたのだ。
百済王(正式の称号は『百済国主』)も、任那日本府の支配下にある役人の一人にすぎなかったわけである。
これが、古代カラ半島史の真実なのだ。


301 :出土地不明:2007/01/14(日) 20:49:01 ID:8LLtdFBM
■志羅紀の地理的位置■
 『後漢書』の馬韓については「その北は楽浪と南は倭と接し、辰韓の東にあり」と記している。
また弁韓についても、「辰韓の南に(弁韓は)あり、その南また倭と接す」とある。
『三国志』も同じく、「馬韓は南で倭と接す」とある。
さらに「弁辰は十二国のうち、讀盧(どくろ)国は倭と界を接す」とある。


「辰韓の南に弁韓あり、その南また倭と接す」
これは興味深い記録である。

・辰韓は北にある。
・弁韓は辰韓の南にある。
・弁韓の南に倭がある。

この記録は、稲飯命が建国した志羅紀(シラキ)の位置を語っているのである。

辰韓=ワイ人の国(後の新羅)。3世紀に南下して志羅紀を侵略する。
弁韓=倭人の国。神武天皇の皇兄=稲飯命が建国。天日矛命の国。
 倭=弁韓(志羅紀)の南方にある倭人国・ヤマト。日本国。

こういうことだ。
やはり、志羅紀と新羅は別の国だったのである。シラキの王子=天日矛命が倭人であることが
証明された。
天日矛命の子孫が神功皇后である。神功皇后の新羅征伐は、ワイ族(朝鮮人)に侵略された
先祖の祖国=志羅紀(シラキ=弁韓)を解放するための聖戦だったことが明らかになった。


302 :出土地不明:2007/01/16(火) 20:56:25 ID:HY5pUQHN
■志羅紀の地理的位置■
 中国の史書『後漢書』の記録である。馬韓については「その北は楽浪と南は倭と接し、辰韓の西にあり」と
記している。また弁韓についても、「辰韓の南に(弁韓は)あり、その南また倭と接す」とある。
 『三国志』も同じく、「馬韓は南で倭と接す」とある。さらに「弁辰は十二国のうち、讀盧(どくろ)国は
倭と界を接す」とある。

「辰韓の南に弁韓あり、その南また倭と接す」
後漢書のこの記述は、ひじょうに興味深い。

・辰韓は北にある。
・弁韓は辰韓の南にある。
・弁韓の南に倭がある。

この記録は、稲飯命が建国した志羅紀(シラキ)の位置を語っているのである。

辰韓:ワイ人の国(後の新羅)。3世紀に南下して志羅紀を侵略する。
弁韓:倭人の国。神武天皇の皇兄=稲飯命が建国。天日矛命の国。
 倭:弁韓(志羅紀)の南方にある倭人国・ヤマト。日本国。

 こういうことなのだ。
 やはり、志羅紀と新羅は別の国なのである。シラキの王子=天日矛命が倭人であることが、『後漢書』の記録によって
証明された。天日矛命の子孫が神功皇后である。神功皇后の新羅征伐は、ワイ族(朝鮮人)に侵略された先祖の祖国=志羅紀
(シラキ=弁韓)を解放するための聖戦だったことが明らかになった。


■中国の古代史書に記された三韓の正式国号(日本名)■
馬韓→ 任那
弁韓→ 志羅紀
辰韓→ 志羅紀北部
 上記の『志羅紀の地理的位置』の文を読めば明らかなことだが、辰韓・弁韓・倭の三国は、南北の縦のライン上に
並んでいる。そして、後漢書の記録によれば、「馬韓は西側にあり、辰韓と弁韓は東側にある」と記録されているから、
辰韓と弁韓の位置は、カラ半島の東南部ということになる。この場所は、まさに志羅紀があった位置である。
 『後漢書』の記録は、3〜4世紀の志羅紀が南北(弁韓と辰韓)に分裂していた事実を示している。
 ここで、神功皇后と応神天皇の新羅征伐について考えてみよう。神功皇后の母方の先祖は志羅紀の王子=天日矛命である。
志羅紀は、神武天皇の皇兄=稲飯命が建国した国であり、古くから倭人が住んでいた。漢人はこの志羅紀の国を『弁韓』と
呼んでいた。その志羅紀が南北に分裂していたらしいのだ。そして、志羅紀北部は漢人からは『辰韓』と呼ばれていた。
 また、高句麗の広開土王碑には次のような記録がある。
「百済と新羅は、もともとは高句麗の属民だった。この2国は高句麗に朝貢しに来ていた。
しかるに、辛卯年 (391年) より海を越えて倭人が来た。永楽5年 (395年)、好太王は百済と□□と新羅を破り、
高句麗の臣民とした」
 好太王碑には、新羅人から「倭人に新羅(辰韓)の首都を占領された」という報告を受けたという記録があります。
この事実から、辰韓を支配していたワイ族(朝鮮人の先祖)は、高句麗と手を組んでいたことが分かります。
つまり、志羅紀(弁韓)は同じ日本民族の国であるヤマトの支援を受けていたのに対し、志羅紀北部を占拠していたワイ族は、
北方の大国=高句麗の支援を受けながら、志羅紀への侵略を何度も繰り返していたわけです。


303 :出土地不明:2007/01/18(木) 21:01:31 ID:LJs8yrtd
■古代カラ半島の歴史研究◆日本と中国の資料が重要■

 3世紀から4世紀にかけてのカラ半島史には謎が多い。
 しかし、中国王朝の興亡の影響を受けて、カラ半島でも政治的動乱が続いていたことは、
さまざまな資料から分かる。
 あの時代のカラ半島の歴史を知るためには、次の資料を調べると良い。

・古事記と日本書紀
・後漢書
・三国志
・広開土王碑
・三国史記

 このうち最後の三国史記は、12世紀という中世の時代になってから書かれたものであり、
内容にも捏造や歪曲が多いが、他の4資料と比べながら読むことで、3〜4世紀のカラ半島の
政治情況を窺い知ることができる。

 神功皇后が、志羅紀にヤマト朝廷軍を派兵した363年頃から、志羅紀は任那日本府の管理下に
置かれたようである。つまり363年以降、志羅紀は任那を構成する国の一つとなったのだ。
志羅紀が『加羅』という別名で呼ばれるようになったのは、おそらく、この時代からであろう。

 任那はもちろん存在した。
 任那とは、中国の史書である『後漢書』や『三国志』で語られている馬韓のことである。
4世紀のカラ半島南部には、馬韓の他に、弁韓(志羅紀)と辰韓(辰国)が存在したが、この3国のうち最大の面積を
誇ったのが馬韓(任那)である。
 神功皇后が志羅紀に派兵した363年以降は、志羅紀も任那の一部となり、任那日本府の管理下に置かれた。
この時代から志羅紀は『加羅』という別名でも呼ばれるようになった。
 任那と志羅紀が合併したのは、314年から始まった高句麗と辰韓による侵略から志羅紀と任那を防衛する
ためである。北方の異民族勢力の脅威に対処するために韓地方の倭人勢力を政治的・軍事的に一体化する必要が
あったのである。
 任那は、西暦315年には旧帯方郡の漢城地方に進攻し、この地方を併合し支配した。伯済国(コマ)と名付けられた
漢城地方は任那を構成する一国となり、任那日本府の支配下に入った。つまり、363年以後、任那は志羅紀と百済(コマ)
を吸収し、カラ半島南部における最大国となったのである。
 そして、この任那を支配していたのがヤマト朝廷の政治・軍事機関である任那日本府である。


304 :出土地不明:2007/01/18(木) 22:29:42 ID:LJs8yrtd
■任那日本府の謎■

 任那日本府があった場所は安羅だと言われているが、
5世紀以降は熊津(公州市)に移動したのではないか。

 475年に、百済の文周王が熊津(現・忠清南道=公州市)に首都を移したという
記録がある。熊津に任那日本府があったから、そこに都を移したのではないか?

 熊津の語源は『古末』だろうか? 古末と書いて「コマ」と読むのだが。


433年 百済、新羅と同盟。
     ↑↑
これも、本当に百済と新羅が同盟したのかどうか、怪しい。
百済が同盟したのは志羅紀(加羅=弁韓。倭人国)ではないか。
弁韓が馬韓(百済)を助けたのなら、まだ理解できるんだが・・・。

 志羅紀が百済を助けるのはスジが通っている。
百済が志羅紀を助けるのもスジが通っている。同じ倭人国であり、
ヤマト帝国の構成国なのだからね。


305 :山下健三:2007/01/18(木) 23:41:19 ID:E+CCgH/M
熊津なんてのはいかにも日本語っぽいな
熊=隈=三方向を山に囲まれた地形の事を隈と呼ぶ
津=海が入り込んだ海岸線の事、または海が入り込んだ港

もともと倭人がクマツと呼んでいたのを熊津と当て字をし
その文字だけが残されたと読むべきだろう

306 :出土地不明:2007/01/27(土) 14:48:44 ID:RpMwjVqW
『日韓同祖論』という妄説がある。
学問的な根拠がまったくない、まさに妄説であり、狂説である。
 日本人と韓国人が、何の関係もない別種の民族であることは、両民族の言語を分析すれば
すぐに理解できる。
【日本語】 【韓国語】
空(そら)→ ハヌル
稲(いね)→ ビョ
家(いえ)→ チプ

 白(しろ) → ヒンセク
白い(シロい)→ ヒダ

 私(わたし)→ ナ(またはネ)
貴方(あなた)→ タンシン
頭(あたま)→ モリ
目(め)――→ ヌン
手(て)――→ ソン(またはパル)
足(あし)―→ ダリ

犬(いぬ)―→ ゲ
猫(ねこ)―→ ゴヤンイ
虎(とら)―→ ホランイ(またはボム)
猿(さる)―→ ウォーン(またはウォーンサンイ)

刀(かたな)→ カル
弓(ゆみ)―→ ファル
槍(やり)―→ チャン

 比較してみれば、まるで違う言語であることが分かるであろう。
共通点が無いのである。なぜ、韓国人は「日本語と韓国語は、元は同じ言語だった」とウソをつくのだろうか?
 何かしら、良からぬ政治目的があるのは間違いないであろう。

■神輿の掛け声『わっしょい』について、韓国人の妄言■
 韓国人が、日本の神輿を担ぐときの掛け声『わっしょい』の起源について、
トンデモナイ妄説を宣伝している。
「日本で神輿を担ぐときの掛け声である『わっしょい』は韓国語である。韓国語のワッソ(来ました)が訛って
『わっしょい』になったのだ」

【朝鮮日報HP:2005年/12月18日/06時59分の記事から】
 日本大阪では11月3日、「四天王寺ワッソ」という祭りが開かれる。
 日本の古代国家の基礎を築き上げた聖徳太子は、先進文明をたずさえて渡来した百済の使節を迎えている。
その様子を再現したのが仮装行列であるこの祭り。
 およそ4000人の参加者が大阪市内を練り歩く。四天王寺に至るまでの道路沿いには40万人あまりの人波が押し寄せ、
皆が口々に「ワッショイ!ワッショイ!」と叫ぶ。「ワッショイ」はハングルの「ワッソ(来た)」から来た言葉だという。

 もちろん、上記の朝鮮日報の記事は、何の根拠も無いデタラメである。
 『わっしょい』韓国語説を、最初に言い出したのは在日作家・金達寿(キム・タルス 1919―1997)なのだ
という。しかし、韓国語には『わっしょい』に相当する言葉が別にあるのである。
日本語     韓国語
わっしょい―→ ヨンチャ

 そもそも、我々日本人が神輿を担ぐのに、なぜ、いちいち異民族の言葉で「ワッソ(来たぞ)」と言わねば
ならないのか? 神道自体が縄文時代から続く日本の伝統文化であり、シベリア狩猟民族の子孫=韓国人は、
何も関係が無いのである。さらに、百済人も半島南部に住んでいた倭人(日本人)であり、韓国人とは別種の民族である。
 朝鮮日報の記事は「先進文明をたずさえて渡来した百済の使節」と誇らしげに書いているが、百済は古代日本人が建てた国
であり、百済の文明は日本列島の文明と同じレベルだったのである。百済も大和国家も日本民族によって運営されて
いたのだから、文明が同レベルなのは当然である。しかも、百済の文明は韓国人とは何も関係がないのだ。
 重要な事実は、古代日本に渡来した百済人は日本民族であり、韓国人の先祖であるワイ族は日本に来なかった(移住していない)
という事である。


232 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)